« 起きたら朝!? | トップページ | ウイスキーを楽しむ旅、第2日目。 »

ウイスキーを楽しむ旅、第1日目。

さて、先週のウイスキーをつくりに行った
北海道でのこと、書いていきましょ。

実は、余市蒸留所に行くのは3回目。
過去、札幌を訪れた際には、立ち寄ることが多い。

といっても、いつも真冬の雪が降り積もった頃に
訪れているので、夏の蒸留所というのは初めて。

そもそもは、いつものようにニュースをチェックしてて、
2月頃にイベントを知ったのがきっかけ。

で、どうせならということで、
申し込むだけ申し込んでいて、5月に当選の知らせ

後から聞いたのだが、当選できない人は、
なかなか幸運に恵まれないそうで、
まぁ、運がよかったとしかいいようがない。

前日は、どうしても仕事が離せず、
当日の早朝に羽田に向かい、朝には札幌に到着。

といっても、快速エアポートに乗って、
小樽まで1時間強、そこから普通電車で30分と、
けっこう時間がかかるので、集合時間より前に行って、
と考えると、これでもちょうどいいくらい、
の時間だったりするのだ。

生憎の雨模様だったので、傘を買い、余市へ。
JR余市駅から徒歩3分ほどで、味のある建物が見えてくる。

Nikka001

到着とともに荷物を預かってもらい、しばらく散策。
といっても、2度も来ているので、いろいろ見ることはせず、
ゆっくりと昼食でも…

ということで、北海道らしくラム肉のしゃぶしゃぶ。

Nikka002

しかも、しゃぶしゃぶするのが水ではありません!
余市ワインとウイスキー。

Nikka003

ね、ここならではでしょう?

ワインとウイスキーのいい香りで、
ラム肉のクセが程よく取れ、なかなか美味。

アルコールは揮発しやすいので、食べてる途中で
抜けちゃった感じがしたけどね。

ワインにしても、ウイスキーにしても、
自分でちょびちょび入れられると、もっとよかったかなぁ。

食後はもちろん、試飲会場。
ケータイから更新したように、昼間から水割りでまったり。

といっても、2杯程度でストップ。
これから作業するのに、酔っ払っていてはね(笑)

時間になると、所定の場所に集合。
ニッカ印のヘルメット。

Nikka004

軽く製造法や歴史などのレクチャ。
このマイウイスキー、かのC.W.ニコル氏が体験し、
バー関係者の体験ツアーのなったのが元なのだとか。

ちょうど今年で10年目、第1回のときの参加者の
ウイスキーが熟成され、贈呈式があったのだそうだ。

10年も経つと、行方不明者も多いみたいで、
贈呈できない人もいるみたい。もったいない。

あと、樽に入れて寝かせるのは、
イングランドに制圧されたスコットランドに、
英政府がウイスキーに重税を課したことに端を発する。

要は、隠しておくためにシェリー酒の樽とかに
入れておいたというわけですな。

それに、創業者竹鶴政孝のスコットランド留学、
妻・リタとの出会い、壽屋(現・サントリー)でのこと、
理想を追求するために余市へ向かい…という、
ニッカウヰスキー創業の話。

何度聞いても、夢をカタチにした竹鶴氏の
話は興味深いものがある。

さて、話はそこそこに体験へ。
ここで作業着に着替えるのだが、
なんと常連で作業着を買ってしまった人も。すごい。。

体験の前に通常見学不可の貴賓室へ。
皇族・要人等をもてなす部屋だという。

一番初めの「キング・オブ・ブレンダーズ」のデザイン。
今とぜんぜん違うな…

Nikka005

貴賓室というだけあって、立派なインテリア。

Nikka008

貴賓室からの眺め。よくある余市蒸留所の写真は、
ここから撮られたものが多いのだとか。
確かにいい構図で、写真が撮れるもんね。

Nikka007

別の角度の写真。なんかホントにどこかヨーロッパの
風景のようにも感じられる。

Nikka006

さて、いよいよ体験開始。
まずは、乾燥棟。

原料となる麦芽を泥炭(ピート)をくべて、
燻しながら、乾燥させていく。
これにより、独特のピート香がつくわけだ。

普段は釜の前までしか見れないのだが、
今回は体験ということで、奥のほうまで見に入れる。

Nikka009

これがピート。泥というよりは、
植物が堆積したようなもの。

Nikka011

乾燥棟の上のほうに上ると、麦芽が山盛り。
本来は、きちんと敷き詰めるのだそうだが、
今回は体験用ということで、真ん中に積んでいるそう。

Nikka012

階下には、先ほどのピートが燃やされた
炎がかすかに見える。

Nikka012

麦芽が燻されているわけだから、
当然見ている自分も燻されるわけで(笑)
自分で嗅いでみても、かなりスモークされた感じだけど、
入ってない人からは相当においがするらしい。。

続いては、粉砕されたあと糖化槽。
温水を加えて攪拌。酵素の働きで甘い麦汁を取り出す。
ここも、普段見学できない貴重なところ。

Nikka015

次に甘い麦汁を発酵させる発酵棟へ。
熟成させるまでビールと製造が似ている。
ここで、72時間発酵させる。

一番麦汁とモロミ。味見をさせてもらったが…
まぁ、美味いもんではないな(笑)

Nikka016

モロミはアルコールにごまかされて飲めなくもないが、
一番麦汁は甘いというかなんというか…
かなり罰ゲームな感じ。

次は、蒸留棟。

ポットスチルという蒸留釜に2度通して、
アルコールを抽出する。

Nikka020

蒸留するポットスチルの形によって、
風味もかなり変わってくるとのことで、
特に、先の柄のように伸びた部分が上を向いてるか、
下に向いてるかというのも、大切な要素だと。

蒸留する熱源は、石炭。

石炭をつかった石炭直火焚蒸溜は、
創業者・竹鶴政孝がスコットランドで
学んだ伝統的な蒸留法。

温度管理が難しいそうだが、ウイスキーの命である
すばらしい香りをもったウイスキーができる。

実は、本場のスコットランドでも、
この方法は廃れてしまっており、
世界でも、余市蒸留所だけになったしまったとか。

ここで、石炭をシャベルでくべる作業を体験。
こういう燃え盛る炎に石炭を放り込んでいくのだけど。

Nikka019

案の定、ぼろぼろ~とこぼしてしまい。
ヘタクソな代表例をものの見事に再現してしまい(苦笑)
最近、重いもの持たないからな…筋力の衰えを
めちゃくちゃ感じてしまったぞorz
# ここにもこぼした人はいましたが…

さて、この後は糖化槽に戻って、攪拌した後の
粉砕された麦芽のお掃除。糖化槽の中に入って、
麦芽を落としていきますが…暑い~!

こんな感じに残った麦芽を…

Nikka014

こうやって、落としていきます。
意外と楽しい(笑)

Nikka021

さて、肉体労働はここまで。
なんか、体験というより、より深いとこまで見れる
工場見学、という感じだったなぁ。

続いては、フレーバーの異なる原酒5種の
テイスティングとブレンディング。

Nikka022

しっかりとそれぞれの香りの個性がある。
個人的にはWoody & Vanillicがいい。

樽で熟成する間に気候や樽の置かれた場所、
樽の性質によって、違ったウイスキーができるが、
ウイスキー樽は、中を焦がすことによって、
樽材のオークのリグニンが香味成分のバニリンに変化。

名前からも分かるように、このバニリンが
バニラのような甘い香りの元になるわけ。

バニラの香りもその主成分はバニリンで、
植物のバニラ由来でないにせよ、
バニラの香りをそのものなのだ。

その他、Sherry & Sweetはシェリー酒の香り。
深い甘みのある香り。

Peaty&Saltyは、ピート香の強いタイプ。
すごいのが"Salty"の部分。
言われると、かすかに潮の香りを感じるのだ。

日本で海に近い蒸留所は、余市だけ。
Japanese Whiskeyでこれが作れるのは、
余市だけだろう。

…閑話休題。

それぞれの香りを後、その他、5種の原酒を
自分オリジナルにブレンディング。

といっても、プロのブレンダーでさえ、
午前15分、午後15分しかできないのに、
すぶの素人が30分もやってると、
鼻が馬鹿になって、なにがなんだか…という感じ。

工場の方もおっしゃっていたが、
ホント、ここでしかできない贅沢な酒遊び。

しかし、プロのブレンダーは何百もあるテイストから
頭の中で組み合わせを考え、
実際にブレンドするのは、ほんのわずか。

さらに香りを確かめるのは、その中のさらにわずか、
味を確認するのはわずか数種のみ、
ということで、香りが全部記憶できてないと、
できない仕事だよな…とそのすごさに驚嘆。

それに、カレーとか餃子とか、仕事にあるときは、
口にできないそうです。
デリケートな仕事ですものね。

この日は、ここでおしまい。
この後は夕食。これが実に絶品。

Nikka023

写真は、余市産真いか入り真砂子和えに、
お造りは、スズキ、本マグロ中トロ、ボタンエビ。
焼き物は、北海道産生ラム陶板焼き。

さらに、余市産カレイのから揚げ。

Nikka025

冷やしととろ汁。

Nikka026

もちろん、ウイスキーも出てきます。
写真は、SingleCaskの1989年モノ。美味かった。

Nikka024

だけど、竹鶴翁は食事の際にウイスキーを嗜むのは、
是としなかったらしく、サントリーが広めた、
食事にあうウイスキーという考え方は、
あまり、気に食わなかったそうだ。

圧巻なのは、イクラご飯。
ご飯とイクラが別々に出てきて、なんとイクラかけ放題。
かけ放題ですよ、かけ放題。前代未聞(笑)

Nikka027

イクラが山盛り、かけ放題~♪
かけ放題、ヨロレイヒ~♪
(ヨーデル食べ放題の替え歌でどうぞ。笑。)

デザートは、余市産さくらんぼに夕張メロン。
余市ってば、実はフルーツ王国。

Nikka028

体験に来られた方は、ウイスキーが好きな人はもちろん、
日本酒を醸造されてる方や、バーテンダーの方などいろいろ。
面白いのが、立川を含め、東京多摩地区の人が多かったよ(笑)

あと、実は、この体験2日間で23,000円なんですけどね。

翌日に自分たちで詰めることになるウイスキーを
10年後に1本もらえる(8,000円相当)に加え、
ホテル代込み、1日目夕食と2日目昼食つきで、
このお値段ですよ。安すぎます。

実際、ホテル代と食事代くらいでほとんど、
参加費用は飛んじゃってるらしく、
われわれのニッカの口コミ効果を頂いて、
やっと元が取れる、とのこと。
# だから、こうしてblogで宣伝中~♪

夕食後、外に出ると空がきれい。
北海道なのに、日が長いですねぇ。

Nikka029

竹鶴政孝と妻リタの家などを見学しながら、
工場を後にし、ホテルへ。
明日もけっこう早いので、即就寝。

翌日は、樽作りや樽詰め、樽ころがし、っと
タルタル体験。

|

« 起きたら朝!? | トップページ | ウイスキーを楽しむ旅、第2日目。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

しゃぶしゃぶいいですねー。
私のランチ、試飲ウィスキーのみでした。
初めて行ったので、いろいろ見学してるうちに集合時間になってしまったのです。

また機会があれば、しゃぶしゃぶランチかな。
駅前の海鮮丼もおいしいらしいけど両方は無理だから、あと2回は行かなきゃ。

でも、その前に宮城峡と駒ヶ根と御殿場と、国内蒸留所のコンプリもしたいしな。

投稿: まぐぽ | 2008.07.20 10:01

ウイスキー好きじゃなくても行きたくなっちゃう魅力的なプランですネ!
って、怠け者の私にヘルメットを被っての肉体労働ができるかどうか、、、(笑)
余市蒸留所、ホント!ヨーロッパに迷いこんだかのような趣のある所!!
雨にぬれて余計に風情が増してる?

体験コーナーはまるでプロジェクトXのよう(笑)
香水もそうですがブレンダーさんって大変な才能ですよね!?

投稿: あやのすけ | 2008.07.20 21:30

nikko81です。

●まぐぽさん

しゃぶしゃぶですが、ウイスキー&ワインで
しゃぶしゃぶするとはいいアイデア。

ラム肉のクセがまったく取れていました。
ただ、揮発しやすいんで、のんびり食べてると、
風味がなくなっちゃうかもしれませんね。

|でも、その前に宮城峡と駒ヶ根と御殿場

何かに付けて、よく出かけるので、
しばらくすると、わたしも行っているかもしれません。

御殿場とか近くてよさそうですね~
わたしにとっては、白州も近くていいところ。

●あやのすけさん

そう、普段ウイスキーを飲まない人も、
参加されていたんですよね。

肉体労働、といってもヘルメットに
安全靴とか大げさ!?というくらいなので、
そんなに心配は要らないと思います。

蒸留所はホント、絵になる風景。
本場スコットランドもこうなんでしょうかね?

ブレンダーは特殊な職業。
ほかに入浴剤の調合師なども香りのスペシャリスト。

才能がないとなれそうにないですね…

投稿: nikko81 | 2008.07.21 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/41881219

この記事へのトラックバック一覧です: ウイスキーを楽しむ旅、第1日目。:

» オーナーズ カスク [六本木クラブ花かん]
六本木高級クラブの裏話し日記!瀬里奈で樽ごと購入、オーナーズ カスク [続きを読む]

受信: 2008.07.26 23:52

« 起きたら朝!? | トップページ | ウイスキーを楽しむ旅、第2日目。 »