« 近頃のPC戦線~Netbook編。 | トップページ | どんどん進化、SSDとHDD。 »

近頃のPC戦線~UMPC編。

で、UMPCですけどね。

●工人舎 SC/SXシリーズ

まずは工人舎。しばらく見ないうちに、
スマートになってました。
7型ワイド液晶搭載のKOHJINSHA SCシリーズ。

ちょっとデザイン的に垢抜けない感じが
あったけど、ずいぶんといい感じに。

液晶も解像度こそ、Netbook並みの1024*600、
わたしが前に使っていた旧LOOX Pと同様だが、
7型という大きさを考えれば、文字の見やすさとの
バランス上、ギリギリといったところか。

しかし、店頭で触ってきたがキーボードはキツイ。
もはや、すべてのキーに同時に押せないような、
ギミックを付けて欲しいくらい。

自宅では、22型液晶+ワイヤレスキーボード、という
環境にしたとはいえ、外でblog更新もするし、
キーボード環境ははずせないので。

8.9型というSXシリーズという選択肢もあるけど、
だったら今のままでいいしね。内蔵DVDいらないし。
両者、一長一短。

でも、オプション品にイイモノが。
HDDつきクレードル。これいいねぇ。

もっというと、クレードルにTVチューナーと
単独録画機能があれば、絶対面白いと思うのだが。

録画はPCとは別に行い、見たいときに見たいものを
PCへ転送するわけさ。よくない?

●富士通 LOOX U

次は、LOOX U。
これは、Good Design Expoでも触ってきたけど。

まず紹介しておきたいのが、日本より先に発表された
アジア地区の発表ニュース

海外ではLifebook U2010として登場。
背面のデザインが違うね。
LOOX Uを持ったおねーさんの図が可笑しい。
まず、こういう場面に遭遇しないと思いますがw

で、本題。

Web記事では、キーボードも快適化
と書いてあるんだけど、やっぱりこちらも、
わたしには、ムリがありましたね。

Enterキーの大型化、キーピッチ拡大、
キートップ面の間隔の拡大…と
細かい改善がなされてはいるんだけどね。

液晶の解像度アップも、枠の太さを考えると、
もう少し、サイズアップもできるんじゃない?
という感じが。

ただ、おもちゃっぽかった前モデル、
特に一番初めの白モデルは、
あまりにも、ちゃっちぃ感じだったけど、
Atomベースになって、持ちたいと思わせる、
デザインになった気がしますよ。

tokidokiというブランドとのコラボは、
正直、このブランドを知らなかったので、
なんともいえない感じ。

ポップでアーティスティック感じは、
悪くはないけど、自分が持つには「?」かな。

次は、SSD+HDD編。

|

« 近頃のPC戦線~Netbook編。 | トップページ | どんどん進化、SSDとHDD。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近頃のPC戦線~UMPC編。:

« 近頃のPC戦線~Netbook編。 | トップページ | どんどん進化、SSDとHDD。 »