« そろそろ閉口? | トップページ | 飛び石連休とココログが憎い… »

ある意味、blog日和orz

先週の木曜あたりから、腰が痛い。
あまり今まで腰痛ってなかったので、
こんなに不便なものかと実感し、
駅のエレベータとか、すごいありがたい。

ということで、あまり家から出歩きたくないので、
溜まったネタを今こそ、書き切るチャンス!
といいつつ、昼から酒を飲みつつ…なので、
進みは激遅ですけどね…あはは。

あまりに続くようだと、病院にいかないと…
とは思っていますが…

ということで、続き行きますよ~

●世界の竹鶴。(nikka whisky)

以前からサントリーのウイスキーは賞をもらっている
イメージがあるけど、ニッカも続々と。

北海道余市と仙台宮城峡をヴァッティングした
ヴァッテッドモルトの竹鶴。

先日、余市に行ってきたせいもあるけど、
なんだかうれしいです。

しかも、ニッカの受賞の特徴って、
比較的低価格のウイスキーでも受賞してるところ。

サントリーは、最低でも17,8年以上の
長期熟成した高価格帯での受賞が主。

一方、ニッカはスーパーニッカや、
竹鶴12年、シングルモルト余市500mlなど、
2,000円程度で買えるウイスキー。

ま、賞がすべてじゃないですけどね。
ウイスキーって、好みが分かれるものですしね。

でも、日本人に本物のウイスキーを
という情熱第一だった創業者竹鶴政孝の想いが、
結実してると考えると、感慨深い。

なんかね、こういうモノづくりに命賭けてます、
というような技術者気質って、好きなんだよなぁ。

●「地域ナンバー1」ってどの地域?
 (イザ!)

確かに分かりにくい表示って、いろいろありますね。
この地域No.1というのも、"No.1"がもっている
インパクトというか、訴求性にあやかって、
なんとか"No.1"とムリヤリにでもいえないか、
という結果なんでしょうけどね。

一番とか、絶対とか、No.1とか。
そういうのって、ちょっと立ち止まって、
考えてみてもいいかもしれません。

●リアルマリオ&ルイージ。(GIGAZINE)

たーしーかーに。
めっちゃ似てますね。

実は、わたしもこんなことがあって。
まだ減量する前、口ひげを生やしていたときに、
大阪に帰って、弟に会ってみると、
やっぱり口ひげ生やしていて(笑)

むしろやせすぎで減量なんて無縁の弟と並ぶと、
マリオとルイージっぽかったです、やはり(笑)

●歴史の事実は変わらないけど、真実は変わる。
 (らばQ)

世界史で習っていたことが、実は…
というのは、けっこうあることなんですよね。

後世の解釈の違いということもあるが、
実はまったく違う話が、真実として出回っていた、
ということもあるみたい。

事実よりも、ある種の希望的観測だったり、
事実ありのままだと、ちょっと困るからだとか、
そういう人間の意図によって、何が真実かは、
変わって後世に伝わるってこと。

真実であるとか、正しいから知識は広まるのではなく、
如何に人々に受け入れられやすいかが基準で、
伝わっていくというミームの考え方に、
即して考えると、さもありなんということなのだが。

●若者がモノを買わない理由。
 (CNET Japan)

なんか、ホントにそうなのかなぁと思いますけどね。
確かに、モノを買わないとか、質素なひとが、
多くなった感じはしますけど。

低い上昇志向だとか、固定化された人間関係
なんていうのを理由を挙げるのは、
世代間の意識の差を理解できてないという気がする。

成功したひとでも、例えば高級車を乗り回したり、
海外旅行に行きまくったりということに、
価値を見出さない、価値観の多様化が根底にあり、
それが従来の購買行動に結びついていないだけ。

|購買へのためらいを払拭するための
|“背中の一押し”や“先送りはできない”と
|思わせることが効果的で、
|さらに機能訴求よりも“素晴らしい自分”
|イメージを想起させることが有効である

いかにも、二流Marketerという感じだな…
少なからず消費者向けのMarketingには関心あるけど、
買い手を上から目線で眺め、どう操るか、
に腐心する考え方には、吐き気がする。

●モンスター著作権。(らばQ)

それでなくても、著作権って何か訳の分からない方向に
議論が行っちゃいそうなところ、
イギリスで、猫にラジオを聞かせていたということで、
著作権侵害だとさ。もう、魔女狩りの様相。

これには、イギリス国内でも批判殺到だとか。
二度とラジオ聞いてやるもんか、と思いますよね…

●まずはやってみないと!(イザ!)

ペットボトルのリユース実証実験ってのが、始まったらしい。
リユースボトルの販売は11月以降だとか。

もちろん、安全面・衛生面がきっちりと
していることは大前提だけど、

|消費者が繰り返し使われて傷ついた
|ボトルを買い物かごに入れるでしょうか

そこを啓蒙していくのが、専門家のシゴトでしょーが。

野菜などでもカタチが悪いものでも、
売られているスーパーもあると聞く。

記事にあるように、

|今から「受け入れられない」と決めつけるのは
|まだ早いと思うのだ

と、わたしも思います。

●瓦ぶきのコンビニ。(イザ!)

京都市の景観条例が見直され、建物の高さだけではなく、
屋外広告にもより一層規制されたようで。
以前から、赤など派手な色の規制はされていた京都だが、
瓦葺のコンビニもあるんだってね。

いろんな街を旅して思うことは、都会の街並みが
かなり似通ってしまっている、ということ。

これは、かなり派手な色や雑多な感じで並ぶ、
広告や店舗のロゴ掲示が、影響していると思うのだ。

京都らしさと調和した現代の街づくりってのが、
京都の観光資源を守るためには、必要だと思うんですよね。

以前、イタリアに行ったときに、
歴史ある街は、歴史的建造物やその雰囲気を含んだ
景観をしっかり考えられているな、と思ったものね。

単発だけじゃ、あまり効果はないけど、
こういう取り組みが増えて欲しいなぁ。

●ムーンライトながらも臨時化??
 (たべちゃんの旅行記)

確かに、18きっぷのあるときくらいしか、
使いませんね、言われてみれば。

もう18きっぷとセットみたいに考えちゃってる
ような感じさえありますね。

ただ、仕事を持つようになると、
夜行バスは、もう怖くて使えませんね。
一度、すさまじく送れてえらい困ったもんな…

|「ムーンライトながら」を廃止すれば、
|新幹線に乗ってくれるわけではありません。
|スピードを求める客は、最初から新幹線に乗ります。

これはまさしくその通りですね、
鉄道が移動手段から離れるだけのことです。
うまく存続できるようにして欲しいなぁ。

|

« そろそろ閉口? | トップページ | 飛び石連休とココログが憎い… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
腰痛つらそうですね(ノ□`)涙

エレベーターのお話を読んで、自分の腰痛の
酷かったときのことを思い出しました。
日中は簡易的なコルセットをするだけでも
かなり楽になれると思います。

あと少々割高ですが、市販のフェルビナ35
というシップがよかったですよ。
(妹から紹介されました)


|買い手を上から目線で眺め、どう操るか、
|に腐心する考え方には、吐き気がする。

私もマーケティングのニガテな考えが
ここなのですよ…操るって感覚がどうも。

投稿: てぃー | 2008.09.21 05:36

腰!大丈夫ですか!?
早期治療が大事ですよ!!
父が年をとって腰が悪くなっちゃって大変です!
クセになるらしいので若い時からちゃんと養生、用心大事みたいですよ!

私の周りの20代も物欲ないですねえ、、、。
コンビニやドンキでは買うけど、海外旅行へ行ったり、ブランド品をとっかえひっかえってのは見かけません。
ただ、街中にはどうしても不釣合いとしか思えないブランドのバッグを持ったあゆもどき(古い?)の女の子やその彼もまたEXILE(これも変?)みたいな格好にブランドバッグなんて姿も。
ブランドもなんだかんだ言って、そういったお客様を見下すくせに売れればいい商法!
もちろん企業なので売れなきゃ困るでしょうが、昔の誇り高きブランドのイメージは崩壊しつつ、そのうち消費者の興味もなくなってしまうのでは?と。
何でもコラボ(TVでも雑誌でも)、そして有名人御用達のような商法ばかりが目につきウンザリ!

そう!ヨーロッパのように古いものをリノベーションして新旧コラボなんてのがいいですネ!
ヨーロッパは本当に住みにくいでしょうに、古い町並みや建物を大事にしていてステキです☆
京都には古い銭湯をリノベーションしたカフェがあるんだとか!
日本もそうなって行くといいですネ♪

投稿: あやのすけ | 2008.09.21 20:49

nikko81です。

●てぃーさん

ありがとうございます。

風呂 → ウイスキー → 寝る → ブログ書く

という見事なナマケモノスタイルの休日で、
幾分調子はよくなってきました。

が、完璧ではないですね。
会社のそばの薬局で例のシップを買おうと思います。

|操るって感覚がどうも。

マーケティングは関心ある分野で、
それは今も昔も変わりませんし、
そういう仕事をしても、買い手を見下すような
人間にはなるまい、と誓ったものです。

投稿: nikko81 | 2008.09.21 21:05

nikko81です。

●あやのすけさん

ご心配ありがとうございます。
この休日、ほぼじーっとしていたので、
少しはよくなりました。

あまり長引くと、ちょっと診てもらわないと思いますが
心当たりがないんですよね。

物欲ですが、ある人とない人にすごく、
分かれてしまうんじゃないかなーと思います。

ブランドは、お膝元のヨーロッパでは、
それ相応の社会的地位とリンクしていないと、
相当、滑稽なものにみえるらしいですね。

ただ、ブランド物買い漁りも、
日本人から中国人へと変わりつつあるらしいですね。

ヨーロッパの古い町並みを大切にする考え方は、
日本も見習いたいですよね。

|京都には古い銭湯をリノベーションした
|カフェがあるんだとか!
|日本もそうなって行くといいですネ♪

ほー、そういうのがあるとは。
気になりますね。

投稿: nikko81 | 2008.09.21 22:41

竹鶴受賞ですかー。
おめでたい。
ジャパニーズが受賞すると嬉しいですよね。

ニッカの「自分は自分」な姿勢も良いものですね。
サントリーの遊び好きな所も良いです。

梅酒入れてた樽にウイスキー入れちゃおう、とか、鏡板だけ杉にしちゃおうって遊び心はグローバル規模のコンペでは評価されないだろうけど。
サントリーの一番好きな所です。
広く日本人にウイスキーに興味を持って貰おうって姿勢が好き。

投稿: まぐぽ | 2008.09.22 11:12

nikko81です。

●まぐぽさん

サントリーだけではなく、ニッカも続々受賞。
うれしいじゃないですか。

一言で言うと、ニッカは職人気質。
サントリーは、商売人気質というか、
テクニシャンなマーケッターという感じ。

マーケットを見据えてるのは、
やっぱり、サントリーだと思いますね。
ニッカはどことなく商売下手。

投稿: nikko81 | 2008.09.23 10:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ある意味、blog日和orz:

» ついに「ムーンライトながら」も廃止か? [たべちゃんの旅行記「旅のメモ」]
 東京と大垣を結ぶ、人気の夜行快速「ムーンライトながら」。JR東日本とJR東海は [続きを読む]

受信: 2008.09.21 07:44

« そろそろ閉口? | トップページ | 飛び石連休とココログが憎い… »