« ウイスキーを楽しむ旅、番外編2。 | トップページ | 信玄書皮。 »

LOVE LETTERS@ル テアトル銀座。

昨日7/20は、ほんじょファン仲間のRustyさん
お誘いを頂いて、本の朗読を聴きに、
銀座まで出かけてきましたよ。

ちょうど、銀座についたのが11時半ごろ。
そうそう、開店がそのくらいだったなぁということで、
銀座天龍で、早めに食べておこうかと。

天龍といえば、大きな餃子が有名。
もちろん、こいつをチョイス。

Honjoginza001

にんにくが入っていなくて、肉汁の旨みを
味わうタイプの餃子。
美味くて、しかもニオイを気にしなくていい。
人に会う前には、最適ですねっ(笑)

さらに、チャーハンも。すごく腹減ってたので。
餃子もかなりでかいのに、チャーハンも食べちゃいますか!?

Honjoginza002

ちなみに、ほんじょさんも1人前を
普通に食べきっちゃうそうです。Rustyさんによれば。

あ、セシルさんも食べてられましたね。先日。

そのあと、ApplestoreでiPhone 3Gとか触ってみたり、
(iPhone関係の記事は、あとでまとめて書きますよ)
デパチカを物色してみたりして、時間をつぶし。

直前までいろいろありましたが、
なんとかRustyさんとも合流でき、いよいよ開幕。
作品は「LOVE LETTERS」という作品。

Honjoginza005

とてもいい席を取ってくださり、最前列。
逆に、ちょっと緊張しちゃいましたけどね。

この「LOVE LETTERS」という作品、いろんな方々が
これまで朗読されてきたのだそうで、
幼い頃から始まり、人生のさまざまな局面を通じて、
「手紙」でつながっていた幼馴染の男女の物語。

今回、ほんじょさんと山本太郎さんが朗読。
以前のトップランナーみたい(笑)

普段のほんじょさんにはあまり見られないような、
堰を切ったような激しい語り口があったり、
語り手として、別の側面を見た気がします。

で、語りの中の話だけど。

手紙がつくり、はぐくむ関係というのは、
いまどきなかなかない関係かもしれない。

でも、アンディが言っていたような、文章の中にこそ、
本当に自分があるというのは、まさに自分が思うところ。
自分にとって表現とは、まず文章からだもの。

その文章でつながれる関係というのは、
一呼吸置いた、それでいて、関心でつながりあえる、
本当に素の状態の関係なんだろうな。

ちょっと強引かもしれないけど、
実は、インターネットで知り合った方との関係って、
まさにこういう関係なんだろうな、と思うときがある。

どこかやっぱり、引いてみてるところがあるけど、
ホント、関心でつながっている感じがする。

もひとつ、思うところ。
最後ちょっと崩れていきつつあったけど、
まずは、アンディのことばから。

|この世の中に、たとえ男が何人いても、
|メリッサさんのような女性から
|かくも得難い友情を得た者は、多くありますまい。

そんなのない、という人も言えるでしょうが、
女性と友情といえる関係を保ち続けられるのは、
すごくいいな、と個人的に思います。

女性とは、もっとも身近な外国人のようで、
こんなに習慣の違うひとがよくも身近にいるものだ、
と思うことがあって。本当に違う。

それだけに、こういう関係から得られるものは、
多いんじゃないかなと思うわけです。
男だけで、つるんでるのよりもね。

そうそう、なぜかこのblogに来ていただく方って、
女性の方が多いんですね。ある意味、
そういう感覚なのかもしれません。

そして、ある意味わたしがこうして、
文章を書くことのきっかけになった、でるふぃさんを
思い出さずにはいられなくなり。

詳しい話は、コチラを見ていただきたいのですが、
ものを書くことが楽しいことに、
気づかせてくれたのがほかならぬ、でるふぃ姉さん。

天国へ召された事実を知ったとき、
やはり、二度とレスが帰らないことを思ったときの
「筆舌に尽くし難い虚しさ」。

まさに、アンディの心持そのもの。

あとあと、これとは別に、すごーく極私的な意味で、
感情移入できたこともあって、それもすごくよかった。
何かって?教えてあげなーい(笑)

どうしても知りたい好奇心旺盛な(?)ひとは、
「にっこーはちじゅういち@にふてぃ.こむ」まで。
…コソッと教えます(笑)

正直、ほんじょさんがされていなかったら、
知ることはなかったでしょうね。
めぐり合うきっかけになったほんじょさん、
そして、誘ってくださったRustyさんに感謝です。

さて、いろいろ考えることがあった朗読のあと、
ご飯行きますか!ということで、
銀座の老舗とんかつ専門店「梅林」へ。

昼に天龍で餃子を食べてきたのに、大丈夫か…
と思ったら、普通に食べれてました。

梅林のおしぼりとお箸。

Honjoginza006

実はこのおしぼり、台ふきんとして、
何度も使えるのです。確かにしっかりしていますな。

Honjoginza007

というわけで、しっかり持ち帰らせていただき、
机を拭くふきんに使ってます。エコ。

わたしは、銀カツ定食をチョイス。美味い。
ソースがさらっとしていて、よかったですね。

Honjoginza008

まったく普通に食べてしまったが、
どー考えても、明らかに食べすぎ。カロリーオーバー。

ただでさえ、余市でウイスキーつくったり
すすきののバーで飲んだくれたりして、
酒びたりで、カロリー過多なところなんですよね。

ということで、都内いきつけの岩盤浴のお店へ。
岩盤浴+ゲルマニウム温浴のW温浴で、
汗をたっぷりかいて、カロリー消費できたかな!?
# Rustyさん、梅林のあと帰ったのはこれだったのですよ。

帰りも一駅くらい歩いたりして(笑)

|

« ウイスキーを楽しむ旅、番外編2。 | トップページ | 信玄書皮。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

今晩は、セシルです。

天龍、行かれたんですね。
餃子&チャーハンのコンボは美味しいですが、かなりきますね。

梅林も行ってみたいと思っていたお店です。
美味しそ~。

ワタシの中で本上さんといえば、おでんくん・・・。

投稿: セシル | 2008.07.22 21:40

餃子&炒飯そしてラーメンは私の三種の神器(笑)
匂いを気にしなくてかつ美味、肉汁の旨みを楽しめるっていいですネ♪
大好きな小籠包みたい。
その後のとんかつもおいしそ~ですが、ホント!カロリー過多ですよっ!
って、たま~にならってたま~にですか?

朗読って言葉の表情から想像力でその表現や場面をくみとっていくんでしょうネ!?
母になったほんじょさん、ますます魅力的です♪

投稿: あやのすけ | 2008.07.22 22:18

soraです。

ほんじょに会ったんですね。
いいなぁ。

銀座天龍さんも行かなきゃと思いつつ。
一度も行ってません。

今度チャレンジしてみます。


投稿: sora | 2008.07.23 12:43

nikko81です。

●セシルさん

天龍、美味しいですね~
よりによって、梅林とセットにするとは。

今日も美味しいものを頂きましたが、
そろそろ、減量生活を始めないといけないですね。

|ワタシの中で本上さんといえば、おでんくん・・・。

おでんくんのイメージなひとって、
けっこういるみたいですね。

わたしはあまり知らないのですが…

●あやのすけさん

|匂いを気にしなくてかつ美味、
|肉汁の旨みを楽しめるっていいですネ♪

そうなんです。ニンニクやニラを楽しみたい
時もあるのですが、そのときは別のお店へ。

天龍の餃子は、また別の美味しさがあります。

|ホント!カロリー過多ですよっ!

ですよね~やばいですよね~
減量しないと…ただでさえ、最近↑調子なので…

|朗読って言葉の表情から想像力で
|その表現や場面をくみとっていくんでしょうネ!?

やはり、俳優さんはお芝居をされているせいか、
声だけでも表現はプロだな、と思いますね。

●soraさん

ええ、またほんじょさんに会ってきました。
最前列でほんじょさんにけっこう近かったんですが、
緊張もしました。なにせ、(当たり前ですが)
すごく静かな空間ですから。

銀座天龍、わたしは昼開店直後に行きましたが、
夕方ごろはけっこう空いてるようですよ。

投稿: nikko81 | 2008.07.24 00:52

天龍、池袋のナンジャタウンで3個入り餃子を食べたことがあるんですが、この量はすごいですねー!
+チャーハンってのが更にすごいです。

最近、ところてん生活。早くも夏バテなのです。

投稿: まぐぽ | 2008.07.24 12:04

ああ、ずっと続いてるんですよね。LOVE LETTERS。
わたし、もう10年以上前の上川隆也&鈴木保奈美という、
たぶん2度とないコンビを観に行ったことがあります。
ただの朗読のはずなのに、ものすごく感情移入できたのを憶えてます。
男女の友情って、愛情と紙一重なのかもしれませんね。
わたしは、男女間の友情は成り立つと思ってるひとりです。

投稿: はるか | 2008.07.24 15:57

nikko81です。

●まぐぽさん

ええ、相当なボリュームでした。
餃子の王将でさえ、1人前6個なのに。
チャーハンも大ボリュームだと、やばかったです(笑)

夏バテですか…食べないと体力落ちますよ?

●はるかさん

すごく長く続いてるんですよね。
びっくりしました。

どうしてでしょうね。すごく感情移入できて。

|わたしは、男女間の友情は成り立つと思ってるひとりです。

わたしもあると思っているほうですね。
ただ、片方だけでは成り立たないですね。
お互い、愛情とは違った感覚をはぐくむように、
意識してないとだめなのかも。

投稿: nikko81 | 2008.07.24 23:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/41930909

この記事へのトラックバック一覧です: LOVE LETTERS@ル テアトル銀座。:

« ウイスキーを楽しむ旅、番外編2。 | トップページ | 信玄書皮。 »