« 伊達な休日 その1 政宗を知る。 | トップページ | 歩く習慣。 »

伊達な休日 その2 伊達なウイスキーを求めて。

さて、次のミッションは宮城限定のウイスキー
「伊達」の入手。

とはいえ、ここいらで腹が減ってきたので、
仙台といえば、牛タンでしょーということで。

こちらのblogで気になっていた、利久さんへ。
「極」定食、1,600円也。(夜は1,995円)

P1110875

美味いーーー!
普通の牛タンとは違いますね!

何度か仙台には来ているが、
実はこの利久さんは、初めてなのです。
いや、ホントこれは美味いわ。

ちょうど、知事公館からだったので、
市役所前店が近く、けっこう空いてたよ。
駅前店は混んでんだろうな。

さて、市役所前から勾当台公園へ、
そこから地下鉄で北仙台駅で、仙山線。

そう、ニッカの宮城峡蒸留所に乗り込み、
「伊達」をGetする計画。

JR北仙台駅がなんともいい味を出してる
好みな建物でした。

P1110884

フォントも良いよ!

P1110887

ここから、仙山線で作並駅。
作並といえば、作並温泉が有名だけど、
今回はPass。一路、ニッカさんが用意しているバスに
乗り込んで、仙台工場(宮城峡蒸留所)へ。

作並駅も風情あるいい駅舎でした。

P1110927

やはり宮城峡も、建物はレンガ造り。
余市もそうだけど、ホントヨーロッパな気分。

P1110924

池があったりして、特にウイスキーを嗜まなくても、
普通に散歩するだけでも、すばらしい公園のような。

P1110917

一応、見学ツアーに参加したけど、
まぁ、コレだけ行ってると展開が読めてきます(笑)

やっぱり何がいいって、貯蔵庫ですね♪
この香りがたまりません。

P1110922

P1110909

さて、お待ちかねの試飲タイム。
「宮城峡10年」と「鶴17年」。

鶴は、サントリーでいう「響」クラスの
最高級ブレンテッド。こちらも美味い。

ただ、ほんとの目的は「伊達」。
早速有料試飲で、伊達を頂き(1shot¥200)。

あぁ、まぐぽさんがいう通りだ。
これは安くて美味い、いいウイスキー。

特に、シェリー樽由来の甘くフルーティな香りに
滅法弱いので、してやられた…という感じ。

あと、宮城峡は華やかさと軽さが特徴と思っていたが、
伊達は、すごく深みとコクがあって、
余市とは違ったクリーミーさがすばらしい。

こりゃもう、買いだな!
と思って、リカーショップに行ってみるとなんと!!
「伊達」が売り切れ…うわーーん。

総生産数12,000本のうち1,000本が蒸留所の割り当て。
しかし、発売後約1ヶ月完売御礼。

やだやだやだやだ!ということで、
早々に蒸留所を去り、帰りの仙山線のなかで、
仙台駅前で置いてそうなところを検索。
# 作並駅までそう離れてない(徒歩25~30分)ので、
# 御殿場のときみたいに、ゆっくり歩くのも良いんだろうけど。

で、わたしが立ち寄ったのが、駅前のさくら野百貨店。
ここのB1Fの酒売り場にたっぷりありました。
# 月末お出かけのまぐぽさんもこちらで如何?

というわけで、今ウチではこんな感じ。

P1110931

そう、3本も買っちゃいました。
だって、宮城限定だし、数量限定だし、
高くないし、美味しいし。

あ、空けた右端キャップ間違ってますね。
余市のSherry & sweetのキャップだな。
同じシェリー系ということで、飲み比べしたから。

パッケージも政宗の甲冑を意識したのか、
黒に金の三日月をあしらい、書家としても有名らしい
村井嘉浩・宮城県知事の書で「伊達」の文字。
なかなか、渋いデザインに仕上がっている。

ちょうど、政宗の酒好きと風流好き、
あるいは、進取の気性を感じた後だったから、
彼が生きている時代に、ウイスキーなる舶来の酒が
仙台の地にあったなら、彼はどう思っただろうか、
などと考えながら、「伊達」を飲んでみる。

ましてや、自分をモチーフにした琥珀色の酒が、
400年の時を経た時代にあるとは想像もしないだろう。

それこそ、政宗にこの「伊達」を献上し、
彼の所感を伺いながら、飲んでみたいものだ。
# もし同時代にいたら、恐れ多い話だけど、ね。

ということで、わざわざ行った仙台ですが、
こちらのblogによると、楽天市場でも買えるそう。
さすがにちょっと入手は難しくなってるらしいが…
ま、いっか。

|

« 伊達な休日 その1 政宗を知る。 | トップページ | 歩く習慣。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

伊達、美味しいですよね。
って、三本ですか(^_^)

蒸留所巡り期間はブレーキ壊れちゃいますよね。

ましてや地域限定、本数限定、安くてお気に入り味のモルトともなれば、鑑賞用、保存用、楽しむ用は当たり前ですよね!
秋にぴったりのしっとり味で、気に入ってます。

投稿: まぐぽ | 2008.10.23 01:58

 私も仙台に行った時勧められて「利休」に行きました。
お手頃のお値段で美味しい物を頂けたので、とても満足でした。
私は1人その足で、国分町を堪能しました。

やはり「伊達」の評判は良いですね。
久光チーフブレンダーらしい仕上がりですね。

投稿: Kaori | 2008.10.23 02:38

nikko81さん、こんにちは。
TBありがとうございました。
仙台にいらしたのは、本当に最近のことだったんですね。
利久は美味しいですよね。市内にはたくさんお店があるのですが、みんなマイ利久があるんですよ(笑)

ニッカの工場大好きです。
貯蔵庫や公園に試飲とか試飲とか・・(笑)
ただ、「伊達」は知りませんでした。nikko81さんが3本もお買い上げになるというウイスキー気になります。
紅葉狩りがてら、行ってみたいと思います。

投稿: はっち | 2008.10.23 10:48

ホント!伊達大満喫の休日でしたネ♪
城好き、戦国武将好き、ウイスキー好きのnikko81さんにピッタリな仙台。
写真の数々に惹かれて私も秋の仙台に行ってみたくなっちゃいました~!

投稿: あやのすけ | 2008.10.23 17:33

nikko81です。

●まぐぽさん

そう、3本なんですよ^^;
数量限定と言われると…どうしても。

先に宮城峡でテイスティングしたあとだったので、
しっかり好みと言うことがわかっていたことも、
大きい要因でした。

●Kaoriさん

利久さん、そこそこ手ごろな値段で、
美味しい牛タンが頂けますよね。

どうしても、駅近を選んでしまうのですが、
同じ利久さんでも、ちょっと仙台駅から
離れたところがよさそうです。

ホント、「伊達」の評判上々。
ニッカの語らいでも、話題に上ってますね。

数量限定といわず、定番になってほしい…

●はっちさん

こちらこそ、コメントいただきありがとうございます。

そう、つい数日前のことなんですよ。
マイ利久!お店によってメニューとか味付けが
違ったりするんでしょうか?

宮城峡、いいところでした。
実は、ニッカ創業の北海道余市には、
何度も足を運んでいるのですが、
仙台のほうは、初めてでした。
お酒を飲まなくても、いいところ。
(飲まないわけはないですが^^;)

「伊達」ですが、深みと甘みがうまくマッチし、
でもお手ごろなとてもいいウイスキー。
もし、ウイスキーを召し上がられるのであれば、
ぜひ、お試しください。

●あやのすけさん

思いつきの割には、結構満喫しました。
この前後編で、ちょうど1日なんですよ♪

もうすぐすると、秋の色づきも本格化。
いい季節になりますね。

投稿: nikko81 | 2008.10.23 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊達な休日 その2 伊達なウイスキーを求めて。:

« 伊達な休日 その1 政宗を知る。 | トップページ | 歩く習慣。 »