« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

雑記。

昨日は、上野の東京国立博物館。
江戸城 本丸御殿と天守、をみてきました。

20分程度の映像だけど、好きなものにはたまらない。
やはり大画面で見るのはいいですね。

東芝が、既存のDVDをハイビジョン並みに
高画質化するDVDプレーヤを出すウワサが流れているが、
これが日本で発売されたら、買っちゃうかも。
せっかく江戸城DVDをもってるので、このプレーヤでぜひ。

ちょうど、ディスプレイにHDMIもってるし、
LOOX Pとの接続はDVI使ってて、空いてるからね。

シアタースクリーンにはかなわないけど、
22型でなおかつNTSC比92%の高色純度液晶だから、
モバイルPC用の8.9型液晶よりは、画面サイズの差だけでなく
きれいに見えるんじゃないかなーと期待。

で、昨日帰ってきて、愕然。
7月に余市で買った原酒がほとんどありません。

シェリー酒系のテイストが好きで買ったSherry & Sweet。
バニラ香がすばらしい、Woody & Vanillic。
もうちょっと、ゆっくり飲むんだった…

特に、Woody & Vanillicも好きになりました。
ホント、バニラエッセンスみたい。
バニラの甘い香りと余地らしい力強い味わい。
このコントラストがたまりません。

以前余市に行ったときは、シングルカスクだけ、
だったような気がしていて、こういった
きっちりとテイストを分けたシリーズがあると、
安心して飲み比べできて、楽しい。

シングルカスクの15年(シェリー系)と25年(ピート系)は、
あともうちょっとあるけどね。

それに、8月末に山崎で買った「響50.5」
これももう1/3程度しかなく…

普通の響17年、響21年(およそ半額でゲット!)とも、
比較してみたけど、NON CHILLFILTEREDが口に合うのか、
響50.5がうまいなーっと。

いや、響21年も華やかさがあって、
もちろんすばらしいんだけど。

ま、また蒸留所行って買うか。
いや、最近酒量が増えすぎな気も…セーブすべき?

うわー、取り留めなさ過ぎ。この記事(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

江戸城CG再び。

江戸城CG再び。
明日まで、ということで、
上野までやってきました。


一度、両国の江戸東京博物館で見ているのに、
DVD版を持っていて、いつでも家で見れるのに。


やっぱり大画面でみれるなら、と。


まだ2時なのに、本日最終の4時の回しか
空席がなく、2時間ぶらぶらする予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて、最後の1本。

さて、貯めてあったニュースネタ、
最後の1本ですよ。

●これが遺伝子ですもんね。(らばQ)

いやー、すごい物々しいですが、
KFCのカーネル・サンダース直筆の
フライドチキンのレシピ。

セキュリティの近代化によって、
移動したそうですが、

|ルイズビルの警察とセキュリティ会社
|「ブリンク社」の車の行列が護送する

これがKFCのKFCたる所以な訳で大切なのは
まぁ、分かりますが…それにしても、
現金輸送車に匹敵する重警備ですねぇ。

●ヴェネツィアで景観論争になった橋。
 (イザ!)

街全体が世界遺産であるヴェネツィア。
そのヴェネツィアで景観論争になった橋が開通。

確かにモダンなデザインが世界遺産ヴェネツィアに
ふさわしいかは議論の分かれるところ。

開通式は取りやめになったらしいが、
ちょっと浮いてる気はしますね。。

●地底湖の神秘的な美しさ。(GIGAZINE)

どれもあまり人間の手が加わっていなくて、
自然の美しさがそのまま残されている感じ。

湖面が静かでまた光の入り方も限られ、
いずれもとてもキレイですね。

メッサリーニ洞窟が気になりました。

●駄菓子の「当たり」。(Infoseekニュース

最近、駄菓子って買う子供っているんだろうか?
という気もしますが、原料は値上げがあっても、
子供向けの駄菓子は値上げできない、ということで、
当たりをなくすメーカが出てきているとのこと。

まぁ、仕方ないですかね。買うのは大人だとしたら、
値上げしてもいいんじゃない?という気もするけどね。
テーマパークとかの出展が多いんだったら。

●猫のガラス細工を作る職人。(らばQ)

またヴェネツィアの話題ですが、
ヴェネツィアといえば、ヴェネツィアングラス。

ガラスの塊から、あっという間に猫が出てきます。
これは圧巻の職人技ですね。ぜひ動画をごらんあれ。

●虹って逆向けになるんだ!?
 (GIGAZINE)

虹って、逆向きに曲がるんですね。
相当珍しいものみたいですけど。

一生かけて見れるかどうか、位のレア具合。
狙って見れるものでもなさそうです。

●菜食は肉食に比べて脳収縮を引き起こす可能性が高い?
 (GIGAZINE)

要は、肉とか野菜とか、偏っちゃいけないんですよね。
難しいんですけどね、バランスのいい食事。

一般的に、肉に偏りがちなんだけど、
野菜にだけ偏っちゃいけないということは、
肉に偏った食事を是正するにしても、
肉をゼロにしちゃダメってこと、だよね?

そう聞くと、安心できたりも(笑)

●いよいよですね~、パナソニック化。
 (ITmedia)

いよいよ、来月から松下電器がPanasonicへ。
Nationalのブランドもなくなっていきます。

ウチの冷蔵庫や電子レンジなど、
いわゆるシロモノはNationalが多いんだよね。

なんか、さびしいっちゃさびしいですが。

●うわうわ、何か見えてくるよ!
 (IDEA * IDEA)

わ、なんだろう、何か分からないけど、
何かがこっちに歩いてきそうな。

近くで見たら、また見えなくなるんだよな。
一種の錯視なんだろうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

飛び石連休とココログが憎い…

すこしは腰がよくなってきたかなーと、
blogを書いてると、長い間ココログに入って、
ほったらかしにしてると、「確認」した際に、
書きかけの記事が消えました。
こらーーーーーーーー!!

ということで、一から書き直し。なんやねん。

明日仕事やし。明日も休みならいいんだけどな。
飛び石連休ってのは、どうもやりづらい。

●リニア新幹線。(GIGAZINE)

東京⇔大阪、1時間というのがすごく魅力。
飛行機だと同じくらいだけど、
搭乗までに時間かかるし、空港から市街地まで
離れてたりするからね。

中央リニア、というから甲府・松本経由かと
思っていたら、そうでもないのね。
従来の新幹線と併走するのかなぁ。

●いや、適切な目的かと。(GIGAZINE)

茨城県議会の傍聴した人が、居眠り議員の写真を
blogを掲載したところ、県議から
傍聴目的として適切か?と異議が上がり、
県議会が認めた人間にしか、撮影・録音不可、
になりそうなんだってさ。

普通の人間の感覚でいうと、そういう不真面目な
取り組みをしっかり告発するというのは、
当然、あっていいことと思うのですが?

●男性はEdy、女性はSuica。
 (CNET Japan)

Edyか…ANAのマイル貯まるんだけどね。
わたしの環境はSuica中心なので、
Edyはすっかり使わなくなりましたね。

あと、JCBのQUICpay。これもケータイで
使えるのもいいし、カードのポイントも貯まるし。
明細がすごく増えるけどね…
烏龍茶1個とかでも、JCBの明細に書かれるから(笑)

●旅先での別行動。(マイコミジャーナル)

意外と、女性のほうが別行動NGかなと思ってましたが。
別行動するならそもそも別に行ったりして。

わたしも、城廻りとか、展示会とか、
自分の趣味中心のときは、別行動したほうがいいですね。

ホント、会話なく、休憩なく、
ひったすら歩き回ってますからね(笑)

●神に落ちた稲妻。(らばQ)

稲妻は神の怒りにも喩えられているので、
逆に神に落ちるのはこっけいな気もするが、
意外と写真を見ると、神々しい画。

特に自由の女神像に落ちてる写真は、
女神が裁きのいかづちを放っているようにも見え。
あ、裁きのいかづちはラムウか(笑)

●FF13の映像、TGS2008にて。(GIGAZINE)

そうか、もうTGS(東京ゲームショウ)の季節。
来年にはなるみたいだけど、FF13の映像も見れるんだって。

12日は空きそうなので、この映像だけでも
見ておきたいなぁ…

FF12もそうだけど、FFだけはプレイしておきたい
と思っているんですよね~

●はい、ありません。(日経トレンディネット)

20代で車に興味をもつ男性が4人に1人とか。
以前の常識から考えると、少ないんでしょうね。

わたし30代になりましたけど、
20代の頃から、相変わらず車には興味がありません。

詳しくというと、自分で車に乗ることには
あまり興味はありませんね。

車自体は、電車とか飛行機とか、
単純に乗り物に興味があるという意味では、
興味はあるんですけどね。

自分が乗るとなると…せっかく歩く習慣できてるし、
何百万も罹るだけではなく、ガソリン代や
駐車場代もかかるし…お金ばかりかかる印象。

自動車業界にとっては危機なんでしょうけど、
渋滞やCO2排出とかもありますし、
個人で持つのが当たり前、ではなくなっていくのでは?
と思ってたりしています。

●瓦割りで、ものすごくかっこ悪い失敗。
 (GIGAZINE)

ま、とりあえず見てください。ぷぷぷっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ある意味、blog日和orz

先週の木曜あたりから、腰が痛い。
あまり今まで腰痛ってなかったので、
こんなに不便なものかと実感し、
駅のエレベータとか、すごいありがたい。

ということで、あまり家から出歩きたくないので、
溜まったネタを今こそ、書き切るチャンス!
といいつつ、昼から酒を飲みつつ…なので、
進みは激遅ですけどね…あはは。

あまりに続くようだと、病院にいかないと…
とは思っていますが…

ということで、続き行きますよ~

●世界の竹鶴。(nikka whisky)

以前からサントリーのウイスキーは賞をもらっている
イメージがあるけど、ニッカも続々と。

北海道余市と仙台宮城峡をヴァッティングした
ヴァッテッドモルトの竹鶴。

先日、余市に行ってきたせいもあるけど、
なんだかうれしいです。

しかも、ニッカの受賞の特徴って、
比較的低価格のウイスキーでも受賞してるところ。

サントリーは、最低でも17,8年以上の
長期熟成した高価格帯での受賞が主。

一方、ニッカはスーパーニッカや、
竹鶴12年、シングルモルト余市500mlなど、
2,000円程度で買えるウイスキー。

ま、賞がすべてじゃないですけどね。
ウイスキーって、好みが分かれるものですしね。

でも、日本人に本物のウイスキーを
という情熱第一だった創業者竹鶴政孝の想いが、
結実してると考えると、感慨深い。

なんかね、こういうモノづくりに命賭けてます、
というような技術者気質って、好きなんだよなぁ。

●「地域ナンバー1」ってどの地域?
 (イザ!)

確かに分かりにくい表示って、いろいろありますね。
この地域No.1というのも、"No.1"がもっている
インパクトというか、訴求性にあやかって、
なんとか"No.1"とムリヤリにでもいえないか、
という結果なんでしょうけどね。

一番とか、絶対とか、No.1とか。
そういうのって、ちょっと立ち止まって、
考えてみてもいいかもしれません。

●リアルマリオ&ルイージ。(GIGAZINE)

たーしーかーに。
めっちゃ似てますね。

実は、わたしもこんなことがあって。
まだ減量する前、口ひげを生やしていたときに、
大阪に帰って、弟に会ってみると、
やっぱり口ひげ生やしていて(笑)

むしろやせすぎで減量なんて無縁の弟と並ぶと、
マリオとルイージっぽかったです、やはり(笑)

●歴史の事実は変わらないけど、真実は変わる。
 (らばQ)

世界史で習っていたことが、実は…
というのは、けっこうあることなんですよね。

後世の解釈の違いということもあるが、
実はまったく違う話が、真実として出回っていた、
ということもあるみたい。

事実よりも、ある種の希望的観測だったり、
事実ありのままだと、ちょっと困るからだとか、
そういう人間の意図によって、何が真実かは、
変わって後世に伝わるってこと。

真実であるとか、正しいから知識は広まるのではなく、
如何に人々に受け入れられやすいかが基準で、
伝わっていくというミームの考え方に、
即して考えると、さもありなんということなのだが。

●若者がモノを買わない理由。
 (CNET Japan)

なんか、ホントにそうなのかなぁと思いますけどね。
確かに、モノを買わないとか、質素なひとが、
多くなった感じはしますけど。

低い上昇志向だとか、固定化された人間関係
なんていうのを理由を挙げるのは、
世代間の意識の差を理解できてないという気がする。

成功したひとでも、例えば高級車を乗り回したり、
海外旅行に行きまくったりということに、
価値を見出さない、価値観の多様化が根底にあり、
それが従来の購買行動に結びついていないだけ。

|購買へのためらいを払拭するための
|“背中の一押し”や“先送りはできない”と
|思わせることが効果的で、
|さらに機能訴求よりも“素晴らしい自分”
|イメージを想起させることが有効である

いかにも、二流Marketerという感じだな…
少なからず消費者向けのMarketingには関心あるけど、
買い手を上から目線で眺め、どう操るか、
に腐心する考え方には、吐き気がする。

●モンスター著作権。(らばQ)

それでなくても、著作権って何か訳の分からない方向に
議論が行っちゃいそうなところ、
イギリスで、猫にラジオを聞かせていたということで、
著作権侵害だとさ。もう、魔女狩りの様相。

これには、イギリス国内でも批判殺到だとか。
二度とラジオ聞いてやるもんか、と思いますよね…

●まずはやってみないと!(イザ!)

ペットボトルのリユース実証実験ってのが、始まったらしい。
リユースボトルの販売は11月以降だとか。

もちろん、安全面・衛生面がきっちりと
していることは大前提だけど、

|消費者が繰り返し使われて傷ついた
|ボトルを買い物かごに入れるでしょうか

そこを啓蒙していくのが、専門家のシゴトでしょーが。

野菜などでもカタチが悪いものでも、
売られているスーパーもあると聞く。

記事にあるように、

|今から「受け入れられない」と決めつけるのは
|まだ早いと思うのだ

と、わたしも思います。

●瓦ぶきのコンビニ。(イザ!)

京都市の景観条例が見直され、建物の高さだけではなく、
屋外広告にもより一層規制されたようで。
以前から、赤など派手な色の規制はされていた京都だが、
瓦葺のコンビニもあるんだってね。

いろんな街を旅して思うことは、都会の街並みが
かなり似通ってしまっている、ということ。

これは、かなり派手な色や雑多な感じで並ぶ、
広告や店舗のロゴ掲示が、影響していると思うのだ。

京都らしさと調和した現代の街づくりってのが、
京都の観光資源を守るためには、必要だと思うんですよね。

以前、イタリアに行ったときに、
歴史ある街は、歴史的建造物やその雰囲気を含んだ
景観をしっかり考えられているな、と思ったものね。

単発だけじゃ、あまり効果はないけど、
こういう取り組みが増えて欲しいなぁ。

●ムーンライトながらも臨時化??
 (たべちゃんの旅行記)

確かに、18きっぷのあるときくらいしか、
使いませんね、言われてみれば。

もう18きっぷとセットみたいに考えちゃってる
ような感じさえありますね。

ただ、仕事を持つようになると、
夜行バスは、もう怖くて使えませんね。
一度、すさまじく送れてえらい困ったもんな…

|「ムーンライトながら」を廃止すれば、
|新幹線に乗ってくれるわけではありません。
|スピードを求める客は、最初から新幹線に乗ります。

これはまさしくその通りですね、
鉄道が移動手段から離れるだけのことです。
うまく存続できるようにして欲しいなぁ。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

そろそろ閉口?

まー、あれだけマニアックな話題を続けるとね…
自分でもやっちゃった感は、感じてますよ…
ということで、雑多な話題、行きますよ!

●ほんとにある地下ダンジョン。(らばQ)

地下に広がるダンジョン…

お宝があったり、モンスターが出てきたり、と
ファイナルファンタジーやドラクエには、つきもの。
だが、世界にはホントにそんなものがあるらしい。

古城の地下とか、地下水脈とかは興味津々だけど、
カタコンベはちょっとカンベンしてほしいなぁ…orz

モスクワの地下トンネル、FF12の
バルハイム地下道(だったかな)にそっくり。

●エゾシカの新たな活用。(イザ!)

あまりにもエゾシカが増えて、困っている北海道で、
エゾシカバーガーがあるのは知ってたけど、
脂肪が石鹸にもなるんだそうで…

どうなんでしょうね、脂肪って聞くと、
脂っぽい感じがしてしょうがないのですが…

|体や手に適度な油分を残して、
|しっとり洗いあがる

のだそうですが。

●12,000kcal/日。(GIGAZINE)

一桁おかしいんじゃないの?と思う数字。
この間の北京オリンピックで8冠を達成した、
競泳のマイケル・フェルペス選手。

|食べて、寝て、泳いだ。私がやったのはそれだけ

とは本人の弁だが、レベル違いますね、これは…

凡人の場合、摂取カロリーは12,000kcalとまでは
行かなくても、けっこう取るのは簡単だけど、
消費しないからね…(苦笑)

食べた分だけ消費すればいいはず、と思っていても、
意外にに消費していないんですよね。うむむ。

●銚子電鉄、黒字だって!(Infoseekニュース)

一時は、資金難でピンチだった、銚子電鉄。
「ぬれ煎餅」ブームのおかげで、黒字化しているそう。

ぬれ煎餅で前年度比194%増の利益ということで、
ぬれ煎餅に依存しているところは、
ちょっと油断ならないのかもしれないけれど。

鉄道は、なんとか観光鉄道でがんばっていくそう。
いつになるか分からないけど、一度は
銚子を訪れたいものだなぁ。

上り調子(上り銚子)も欲しいし(笑)

●知らずに見ていたら…。(GIGAZINE)

この写真の女性、実はCGで作られたもの。
記事のコメントにもありますが、
テレビ電話とか、ビデオチャットで相手がこれ、
だったら、怖いですよね…

映像までこうも偽装させると、ネカマを
見抜くのってますます難しくなる?
いや、このCGつくるのは大変なんでしょうけどね。

●山手線WATCH。(seahope.com)

インパクトだけすごい、山手線の行先案内型の腕時計。
買うか、というとたぶん買わないけど、
実際見てみたい気はすごくする(笑)

●既存のDVDをハイビジョン画質に?
 (GIGAZINE)

次世代DVD戦争に敗れた東芝が、DVDをハイビジョン並みに
画質を上げるプレーヤというのを出すそう。

どうやって?というのが非常に気になりますが、
アメリカ市場にまず投入されるプレーヤは、
USD150(約¥16,500)と、お手軽価格。

わたし、ほとんど録画とかしないんで、
Blu-rayってしばらくお世話にならないのですが、
既存のDVDがキレイにみえるなら、ちょっと欲しいかも。

●そりゃそうでしょう。(イザ!)

コンビニの24時間営業自粛の要請、
なんかおかしいよなぁ、と思っていたんだけど、
コンビニ業界は、相当な反発。

以前も書いた気がするが、照明を落としたり、
空調を調整することで、ずいぶんとCO2排出は、
削減できるのでは?と思うんだよね。

十分な議論もないままに、先に24時間営業自粛、
といってしまったから、反発されるんだよな。

夜に飛行機から空を見ると、すごく明るいことに
気づかされる。個人的にライトアップが好きだから、
全部消してしまうのも…と思うが、
広告のネオンとか、もう時代遅れじゃないか、
と思うことも。

どういったところから手を付けるか、
そういう議論をまずやらないと。

●え、高所得っすか??(マイコミジャーナル)

さそり座、しし座、おうし座、かに座の
長男・長女が最も高所得、という話。

え、しし座の長男ですが何か(笑)

こういうのって、自分とは別に関係あるとは
限らないんだけどさ、自分に当てはまってると、
気にしだしたりするんだよね~

●冷静に考えたらそうですが、でも、でも…
 (IDEA * IDEA)

だまそうとしているでしょ…だなんて…
いやいや、ホントに「恐るべし平成生まれ」ですわ。

といいつつ、硬貨になったのが1982年というから、
わたしが5歳のときですね。
でも、そのものを見たことがあるかないかで、
ずいぶんと違うんでしょうね。。

つづきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジモノ雑記事。

さて、まだまだいきますよーーー。

●「マイコンピュータ」が「マイコンピューター」に?
 (日経トレンディネット)

これねー、違和感ありありなんだよね。
コンピュータで慣れてきたからなぁ。

別に伸ばしたからって、分かりやすくなる、
ってもんじゃなく、ごくごく感覚的な話。

だからこそ、こうかゆいのに掻けないような、
むずむずした感じなのさ。

実際、英語の発音としても、
日本語のコンピューターのように、
長くは伸ばさないでしょ?

●ポケットプロジェクタ。
 (Engadget Japan & IT+PLUS)

DELLと東芝から出るというポケットプロジェクタ。
ひょっとして、COMPUTEX TAIPEIでみたアレ

DELLのほうは、XGAまで表示できて、500g。
東芝のほうがデザイン的には、洗練されてる感じで、
重量はわずか100gとな?だけど、848*480止まり。

使うかどうか別にして、一回自分のPCで
つないで試してみたいなぁ。

●タッチパネル製品出荷拡大。
 (CNET Japan)

日本では、ニンテンドーDSがタッチパネルを
伸ばしたような感覚があるな。
iPhoneは、イマイチ売れていないらしいが。

この勢いで、TabletPCもメジャーになるといいなぁ。

●ワイヤレス電力。(GIGAZINE)

以前、村田製作所が置くだけで充電できる、
というのをCEATECで展示していましたが、
今度は、Intelがデモしてるらしいです。

しかも、ワイヤレスLANというか、
電波みたいなもので、電気を飛ばして、
充電するんだってさ。

部屋に入ったら、すぐに充電って…すごい!
それに、あの電源コードごちゃごちゃの図には、
ならないってことだよね?

それって、単にPCをケーブルから開放するだけじゃなく、
いろんな機器にとってみても、革命的。
実現すれば、の話だけどね。

●ワイヤレスVGAアダプタ。
 (Engadget Japan)

こちらもワイヤレスネタ。
今度は、PCの信号をワイヤレスで飛ばそうという話。

ほんの数年前だと、そんなアホな、
と思ったことでも、現実になるもんですね。

しかも、特殊な規格ではなくワイヤレスUSBを
遣っているところがポイントで、
PCにUSBポートさえあれば、ワイヤレスで
マルチモニタにできるわけ。いいねぇ。

いま、USBでモニタに出力してますが、
ワイヤレス…そんなに必要性は今のところウチには、
ないんだけど、試したくなりますな(笑)

ただ、モバイルPCだと、パワーが足りないかな?

●ディスプレイ、ネットワーク共有もしちゃう?
 (Engadget Japan)

もう、なんでもありです。
ネットワークでディスプレイ共有だとさ。

ちょっと、使い道がぱっと浮かびませんが。。

●ついにApple謹製TabletPC!?
 (CNET Japan)

Appleがタブレット型Macの特許を申請、という話。
サードパーティがAppleとは無関係に改造したモノは、
以前からニュースになっていたけど。

このところは、あまりアプリに依存することは
少なくなってきたので、MacにもTabletスタイルがあると、
ちょっと本格的に選択肢に入ってくるかも。

でも、AppleしかPCを製造しないMacは、
WindowsPCと比べ、多様性が少ないからな…

●WiMAX & 次世代PHS。
 (GIGAZINE)

もうすぐPanasonicにブランド統合する松下電器が、
KDDIが推進するWiMAXと、
WILLCOMが推進する次世代PHSを
状況に合わせて、使い分けるサービスを始めるのだとか。

どっちかといえば、次世代PHSかなと思ってたけど、
まさかの両刀遣いが可能になるかも?

ちょっと期待したいですね。

●ATOK 2008。(GIGAZINE)

昔はですね、ATOKつかってたんですよね。
やっぱり、日本人が開発した変換ソフトは、
日本語向きですよ。

でも、WindowsXP TabletPC Editionと、
ATOKの相性がよくなかったようで、
ちょっと使ってなかったんですが。

Vistaになれば、その辺大丈夫でしょうかね。
できれば、ATOKに戻したい。

リンク先には、おもしろい動画。
如何にATOKが賢いか、MS-IMEと比較してます。

●売るが勝ち、ってことか。(GIGAZINE)

まー、AcerのCEOがいろいろ言ってますね。
国内メーカーの方々は、ここいらで「なにを!」と
がんばって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他、気になるPC。

さて、その他一般的な大手メーカー製でも、
続々と発表になっていますよね~

富士通のLOOX Uは先に書きましたが、
HPとソニー、NECで気になったものをチョイス。

●HP

香港で発表会があったらしいが、そこで展示されてた
という真紅のモバイルPC

著名なデザイナーが手がけたという、
ちょっといままでのHPにはなかったカラーリング。
だけど、スマートな印象のデザインは、
やはりHPだなーって感じがします。

スペックとかは未定だが、たぶん「普通の」
モバイルPCのスペックでつくってくるのでは?
Netbookではなく、という意味で。

香港の発表会は、全世界的なものなので、
TouchSmart PCの地デジモデルとか情報はないっぽい。
もう、アイオーのディスプレイ買っちゃったから、
買うことはないんだろうけど(笑)

●ソニー/NEC

ソニーは好きなブランドではないのだけど、
ソニーがやることはすごいなぁ、と思うことはよくある。

今回がまさにそれ。VAIO type Z
さっき話題にしたSSDでRAIDしちゃうんだよ?
妥協しないつっても、製品化しちゃうところがすごい。

|64GバイトSSDを2基搭載しての
|RAID 0構成(+16万4000円)

ぷぷっ、どんな人が買うんだろ?
お金余ってしょうがない人?

外付VGAと内蔵VGAに切り替えられる、
というのも、自分は使わないけど、
そゆことできるんだーっと感心。

あと、ここぞというときの舵切りの
思い切りの良さもソニーらしい。

本体+モニターのデスクトップPCの開発を中止
すべて液晶一体型にしていくという。

企業向けはともかく、個人向けは
もう、なくなっていくんだろうね。
時代の流れの必然な気がします。

ハイエンドのtype Rがフォトエディションと
ビデオエディションの2機種。
こういうわけ方も、他社にはないソニーらしさ。

type Lは、以前のモデルのほうが、
カッコいいんじゃないの?という気が…

エントリーのtype Jはあまりいいデザインじゃないな。
ポップな感じだけど、どこか不恰好。

むしろ、それだったら、NECのVALUESTAR Nのほうが
カッコいいと思う。何がいいかって、黒モデルがあること。

たまにお店に行って、パソコンコーナー見ると、
デスクトップはホント、どれもこれも白ばっかり。
わたしが黒が好き、というのもあるけど、
あんなに白ばかりだと、色の選択肢がなさすぎ。

そう、同様のコンセプトの富士通のDESKPOWER Fは、
白だけなんだよね~デザインはいいのに。

また、自分の好みのカタチは、直線的ななんだよね。
丸いのよりも縁はシャープなラインのものがいい。

ただ、選ぶなら19型液晶のほう。
もはや、デスクトップで16型は小さすぎ。

デザインも16型のほうは、プラスチック感ありありで
安っぽさが目立つ。特に黒のほうが。

って、最近までテレビ代わりのPCが壊れてたから、
いろいろどれにしようかなーってみたんで、
ついつい、一気に書き出してしまいましたよ。

さて、デジタル話題が続いて、
ナニソレ?という人にとっては、意味不明な記事が
続いているでしょうが(笑)、あと1回だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんどん進化、SSDとHDD。

次ぎ、これも気になるストレージの話題。
このところ、SSDの話題が多いですね。

雑誌などで取り上げられることも、
ずいぶんと増えたしなぁ。

すでに、わたしはSSDを使っていますが、
これでも時代遅れ?になりそうな、
高速なものがどんどん控えてる様相。

市場の立ち上がりから参入している、
韓国サムスン電子は、1.8型で128GBを投入。
性能もreadは90MB/s、write70MB/sで
十分、というより、相当速い。
今年の終わりには、256GBモデルが出るとか。

米Micronからも、MLCベースで1.8型/128GB品。
read250MB/s、write100MB/sと激速。

そしてそして、あのIntelがSSDに参入
1.8型は80GB/160GBの2種あり、
まずは、80GB版から。

read:250MB/S、write:70MB/S。
さらにIntel独自の技術で、
特にランダムアクセスに強いとのこと。
こんなに速い速いって言われると、
ぜひぜひ、デモを見たいもんだねー。

唯一価格情報があり、USD595(\65,760)。
性能は高いんだろうけど、下がってきた感が
あるなかで、価格が高い印象。
もうすでに量産出荷されてるようです。

1.8型ばかり挙げてきたけど、個人的には、
2.5型はまだまだHDDに軍配があると思ってる。

ノートPC用やポータブルHDD用だけではなく、
今までの3.5型の置き換えとして、デスクトップPCや、
NASなどにも採用されているし、
容量面でも、2.5型で400GBまで見えており、
来年には、1TB(!)まで出てくるそうな。

だけど、小型モバイルPCにはやはり重量や
スペースの問題から1.8型HDDになるケースが多く、
またモバイルPCにそんな容量いらんだろー、
というのもあって、SSDに注目しちゃうんだよね。
# 1.8型でも240GBってのが出てくるようだけどね。

ただ、サーバー用途に書き込み耐性を上げたモデルの
計画はあるものの、書き換え回数の制限というか、
弱さがあるということは事実。

SanDiskが言っているような書換耐性、
つまりは、SSDの寿命に関する共通指標を
消費者として求めたいところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近頃のPC戦線~UMPC編。

で、UMPCですけどね。

●工人舎 SC/SXシリーズ

まずは工人舎。しばらく見ないうちに、
スマートになってました。
7型ワイド液晶搭載のKOHJINSHA SCシリーズ。

ちょっとデザイン的に垢抜けない感じが
あったけど、ずいぶんといい感じに。

液晶も解像度こそ、Netbook並みの1024*600、
わたしが前に使っていた旧LOOX Pと同様だが、
7型という大きさを考えれば、文字の見やすさとの
バランス上、ギリギリといったところか。

しかし、店頭で触ってきたがキーボードはキツイ。
もはや、すべてのキーに同時に押せないような、
ギミックを付けて欲しいくらい。

自宅では、22型液晶+ワイヤレスキーボード、という
環境にしたとはいえ、外でblog更新もするし、
キーボード環境ははずせないので。

8.9型というSXシリーズという選択肢もあるけど、
だったら今のままでいいしね。内蔵DVDいらないし。
両者、一長一短。

でも、オプション品にイイモノが。
HDDつきクレードル。これいいねぇ。

もっというと、クレードルにTVチューナーと
単独録画機能があれば、絶対面白いと思うのだが。

録画はPCとは別に行い、見たいときに見たいものを
PCへ転送するわけさ。よくない?

●富士通 LOOX U

次は、LOOX U。
これは、Good Design Expoでも触ってきたけど。

まず紹介しておきたいのが、日本より先に発表された
アジア地区の発表ニュース

海外ではLifebook U2010として登場。
背面のデザインが違うね。
LOOX Uを持ったおねーさんの図が可笑しい。
まず、こういう場面に遭遇しないと思いますがw

で、本題。

Web記事では、キーボードも快適化
と書いてあるんだけど、やっぱりこちらも、
わたしには、ムリがありましたね。

Enterキーの大型化、キーピッチ拡大、
キートップ面の間隔の拡大…と
細かい改善がなされてはいるんだけどね。

液晶の解像度アップも、枠の太さを考えると、
もう少し、サイズアップもできるんじゃない?
という感じが。

ただ、おもちゃっぽかった前モデル、
特に一番初めの白モデルは、
あまりにも、ちゃっちぃ感じだったけど、
Atomベースになって、持ちたいと思わせる、
デザインになった気がしますよ。

tokidokiというブランドとのコラボは、
正直、このブランドを知らなかったので、
なんともいえない感じ。

ポップでアーティスティック感じは、
悪くはないけど、自分が持つには「?」かな。

次は、SSD+HDD編。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近頃のPC戦線~Netbook編。

いやぁ、出ているのはもちろんチェックしてんですけどね。
ほったらかしにしていて、ずいぶん経ってしまいました。
一般ニュースを優先してると、PC・ケータイ関係が、
激たまり…で、100件以上も!

ということで、超激安のNetbookから
極小UMPCにかけて、ニュースをまとめておこっと。

AsusのEee PCを皮切りに、MSIやらAcerやらHP、
それに一番のお気に入りだったGIGABYTE、
と出だしの主要なところは、台湾で見てきたわけだけど、
あれから、さらに怒涛のごとく発表。
そして、日本の店頭にも続々並んでいますよね。

Acerは、台湾で見てきたあの、
色使いどうなの的なモデルがすでに販売中、
その後発表したDELLも販売中。
ツクモ限定のようだけど、GIGABYTEのタブレットも発売。

EeePCも、台湾で展示されてた第二世代が販売され、
さらには、Buffaloから拡張用のSSDが発売され、
容量面でも、大幅にパワーアップ可能。

また、ハイエンドモデルの登場も控えているようで、
時を経るごとによりハイエンドなモデルが
登場する仕掛けになっているみたい。

相変わらず、品質面では先んじているHPのモデルは、
再入荷したら即完売、が続いているようで、
安定供給は年末くらい?とのこと。

次期モデルの開発も水面下で進めているようだ。
今度は、物量が確保できるかな?

また、ドイツが本社の富士通シーメンスと並んで、
富士通自体も、Netbookへの参加を表明、
その他、NECやソニーも検討してるとかしないとか。
※9/17 追記。ソニーは参入するようですね。
 しかし、価格競争を「最低を目指す競争」とは…
 うまく言うものだ(笑)

ウワサが先行していた東芝も、情報が出始め、
Netbook投入が明らかに。
※9/17追記、もすこしいろいろ写真が出ました。GIGAZINE

加えて、日本勢に遅れて、韓国のサムスン電子も、
Netbookに参入なようですな。
※ 9/17 追記。オンキヨー(SOTEC)からも発表です。

 質感は確かによさそうですが、
 やはり特徴が…市場のパイの比べて、
 参入メーカーが多すぎるのでは。。

がーーーっと、書いてきましたが、
まさに百花繚乱とはこのこと、特定のカテゴリのPCが
出始めてからこんなに参入メーカが増えるのは、
そうそうないんではないでしょうか?

注目を集めているDELLとAcerは、店頭で見てきましたが、
個人的な感想をいうと、「特徴が薄い」。

安いのはよくわかったけど、各社このモデルないと、
と思う点があまり見当たらないんだよな。
HDDタイプかSSDタイプで容量と価格差はあるけど、
正直、安くて見た目が気に入ったものなら、
どれでもいいんじゃないの、という感じ。

とはいえ、店頭市場への影響は、劇的なもののようで、
年内には10万以下のモデルのシェアが50%に達するのでは
という観測も出ているようで、
確かに見てきた限り、新規顧客層への取り込み合戦が熾烈

世界に目を向けても、この手のNetbookが出荷台数の伸びを
下支えしていることは間違いなく、
IDCが急遽、予測の上方修正を行ったくらいだ。

確かに売れてはいるし、PC自体が伸びている
という意味では、既存のPCと食い合ってはいないのかも
しれないけど、まぁ、出るもの出るもの、個性がない。
(あ、GIGABYTE除く、ね)

いっそのこと、店頭で普通に売られている
15型ワイドくらいの液晶を載せて、AtomベースのNetbookを
投入したら、画面見やすくて安さそのままで、
もっと売れるんじゃないのかな。
Intelは食い合うから、やめとけって言ってるけど(笑)

以前から、PCなんてネットとメールくらいしかしない、
という人は多かったけど、ホントネットとメール「しか」、
できないようなNetbookを買った初心者が、
後々ちょっと困るんでは?という老婆心も。

むしろ、わたしは同じAtomでも、キッチリ差別化された
UMPCのほうに目が向きます。
あえて、Netbookを選ぶなら、GIGABYTEかな。
それでもLOOX Pのスペアにあればいいかな、程度。

この種のPCがどうなっていくか、まだまだ流動的。
いろんなメーカーのいろんな思惑も絡んでそうだしね。
なかなか読めない世界になりそう。

では、次はUMPC編。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松江滞在。

さて、先週の話。

2週続けて、出張続きってのはやっぱ堪えます。
昔みたいに出張日常茶飯事みたいならともかく、
ぜーんぜんないところに、ポンポンッっとくるとね…

でも、せっかくなんで、休みの翌日に
松江城は見てきました。
けっこう、好きな天守ランキング高めですし<松江城

まずは、マンホール収集から。
武家屋敷でしょうか?

P1100928

こちらは、宍道湖と灯籠。

P1100929

実はこの日ですね、チェックアウト寸前まで爆睡…
半分寝ぼけて歩いていたせいか、とうきょうばしって??
と読んでしまいまして。

P1100930

ちがいますよ、ひがし・きょうばしです(笑)

松江城前に着くと、南櫓。
復元モノではありますが、それなりに
時の経過が感じられ、いい感じ。

P1100939

石垣は、直線的な積み方。
熊本城のような武者返しはないけど、
見た目だけなら、これはこれでキレイ。

P1100943

早速、天守へ。

P1110019

いいですね~古式ゆかしい下見板仕様。
どっしりとしていて重厚感がありますね。

あと、周りをさえぎるものが少ない、
というのも撮影者にとってはポイントですっ!

別アングルからもう一枚。

P1110010

天守にはお決まりのジオラマとか、甲冑。
好きな者にとっては、飽きませんね~

一応撮禁マークを目にしなかったので、
気になるかぶとを撮影。(問題ありなら即撤去しますが)

紅葉した葉が張り付いていて、これからの季節向き(笑)
かぶと自体は、日本風というより異国風。

P1100975

羽がバンザイしているような飾り。
戦場でこれをみると、ちょっと滑稽かも(笑)

P1100976

たぶん、トンボをモチーフにしたかぶと。
これも秋をイメージして…というわけではなく、
トンボは別名かち虫といって、
武士にとっては、とても縁起のいい虫なんだよね。

P1100978

生憎の天候で、眺めは絶不調。
とりあえず、宍道湖があるということはわかりましたorz

P1100998

天守を降りた後は、松江郷土館(旧興雲閣)。
1903年に建てられた和洋折衷建築。
明治帝をお迎えしようと建てられたとか。

P1100960

内部は、和の様相はあまりなく、
明治期の洋館そのもの、という感じ。

P1110036

肖像は、松江城を創建した堀尾義晴。
京極氏を経て、後には松平氏。
初代は松平直政といい、かの家康次男・秀康の次男。

大坂の陣では、少年ながら真田丸を攻め立て、
敵将真田幸村から賞賛された戦いぶりだったとか。

P1110040

部屋は上品なつくり。明治帝をお迎えするだけあり、
相当、お金かかってたんだろうな<当時

P1110045

そのほか、昔の松江に建っていた建築物が興味深い。
日本銀行松江支店。白黒だからわかんないけど、
レンガ造りっぽい感じだな。

P1110028

旧島根県庁。戦後の混乱で焼失したらしいが、
今の県庁よりも、ぜんぜんすばらしい建物。惜しい。

P1110031

帰り際、鳴いてるセミを激写。
あんまりまじまじと見る機会がなくて、ほほーっと
しばらく眺めてました。

セミ」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

駅前に戻ってきて、松江テルサでカレー食べてると、
あちらこちらにお笑いの告知がわんさか。
昨日(9/14)だったみたいね。

P1110063

ムーディ勝山って、勝山梶の片割れって、
知ってる人どのくらいいるんだろ。。

てか、出雲阿国って、松江出身なの??
てっきり、出雲だと思ってた…
本人は、何度も言われてんのかもしれないけど。

でも、地元かえってお笑いライブって、
凱旋帰国みたいなもの?気分いいだろうな~

あと出雲阿国って、山川恵里佳に似てない?
話題ズレまくりだけど。

ホント、今回はこれだけ。
すぐに帰っちゃいました。

ちなみに、出雲空港で見つけた「玉湯茶乃蔵」っていう、
抹茶のスポンジケーキ。メチャうま。
抹茶の香りと風味がすごくしっかりしていて。

写真撮るのを忘れたので、こちらからどうぞ。
# これ、ネット通販なさげ…
# もっと買っとくんだった…激しく後悔してます…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

響。

響。
大学の友人との再会。
半年ぶりくらい?

ちょっと奮発してダイニングバー「響」へ。

最高級ウイスキー銘柄の名を冠するだけあり、
「響」シリーズは全種取り揃え。

響17年を頂いたが、さすがに響30年は、
手が出なかったな。
# 1ショット4800円也。

秋葉原にも「響」があるなんて、
意外な感じが。

秋葉原もずいぶん変わったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミルクティー&カラメル。

ミルクティー&カラメル。
一本で200kcalくらいあるので、
気安くは飲めないが…

久しぶりにミルクティーを飲んだせいか、
そこそこ美味くは感じたけど。

カラメルの風味は結構強め。
もう少し、紅茶も渋みを出して
主張した方がいいかも。

これからは、ホットの季節、
眠っている茶葉の出番。

かき氷用に買ったメイプルシロップを
余らせているので、
紅茶用に使う予定。
あ、バニラエッセンスもほしい…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スタバの抹茶ラテ。

スタバの抹茶ラテ。
コーヒーちゃうやん、ていうツッコミも
考えられるが、美味いのでよしとしよう。

「抹茶とミルクの新鮮な出会い」とあるけど、
組み合わせ自体は新しくはないんじゃ?

スタバの店舗で、飲んでもこんな感じ?
これからは、抹茶ラテも、飲んでみようかな。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

はや、丸8年。

毎年恒例ですが、9/9はわたしが以前やっていた、
Webページを公開を始めた日。

いうなれば、Web上に文章を載せはじめた記念日。
もう8周年になりました。

blog以前は、あまり更新頻度は高くなかったですが、
書く習慣は着実についていますね。

これからも、よろしくお願いしまーす。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

Good Design Expo 2008 vol4。

さて、最後を飾るのはデジモノ編。
普段は見れない海外仕様のものだとかが見れるので、
なかなか面白いのが、Good Designのイベント。

●Optimus Maximus

GIGAZINEでも以前紹介されていた、
すべてのキートップが有機ELになっているキーボード。
思いもかけず、この会場で目にすることができ。

Gde0044

キーの表示内容を変えられるだけでなく、
有機ELということで発色が鮮やか。

Gde0045

FirefoxやYoutubeのボタンが見えます。

Gde0046

ただね、これすごいんだけど、
あまりにも高いんだよね。USD1864。
日本円にして、約20万円というぶっ飛んだ価格(笑)

いや、見れただけでいいっす。

●TOUGHBOOK with Atom。

IntelのNetbook/UMPC用CPUのAtomを
つかったPanasonicのTOUGHBOOK。

Gde0065

写真では何度か見ていたが、実物は初めて。
キーボードはおまけ程度なので、防塵・防水・耐震動が
要求される場所でのビューワ用だろうな。

ほぼ業務用だから、ニーズとしては
普通のTOUGHBOOKのほうが高そう。

●DELLらしからぬ…。

アメリカのPCベンダー二台巨頭というと、
HP(Hewlett-Packard)とDELL。

個人的にHPは、デザイン性の高いイメージがあり、
以前は、HPのTabletPCを使っていた時期もあった。

今回はTVつきLCDを買ったけど、TouchSmart PC
すごく秀逸なデザインだと思うし。

一方、DELLって安くてかっこ悪いか、
妙に派手なデザインの、アメコミ的なイメージが
どうしても拭えないのだが。

でも、DELLのTabletPC。黒一色でスマート。
へぇ、こんなのもあるんだね。

Gde0066

適度に軽く、TabletPCとしてはソツない感じ。
逆に言えば、特徴に欠ける気はするけど。
まぁ、この質感で安いんだろうけどね。

背面のDELLマークもちょっと控えめ。

Gde0067

こちらは店頭にも並んでるけど、DELL製の液晶モニタ。
デザインだけではなく、音もよさそう。

Gde0072

これも店頭に並んでますね。XPS One。

Gde0094

DELLのデザインも、ずいぶん変わってきたなーという印象。

●うわー、派手だわ…。

東芝製のおそらくは、海外向けのPC。
台北でみたMSIとかのド派手PCに共通するものがあるな(笑)

Gde0080

●SAMSUNGの薄型ノート。

あまり日本じゃ、なじみがないけど、
韓国SAMSUNG電子もPC造ってるんですよね。

Gde0081

天板のアルミラインが美しい。

Gde0082

赤いバージョンもあるよ。

Gde0083

なんだかキートップが、VAIOっぽいですな。

Gde0084

●Haierのパソコン??

Haierって、家電の会社だよね。
PCなんて造ってるんだー…すごーく意外。

Gde0089

ただ、カラーリングはどことなくシロモノ家電の感じ。
見ようによっては、以前あったNECのSimplem
みたいな気も。
Simplemって、もう9年も前か…

Gde0088

●LOOX Rとか、LOOX Uとか。

こちらは、富士通。
Web限定のLOOX Rの天板が展示。
クリーム色が基調のストライプデザイン。

Gde0073

これはちょっと宇宙とか夜空をイメージさせる色遣い。
同じ色一色じゃなくて、ちょっとアクセントがあると
いいよね。

Gde0074

犬の絵(写真?)のデザインもあります。

犬好きには好まれそうだが、どうせなら、
飼ってる犬の写真にしたいよね。

Gde0075

で、気になったのが、LOOX RのACアダプタ。
細くてコンパクトなACアダプタ。
カバンへの収納性がよさそう。

Gde0076

海外仕様のTabletPC。
TabletPCはビジネスモデルと思うが、
白く質感もよくて、店頭モデルっぽい。

Gde0077

背面も白を基調としながら、
棒グラフっぽいデザインがアクセント。
表面はアクリルのようなテカテカした感じ。

Gde0079

LOOX Uの新モデル。Atomを搭載して、
液晶の解像度アップ、キーボードが6段に。

Gde0092

キーボードが6段になったのはいいけど、
やはりキーが小さすぎる…指が太いわたしには、
間違わずにタイプすることは、難しいな…

液晶も小さいながら、わがLOOX Pと同じ、
1280*768の解像度。文字が小さいな…さすがに。
でも、元々が小さいもの好きなので、
これは許容範囲ですかね~

Gde0093

本体デザインの質感は上々。
ちょっと、見た目で欲しいな、と思っちゃいましたよ。
さっきのTabletPCと共通したデザイン。

Gde0090

前のモデルのLOOX Uが、ちょっとおもちゃっぽいな、
と思っていたので、いい感じに進化。

Web通販モデルの金色ver。
こちらも高級感があっていい。

Gde0091

●iPhoneもどき?

SAMSUNGのタッチパネル操作のケータイ。
革製のフリップがついているけど、
すごく似てるような…

Gde0095

裏を向けると、ケータイとかスマートフォンというより、
コンパクトデジカメ、という雰囲気。

Gde0096

しかし、日本じゃあまりみかけないけれども、
SAMSUNGっていろいろつくってるよね~

●ケータイの色の好み。

ちょっとデジモノから話が外れるけれども、
以前と比べて、色の好みが変わってきたなーっ、
とよく思うことがあり。

基本的には、黒が好きである時期から、
身に付けるものから何から何まで、黒が多いんだよね。

以前は、青系統がすごく好きだったのに。

で、黒意外でいうと、濃いブラウンを基調にした
カラーリングにも惹かれるようになってきて。

で、ケータイを見て回っても、こういう色に
目が留まるんだよなぁ。
auの日立製W53H。アラビアンブラウン。

Gde0097

Gde0098

もうひとつ、PanasonicのW61P
ジェンティーレゴールド。

Gde0099

Gde0100

でもなー、やっぱケータイはストレート!
が信条なので、MEDIASKINから変えるに至ってません。

変えるとしたら(まだ変えられるか知らないけど)、
INFOBAR2か…

Gde0101

あるいは、京セラのW63K。

Gde0102

ただ、コレッっていう決め手に欠けるんだよな…うーむ。

ということで、今回のGood Design Expoの
レポートは終了。
次のデザイン関係のイベントは、100% Design
デザインフェスタだな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Good Design Expo 2008 vol3。

まだまだー。

●古きものと新しきものの融合。

古い蔵をそのままに新しく増築した例。
古いものを残しつつ、新しく造ることはいいことだけど、
単純にやっちゃうと、どっちかが浮いちゃって、
なかなか難しいんじゃないかと思うのだが。

Gde0117

どうでしょう、悪くはないかと。

●動物型のクリップ。

もちろん、かわいらしいというのもあるんだけど、
均一な形ではなく、いろんな形があると、
使い分けの目印になるかなーと思ったり。
# 味気ない感想だって??

Gde0118

●漆喰。

城好きなわたしにとって、漆喰はよく知るものだけど、
現代にはこのようないろんな色の漆喰があるんだってね。

Gde0119

あるいは、透かしを入れてみたりとか。

Gde0120

現代ならではの技術ですね。
こういうのを使って、現代ならではの
アーティスティックな城、ってのもいいかも。

●土壁。

土壁も、負けてはいません。
こちらもカラフルというか、すごく高級感に
あふれた壁材ですよ。
わたしは、本聚楽の色が好みかなぁ。

Gde0121

●畳。

インテリアアイテムが続いてますが、今度は畳。
これもいろんな色の畳です。

Gde0125

黒が好きなわたしは、やはり黒に惹かれていきますが、
こうもいろんな色があると、カーペット感覚で、
洒落たインテリアアイテムになるかも、ですよね。

●黒ツナガリ。

ということで、黒い便器。
これはなかなかないでしょう。

Gde0123

よほど、黒が好きでないと選びませんかね。
でも、蓋を開けるとさすがに中は、白いです^^;

Gde0124

●ケーブル収納ケース。

こういうの、ほしいんですよね。
PCをはじめ、いろんなものを使ってると、
ケーブルのジャングルは避けられないわけで(笑)

すっきりとしたデザインの箱にスマートに収まると、
見た目ごちゃごちゃしなくていいですよね。

Gde0128

中はこういう感じ。

Gde0129

●自分の歩いたルートを記録する。

自分の歩いた足跡を記録するGPSユニット。
万歩計みたいに身に付けて使うのかな。

Gde0132

けっこう、旅先では歩いて行動することが多いので、
どれだけ歩いたかがしっかり分かるのがいいな。

今は、歩いた道を思い出して、地図ソフトの
測量機能を使ってるんだけどさ。

●これでも浄水器。

浄水器って、蛇口になったものをイメージするけど、
これはその都度入れて、浄水するタイプ。

Gde0126

わざわざ取り付けるというほどではないけど、
これなら手軽に浄水器を使えそう。

●非公開ってアンタ。

たぶん、グッドデザインの審査のときには
開くんだろうけどさ…。

そんなんだったら、会場に置かずに、審査の場だけに
持ってきて欲しいよね。なんかヤな感じ。

Gde0133

●flying letter。

これもちょっとしたアイデアなんだけど、
とてもいいなぁと思ったもの。
紙飛行機の形に折って、手紙を出すんだよ。

Gde0135

もちろん、飛ばして郵送するわけではないけど(笑)、
これで手紙をくれる人って、絶対いい人だよなぁ。
なんか心が豊かな人である気がするよ。

さて、次回はGood Design Expo、PC・ケータイ編。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Good Design Expo 2008 vol2。

さて、続きです。

●edogawa3(えどがわきゅーぶ)

これ、前に見たような気がするけど、
東京の美術系大学と江戸川区の伝統工芸者のコラボで
生まれたedogawa3。

グラデーションが美しい扇子。
非対称なところがいい感じですね。
閉じたところが、絵筆に見えるような気も。

Gde0043

●給食用食器の繕い。

給食用の食器。長い間、何世代にもわたって、
使っていくわけだから、当然欠けたりとかするわけよ。

それを修繕するにしても、ちょっとアイデアを出すと、
時間が積み重なった歴史ある食器に。

1.欠けちゃいました。

Gde00482

2.修復したところ。葉っぱの絵ができてます。

Gde0048

3.年ごとに絵を変えると、その歴史が積み重なる。

Gde0049

なかなかいいアイデアですね。
長く使われたものほど、いろんな絵で彩られるわけで。

●ヘッドマウントディスプレイ。

スカウター型のは見たことがあるけど、
こちらは、蝶野正洋のサングラスのような(笑)タイプ。
相当、コワモテに見えるでしょうな。

Gde0047

●縦長のフォント。

意外だけど、そんなに縦長という感じはしなくて、
いい感じでシャープに見える。

Gde0051

こういういろんなフォントをPCの表示用として、
使ってみたいですねぇ。

もちろん、メイリオも見やすいけど、
フォントって、いつも目にするものだから、
こだわりたいポイントなんだよね。
意外かもしれないけど。

Gde0052

漢字と仮名とアルファベット、それぞれが
均等に見えるようなこだわりが感じられます。
説明がないと、普通に揃っているだけだけど、
それがすごいんだよなぁ、きっと。

●日立のサーバ。

サーバって、まさしく裏方の機械であり、
表に出ることはまったくないわけだけど、
存在感があるデザインがあってもいいよね。

ここでがんばってんねんぞ!
みたいな主張があるデザイン。

Gde0054

●時代MAP。

京都の平安時代や幕末当時の地図と、
現代の地図を重ねてみることができる地図。

Gde0056

各時代の地図って、よく歴史博物館とかに
掲示してあるけど、売っている地図で昔の地図が見れ、
しかも現代と重ねあわせることができる、
っていうのが新しいし、歴史好きにはうれしい。

ただ、わたしにとって、興味深い戦国時代~江戸初期の
地図がないんですけど。。。

●いや、教育によくないんじゃないか…

誕生日プレゼントを開けてがっくり。
こんなのじゃなーーーい、とわざとさせるものらしい。

Gde0059

その名も、「コレジャナイロボ」。

ほしいものが何のリスクも努力もなしに、
手に入れられるわけじゃない、ということを
身をもってわからしめるんだってさ。

ネタ的には最高だが、これをもらった子供の将来が心配…
ひねくれるんじゃないの?

●グラスに飾るメッセージカード。

グラスに止まっている蝶のようなメッセージカード。

Gde0061

思わず、バーカウンターで「あちらのお客様からです…」
といって届くグラスについてるのを
イメージしちゃいました。

そんな経験あるひと、いるのかな?

●あるようでなかった。

CDやDVDを一枚単位で傷から保護するアイテム。
不織布とビニールのケースはよく見るけど、
あれ、意外と傷ついちゃうんだよね。

Gde0069

あると、けっこういいかなぁ。
周辺機器のアプリCDとか、これにしてほしい。

●どこかで見た乗り物。

東京モーターショウだったかな、
トヨタのセグウェイスタイルの乗り物。

Gde0104

セグウェイと違うのは、右下にあるように
すごーくコンパクトにまとまること。
旅先にも簡単に持っていけそうなのが◎。

こちらは、愛知万博であった「i-unit」が、
より実際の製品になったイメージ。

Gde0105

●高速道路の遮音壁。

今は、味気ない灰色の遮音壁だけど、
これがなんと何十年にもわたって、
全然変わってこなかったデザインなんだって。

それを変えようとする試み。
緑が植わっていますよ。ビオボードBOX。

Gde0106

ずいぶんと高速道路の印象が変わるでしょうね。
地方の路線よりも、阪神高速とか首都高とか、
都市部に付けてほしいなぁ。

都会にはもっともっと、緑が必要。

●ワイヤレスLANを、そう使うか!

まずこの写真を。普通のデスクにしか見えませんが。

Gde0109

なんと、この黒い部分にPCを置かないと、
ワイヤレスLANが使えないという特殊なデスク。
これ、ホットスポットには必須じゃないか?

どこか別のところから、覗きにに来るような輩からは、
セキュリティを守るのによさげ。

こんな感覚で、充電もできるように、
してほしいですね。村田製作所が試作してたけど。

●切りくずを出さないはさみ。

冗談でしょ、というはさみ。
切った後の紙を収納することで、
ゴミを散らかさず、重要文書も見ずに処分、
ということなんでしょうか。

Gde0114

まだ、つづきまーす。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Good Design Expo 2008 vol1。

さて、ずいぶんと経ってしまったが、
GDE2008のの話。

以前までは、Good Design Presentation(GDP)、
と言っていた、今年のグッドデザイン賞の候補が
集結するイベント。

とりあえず、候補を並べてみました、
というのからちょっとだけよくなって、
ブースとして、意識したコーナーもできつつあり。

ということで、順を追って見ていきましょうかね!

●デザインエクセレンスアワード。

まずは、タイのデザインエクセレンスアワード受賞品
の紹介コーナーから。日本産業デザイン振興会も、
支援しているそうで。

パイナップル繊維で作ったベッド。
紙とはいえ、すごく頑丈。
紙一枚一枚を違う色に染色し、束ねたもの。

Gde0001

木目のようにも見えるが、葉を重ねたもの。
トータルデザインはいいんだけど、
何で色を付けてるのだろう?

ちょっと表面をマジックで書いたように、
見えてしまうのが惜しいところ。

Gde0003

ちょっと変わった椅子。ぴっちりとはめられている
ゴムが破けると心配だけど、見た目もシンプルながら、
インパクトは抜群、けっこう気に入りました。

Gde0004

LEDを埋め込んだ浴槽。写真では赤い色だけど、
青やら緑やら、いろんな色に光る。

Gde0005

何のデザインでしょうか?
富嶽三十六景の波のようですが(笑)

Gde0006

しない人にとっては「?」でしょうが、
電気を消して風呂に入る習慣があると、
なるほど…と思ったりする。

ただ、同じ光だと飽きちゃうんじゃないな、
という気がしなくもないが。

花瓶一体型便座。何の意味が!と思う人と、
面白いんじゃない?と思う人と、
きれいに二分されそうな気がしますね。

Gde0007

●大学コーナー。

続いては、大学のコーナー。
デザイン専攻の学生が企業とコラボしたりして、
成果を発表するコーナー。

◇大阪芸術大学

去年の100% Designで賞をもらったという、
タイヤを使ったベンチ。

Gde0011

なかなか座り心地は悪くない。
上についてる樹脂がなにやらポイントのよう。
見た目的にもアクセントがあってよいね。

お、愛知万博で見たwakamaruか?
なぜここに?

Gde0012

wakamaruは実は、脇役でメインはコチラ。

Gde0013

なんかヒーローモノの衣装みたいだが、
これを着ると、そっくりそのまま同じしぐさを
wakamaruがするというもので、
からだ全体をつかったコントローラーってわけ。

服の部分と機械の部分が一体化していて、
きちんと基点がずれないように、専用で開発。

動かすと、どの関節が動いたか、LEDが光って
分かるようになっているのだそう。
以前はもっと、ごつごつしていたらしいが、
これでもずいぶんとスリムになったみたい。

まだ、研究段階で人間が入り込めない場所、
危険な場所での作業を想定したものだが、
ゲーセンにこゆのをつかったゲームがあると面白そう。

やっぱり、人目につくところでの実用化も
大切だと思うんだよね~

なんで、ここにあったかは失念したが、
石見焼雪舟窯のマグカップ。

Gde0014

煎餅みたいな表面が、飾らない素の焼き物、
という感じが前面に出ていて、いいなぁ。

LEDを使った新しい懐中電灯の提案。
既存のものとは違い、輪っかを握って、
いろんな使い方ができたら、いいな~というモノ。

Gde0017

これは、水面に滴る水の流れと、
波紋をイメージしたLEDとアクリルを使った置物。
Gde0018

アクリルは、光とすごく相性がいいですよね。
モダンで洒落た感じに光を演出するには、
欠かせないアイテムです。

◇武蔵野美術大学

INAXと共同で進める「収納できる蛇口」。

Gde0023

想定シーンを見てると、ちょっとしたことではあるけど、
引っ込めば確かにいいなぁと思わせられる。

ホテルとか公共の空間にまず取り入れたほうが、
いろんなひとの「!」につながって、
話題性も伸びるんじゃないかなぁ。

取り替えられて、いろんなバリエーションを用意したり。

Gde0021

こちらも、水をテーマにした提案、mose(モーゼ)。

Gde0024

イラストにあるように、水滴型のものに水が溜まり、
かつ、簡単に持ち運べ、さらにはすぐに水を取り出せる、
というもの。文章で書いても分かりにくいので、
スライドを…

仕組みはこう。
樹脂でできた水滴型のネットの下半分を
撥水加工をすることで、水が溜まるようにしたもの。

Gde0025

で、このように持って運べるということ。

Gde0026

握ったり、グラスに軽く当てると、
水が出てくるんだって。

Gde0027

どっちも、おもしろいんだけどね、
やはりボードだけの説明は味気ないなぁ、という感じ。
なにかしら体験できるようなモノや仕掛けが欲しい。

◇東北芸術工科大学

純粋に風を当てて舞い上がるように、
デザインしたものなのだが、
これがけっこう見ていて飽きず、
オブジェとしても、成り立つんじゃないか?
と思わせるものでしたよ。

Gde0029

動画はこんな感じ。
@niftyビデオ共有を使ってみました。

gde001」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

◇京都精華大学

タバコを一束にしたようなソファ。
すごく今までにない変わった座り心地。

ふかふかして、深く腰掛ける感じなんだけど、
ちょっとところどころ、押されてる感じもあり、
意外さがいいかもしれません。
でも、毎日は「?」かな?

Gde0032

逆にこっちは、固めの椅子で、
胡坐をかくのに最適だとか(笑)

Gde0033

ちょっと大きめで存在感のある雑誌棚。
都合にあわせて、中の仕切りを入れ替えられます。
これ、けっこう普通に家具を選ぶ感覚で、欲しいです(笑)

Gde0034

ここでは、学生さんがいろいろと展示スペース内を
ひとつひとつ説明してくれて。

企業やNPOなどと一緒に"デザイン"することを
進めると、形になるスケールが違うし、
チカラの入れ方が違うんだって。そりゃそうだよなぁ。

どんなものであれ、自分がつくったもの、
関わったものが、カタチになり、どこかで活かされる
というのは、すごくうれしいよね。

説明してくれた学生さんは、京都府庁にある
NPOパートナーシップセンターの協働フロアの
テーブルをデザイン・製作し、コンペに勝ち残って
実際に置いてあるそうですよ。
(5/21の項目を見てください!)

今回、名前聞きそびれたんだよなぁ…
いつもなら、名刺もらうとかして、blogに書いたよー
って、連絡するのですが。

●WILLCOM

もうすでにWebニュースとかでは、紹介されてますが、
くまふぉんこと、クマのぬいぐるみがPHSになった、
というぬいぐるみ型PHSを体験。

Gde0042

こいつの左手を握ると、着信を受けることができ、
抱っこしたままとかで、通話できる。

すごいねー、実際に使えるんだものね。
後は、WILLCOM幹部の製品化に向けたGoサインだけか?

●新潟県県央地域地場産業振興センター

新潟県の中央にある燕市、三条市の工業品で、
過去にグッドデザイン賞を受賞した製品の展示。

個人的に気になったのは、銅製の茶入。
柿や筍などのデザイン。シックでシンプルなのに、
それだけにとどまらない、面白さが感じられ。

Gde0039


1つ、\10,000。買えない値段ではないよね。
以前、鹿児島に行ったときに、薩摩錫器が気になったが、
いずれも\30,000以上、ということで諦めた。
これなら、買いたい感じ。

ここには展示なかったけど、長なすがいいな!
買っちゃおうかな…

さて、ここまでが展示ブースのようになっていて、
この先は受賞候補がずらずらーーーっと、
並んでいるだけの、従来型の展示。
これは、次の記事で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Googleのブラウザが登場!?

さて、やっとGood Design Expoの写真がまとまりました。
週末、更新するぞー。

ということはさておき、Googleが、ブラウザつくったようで。
とにかく描画が速いという話ですが、
速さよりも、気になることが。

どうやら、アドレスバーに入力されたユーザーの情報を
Googleが蓄積できるしくみだそう。

先だってのストリートビューもそうだけど、
けっこうデリケートな部分も、ズケズケ来るなぁ…Google。

ま、もちろんoffにすることはできるみたいだけど、
知らずにそのまま使っちゃう人も多いだろうな。

しかも、その情報をGoogleがいろいろサービスに
使えちゃう、ってこともなんだかねぇ。
感じ悪いって思うのが普通だろうよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちょっと似すぎじゃね?

なかなか、Good Design Expoの写真整理すら
まったく終わってない…

写真の整理だけでも、平日にできないんだよねぇ。

で、ちょっとしたネタ。

こないだ、余市に行ってきた時に買った、
ウイスキー樽でできたNIKKA WHISKYのロゴ入りペン。

で、先週末、山崎に行って買ってきた、
SUNTORY YAMAZAKI DISTILLERYのロゴのペン。

P1100918


あの…似すぎじゃありません?
カタチがまったく一緒、ノックする部分とペン先が、
NIKKAのほうがつや消しなんだけど、
SUNTORYは、ちょっときらっとしている。

なんだかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

出張ついで。

出張ついでに、大阪に寄って行きました。
岡山経由で、昼ごろ大阪到着。

やはり、岡山城ははずせません。
遅かったので、ライトアップを鑑賞のみだけど。

P1100847

朝、大阪までローカル線でゆっくり。
18きっぷの残りがあったからね。

今回は大阪の友人たちも、都合がつかず、
自分本位で行動することに。

ということで、大阪人なのに一度も
行ったことがなかった、サントリーの山崎蒸留所へ。

Yama

敷地内の島本町のマンホール。

P1100853

四角い珍しいものも。

P1100854

ざっと、見学するけど、
どこの蒸留所でも、貯蔵庫が一番いいなぁ。
この香りが、なんともいえない。

試飲では、山崎12年を試飲。
やはり、山崎は温暖なところなのが影響してか、
クセが少なく、とがったところのない上品な感じ。

個性が強いお気に入りの余市とは、対照的。
どっちがいい悪いということじゃなく。

より香りを楽しむために、トワイスアップで
おかわりを頂く。ちょっと試飲の時間が短いかな?

このあとショップで解散なのだが、
ガイドのお姉さんとしばらくお話を。

最近、響の21年をプレゼントで頂いたそうで、
なんともうらやましい話。

先だって、余市も賞をもらっていたが、
山崎や白州もシングルモルトの賞をもらっているそう。

蒸留所そのものが、世界に認められつつあるのが、
すごいうれしいな、という感じ。

で、響50.5ってのがあって、気になったんだけど、
単純に度数が高いんじゃなくて、
NON CHILLFILTERED、つまり冷却濾過をしていないタイプ。

香味成分がふんだんに残っていいものなのだが、
蒸留所では、樽出しが人気で、けっこう苦戦とのこと。
場合によっては、終売かも…と。もったいない。

そこで、有料試飲で、しっかりテイスティング。
うん、木の成分がすごく感じられて、いい。

もちろん、響ブランドだから、
ブレンテッドウイスキーとして最高峰なわけで、
おいしいのは当たり前、とも言えるが。

で、お買い上げ。また家にウイスキーの瓶が並びます。
まぐぽさんほどではないにしても。

P1100917

土曜日は、ほとんど両親の旅行先の写真鑑賞。
わたしも人のことを言えたもんではありませんが、
まー、いろんなところ行ってる行ってる(笑)

実は、盆に帰らなかったのも、
実家が旅行で留守中、ってのもあったんだよね(笑)

ホント、この親にしてこの子ありというか。
小さいときから、よく出かけてましたからね。
旅好きにさせてもらったのは、本当に感謝しています。

でやっぱり、時間があると行ってしまうのが、
大阪城。何回行ってんだ?

緑の屋根は相変わらず、気に食わないが、
それでも、あの豪華さとあの圧倒的な存在感は、
他城では、ないですね。

これは、玉造口付近から。
あまり人は多くないですが、大阪城をきれいに撮れる
隠れたいいスポットなのです。

P1100884

あとは、以前にも掲載した、
本丸の西の丸庭園寄り、西の空堀の北端付近。
(わかりにくいか…)

P1100900

カラスが新たに写っているとおり、
以前のものではなく、今回新たに撮ったもの。

マンホールも新しいのをゲット。空気弁。
大阪城だけではなく、水上バスも描かれてます。

P1100909

よく見るのはこれね。大阪城と桜。
どうせ撮るなら、カラーマンホ。

P1100915

というわけで、帰ってきてblog書いてると、
2時前ですよ。Good Design Expoはまた後日…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »