« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

ローテーブルで長く書いてると…

…けっこう、疲れるんですよね。
最近、どうしても書くことが多くて記事が長いから…

やっぱり、家でも椅子に座って、
blogを書けるようにしたいですね、早く。

でも、気に入ったデスクがなーーーーいorz
今日は愚痴っててもしょうがないので、
残りの記事のほうに進みます…。

●「うまい棒」タコヤキ味製造工場で火災。
 (イザ!)

これ、うまい棒って味ごとに作ってる工場や
会社が違ったりするんでしょうかね?

いちいち会社名まで今まで見てませんでしたが…
火災もお気の毒なことと思いますが、
そっちのほうが気になっちゃって…

●硬水を飲みやすく。(日経トレンディネット)

硬水って、ホント飲みにくいですよね。
あの独特の…なんと言ったらいいか…苦いでもない、
独特の飲みづらさ。

これに「ポッカレモン 硬水をおいしく飲めるレモン」
を入れることで、すっきりするとのこと。

そもそも硬水をわざわざ飲もうとは思わないのだけど、
どんだけ変わるのかは、気になるところではある。

でも、平気な顔して飲んでる子とかいるんだよね~
Contrexとかねぇ。ムリだわ。

●燃油サーチャージにまつわる事情。
 (マイコミジャーナル)

原油高でサーチャージが上がる一方だけど、
旅行会社がサーチャージを明確にしなかったのは、
旅行代金の価格変更に合わせて、
サーチャージの上昇を随時上乗せしにくい、
という事情があったんだな。

旅行代金を上げるスピードよりも、
サーチャージが上がったら、
その分、旅行会社が損するわけだからね。

とはいえ、今のサーチャージはすごい高いね。
海外旅行をする人が減っちゃいそうなくらい、
影響が出そうな気がする。

●あれ、これ前にもあったよね?
 (日経トレンディネット)

伊藤園ではないにしろ、以前もあったような…
と思って、記事をさかのぼってみたら。

ありました。4年前の記事

やり方もまったく同じっぽいけど、
「元祖」はどうなったのかな?

当時TBを頂いていたてぃーさん、その後見かけました?
わたしは見てません…
# うは、てぃーさんのblog、当時は「SOHO」が
# そういやカタカナでしたね!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

からだが疲れたら、次はあたま。

今日はですね、あちこちにデスクとチェアを探しに。

ずっと今まで、座り込んだスタイルだったのだが、
きちんと椅子に座って、blogを書きたいなということで。

ところが、なかなかいいのがなくてですね。

せっかく新調するんだから、
コードがみょーんって伸びてるのとか、
きっちりと隠しておきたいじゃないですか。

デザイン的にも好みなものでかつ、
オフィス用でよくあるような電源タップつき
がいいんだけど、そゆの、なかなかないんだねぇ。

タップを収納するスペースがあるだけでもいいんだけど。
それでも、なかなか数が少ない。
結局、今日は歩き回っただけで、買いませんでした。

帰ってきただけでぐったり…ということで、
blogを更新してさっさと寝ましょ。

●太陽光パネル義務付け!(イザ!)

太陽光発電に補助金っていうのは聞いたことがあるけど、
義務付けっていうのは徹底度がすごい。
しかも、違反者には罰金とな。

これじゃおちおち、増改築できないが、
こうでもしないと、普及が進まない?

●アジサイの葉で食中毒。(イザ!)

そうなんだーとはじめて知ったこと。
アジサイの葉って毒があるで、胃の中でシアンが
生成されてしまうのだとか。

そもそも、アジサイなんて食卓に出すか?
という気もするんだけど、毒があるということも、
知らなかったなぁ。

●古代大阪のチーズ。(オーマイニュース)

かつて、平安時代に大阪のど真ん中で、
牛の放牧がされていた、という話。

この頃の大阪は、今のような平野ではなく、
かなり海が奥地まで進出していて、
今の大阪の中心は島々が点在していたとか。

それに、今にその名を残す「醍醐味」という、
もともとの意味が、この時代に作られていた
チーズやヨーグルトの味をいった、いうのがなんとも面白い。

平安時代の醍醐天皇、あるいは時代は下って、
鎌倉末期の後醍醐天皇、いずれもチーズ天皇とか、
ヨーグルト天皇って意味になるのかな(笑)

日本のチーズやヨーグルト、どうして
廃れてしまったんだろうねぇ?

●ギリアンをロッテが買収。(Infoseekニュース)

最近まで、ギリアンって知らなかったんだけど、
地元ヨーロッパじゃゴディバに並ぶ、チョコのブランド。

最近、頂く機会がありまして、かなり美味かったので、
名前を控えておいたんですよね。

やはり、アジアで出遅れているということで、
日本でも知名度はないと思うが、ロッテが買収となると、
本格的に日本でも売り出すんだろうな。

●まだ出たよー(呆)(Infoseekニュース)

秋葉原の事件に関し、またゲームのせいにしてるよー。
ホント、こういう思考停止な輩って、なんとかならんかね。

むしろ、ゲームを取り上げれば、ことは解決する、
みたいなように考えていることこそ、空恐ろしい。

●じゃがポックル。(静かなごはん便り。)

これ、ホントに入手困難なそうですね。
わたしもつい最近チョットだけ頂きましたが、
ホントにポテトそのままっぽい感じ。

再来週に余市に行くから、運がよければ手に入るかな?

●そう、まさに国民不在、だが。(Infoseekニュース)

JEITAとコンテンツホルダーで議論されている感があるが、
一応は、消費者としても、議論に参加してるんだよね。

だけど、どうも影が薄いというか。
発言が目立ちませんねぇ。

権利者の傲慢さも腹立たしいが、メーカーも
基本的には、消費者の立場をそのまま代弁している、
というわけではないわけで、
消費者として、もっと深く議論に切り込んでいってほしい。

ダビング10を譲歩して認め、期日が決まったことで、
消費者重視、なんていってるらしいからさ、
もっと、ガツンといってやってくださいよ。

●副都心線で見かけることができるデザイン。
 (オーマイニュース)

開業してまだ使う機会がない副都心線だが、
道が不案内とか運行がダイヤ通りに
スムーズにいかないとか、不評もあるけど、
ベンチとかのデザインがなかなか凝っているらしい。

写真を見てると、実際に一駅一駅降りてみて、
駅のホームの雰囲気を確かめたくなる。

ま、今日は使おうと思えば使えたんだけど、
目的がココじゃないから、遠慮しましたがね。

●決めないリスクに鈍感なリーダーなんて。
 (キャピタリストの視点)

これ、ホントそうですよね。
責任ある立場の人の大きな役目って、judgement。

それができないリーダーの下にいると、
部下は大変だよねぇ。直属の部下だけじゃなく、
他部門も仕事が進まなかったりするし。

あ、別に必ずしも今がそういう環境だって、
言ってるわけではないよ。誤解なきよう(笑)
そういう環境のときもあるけどさ(苦笑)

●落書きする不届き者。(Infoseekニュース)

これ、信じられませんね。
当然、国内でも絶対やってはいけないことなのに、
海外でこんなことをやってしまうなんて。

日本語だけではなく、英語でもかなり落書きがあり、
皆がやっているから、という安易な考え。

しかも、日付や自分の名前、短大名などを堂々と書くなんて、
どこまで自己顕示欲が強いのか?

その後も、別の大学の学生でも同じ落書き事件

さらには、高校の野球部の監督も、とか。

日本人だけがこうなのではないと思うが、
大聖堂が費用負担しなくていい、と言ってたとしても、
自腹でもう1回行って、自分で消して来い!
といいたくなる、情けないニュース…

●脱帽。(オーマイニュース)

室内だとか、合掌するときだとか、
帽子を脱がない人がちょくちょくいるのだそうだ。

わたしはあまり見かけたことはないのだが、
ひょっとすると、帽子をかぶったまま、敬礼することが、
礼を失することを知らないのかもしれない。

少なくとも、合掌する場でふざける、というほど、
日本人のモラルが崩れているとは思えない。

また、個人的には室内で帽子をかぶるということは、
意味がないように思えるが、服や靴を含めた、
トータルコーディネートの一環といえば…
そう思えなくもない、かも。

しかし、敬意を表するときに帽子をかぶったままだと、
いかに不遜な態度であるかということは、
疑いようのないことである。

こういう、ケジメをつけるときに
きちっとできないのいって、許せないなぁ。

記事、一旦切りますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

最近のPCの話題、その他。

さて、そのほかの話題に行きまっせ~

●Firefox 3のダウンロード件数が800万/日。
 (@IT)

Firefox3、使ってますかー。
激速、というのにつられてDLしてみたけど、
早いのかどうかはよくわからず。

でも、Firefoxの使い勝手は気に入っているんで、
まぁ、遅かれ早かれver3にしてたと思うけど。

すごいっすね、キャンペーンを張って、
1日832万ダウンロードの新記録。

ギネスブックの関係者が、詳細なダウンロード数を
検証しているらしいが、それでも800万DLは、
くだらない様子で…

●SSDを自作する?(GIGAZINE)

昨今では、16GBのSDHCも相当価格が落ちてきたけど、
そういったSDHCカードを使って、
SSDにしてしまおう、というアダプタが登場。

|読み込み速度は毎秒最大130MB、
|書き込み速度は毎秒最大85MB。

SDHCカードの速度に依存するというものの、
かなりの高速タイプになるようですが、
残念ながら、2.5インチ対応。

6枚差しもできなくていいから、1.8インチタイプも
ぜひぜひ欲しいところです。

ま、わたしはとりあえず64GBのSSD使ってるので、
すぐには必要ないですけどね。

記事にもあるように、16GB×6枚差しで96GBの
SSDを造るのがもっとも実用的かつリーズナブルですね。

●HDDなら、160GBまでいくんだ…(PC WATCH

1.8インチSSDなら、まだまだ64GBでも高嶺の花ですが、
HDDなら、もう160GBってのが出てるんですね。

まぁ、2.5インチHDDが320GBとかってのが、
出てるくらいですからね、それくらい当然?

●SSDのこれから。
 (元麻布春男の週刊PCホットライン)

SanDiskのSSD事業の戦略インタビュー。
非常に興味深い内容。

確かに容量が要求されない企業向けにもいいだろうし、
サーバーが需要を引っ張っている、というのも、
いわれればそうかもしれないな、と。
書き換え回数の問題って、大丈夫?ってのは、
気になることではあるけどね。

|そう遠くない将来に、容量で1.8インチHDDに
|完全に肩を並べると考えられており、

となると、あとは価格面だけだよね。

EeePC等で少ない容量ながらもSSDが搭載されたことで、
SSDが俄然注目されるようになったが、
やはりそれだけでは、ニッチなところから、
脱出することはできないと思ってて。

PCだけではなく、サーバーも含めて、
台数が伸びていくといいなぁ。

●脳波でPCを操作するデバイスが、もう買える!
 (GIGAZINE)

え、もう実用化できてるの?
という驚愕の一品。

どこまで操作ができるのかは疑問ですが、
一度、やってみたいなこれ。めっちゃ面白そう。

とはいいつつ、この人柱に\24,800かぁ、
うーん、blogのネタには最適なんだけど←基準そこ?

迷う。。。

●PCレンタル、という考え方。
 (AV WATCH)

レンタルって方法、確かにありだよなぁと
以前から思っていたんですが、
ついに事業化する企業が出てきましたね。

ヤマダ電機とセゾンが取り組むようだけど、
PCだけではなく、白物家電やデジタル家電も含まれてるが、
明らかに、レンタルってスタイルは、PCにふさわしい。

PCは、CPUなど基幹部品の世代交代が激しく、
家電と比べて、すぐに陳腐化してしまい、
長くて5年、短ければ2~3年で相当古くなる。

だったら、レンタルで使ったほうが、
安くて、新しいモノが使えて、却ってオトクではないかと。

わたしも、けっこうな頻度でPCを買い換えているが、
けっこう値崩れしない際だったPCを好むせいか(苦笑)、
売っても、買ったときの半額くらいの値がつき、
実質レンタルで使っているような感覚でいるわけで。

今回のヤマダ電機とセゾンの取り組み、PCのラインアップが
どういったものになるか、という点が気になるね。

●PCレンタルを始める下地。
 (大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」

PCレンタル事業を始めるには、リーズ後の中古PCが、
しっかりと売れていかなければいけないわけだけど、
ちょうどいいタイミングで、中古PCに関する記事。

2007年度の中古PCの販売台数は、前年比30%増と、
新品PCに比べて、圧倒的な差。
けっこう、中古PC市場って伸びてきてるのね。

さらに、新品+中古で見てみると、シェアNo.1のNEC、
2位の富士通、3位のDELLに次ぐ4位にランクイン。

PCを下取りに出して、新たなPCを購入する、
というのは、まさにわたしがそうしているのだけれど、
こうしたユーザーが増えているのは、

* リユースだと、リサイクル費用が要らず、
少しでも金銭メリットがある

* HDD消去ソフトなど中古PCを安心して
出せる環境ができつつある

なんていうことが挙げられるとのこと。

やはり、こういうことが下地になって、
先ほどのレンタル事業のスタートに
つながってるんだろうなぁ。

●ノートPCを冷やす冷蔵庫?
 (GIGAZINE)

PCには大抵、ファンが取り付けてあり、
風の力で熱くなったCPUを冷やしているのだが、
モノによっては、液体を循環させているものも。

でも、もっと直接的に冷やしちゃおう、ということで、
PCに冷蔵庫を入れてしまおう、という計画があるそうな。

しかし、冷えるだろうけど、電気はかなり食いそうだよね…
やはりもとから熱を出さないように、
Atomや超低電圧Core2のような、省電力型CPUを
モバイルPCだけではなく、大きなPCにも採用してくとか
そういうことも考えないといけないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近のPCの話題、新モデル編。

なかなか、休みの日が来てもぐったりしているばかりで、
出かけもできない、blogの記事ネタは溜まる一方…
ということで、あまり書けてませんでしたが。

COMPUTEX TAIPEIのあとも、PC関係の話題が続々。
すでに賞味期限が切れてる!?っぽいものもあるけど、
自宅のテレパソの買い替えも考えてるので、
そっち関係も含めて、忘れないように書いておこう。

●HP TouchSmart IQ500。
 (ITmedia +D PC user 日経トレンディネット
  PC WATCH)

ベルリンのプレス向け発表会で出された、
HPのタッチパネルタイプのデスクトップPC。

以前にもタッチスクリーンタイプの一体型PCを
出していたんだけど、今回はすご~く
スマートになって再登場。

液晶サイズも22型ということで、パーソナルユースで
テレビも…というニーズにはちょうどいい感じ。

30型を超えるくらいのサイズだと、
離れてゆったりとしながら、テレビを見ると思うが、
デスクの上に乗せて見るなら、これくらいで。

あと、デスクに置いてみる場合、意外とリモコンって、
使い勝手悪いな、と思ってたんだよね。
やっぱり、離れてみるときに使うもんであって。

ということで、モバイルPC+タッチパネル、という
組み合わせだけでなく、テレビ+タッチパネル、
というアイデアにものすごく惹かれておりまする。

ってか、メモリが標準4GBってすごいな。
あと、デザインもやっぱり好み。HPとは気が合いそう。

アメリカでの価格は、TVチューナつきがUSD1499。
今日のレート1USD=106JPYで換算すると、約159,000円。

日本では7月に発表を予定しているというが、
気になるところは、お値段とタッチパネル+テレビの
UIがどこまで造りこまれているか、ってとこ。

フォトビューワ、ミュージックプレーヤーとしては、
けっこういい感じに見えているが、
これも、実際体感しておきたいところだよね。

それからサポートの浅さを我慢できるか。
TC1000のときは、サポート×だったからなぁ。
あ、もちろんデジタルチューナー、だよね…

|内蔵のTV機能はアナログ放送のみ対応で、
|地上デジタル放送対応モデルは仕込み中(HP関係者談)
|と第1世代を踏襲(初代モデルから約2カ月後に
|地上デジタル放送に対応)していたり、

いやーん(苦笑)

●テレビ+PCっていう組み合わせ。

さっき、HPのTouchSmartが気になる~
という話を書いたが、実はそれまでは液晶TV+PC、
って、いう組み合わせにしようと思ってたんだよね。

HDDレコーダでもいいけど、もうPCの世界に
どっぷりはまっているので、PCベースのほうが
がかえって使いやすいと思っていて。

シャープのインターネットAQUOSとか、
ソニーのVAIO TP1とか(丸いヤツね)、
富士通のFMV-TEOとか、そういう系統。

VAIO TP1にしても、FMV-TEOにしても、
ブラックモデルが出て、黒好きのわたしにとってはうれしい。
特に、FMV-TEOはデザインがよくなったし。
(というか、前のモデルがダサすぎ、という話も。笑。)

ま、でもHPが7月に正式発表してからだね。

●HP Voodoo PC。
 (ITmedia +D PCuser)

HP TouchSmartの最新モデルと同時発表になった
超極薄モバイルPC。

すっごくMacbook Airに似てるわけですが(笑)
重量も1.5kgあるわけで、突出した機能上の特徴もない。

日本の発売予定もないようだけど、
これは、まぁいいかな?

●HP 2133 Mini-Note PC即日完売。
 (GIGAZINE)

HPネタが続きますが、先だって台湾で見てきた、
HP 2133が、日本HPでも受注開始したわけですが、
あっちゅうまに完売とのこと。そりゃそうでしょう。

次回は、7月中旬以降だそう。
ちなみに、量販店でも続々予約満了とか。
(PC WATCH)

●DELLのミニノート、詳細。
 (Engadget Japan)

DELLもEeePCなどのミニノート市場に乱入、
というウワサがあったが、少しクリアな情報が。

ローエンドモデルのUSD299、というのは、
確かに強烈な低価格ではあるけれども、
チョット特徴に欠けるような気がしますな。

これだけのPCベンダーがこの市場に
ドカドカ乱入していることを考えると、
単に低価格、だけではどれも同じ?
ように見えてしまうのでは…と老婆心を抱くねぇ。

●Lenovoまで?ミニノート市場進出。
 (GIGAZINE)

DELLがある程度はっきりしてきたところで、
Lenovoにも進出のウワサ。

なんでこんなに急にどこもかしこも…
という気もするけど、どんなモデルを出してくるか、
楽しみですねぇ。

ぜひ、Lenovoならではのものを期待。

●工人舎新モデルはGPS内蔵とDVD内蔵!
 (PC WATCH ITmedia +D PCuser)

特徴、ということでは、工人舎が発表した
新モデルは明確なコンセプトを打ち出していて、
かなり魅力的なモデルに。

まずは、GPS内蔵PC。

液晶こそ7型にサイズダウンしているが、
PCをGPSとして使おう、というニーズには、
これくらいのほうがいいのかもしれない。
カーナビ+PCって感じだからね。

もちろん、しっかりタッチパネルはkeepしているし、
(わたしは余計と感じる)液晶周りのボタン類も省かれ、
液晶周りがすっきりしたことで、好印象。
お値段も99,800円ということで、手軽さもそのまま。

気になるのは、GPSの精度だね~
むかし、PC用のGPSを使ったことがあったんだけども、
感度が悪くて、どうしようもなかったからさ。

そのほか、駆動時間は…まぁこんなもんかという6.4hで
(もちろん、Lバッテリを使ったメーカ公表値)、
PCかーどではなく、Express Card/34スロット、
ってところが、うーんってところ。

DVDドライブ搭載機も、液晶周りがすっきりして、
その分画面サイズが大きくなっているのが、○。

LOOX Pと液晶サイズ、解像度は同じになったが、
1.25kgの重量と8.2時間の駆動時間ということで、
あと一歩、というところかな。

ただ、この値段でココまで作りこんでくると、
20万以上のモバイルPCの立場がなくなるけど(笑)

わたしはあまりDVDドライブを使うケースが少ないので、
ドライブ内蔵は要らないのだが、
DVDを出先で見る人にとっては、けっこう魅力的?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・権利者団体への献策。

ということで、ちょっと書き足りなかったので。

前回は、要するに、いろいろ言うにしても、
消費者を説得して味方に付けないと、
勝ち目ないんちゃうん?
ということが言いたかったわけなんですが。

一方で、これはHDDレコーダーの話だけど、

|タイムシフト目的でもフィードバックは必要

とか、本気で言ってんですかね?

もちろん、HDDレコーダーがタイムシフトにだけ、
使われることはほとんどないだろうけど、
だからって、複製して見るためでない
タイムシフト時のコピーに補償金って、何に対する対価?
って普通、思いませんかね?

あと、GIGAZINEでも取り上げられているように、
録画により売り上げ減がなくても、補償金必要、とか。

GIGAZINEでは徹底的に追い詰めてって、

|そもそも儲からない理由はテレビ局と
|製作側の契約や業界の体質、そして
|「ビジネスモデルの破綻」が問題なのであって、
|破綻の理由を外部に求め、金をせびるという
|やり方はおかしいと言わざるを得ません。

といっちゃってますけど(これはこれで正しい)、
法的に認められている私的複製には、権利者への
フィードバックが必要とか(私的複製のために
フィードバックが必要ってどこに書いてある?)
言っているのを、ぜひ論理明快に説明して欲しいものです。
…って、性悪かな?

基本的には、権利者側の立場もあると思うし、
知らないこと、気づかないこともあると思っているので、
ばっさりおかしいと(わたしは)はいえないですが、
少なくとも、この程度の説明を続けるようでは、
権利者団体が思うようにはいかないでしょうねぇ…

おかしい、腐ってるなどというのは簡単ですが、
こうまで来ると、キチンと客観的・論理的・
非独善的なスマートな反論を立てて、
補償金が要ると納得させてもらいたいものです、逆に。

ということで、権利者団体の皆様には、
消費者を上手く味方に付けてみては、と献策したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権利者団体への献策。

さて、ジャンルを問わずに書きなぐってきましたが、
ここからは、1トピックスについて。

JEITAと権利者団体のケンカ、どうなるのかと
けっこう興味を持って行方を追っているのだけれど。

一応は、反対意見を尊重するつもりなんだけど、
どうにもね、ロジックじゃないところに問題があるような。
方法論がまずいというかさ。

JEITAが必ずしも正しい主張をしているとは限らないし、
権利者団体の言うように、アンフェアのところも
ひょっとすると、あったのかもしれない。

しかし、明らかにJEITAと権利者団体で異なることは、
JEITAが消費者を味方に付けたうえで、
議論しているのに対し、権利者団体は、
消費者を無視し、法律を楯に既得権を
手放そうとしていない、としか見えないことだ。

権利者団体に言わせれば、法律に従っているのに、
何を憚ることがあるのか、とういうことかもしれない。

補償金課金についても、記事を読めば、
購入したCDやダウンロードした楽曲を聞いているから、
権利者の被害はないだろう、とか、補償金が最終的に誰に
どれくらい配分されているのか分からない、
などという意見を消費者が持っていることが分かる。
(これらの意見は、わたしも同意見。)

これについて、納得を行く説明を権利者団体は、
説明しようとしていないのではないか。

これでは、いつまで経っても、JEITAに消費者が
こう言ってるから…ということで
平行線をたどり続けるだろう。

消費者をどう取り込むか。
あまりに権利者団体にこの視点がなさ過ぎる。
JEITAなど、目の前にいるメーカーしか見えていない。

難攻不落の堅城に何の策も講じず、
正面から突撃している知恵のない凡将のようだ。

消費者誰が見ても、MIAUのコメントのように、

|ユーザーは地上波テレビ放送について、
|私的なコピーによって権利者が
|経済的な被害をこうむるとは考えていない。
|すでにコピー制御をかけているのに、
|それ以上補償金を求める
|ということについて違和感がある

ということに対して、以下に消費者の納得を取り付けるか。
そうしないことには、この状況は打開できないのでは、
という気がすごくするし、権利者団体と消費者の
合意が取れれば、JEITAなどそれに、
従うしかないと思うんだけどね。

まずは、配分の基準や配分額を明らかにすることが
消費者を味方に付ける近道だと思う。

個人の株取引でもあるように、自分が応援したい人たちへ
協力を惜しむことは普通の人間ならしない。

たとえば、CD1枚をプレーヤにコピーしたとして、
メディアプレーヤの課金でいくら、○○でいくら、
そのお金が△△というアーティストに支払われている、
その情報がしっかり分かれば、納得する人も多いのでは?

根っこには、消費者の権利者団体への不信があり、
なんかワケの分からんところが、
アーティストと消費者の間に立って、
甘い蜜を吸っているというイメージがあるからだ。

そこをどう権利者団体が説明し、説得し、
消費者が納得するアーティストへのお金の流れを
消費者に提案するか。提案するのは、権利者団体だ。

●参考記事
 (Infoseekニュース INTERNET WATCH AV WATCH)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さて…4記事目ですよ!

先週といい、今週といい、
書きまくりですよね…
でも、これが楽しくて仕方がない(笑)

興味を持ったことを、きちんと
コレクションしておく感じがなんとも…。

●FINAL FANTASY + リミックスサウンド。
 (マイコミジャーナル)

FINAL FANTASYで育った、といっても
過言ではないと思っているなわたしは、
頭の中には植松氏の音楽がしっかり染み込んでいます。
なつかしいので、速攻買うことでしょう。

●イメージを伝えるプレゼン力。
 (日経ビジネスオンライン & シロクマ日報)

最近、ちょっと出番が少ないような気もする、
ジャパネットたかたの高田社長。

あの有名なプレゼンには、思わず欲しい
と思わせる話術は、やはりすごいですよね。

梶原氏の記事では、幸せのイメージを伝える力、
と表現しているが、要は頭で理解するのではなく、
その人にストンと腑に落ちるような、心で理解させること。

高田社長自身は、商品そのものにすごく興味があったりとか、
知識があるというわけではない、と聞いたことがある。

だけど、これだったら、こう使うなとか、
こんな人にこう使ってもらいたいな、
という想像力がすごく豊かな人なんだろうな、と。

さらにシロクマ日報にあるように、

|要は「自分が語りかけているのが誰で、
|彼らに最も響くポイントは何か」を理解しながら話す

というのは、さらにそのイメージが伝わるインパクトを
増幅しているんでしょう。

これを買って使ってみたら、こんなに楽しいことがあって、
「あなたのこれから」がこうなるんですよ、というイメージを
各々(といっては言いすぎか)にカスタマイズして、
持たせることができるとするならば。

こんなに強いセールスはないですよね!

●コンビニエンスストアの深夜営業規制?
 (GIGAZINE & Infoseekニュース)

なんでいきなりそんな話になっちゃったんでしょうかね?
本当に洞爺湖サミットを控えて、進められたことだとするなら、
あまりに早急だし、あまりに短絡的。

CO2の排出量が少なくなるかもしれないが、
深夜営業をやめても全体からすれば、微々たる量という
指摘もあるし、実効はあやしいものだ。

むしろ、

|深夜、不審者がらみでコンビニに駆け込む人も多い

らしいし、マイナスのほうが多いとか。

|同じ深夜営業組のファストフードや牛丼店、ファミレス

コチラのほうは対象でないのも不公平?

|それに深夜もこうこうとしている
|ド派手なネオンなどは今のところ無視。

むしろコチラのほうが…やめるべき?
などなど、ツッコミどころは満載のようだ。

そういや、コンビニの明かりをLEDにすることで、
消費電力を削減する提案がTokyo Designers Week
展示されてたのを思い出したよ。

これだけで、50%の電力削減とのことなので、
CO2のほうにも削減効果が出るのでは。

いずれにしても、アピールのために、
短絡的な施策をやってもらっても困るんだよね。

●今に始まったことではないが…。(イザ!)

例の秋葉原の事件は本当に衝撃的であり、
犠牲になられた方々には心からご冥福をお祈りしたい。

今回の事件には、殺傷能力が高いというダガーナイフが
使われていたことが分かっているのだが、
問題はその報道のやり方。イザ!の記事の中で。

|ダガーナイフは、有名なゲームソフト「ドラゴンクエスト」
|などにも“アイテム”として登場、ゲーム好きの面を見せる
|加藤智大容疑者(25)をひきつけた可能性もある。

まぁ、わたしが言わなくても、言ってる方は、
いるでしょうけどね。まったく「はぁ?」な議論。

少なくとも、ダガーって、ドラクエじゃなくて
FFじゃなかったっけ、とかいう細かいことは置いておいて、
ゲームに出てきたからひきつけたとか、
根本的な原因にはなりえないことだ。

それに販売禁止ヤフオクなどの取扱禁止についても、
事件が起きたから、みんな右向け右で、
ダガーナイフだけ、いっせいに禁止。

ほんとにそれでいいの?もっと規制する対象品、
あるんじゃないの?

少なくても、ダガーナイフはこの事件が起きるまでは、
ほとんど規制されていなかったわけだし。

なにか、ダガーナイフというモノをスケープゴートにして、
臭いものには蓋的な発想で封じ込めてしまう、
悪いクセが如実に現れているような気がしてならない。

挙句の果てには、おもちゃの名前まで変更だとか?

こうして、危険なことからはどんどん遠ざけられ、
なかったことにされてしまうわけだ。
いいのだろうか、そんなことで。

事件の詳細ないきさつを知る必要はないが、
なにもかも、連想させるものはすべて葬り去る、
その姿勢もまた、どこか危なげに見えてならない。

オーマイニュースで書かれている記事では、
別の角度から、警鐘を鳴らしている。

この事件に関し、歩行者天国を畳んでしまっていることが、
テロリストに誤ったメッセージを投げかけることに
なりはしないか、という危惧。

これもまた、危険になりそうなもの、
事件の原因に関係ありそうなものは、
「とりあえず」消しておこう、
という考え方の表れではないか…

もう少し、理性的な対応を期待したい。

…さて、最後は重い話になったが、また今週以降順次、
デジモノネタを中心に書いていきますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さてさて、再開です。

さーて、再開ですよ。
まだまだ、ネタはつきません!

●東京スカイツリー。(ITmedia +D)

けっこういい名前に落ち着いたんじゃないか、
と個人的には思いますね。
「ゆめみやぐら」というのもいいかなーと思ったんですが。

スカイツリーという感じのデザインではあるけれど、

|伝統的な日本建築にみられる「そり」や「むくり」

はどの辺のことを言ってんだろうね?

●飛行機と比べて鉄道にある意外な9つの利点。
 (GIGAZINE)

ま、9つの項目はリンク先を見ていただきたいのだが、
トイレには行きたいときに行ける、くらいかなぁ、
確かにね、と思えるのは。

待ちなし、セキュリティなしとか、むしろ
鉄道もセキュリティ強化すべきなんじゃないの、と思うし、
コンセントも、飛行機だったらそんなに使う時間ないし。
あ、待ち時間が短いのはいいよね。

ほかに、鉄道のメリットをいうならば、
市街地へのアクセスが断然いいこととか、
車窓見てるのが楽しいとか、18きっぷあるとか。

あと…行くまでの楽しみがあるってとこかな。
飛行機って目的地にズトーーーンって感じだから。

●サントリー、国産のウイスキー値上げ。
 (日経トレンディネット)

とうとうウイスキーにまで来ましたか…
でも、比較的値上げ幅は大きくないような。

ビールのようにがぶがぶ飲む酒ではないので、
毎週買っておくようなものでもないし。

|熟成に長い年月を要するウイスキー、
|ブランデーの品質と供給を長期的に維持するため、

こういわれると、仕方ないかと思うけど、
時期が時期だけにちょっと複雑。

●Her Majesty。(にししふぁくとりー)

こないだの台湾帰りの飛行機の中で買った、
ローヤルサルート。

箱に「Her Majesty Queen Elizabeth II…」って、
書いてあってなんだろ、と思って調べていたら、
にししさんところのページに行き当たり。

いわゆる、日本で言うところの「陛下」に当たるんだそう。
呼びかけには、Your Majesty、呼びかけでない場合は、
His(Her) Majestyというそうな。

●裁判員制度…確かに迷惑。
 (オーマイニュース)

守秘義務自信ないです…と以前書きましたが、
やはり反対する人はけっこういるようで、
集会があった、という話。

確かに参加強制というのは、納得がいきませんよね。
守秘義務ってけっこう(というか相当)ストレスなのにさ。

●16GBのSDHCカードの値崩れ。
 (GIGAZINE)

安くなってきましたね~

もう6,000円割れだそうですよ~16GBのSDHCカード。
一応Class6だから、それなりに速度は保証されてるし、
Windows ReadyBoostにも使えますよ。

デジカメ用にはあまりに容量多すぎですが、
HD画質のビデオカメラにこれくらいないとね。
ビデオカメラ持ってないけど(苦笑)

●康熙帝の印章が約9億円で落札。(イザ!)

なぜ、こんなのがフランスにあるんでしょうかね?
清末のゴタゴタのときに、流出しちゃったんでしょうか。

ともかく、清朝全盛期の皇帝の遺産なわけで、
本来なら故宮博物院にあってもよさそうなもの。

中国人の方の手に戻ってよかったですね。

●事態収束?(Infoseekニュース)

緊張した状態が続いていた「台湾遊漁船沈没事故」。
事態が解決に向かっているようで、一安心。

事故調査の過程で巡視船に
過失が認められたということなので、
必要な賠償には応じるとのこと。

近隣諸国で特に友好的な関係がある台湾。
政治的にはいろいろあれど、仲良くしたいものです。

●ほんとにこの扱いっていいのでしょうか…ね?
 (Infoseekニュース)

秋篠宮家の第一王女、眞子内親王をモデルにした
動画がYoutubeとかにアップされてるんだとか。

|ネット上のアイドル的な扱いも
|「悪いことではない」という。

ということなんだけどさ、そのなんというか、
秋葉原的なアイドル的な扱いっちゅーのが…ねぇ。

|高校2年の眞子内親王

そうか、眞子様ってもう高校2年なのね。
早いもので…

●燃油サーチャージ、上がる一方。
 (Infoseekニュース)

確かに上がってますよね。
こないだ台湾行ったときも、約2万円でしたし。
ヨーロッパとかだと高そう…

こんだけ上がっていたら、そりゃサーチャージは別ね、
というパック旅行は苦情出るわな。

●渋谷の洞窟。(Infoseekニュース)

いや、別に渋谷に洞窟があるわけじゃなく。
先だって開通した副都心線。

その副都心線の渋谷駅が、さながら
RPGのダンジョンのようだと。

個人的には、別に副都心線ができるとか、
そういう問題じゃないような…

東京の地下鉄って場所によったら、
めちゃめちゃ歩かすし(溜池山王とか)。

あゆ感じのところで、彷徨い歩いてると、
ダンジョンで迷ってる気分になるな(笑)

さらに、副都心線では、乗換駅の小竹向原駅での
紛らわしい案内表示で右往左往する人が多いとも。
そういうトリッキーなところも、ダンジョンぽいっ?

しつこいですが、さらに飛ばします~

| | コメント (0) | トラックバック (1)

おおっと!

さっき、休憩がてらに体重を量ってきたのですが。
+1.5kgでした…とほほ。

帰国直後に増えてるな、とは思ってたんだけど、
まだ減ってませんでした。

ひさしぶりにちょいと絞ってみるかなぁ。
というわけで、続き。

●たばこ増税。(Infoseekニュース)

意外とわたし、あまり賛成できないと思ってるのです。
生まれてこの方、煙草を吸ったことは一度もないのですがね。

吸わない人は嫌いなのは分かるし、健康面から見ても、
明らかによくないとは思うんだけど…

それでも吸いたいという人は、現にいるわけだし、
その人たちにだけ、増税をかぶせるのはどうかと。

すごく安易な気がするんだよ。

●考えることが多いと、人生は楽しい。
 (GoTheDistance)

わたしもそう思います。
むしろ、考えることそのものが人生を楽しくする
源泉なんじゃないか、と思うくらい。

考えるということは、常にあるべき姿は何で、
今はどうかということを絶えず問い続けることを
たぶんに含んでいるわけで、そのためには、
今どういう物事に囲まれているかということに、
アンテナを高くしないわけには行かないわけですよ。

|どこかで新しいコトをいつまでも追っかけるのを
|見苦しい思う時が多分やってくる。

やってくるのかなぁ。
そうなったら、なんかつまらなくなってそう。

今追いかけているものと同じものを、
10年後、20年後、30年後に追いかけているかは
もちろん保障できないけどさ。

何かを追いかけてはいたいよね。
たとえ、追いかける足取りがおぼつかなくなっても。

|新しいコトをいっさい認めない思考停止したおじさん

あとでそうなってるやんと、言われないように
しないといけないんだけど、こうにだけはなりたくない。
わたしにとっては、生き恥をさらすようなもの。

|新しいことの価値が認められなくなったら、
|もうそこから老害って言われても
|しょうがないんじゃないだろうか。
|そこを意識した上で、老害うぜーって批判すべきだと思う。

お前もそうなるんだよ、と言われて、
そしてそのときが来ると、本当にそうなってしまう。

そうはならず、正しいと思ったらいつでも、
自分の考え方を変えられて、それまでの自分を正す、
そうできるなら、人生はかなり面白く過ごせるのでは、
と思いますね。将来の自分への自戒も込めて。

●先住民族アイヌ。(Infoseekニュース)

ようやく認められたようですね。

日本は単一民族国家などと言われた時代もありましたが、
歴史的に見ても、いわゆる「日本史」と異なったであろう、
歴史を持った民族がいたことは事実なわけで。

北海道で何度かアイヌ文化を見聞きしてきましたが、
もう少し歴史を知る中で、アイヌを知る機会が、
増えていけばいいな、と。

●ゲームする人、減る一方?
 (日経トレンディネット)

何度かこういったゲーム人口の調査って、
目にしたことがあるんだけど、
増えました、って話はてんで聞かないよね。

かくいうわたしも、「元」とつけなくてはいけないほど、
ゲームから遠ざかったゲーム世代なのですが。

時間がない、というひともけっこういるようですが、
だからこそ、従来のゲーム機の延長上にあるPS3よりも、
ニンテンドーDSやPSPのほうが、注目されるんだろうな。

Wiiは…またちょっと今までのゲーム機の範疇とは、
ちょっと違ったものだから、一緒には考えられないか。

●食の価値、価格。(イザ!)

生産者は、安くて安全な食品を供給するのが当たり前、
という感覚が日本には根強いと思う。

特に日本では食に対する安全に対して、
厳しい見方をする人が多い一方で、
記事にもあるように、相変わらず(いやむしろ当然だが)
安いものへの誘惑も当然あるわけで。

どこかで書いたような気もするが、
どう考えても、これからは外国の食糧事情に、
これまで以上に、影響を受けることは確実。

いかにギョーザ事件が解決していないとはいえ、
現実問題として、中国から食糧を輸入しない、
ということは、もはやありえないことと思う。

それがスタンダードになるしかないのなら、
(皆が安心するという)国内産、あるいは、
安全と保障されたものは、必然的に高くて然るべき。

安くてよいものをというスローガンで
がんばれた時代はもはや、終わろうとしているのだろう。

この先も日本人が、確実に安全なものを、
でも安いものをなんて言っていたら、
現実が分からず、ワガママなだけ、と
バカにされるだけな気がしてくる。

●だったら、活かせるようにできないの?(イザ!)

三輪そうめんの老舗で、賞味期限改竄問題が発覚。
まぁ、これだけ話題になっているのに…というところだが。

|購入者側の保存方法の悪さなどでカビが生えた場合、
|不信感を招く」として賞味期限を1年半としている

ということもあり、1年半の賞味期限を切れた後、
戻ってきたものをチェックした上で、
再出荷していたらしいが、今後は、廃棄処分に。

もちろん、農水省がいうように、はじめに1年半と
賞味期限をつけたにも関わらず、再度賞味期限を延ばす、
というのは、消費者に対する背信行為。

しかしもし、2~3年ものが本来は一番美味しい、
というのなら、みすみす美味しいそうめんを捨てている、
ということにもなるだろう。

だったら、戻ってきたものをきちんと表示した上で
再出荷するとか、ウソがないようにどうしてできないか。

なにも、1年半を過ぎたそうめんがどうこう、ではなく、
ウソをついていることが問題だ、と言っているのに。

あるいは、逆に製造後1,2年ほど工場で、
きっちりと管理された環境で寝かした上で出荷したら
どうだろうか。きちんと製造方法を表示した上で。

これなら、本来美味しいとされる2~3年ものの
そうめんを供給することができるではないか。

お上に言われたから、場つなぎ的に
安易な手段をとってほしくない。
もっと工夫をして欲しいと強く思う。

|同市内の業者は「寒冷期に丹精して作った
|そうめんを捨てたり、家畜の餌になるとは…」
|と苦渋の表情を浮かべ、

品質や安全性も大切だけど、どんな製品であれ、
ものづくりの現場を泣かせてはいけないと思うんですよ。

まだまだ続きますが、ちょっと休憩。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ちょっとずつ、書けなくて。

いや…先週は台湾の記事でいっぱいいっぱい
だったこともあってか、なかなか記事が進みませんね。

少々、ニュースとしての鮮度は落ちようと、
基本は自分の関心事の記録なので、いいのはいいのですが…
肝心の自分が忘れちゃってたりするからね、たまに。

さて、忘れないうちに。

●子供は理系にせよ!(イザ!)

…えーっと。文系で悪かったね(笑)

てか、まぁ極端なことをいう、
大槻教授らしいタイトルではあるけれども。
タイトルは、インパクト必要だし。

ま、でも文系も絶対必要だよ。それは確か。

●もうそろそろ7月ですが…(Infoseekニュース)

乳牛の飼料価格の高騰で、牛乳が7月からなくなる!?
という話題。この時点では、6/2だったんだけど、
もう、22日だからね。本気でヤバイのかどうなのか。

とはいえ、最近はめっきり牛乳を飲まなくなり、
買いに行くことはまずない。

だけど、

|生乳は、牛乳、チーズ、バターの順に分配される

ということと、牛乳が7月からヤバイ、
という話があるということは、
チーズのほうがヤバイってこと?
現に、バターはすでに品薄状態だもんね。困るなぁ。

●脳を食べる殺人アメーバ。(GIGAZINE)

おそろしい…こんなアメーバがいるんだな。
感染例は低いみたいだけど、罹ったら死の危険大。

アメリカでの話が例に挙げられているけど、
日本ではどうなんでしょうか?

●わかりやすさ注意報。(おとなの小論文教室

わかりやすいということは、レベルをダウンさせて、
子供にでも分かるように…ということが
本当にいいかどうか、ということ。

ある種の指針として、子供にでも…というのは、
少なからず多くの人が思っている「わかりやすさ」だと思う。

確かに、分かりやすくしようとすることで、
伝える内容が小さくなっちゃったり、
面倒な説明が長々…というのでは、確かにNG。

じゃぁ、シンプルかつわかりやすい、ってのが、
いいんじゃないの、ということになるが、
いやいや、言うは易し、行うは難しで…

そこにきて、この表現。

「自分の常識圏の外に対して表現をひらく」

こう、文字にしてみると、なるほど、と。
これは確かに重要な「わかりやすい」要素だ。

子供にも分かるようにデフォルメするということは、
伝える相手の知性を軽んじていると言えるわけで、
若くなくても、そりゃ気分が悪いだろう、と。

ただ、言葉を取り交わすルールや前提を知らない人たちに
いかに端的に土台に乗ってもらって、話の核に導くか。
コレが分かりやすさなのかなぁ、考えてみる。

|「ひらく」というのは、橋をかけるような行為だ。
|(中略)
|自分の文脈や常識の外にいる、多様な人たちに、
|いかにわかってもらうかだ。

大げさに考えなくても、何かを説明したり、
誰かを説得したり、自分をアピールするのって、
程度の差はあれ、「自分の文脈や常識の外」に
相手がいるからこそ、自分が語り掛かけるんだよね?

そう考えると、この視点ってすごい大事だな、と。
やってることもあるかもしれないけど、
意識してそう話せるようにしたいもの。

●約236年間、今も現役で営業中の酒場。
 (GIGAZINE)

アメリカ独立戦争前から営業中とはすごい老舗…
と思うけど、日本でも江戸時代から続く老舗って、
コレくらいの長い歴史がありますよね?

歴史の深浅ではなく、アメリカ独立という、
歴史の大きなできごとを間近に見てきた、というところに
けっこう惹かれるものがあります。

●世界的にも紙の航空券廃止。
 (マイコミジャーナル)

日本でも、国内線では紙のチケットがなくなって
久しいですが、国際航空運送協会が、
完全に電子チケットへの移行を宣言。

|1枚あたり10米ドルの費用がかかる紙のチケットに対して、
|電子チケットはわずか1米ドル

すごいコストダウンです。世界中で取り扱ってる航空券の
枚数といった、数億枚にはなるでしょうからね。

ただ、

|もし紙の航空券を持っていたら、
|博物館に寄付するべきだ

この言い方は、なんか毒があるなぁ。。。

●JR高松駅に自動改札機、でも非接触ICは?
 (オーマイニュース)

航空券の話題に続いて、日本の鉄道の話。
まだまだ、駅員さんが切符を切っている駅も多いですが、
高松駅で自動改札機がスタート。

ただ、非接触IC(ICOCAとかSuicaみたいなの)はまだ。
琴電がICカード使ってるのにねぇ。一緒に使えれば。
(しかも提案したのは助っ人のJRの社員さん!)

台湾の地下鉄じゃないけど、環境という点を考えたら、
非接触ICと同時に紙の切符をやめて、トークンにしてみたら、
なーんてことも考えてみたり。

●言えばいいってモノじゃ…
 (Infoseekニュース)

なんか韓国の醤油メーカーが、
元祖は日本じゃなくて、韓国だ!
みたいなことを言ってんだって。

あまり知識もないのに、どうこう言うつもりもないけど、
少なくても、

|日本の製品のように認識されているのを正したい

ってのは、おかしいだろ。

韓国にも醤油があることは知っているし、
それもまた韓国の伝統的な調味料かもしれないけど、
日本は日本で、鎌倉時代に中国から味噌の製造法とともに、
醤油の製造法を作り出してきているわけで、
韓国にもある=日本の製品じゃないとは成り立たない。

なんでいきなり?というのと、
なんで相互に存在を認めて、
「日本とは違う韓国の醤油のよさ」を
世界にアピールしよう、と思わないのだろう?

●寝だめ。(マイコミジャーナル)

|男性の方が女性よりも睡眠時間が短く、
|女性は週末に平日よりも"寝だめ"をする傾向

だそうだけど…

明らかに睡眠不足なわたしが言うのも
まったく説得力がありませんが(爆)、
あまり寝だめって、大きくはできないそうですよ…

あと、昼まで眠るより、早めに寝て、
朝早く起きるのがいいとか。うぅ、難しい(笑)

…まだまだ続きます!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年度、まったくツイてません…仕事運。

ネタはまた腐るほど溜まってきたのですが(汗)、
しばらく消化できそうになく…

年度が替わってから、そんなあほなという、
業務量激増えがもれなくついてきた担当変更で、
半死にになっていましたが、ようやくなんとか
カタチになってきたか、という矢先。

業務端末が昇天~orzっていうのが先週の金曜。
最低限必要なファイルはバックアップがあったものの、
過去のメールとかは全部サヨナラ。

なんとか読めないか…というのもアリだけど、
業務を止めるわけには行かないので、
代わりの端末を見つけ、とりあえずの環境を作るも…

いろいろアプリを入れてったら、元が激古なだけに、
遅くて使い物にならないPCのできあがり。

急遽、他部署からPCを借りて、環境づくりやり直し。
でも、借り物だから、またすぐ返さないと。

いろいろめんどくさすぎ。
仕事がちっともはかどらないよ…

わたしも、来月の余市に
現実逃避したくなってきました(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

台湾極小電脳譚~DAY3~

さて、最終日。

もともとが、展示会を見るためだけに台湾に行ったわけで、
いわゆる観光するような時間はないんだよね。

この日も13:00がフライトということで、
遅くとも11時には、台北から空港に向かうバスに
乗らないといけなくって。

でも!

早朝なら時間があるじゃないか、ということで、
早起きして、行天宮(XingTianGong/シンティエンコン)へ。

行天宮は比較的最近(1967年)できた、道教の寺院。
三国志好きなら、誰もが知っている関羽が主祭神。

呉によって処刑されたあと、関羽を高く評価していた
曹操は諸侯の礼をもって弔い、後世皇帝同様の扱いを受けて、
関聖帝君として、中国人のいるところ世界中で祭られている。

日本では、関帝廟として、横浜や神戸、
大阪、長崎、などに点在する。

門からして、色鮮やかですな~

02006

行天宮正門。特別な祭事のないときは、開かないのだが…

02007

この日は、偶然にも端午節。
日本の端午の節句ですね。
台湾は旧暦で端午節に当たる日がお休み。
だが、残念なことに今年は日曜と重なり、
振り替え休日もないそうで…orz

ということで、とても珍しく正門が開いたのでした。
厳かな雰囲気だったので、その写真は撮れなかったんだけど、
こんな風に青い服を纏った人たちが、
周りに集まり、祈りをささげる。

02001

横で、見よう見まねでお祈りをする日本人ひとり(笑)

真正面にいる人たちは、ひざまづいてお祈り。
一度ひざまずいては三度頭を地につけ、これを三回繰返す、
いわゆる三跪九叩頭(さんききゅうこうとう)である。

もともとは、国事祭礼で皇帝の前で臣下が行う礼。
関羽は、皇帝として扱われるため、
このような祈祷になるのであろう。

そういえば、正門の柱にも龍がいたな。
龍は皇帝のシンボル。

02000

これを30分かけて、祈祷する。
とりあえず、周りの人に合わせて手を合わせるのだが、
何度か、いっせいに後ろを向いて祈ることが。
あれは、なんだったんだろうな?

お供え物は、粽に混じって、パイナップル。
これはいかにも台湾らしい。

02004

さすがに正面からは気が引けるので、
横から関羽将軍を拝謁。

02003

ものすごい、憤怒の表情です…

行天宮で見つけた朱色の紫陽花。
このような色の紫陽花は珍しいんじゃ?

02002

さて、行天宮を後にして、歩いてぼちぼち次へ。
(え?まだ行くの?)

途中、いろいろ見つけてはクスッと。

その1。これ、誰か言ってやれよ…
せっかく日本語で書いてくれているのに、
棒がさかさまなだけで、信頼性急落(笑)

02008

その2。日本的な定食屋。
けっこうこういう店が多くて、
台湾駐在になっても、食べ物はOKよ~とは、
お世話になった現地の方の弁。

いやいや、それとこれとは…(笑)

02009

その3。かわいらしいキャラクターに
吹き出しがついてるんだけどさ。

02010

なんか日本人の感覚だと、漢字とひらがな、
かたかな、アルファベット、それぞれが
固有の”雰囲気”見たいなのを持っていて、
敢えて漢字で書いたり、逆に敢えてカタカナで
書いたりすることで、イメージをコントロールするじゃない?

それが、(当たり前だけど)基本的に漢字しかないわけで、
なんか多少かわいいっぽいフォントにしても、
無理があるな…という感覚になっちゃうんだよね。

ここんところ、ネイティブの方はどうなんだろう、
現地の人がいるときに聞いときゃよかったね。

といろいろ見ながら、たどり着いたのは、
台北車站にほど近い台湾大学医学院附設医院旧館。

02011

旧・台北帝国大学医学部付属医院。1924(大正14)年の竣工。
どことなく東京駅や大阪の中央公会堂のような、
赤レンガの美しい洋館建築。

もうひとつ、赤レンガの建物。台湾総統府。
日本の首相官邸に相当する。

02012

旧・台湾総督府として建てられ、戦後修復されて、
台湾総督府として転用される。

これもまた、立派な赤レンガ建築。
台湾の人にとっては、複雑な感情もつものかもしれない。

ということで、気になる洋館もチェックし、帰路に着く。
早めに空港に行っとかなと思い、出発2時間前空港に到着。
早すぎたか?

ということで、空港で軽く食事。牛肉麺。
空港だからな…と思ったけど、思ったほど悪くない。
やっぱり、味付けはあっさりめ。
ただ、やっぱり次は美味い!というところで食べたいかな。

02014

さて、台湾の顛末はコレでおしまい。
展示会を見つつ、次に台湾に行く際のいい下見になりました。
また、マイル貯めて行こーっと♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

台湾極小電脳譚~DAY2 その2~

朝の9時半から午後4時まで、
昼飯時を除いては歩き通しで、くったくた。

大体こんなペースで見てると、文句を言われるのだが(笑)
同じペースで見て回ってくれた現地の方に感謝。

そうそう、展示会自体は、そんなに日本と
変わることもなかったんだけど、
気づいた点をいくつか。

●コンパニオンさんが語学堪能。

かわいいだけじゃなくて、客が英語しゃべれば、
突然英語に切り替えるのがすごい。

しかも、どのブースもそう。
いや、世界を相手にするなら、当たり前なんだろうけど、
日本にいる感覚からすると、すごいと。

才色兼備でないと勤まらないですよ、あれは。

●コンパニオンさんが、ノベルティを投げる!

これ、かなりびっくり。
人だかりになってるところでは、コンパニオンさんが、
ノベルティを投げてるんだよ。

うわー、これはありえないーと。

証拠動画(笑)はこちら
(Quicktime/6.02MB)

逆にダンサーが踊ったりとかするパフォーマンスは、
あることはあるものの、あまり大々的なものはなかった。

日本の展示会だと、水張って泳いでたりとか、
劇場みたいにピアノ線でつられて、宙を舞ってるとかあるし。

●見学者の客層

コレも意外なんだけど、カップルで見に来てたりとか
女性グループで見に来てたり、というのを見て、
デジタルモノへの女性の関心の高さが伺えた。

もちろん、カメコみたいなのもたくさんいるわけですが(汗)

日本でもいるにはいるけど、やっぱスーツ着て、
いかにも仕事で来ました的な女性が多いような気がする。

さて、このあとは、台北101に上って。

まぐぽさんは空撮写真みたいとコメントくださってましたが、
さすが500mを超える高さを誇るだけあり、
眺めはすごかったですね。もう少し晴れてれば…

ちなみに、前日行った台北世界貿易中心を見下ろすと
こんな感じになりまっす。

01000

夜になると、夜景もなかなか。
現地での更新とは違った夜景をどうぞ。

01001

高層建築を支えるダンパーを見ることができ。
横にいるのは、台北101のマスコット。
目鼻は101(笑)

01002

台北101で、いろいろお店に入ってみて、
あれこれ物色してみましたが、気になるお店を2つ。

●琉璃工房(リウリィゴンファン)

瑠璃、つまりはラピスラズリのことかな、と思ったんだけど、
そうではなく、中国古来のガラス工芸のこと。

現代中国語では、ガラスのことを玻璃(ポーリィ)、
というそうだけど、唐の時代には、ガラスのことを
琉璃といっていたそうで、西洋の模倣ではない、
中華圏独自の芸術なのだとか。(以上Taipeinavi.comより)

写真はNGぽかったので、撮りませんでしたが、
ほかにはないグラデーションの美しさには
目を見張るものがあります。

Liuligonggfang

はじめ、値段の話ばかりしていたので、
現地の方にそうじゃなくて!って言われましたが(汗)、
高いものでNT$100,000くらいということは、
約35万円くらいってことですよね?

これだけすばらしければ、逆に30万程度で
買えるというのは安いんでないかい、と思うんだよね。

リンク先を見てもらえばわかるんだけど、
ガラスの中に物体が浮かんで見えるようなものもあるし、
単色のグラデーションじゃなくて、
いろんな色を微妙に組み合わせも大変美しく。

ちょっとそんなお金は持ってきてないし、
すぐに買おうといって買えるものでもないので、
今回はパスしましたが、次回は何かひとつ、
お気に入りのものを買ってもいいかな~

●Patisserie ilu(意盧)

台湾のケーキ屋さんで、ここのは美味しいよとの
お墨付きをもらいました。

Ilu

台湾でケーキといえば、パイナップルケーキ(鳳梨酥)。
台湾からのお客様や現地駐在の方から頂くのですが、
もさーっとしてたり、油っぽかったり、
チョット△なんですよね。

しかし!
ここのケーキはなかなか美味いです。
個人的に気に入ったグランベリー入りの鳳梨酥をゲット。
よかった、空港で買わなくて(笑)

さらに、ほかにもグランベリー入りの鳳梨酥を
売っているお店があるようで、
次回は食べ比べてみるのもいいかも。

あと、台北101の写真をしっかり撮れなかったので、
(現地からアップした1枚のみ)
絵葉書を買っておくことに。

三国志の関羽を祭った行天宮と台北101。
新旧それぞれの建築スタイルを代表する建造物の対比が
なかなか画になるお気に入りの一枚です。

101xingtiangong

さて、あれだけ歩いたのに、あまりおなかは空かず、
さては鼎泰豊と士林夜市が効いたか(笑)

ちょっと軽めなメニューにしました。
デパチカの百年呉家

01003

左下から、台湾式ライスヌードルの鐤邊銼。
米を薄いもち状にして、あっさりしたスープに
浮かせていただくんだけどね。
なんだかねぇ、すごく日本人に合うんだよ。

上に上がって、台湾風天婦羅。これ、薩摩揚げですよ。
地方によっては、日本でも天婦羅っていうよなぁ。

右は、魯肉飯(ルーローハン)。
要は豚のそぼろかけご飯なのだが、味が日本的というか、
すごく安心できる美味しさ。

右下は…揚げ豆腐だったかな?

全体的に中華料理ではなく、日本的なというか、
食べなれた感じの食事、という感じがします。台湾料理。

この日はかなり疲れて、すぐにホテルでぐったり。
その割には、翌日も早く起きて出かけるのだが…つづく。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

台湾極小電脳譚~DAY2 その1~

2日目。

台北の一般的な観光地であろうところは
軒並みパス(笑)して、一目散に南港展示場へ。
今年からコチラの会場が、メインなのだとか。

●PLC

最初に訪れたのは、PLCのブース。
日本ではけっこう一般的になってきた、
高速電力線通信のこと。

00001

台湾ではそんなにまだ普及してないのか、
わたしよりも同行の方が、興味深そうに見てました。
わたしが説明できた唯一のブース(笑)

●Acer

次は、Acer。こちらもAsus対抗のNetbookを投入。
その前に…

パッカードベルの名前。
そういやあったねぇ…そんな名前。

00002

パッカードベルやゲートウェイを買収し、
いまや世界第3位のPCメーカーですからね、Acerは。

で、話題のNetbookがこれ。ASPIRE ONE。

00003

外観上は、あまり特徴がないほかのNetbookと
変わらないかな、という感じだけど…
その他のカラーリングを見てびっくり。

青はまだいいとして…
いや、それでもまだ野暮ったさがあるか…

00004

ピンク!これはありえないだろう!
キーボード周りがピンクなのに、液晶周りが黒。
すんごいカラーセンスなさすぎ…

00005

そこはちょっとでも、コストかけて色変えとこうよ!
と思わず、言ってしまいそうでした(笑)
形状は、そこそこなのにね。

ちなみに各モデル、キーボード周り+天板の色違いが
用意されるようです。こんな感じ。

00006

機能的な特筆ポイントは、Linuxモデルのみ8GB SSDと
ストレージ容量が少ないため、SDカードスロットに挿入した
SDカードと内蔵SSDが1つのドライブとして認識される、
という機能があるみたい。

内蔵SSD8GBに、SDHC 32GBを入れておくと、40GB。
まぁ、何とかなるレベルになりますね。
Windows機はHDD内蔵なので、この機能は意味ないかも?

あとは、液晶サイズは8.9型で1024×600、
LバッテリでMAX7時間とのこと。

ただ、コレといった決め手にかけるようなスペックと、
カラーリングのまずさがマイナスかなぁ。
どう考えても、あのピンクモデルの液晶枠の色は、
やめたほうがいいと思う。

●FOXCONN

あまりなじみのないメーカーだったけど、
受託生産でPCやらデジカメやら、何でもこなすようで。

特に印象的だったのが、モバイルプロジェクタ。
手のひらに載るようなサイズなのに、
しっかりと画像を映していて。すごーい。

00007

こちらは、iPod nanoから動画を映し出すタイプ。
さすがに明るいところでは無理そうだったけど、
けっこうキッチリと映ってます。解像度SVGA。

00008

こちらは、ノートPCに接続するタイプ。
直接コンセントから電源を取るのではなく、
ノートPCのACアダプタとコードの間に割り込んで、
そこから電源を取ることもできるそう。

00009

こちらも解像度は、SVGA。
多少白ボケしてるけど、明るいところなんで。

00010

ブースの方(ココの方は日本語堪能でした~♪)によると、
プロジェクタの市場はビジネスユースではもはや、
全世界的に見ても頭打ちなのだとか。

どのようにして、ホームユース、パーソナルユースに
食い込んでいけるかが、今後の勝負の分かれ目と。

ホームユースにどこまで…という点はあるけど、
重たいプロジェクタをもっていかなくても、
コレだとすごく軽くていいよね。
将来がある製品になる気がしますよ。

●Intel

あまりマザーボードとかは見ないほうなので、
最新プラットホームのCentrino2搭載機種とか、
MicrosoftブースであったAtom搭載機をもう一度。

これも教育市場向けかなぁ、画面が小さく、
子供向けなデザインでした。

00011

手提げがついてるのが面白い。

00012

昔(そっかもう8年前か)には、VAIOでも、
似たようなデザインがあったんだけどね。

東芝のおそらく国内未発売のモデル。

00014

キーボードのテカリがすごい!
日本じゃウケないだろうなー(笑)

00013

Asusの革張りノート。国内でも売ってるような?

00015

背面を見ると、イタリア車のブランド、
ランボルギーニ社のデザインが。

00016

こちらは、韓国LG電子のタブレットPC。
サムスン電子はPCを造ってるのは知ってたけど、
LG電子も造ってたんだ~

00017

至って、普通のタブレットPCでしたけどね。

00018

続いて、Atom搭載機。
木目かな…と思ったら、木目調デザイン。

00019

Eee PC 901は、桜ではなく木の葉のデザインのもの。
こっちもなかなかいい感じでしたよ。

00021

今回、NetbookをリリースしたMSIも、
自社ブースでは普通のノートPCも展示中。

00022

なんか天板といい、キー周りといい、
F1ぽいデザインだな~派手好きさん向け。

00023

●GIGABYTE

Microsoftブースでものはしっかり見てきたんだけど、
カラバリは、自社ブースにしかなくって。

好みは分かれるかも、ですが、
こういうポップなデザインもあるみたい。

00024

こういうのが売れるようになると、
ほんとにNetbookの裾野が広がったと言えるくらいに
一般的なものになるんだろうなぁ。

シンプルでコレを出しておけば、まちがいない的な
デザインしか売れなければ、
やはりマーケットはまだまだ小さいわけで。

ただ、背面が個性的なデザインなんだから、
キー周りとかも、もうちょっと冒険していいかな、と。

00025

ただ、発売当初はブラックモデルのみ。
はじめは仕方がないか。

00026

もうちょっと欲を言うなら、液晶周りは、
テカテカした塗装はやめてほしいなぁ…気になる。

あと、ココで気づいたんだけど、
スペック表見ると、メモリはMAX1GBで、
下位モデルはタッチパネルなし、解像度低下(1024×600)、
Wireless LAN/Bluetoothなし…と散々。

やっぱり、上位モデルだよなぁ。
上位モデルが$649、下位モデルが$449。
2万円程度の差で、このスペック差はデカイ。

重さ(1.2kg)と稼働時間(4時間程度?)という点はあるけど、
据え置きで使うタブレットPCとしては、
なかなか使えるマシンなのではないかと思うな。

●A-DATA

普通は、日本ではなじみがないかも、だけど、
秋葉原で安いSDカードを探すと、
けっこうこのメーカのカードをよく目にする。

わたしも、16GB SDHCはここのSDHCカードをつかってて、
知ってるメーカーだったので行ってみたよ。

ノートPC向け、SSD。

00028

いま、SSDって限られたメーカのものしか流通してないけど、
(特に1.8型のSSDはサムスンしかないんでは?)
もっと台湾系のメモリメーカが価格破壊を起こしてくれると、
一気に普及する気がしますね~

こちらはEee PCとコラボしたSDHCカードとUSBメモリ。
SDHCなんてデザイン関係ないやん(笑)と思うけど、
USBメモリはいいかもね。

00030

00032

さて、こんなところでしょうかね。

総評すると、日本の展示会と比べてあまり、
最新技術というものはなかったけども、
すごく勢いを感じることができた展示会だった。

日本のCEATECもちょっとずつ、縮小してる気がするし、
WPCに至っては、なくなってしまったしね。

また、NetbookはEee PCの最新モデルが手堅く
進歩していることと、後発ではMSIが似た路線で、
いいつくりをしてきている。

HP 2133は、高級なデザインは手にとって見ると、
より実感できて、とても10万円以下のPCには見えないし、
タッチパネルLOVEなわたしとしては(笑)、
GIGABYTEのMIDは、日本で出たら買っちゃいそう。

種々のWebニュースでも指摘されているかもしれないが、
従来まで極小モバイルPCは日本企業が得意としてきた。

が、そのウリは薄くて、軽くて、小さくて、
なおかつパフォーマンスも高く、バッテリ稼働時間も長い、
そして、デザインももちろん安さを感じさせなくて…
でも、高いという考え方。

Intel AtomやVIA NANOがなかったら、Netbookの息も
長くは続かなかったであろうが、
パフォーマンスや稼働時間には少々をつぶっても、
安けりゃ売れるやん、という発想を前にして、
日本企業が同じスタンスを続けられるか。難しいと思う。

もはや、PCの低価格化には、聖域がないということを
あらためて強く感じた次第である。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台湾極小電脳譚~DAY1 その3~

さて、展示会を見終わったのが、午後6時。
このあと、地下鉄で台北車站まで戻り、現地の人と待ち合わせ。

地下鉄の広告にもう、MSIのNetbookが。

056

当然っちゃ当然だけど、外に出たら暗くなってて。
地下鉄(MRT)を出ると、台北車站が見えました。

057

台湾小龍包の超有名店、鼎泰豊(ティンタイフォン)へ。
店に行ってから、日本にもあるよねーって言われ。
そうなの?知らなかった…
でも、せっかくなら、本場で食べておきたいよね。

けっこう人ごみになっていて、30分くらい?
といわれたものの、そんなに待たずに店内に入れた。
あらかじめ、外で待ってるときに、
オーダーしておくので、けっこうすぐに料理が出てくる。

まずは、台湾啤酒(台湾ビール)で乾杯。
台湾式だと、一気に飲み干さないとダメだそう。
ま、日本式でいいよ、といわれましたが(笑)

058

目玉の上海の小龍包よりも皮が薄くて、小龍包というより、
うまみの詰まったスープ入りの蒸餃子のような。
いくらでも食べられそう。

000

右側は酸辣湯麺。このほか排骨炒飯にあれやこれや…
かなり食べつくし、よく食うな…といわれ。
(だからか、帰ったら+2kg!)

かなり美味かったです。
やっぱ、出かけた先での食べものは、大事だよな~

あと、こちらのサイトを読んで、
どうなんだろうと思っていたんだけれども、
確かに店員さんがカワイイ。余談(笑)

さらに、そのあと士林夜市へ。
ちょうどアメ横のような感じなのだが、日が暮れた頃から、
真夜中までやっているのが特徴。

059

この日は金曜だったので、まだゆったりしてるけど、
(これでもゆったりしてるんだって)
土日なんて、身動きとれないほどだとか。

現地の人オススメの「原上海生煎包」というお店へ。

肉まんみたいなものなんだけど、小龍包っぽく、
肉のうまみのあるスープも入ってて、
肉まんサイズの小龍包を焦げ目をつけて焼いた感じ。

060

まぁ、これが美味いこと、美味いこと。
肉汁を大切にするのが台湾流なんだろうな。

さっき食べ過ぎたのをチョット後悔したりして(笑)
1個10台湾ドル(=約35円)…安っ!

まだどう?って言われたんだけど、さすがに無理、
ということで食べ物系は断念。
CDショップに顔を出してみました。

そこにあるのは、すさまじい数の日本のCD。
店の半分が普通話のCDで、もう半分が日本という感じ。

安いというのもあるんだけど、日本のアーティストを
漢字で表現してあるのが、面白い。

基本的に名前そのままのアーティストは一緒だし、
ひらがなやカタカナも漢字になってるのは、
まぁ、簡単に分かるんだけど。

浜崎あゆみ → 浜崎歩

ってな感じで。

問題なのが、英語表記のアーティスト。
答えを見れば、なるほどねと思うんだけど、
これがなかなか、パッと思い浮かばない。

例をとると…

化学超男子 → chemistry
※化学はともかく、超男子って…笑。

月之海 → LUNA SEA
大無限楽団 → Do As Infinity
小事楽団 → Every Little Thing
聖堂教父 → Gospellers

まぁ、このあたりは一応ヒントがあるじゃないですか。
Every Little ThingのEveryはどこへ?とか、
Gospellersがやけにオヤジ臭くない?とかあるけど(笑)

だけど、これはどうだ!

放浪兄弟。

わかりますか?答えは、EXILE。
EXILEという意味が「放浪者」という意味らしく…
わっかんないよ~

ということで、夜市をまわってホテルに戻る。
明日も早いからね、早く寝て南港展示場に備えないと。

次は、2日目。新しくできた南港展示場の顛末。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

台湾極小電脳譚~DAY1 その2~

さて、はじめはMicrosoftブース。
ミニノートが一箇所に集中しているので、
手始めにはいいかな、と。

●GIGABYTE

GIGABYTEのタブレットPCっぽい、Netbook。
なかなかよくできている。
液晶サイズは、8.9型で解像度も1,280×768ということで、
ほぼわたしのLOOX Pと同じ。
タブレットPCっぽく、画面が回転します。

014

安いもんだと思っていたら、意外と視野角も広く、
タブレットPCとしてのスペックは悪くない。

01403

だけど、完全に画面を回転させて、ペン操作スタイルに
した場合、画面と本体がキッチリと閉まらずに、
ぐわんぐわんした感じなのが心配。

01402

engadget japaneseの記事によると、
重さは1.2kgあるので、けっこうずっしり。

CPUは今話題のIntel Atomプロセッサで、
意外とマシンパワーはある気がします…が、

どの程度のパフォーマンスでどの程度の
バッテリ稼働時間なのか、そこがポイントだよね。

稼働時間は3~5時間くらいとのことで、
まだ前後する様子だけども、
実稼動では6掛けくらいになるだろうから、
3時間ギリギリもつかどうか…というところかな。

少なくとも、Core 2 Duoあたりが載っている
モバイルPCとの差はそこに出てくるんだろうな…
ウチのLOOX PはバッテリLで6時間以上は実稼動するので。

●HP

先だって、日本の発売がちょっと延期になった、
HP 2133 Mini-Note PCだけど、
ちょっとお先に現物をチェックしてきましたっ♪

021

確かに他とは一線を画す、高級なデザイン。
こりゃ、注目を集めるわけですよ。

こちらももしや…と思ってみてみましたが、
そんなに悪い液晶ではなかったですね。

もちろん、HP 2133はタッチパネルがないので、
実際の使用に視野角がどれだけ必要か、
ということはあるんだけど。

025

天板のデザインもアルミを削りだしたような、
金属的な光沢が出ていて、いい感じ。

024

タッチパッドはちょっと狭いかも。
特に見た目以上に、使ってみると狭い感じ。

これだったら、クイックポイントにするか、
いっそのこと何もなしにして、
マウスをつけたほうがいいんじゃないかなぁ。

026

キーボードはこのクラスのPCとしては、
ゆったりしているほうで、普通に打てる大きさ。
打鍵感もまぁまぁで、普通のモバイルPCといった感じ。

ただ、このマシンだけがそうなのか、
異様に熱くなっていて、キーボード全体が熱を帯びており、
底面に至っては、熱くて触れないほど。
低温火傷必至、というくらい。

また、Vista+VIAのパフォーマンスのほうは、
まぁ何とかなるんでは、という感じ。

Aeroの有無を確認し忘れたが、切っておけば
そこそこ使えるレベルではないかと。

ただ、ここでもバッテリのときにどうか、
という問題があって、HPのページで確認すると、
約2.3Hということだから、ACアダプタなしには、
持ち歩けない、と思ったほうがいいだろう。

もうひとつ、気になったのが、電源コードの接続。
ちょっと、これはないんじゃないか?
本体に対して直角に差すなんて…
接続ポートが何かの拍子で壊れそうだよね。

022

●KOJINSHA

日本ではもうおなじみの工人舎のミニノート。
Intel Atomという話題性からはチョット外れるけど、
れっきとしたEee PCなどのミニノート市場で、
戦っていけるスペックと価格ですよね。

027

●MSI(微星科技)

GIGABYTEもそうだけど、日本ではマザーボードの
イメージがあるMSI

10インチクラスの液晶を搭載したNetbookを発表。
なかなか天板のデザインが凝ってます。

017

電源のLEDがサクラのマークなのはなぜ?

018

ブラックもあります。

01802

ちょっと特徴に欠けるところはあるんだけど、
インターフェース類は一通り揃っているし、
たしかにちょっと大きめなので、
安いくて、コンパクトなノートPCと思えば、
全然OKなレベルと思う。

個人的に10型程度のノートを使い続けてきたのも、
モバイルするからというだけではなく、
家で使うにしても、15型とかでかすぎて、
場所をとるな、と思っていることも理由のひとつ。

持ち運ばないけど、小さくてかわいらしいPC、
という位置づけだと、女性にもニーズがあると思うし。
(実際、そういっていた人がいました)

●Classmate PC

たしか、Intelが教育市場向けに提案しているPC
だったような。

028

とりあえず、安くするために画面が小さいのかな。

キーボードは、ゴム製のもの。
打ちやすさは微妙な気が…

029

●Asus EeePC 901/1000

低価格ミニノートの世界的なブームに火をつけたAsusTek。
そのAsusのEee PCの最新機種もチェック。

台北世界貿易中心の別棟に、Asusが大々的に
ブースを構え、勢いを見せ付けていた。

032

左が8.9型搭載、右が10型搭載の最新機種。
比べてみると、10型のほうが大きく見えるけど、
あまり変わらないといえば、変わりがない。

038

今、日本で売られている7型から8.9型に、
スペックアップしたインパクトのほうがずっと大きい。

ちなみに、左に見えるのがWii的なゲームコントローラ。
振って操作するのだが、デモになっていたゲームの
操作方法が分からず…

また、初代Eee PCよりも幅広いターゲットを意識してか、
"sakura"というモデルでは、桜の花びらが、
デジタルっぽくデザインされていて、なかなかいい感じ。

044

タッチパッドのところにも。

045

時期的に桜の季節に合わないところがイタイかな。

さらに、Intel AtomをつかったデスクトップPCも。
Eee Boxというこちらのタイプも、
いろいろとカラーバリエーションがあって、
Eee PCとおおよそ、共通したテイストになっている。

034


036

あと、ブースの真ん中には、ぶるぶる震える車の
ボンネットにEee PCが。SSD搭載で振動に強い、
ってことを言いたいんでしょうけど…なんと大掛かりな(笑)

動画はこちら
(Quicktime/2.67MB)

●VIA

Intel Atomに対抗するCPU、Nanoを
発表したばかりのVIA。

046

こちらにも、多数のNetbookが展示されてあったが、
HP 2133が際立った以外は、どれも似たり寄ったり。

とはいえ、多くの台湾企業がこのレベルのPCを
造れるという証左でもあり、このわずかな間に、
レッドオーシャン(競争の激しい市場)になった印象がある。

その中でも気になったのが、コチラ。

047

WibrainのMID。画面は4.8型しかないが、
幅がちょうど操作しやすいくらいの長さで、
ちょうどPSPくらいのようなイメージ。

こちらは、韓国サムスン電子のUMPC。
そういやUMPCの初期には、出してたよな…
最近はさっぱりデジモノニュースには出てきませんが。

048

最後、iDotのミニノート。
なんと、音声端末のようなのが画面横についてる。

050

しっかりはずせて、ケータイのように。

051

おそらくVoIP端末なんでしょうけどね。
画面に横につけるかぁ?という気はしますが、
PCカードやExpressカードスロットに、
刺さるようなのであれば、いいかもしれませんね。

もっと突き詰めると、HSDPA対応のケータイを
そのまま差して、データ通信したりとかね。

さて、この次は、夜の食事の話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾極小電脳譚~DAY1 その1~

さて、先週の台湾行きの話でもしようかな。

今回の目的は、世界有数のPC展示会である
COMPUTEX TAIPEIでNetbookと呼ばれる格安極小の
ミニノートを自分の目で見て、触ってくること。

それだけに、2泊3日で展示会ばかり見てるという、
すごくニッチな台湾への旅である。

台湾に前の仕事で一緒になった方がいるので、
案内はしてもらったんだけど、1日目の展示会は、
(平日ということもあり)自分だけで。

成田から台北までは、およそ3時間30分。
沖縄にちょっと足したかな、程度のフライト時間。
そういや、上海もそんなくらいだったっけ。

台北の桃園空港に着いたら、すぐにバスへ。
とりあえず、日本語か英語かのどちらかが通じるので、
思ったほど、苦労はしない。

直接、COMPUTEXの会場に向かおうかとも思ったけど、
荷物が重いので、やっぱりホテルへ。

空港からホテル(台北車站のそば)までのバスで、
現地の信号機に興味深々。
(Quicktime/2.4MB)

なんでこんなに猫背なのか…
しかも、日本の信号でいう青の点滅のときって、
このままの格好で、早歩きするんだよ(笑)

ホテルにチェックインしたあと、即会場に出発。
まずは、前回から会場となっている、
台北世界貿易中心のほうへ。

会場までは、台湾の地下鉄であるMRTに乗る。
乗り方は至って簡単。タッチパネル式の販売機に
お金を入れて買うだけ。

こういうとき、話せなくても、
漢字を読めば意味がわかる日本人は有利(笑)

日本と違い、紙の切符ではなく、
プラスチックでできたトークンが出てくる。

この中にICチップが入っていて、Suicaみたいに、
改札口にタッチして、入場する。
紙が無駄にならなくていいかも。

003

現地の人は、日本のSuicaみたいなカードを
みんな持っていて、定期入れみたいなので、
タッチして入場していたなぁ。

プラットホームまでのエスカレータは左を空ける、
つまりは、大阪型。

055


そもそも、エスカレータは歩くなという議論もあるけど、
大阪人としては、なんだか親近感がわき。

プラットホームも一部東京や京都の地下鉄のような、
門扉がついているタイプ。

004

電車の中でのアナウンスは、
普通話(北京語をベースにした標準語)、台湾語、英語。
漢字は同じでも、普通話と台語では、
ずいぶん発音が違うようで。

市政府駅(台北市の市役所?)で下車して、
歩いて会場に向かう。

会場は、世界有数の高層ビル台北101のそばで
これを目指して歩いていけばよい。

ただ、初台湾のわたしにとっては、
いろいろ気になるものも多く、
けっこうあちらこちら見ながら、歩き。

台湾の東急ハンズ「台隆手創館」。
東急ハンズのことを「東急手」っていうのが…笑。

006

あと、とにかく日本企業や広告が多い。
コンビニでは、セブンイレブンやファミリーマート
(ファミマは上海にもあったけど)、吉野家…

広告では、資生堂のTSUBAKI。
思いっきり、日本語で書いてあります。
読める人も多いのかな。

007

こちらは、ANESSA。
日本の芸能人やモデルさんって、
台湾でも認知度がかなりありそうです。

008

コーエーの真・三国無双。
もともと中華圏の物語がベースなのに、
日本人が造って、中華圏に入ってくるって、
ちょっと不思議な感じもします。

009

台湾のマンホール。
なぜ、このデザインかは不明。

030

車椅子や自転車用なのかな。
車道と歩道の段差をなくすように造られていて。
日本でも欲しいよね。

031

あと、スクーターがやたらと多かったな。
原油高のため、比較的安い軽油で走るということで、
スクーターが増えたのだとか。

さて、次は1日目の展示内容に、
いよいよ突入です!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

Firefox ダウンロード世界記録に挑戦!

休日ですが、やたらと予定が入っとります。
まぁ、予定といっても、出かけると予定とか
誰に会う予定とかだったら、いいんですけどね…

平日、風呂入って、blog見て、寝るだけ、
てなことやってると、どうしたって
散らかってくるわけですよ。
ネタも溜まるし、台湾のことも書いてないし…

で、はぐれ雲@かかりちょさんとこを読んでると、
Firefoxダウンロード世界記録に挑戦、だとか。

Ver.3が出る日の24時間でどれだけのダウンロード数を
稼げるか、ということで世界中でキャンペーン。

もうすっかりFirefoxがないとダメな人なので、
ここはひとつ、乗っかることにしましょ。

|メモリ使用量が減るというのと動作が軽くなる

Ver.3での強化ポイントだそうですが、
ごちゃごちゃ手を出さずにこういう「基本的」なところを
抑えてくれているところがイイですね。

皆さまもFirefox、ひとつどうですか?
6/17にダウンロードするだけです。

|剣を飲み込めとか、顔に 30 本スプーンを乗せて
|バランスを取れとか、そんな無茶な
|お願いはしていませんよ。

Firefoxのページこう書いてあるんですが、
逆に6/17に顔に30 本スプーンを乗せてバランスを取った
写真でもアップすると、それはそれで面白いかも(笑)

残念ながら、家に30本もスプーンないなぁ…
って、あればやるつもり!?

ちなみにバナーなんですが、なんか上手く
画像が張り付きません。
右端だけ切れちゃうような感じ…
というわけで、こちらに。

Download Day 2008

| | コメント (0) | トラックバック (1)

禁酒解禁。

といいつつ、すでに台湾では酒を
飲んでたわけですが(苦笑)

今日、再診察でウイルス撃退とのことで、
禁酒の元となった錠剤はなし。

ということで、今夜早速ウイスキーを飲んでます。
ちょうど、ペプシブルーハワイが発売になったので、
コレを使って、コークハイをつくり。

元はコレ。

P1080834

コークハイがコレ。

P1080836

KIRIN「富士山麓」のオリジナルグラスで、
グラスの底の部分が富士山になってるんだけど、
ちょうどライトアップしたみたいで、キレイ!

味のほうも、なかなかイケます。
夏らしい爽やかな感じですね。
ダメな人もいるようですが…
体にはよくないかも、ですね。

ちょうど、あやのすけさんも記事にされているので、
トラックバックしとこ。

台湾の話題は、今週末くらいになりそうです。
ムリヤリ休んだので、けっこうしわ寄せがorz

| | コメント (3) | トラックバック (0)

無事帰国しました!

先ほど、成田から帰ってきました。
やはり、成田は遠すぎる…

予告したとおり、朝早く起きて、
行天宮(Xing Tian Gong/シンティエンコン)へ。

三国志を知っているなら有名な、
あの関羽将軍が祭られてます。

日本で言う、横浜や神戸にある(立川にもあるんだよ)
関帝廟というところでしょうかね。

詳細はあとで書きますが、今日は中華圏では祝日に当たる、
旧暦の端午節に当たる日で、特別な祭礼が。
見よう見まねで、わたしも参加してきました。

あと、洋館好きとしてはチョット気になってた、総統府。
旧台湾総督府として、日本政府が造ったものですが、
現在は、台湾の総統府として使われて。

遅れちゃいけないということで、早く空港に着きすぎ、
もうちょっと散策してもよかったかな、と。

帰りの機内で、Royal Salute 21年を発見。
旅の帰りで気が大きくなっているのか、
機内でお買い上げ。10,000円弱。
速攻で空けて、晩酌しながらblog書いてます(笑)

P1080832

訪台前に買ったピエールマルコリーニのチョコと。
すごくやさしい香りで、気品が漂うウイスキー。

これで、明日がシゴトじゃなかったら…(苦笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

おつかれちゃん。

今日は、南港の展示場のほうへ。

Computex2start

朝9時半から、終了間際の午後4時まで歩き通し。

一緒に行ってくれた取引先の人も、
よく付き合ってくれるな~と感謝です。

また、すごくいろんなことを知ってるし、
いろんなことに関心を持ってて。

そして、昨日と違い中国語の通訳付き(笑)なので、
分からないことは聞いてくれるしね。

その後は、台北101へ。
昨日と違いタワーに上ってみました。

Taipei1011

で、ご飯とか食べてホテルに帰ってくると、
もうこの時間。関羽さんがおわす行天宮に
でも行こうかと思っていたけど、そんな体力なし。

ひょっとしたら、明日早朝に出かけて、
行天宮に行ってから、空港に向かうかも。

とりあえず、今日は疲れた。おやすみ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

答えは台湾でした。

というわけで、台北に滞在中。

なぜ台湾かというと、台北で開催中の
COMPUTEX TAIPEIを見に行くため。
展示会好きが高じて、海外まで出てしまいました。

P1080393

今日のチェック会場は、台北一の高いビル台北101周辺の
台北世界貿易会議中心の各ホール。
これが、台北101。

P1080395

microsoftブースやVIAブースで、
今話題のNetbookやMIDをチェックしてきました。
ま、その顛末は追々。

日本にまだないPCを先にチェックできて満足。
コミュニケーションは大変ですけど。

夜は、前の担当のときにお世話になった方と、
鼎泰豊の台湾小龍包を食べに、さらに士林夜市にも…
腹パンパン(笑)

明日は、市街地からチョット離れた第二の会場へGo!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田空港。

成田空港にいます。

ん、羽田じゃない、
ということは?

行き先は、着いてから〜

| | コメント (3) | トラックバック (0)

買い出し。

今日は早く帰れたので、甘いものの買出し。
といっても、ウイスキーはまだお預けなんだけどさ。

大丸で、Boissierのチョコレートケーキと、
辻利で、ほうじ茶・抹茶のカステラ
(これはギフト用+自分はほうじ茶)。

Boissierのミニケーキは、真里さんのblog
美味そうだな、と。東京駅に行くついでに、ゲット。

P1080376

あいぼんぬさんのとはチョットちがうかな?

あと、辻利のカステラは基本的に週末、
出かける先へのおみやげ物。でも、自分でも味見。

P1080379

味は、チョコレートのときと違って、
そんなにほうじ茶感はないが、
香りはかなりお茶~という感じ。

さらに、東京駅のエキチカで、ピエールマルコリーニ。
小さなセットがあったので。

P1080377

帰り際は、いつもの美味卵屋でオムハヤシ。
今日は、棒々鶏のせ。
相変わらず、ここのオムライスは美味い。

Kc3a0117

ん?週末の出かけ先?
まだ内緒(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日、6エントリ目です…書きすぎ。

いくら、1週間書いてなかったとはいえ…
ちょっと書きすぎですかね(笑)

さて、もう最後ですので。たぶん(笑)

●夜空に映える大聖堂。(All About)

日本でも、善光寺が2月にさまざまにライトアップされたり、
京都の各地でも、年末年始にライトアップされますよね。

その姿に、荘厳な感覚を覚えるのと同様、
ヨーロッパの大聖堂がライトアップされても、
やはり、その姿を際立たせるなぁ…

●ひとり旅「行きたい」76%。
 (日経トレンディネット)

やっぱりね、自分の見たいこと、したいことを
優先するなら一人で行くのが一番ですよ。

特にわたしの場合、いろんな意味でマイノリティな人生を
歩んできた(爆)つもりなので、だいたいプラン立てると、
一般的に却下されるようなプランになっちゃって。

誰かと行くときは、場所やすることは二の次で、
やはり「誰と行くか」で決めないといけないですよね。

●村上水軍体験ツアー。(イザ!)

戦国時代まで、瀬戸内海の海上交通を制圧した
能島村上氏の居城、能島。

その海賊衆が生きた荒波を体験するツアーがあるとのこと。
ほら、こういうのに「おっ…」ってなるから、
敬遠されるんであって…(笑)

●300年は大丈夫!ピサの斜塔。(イザ!)

そう、工事してたんですよね。
わたしが訪伊したのは、2000年。

写真が残っていないのが痛いですが、
ピサの斜塔がワイヤーで支えられてたんですよね。
皆でええーーっ、といったのを覚えています。

これで、300年は大丈夫ということなんで、
安心して見学できますね。

イタリアへご旅行に行かれたあやのすけさん
ピサの斜塔は、中に入れましたか?

●白神ブナ林、今世紀末に消滅なんて!
 (Infoseekニュース)

地球温暖化の影響で、今の温室効果ガス現状のまま、
改善されなかったら、今世紀末に消滅するのでは、という
シミュレート結果が出ているんだって。

|ブナが気温の変化に対応して移動するスピードが、
|気温上昇のペースに追いつかないのが主な原因

ということだが、いずれにしても温暖化していけば、
今の秋田から青森の場所からは、少なくとも移動して
なくなってしまうことになるわけだよね?

あと、10年後、20年後どうなるか、見当つかないな。
人間が予想できる以外のところでも、
すごく変わっていそうで…。

●大学の入学式に親の出席はOK?NG?
 (Infoseekニュース)

けっこう、議論になりますよね。
ちなみにわたしのときは、両親とも来ませんでした。
で、わたしもそれが普通だと思ってました。

親子ともさっぱりしているので、東京に来るときも、
しちめんどくさいやりとりはなく、至ってスムーズで。

個人的にそんなどうこう言うこともないかな、
という気はしますけど、親もがんばったからとか、
どんだけ金払ろてんねんとか、なんだかなーと思いはします。

●水道管からドジョウ!(Infoseekニュース)

これ、シャレになりませんわね。
水道管と防火用配水管を誤って接続していたなんて、
すっげー、初歩的やんね。

●トンネルを歩く。(マイコミジャーナル)

開通する前の京阪・中之島線で、
地下トンネルを見学できるツアーがあるんだって。
6/2から申し込み開始、とのことだけど、
7/26か…実家に帰るついでに、参加したりして!?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今日はblog書いてばかりですけど…

しばらく書いてないと、こううずうずしてくんですよね。
まだまだ、続きますよー♪

●ドッグフードを食べる日本人!?
 (Infoseekニュース)

まったくいい加減な記事だなぁ。
記事にもあるけど、意図的なものを感じる…

|日本の飼い主の7.1%が人間の食べるのと
|同じものを買って犬に食べさせている、

これはありうる気がするけど。

●健康管理をサポートするウェルネスケータイ。
 (マイコミジャーナル)

歩数計や脈拍センサーを追加したモデル。
以前の三菱電機がCEATECで展示していたような、
体脂肪計がついてるわけではなさそう。

消費カロリーや脂肪燃焼量などを
待受画面に表示することが可能というのは、
チョット気になるけど、これだけでは
買いの決め手にはなりにくいかな。

摂取カロリーってどうやってチェックするんだろう?

●マグロ、別の意味で価格up!(イザ!)

世界的にマグロを食べる人々が増えたために、
マグロの価格が上がっている話は聞いたことがあるが、
原油価格上昇の影響で、漁に出ても採算が取れず、
休漁する見通しということだそう。

影響が出そうなのは、高級な本マグロ(クロマグロ)ではなく、
より価格の安いメバチ、キハダ、といった種類。
マグロそのものが減ってしまう可能性があるとは…

以前から原油の枯渇は予想されていたわけだし、
今はあくまで価格上昇ということだが、
これが本格的に「枯渇」というフェーズになってくると、
もっとひどい状況になるはず。

これを機に、原油がなかったらどうするか、
ということを、真剣に考えないといけないんだろう。

●東海道線と常磐線直通運転。
 (カナロコ)

2012年の予定だが、常磐線と東海道線がつながれば、
確かに茨城方面には出やすいかも。

今でも湘南新宿ラインで小田原~高崎の直通電車が
あるけど、そんな感じで小田原~水戸とか
できるんでしょうね。

でも、個人的には宇都宮から仙台に抜ける東北本線に
深夜に動く快速列車(ムーンライトみたいな)がいいな…
アレ、話が違ってきたな(笑)

●著作権というモンスター。(イザ!)

なんなんでしょうね。
文章省略されてたら、過去問の意味ないやん。

てか、そんなところで拒否するんだったら、
はじめから問題に採用しないで欲しいし、
最近の動きを見て、態度を変えるとはもってのほかだ。

明らかに著作権を振りかざして、
わざと問題を起こしているようにしか見えない…

どうしてこんなに著作権、著作権というのだろう。
こんなニュースを見ると、著作権そのものが間違った概念で
あるようにすら思えてくる。

●大阪弁、だから間違われる。(イザ!)

正直、こんな大阪弁を聞いて、
大阪弁そのものについてどういう言われたくない。

関西に生まれた人間が、「大いに参考になった」などと
言っているのか、まるで理解できない。

少なくとも、テレビで大阪弁を話す人間に、
がさつで下品な喋りようを晒している者がいるために、
多くの大阪だけでなく関西人が、
迷惑を蒙っていることは確かだろうと思う。

関西弁が威圧的というが、京都の言葉を聞いて、
威圧的とは思えないし(別の"イケズ"な感じはある)、
大阪にいても、地域でしゃべり方は多種多様だ。

せっかく東京にいるのだから、ということで
標準語をしゃべれるようにはなったが、
逆にこの言葉を威圧的、冷たいと思うことはある。
まったくもって、お互い様である。

無用な誤解をなくすために、標準語を使うけれど、
本来は自分の言葉をそのまま使うのが
正しい姿ではあると思う。

あともう1エントリ、つづきまーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SSDにTablet Mac、それから…

まだまだPC関係が続きます。
ココからは箇条書きに。

●SSD、値段下落が進む、かな?

LOOX P SSD搭載モデルをGetしたときには、
かなり高かった(それでも手を尽くして安いほう)のだが、
徐々に、安いモデルが市場に出始めてる様子。
ただし、いずれも2.5型なんだよね。あかんやん(笑)

その1 32GB 2.5inch
read 25MB/sec write 8MB/sec \ 15,999-

(GIGAZINE)

その2 120GB 2.5inch
read 120MB/sec write 40MB/sec \79,773

(GIGAZINE)

まぁ、2.5型ですからね。やっぱり1.8型とは差がありますな。

さらにこんな情報も。

◇Samsungが256GB 2.5型SSDを年末から量産。
 (PC WATCH)

◇256GBを超えるSSD、Intel & Micronが開発、
 今年後半に登場。
 (GIGAZINE)

2009年頃からは、本格的に普及期に入ってきそうですね。
サラッとしか書いてませんけど、

|256GB容量の1.8型SDDは2008年第4四半期に登場

こっちのほうが気になります。
いきなり256GBなんでしょうか?128GBはすっ飛ばすの?

ちなみに、今ある1.8型の場合、lenovoが
Thinkpad用のオプション
として、
発売している64GB SSDは、
read 80MB/sec、write30MB/secで、\142,800-。

●使いやすいキーボードとは。
 (Software Development テクノロジー解放日記)

どうなんでしょうね?
HP 2133のところでも書きましたけど、
基本的にかな印字がない分、すっきりしてますし、
使う分には影響がない、むしろ使いやすそうな気はします。

ただ、右側のShiftキーなんて使ったことないし、
わたしの場合、ホームポジションもヘッタクレもない、
中指オンリータイピングなので(苦笑)

むしろ、Enterキーが横長なのが、使いずらそうな気が。
日本語の場合、変換の決定につかうこともあり、
ここが小さなキーボードはだめなんだよね。

|ハードウェアのローカライズを不要としたことで、
|日本向け市場に製品を投入するタイムラグを短縮できる

メーカー側のメリットとしてはそうでしょうねぇ。

Enterキーがホームポジションから近いのは、
ホームポジションでキーを打つ(普通の)人には、
メリットかな?

●タブレット型Mac。(CNET Japan)

出る出るといわれつつ、一向に出てこない、
タブレット機能内蔵Mac。

最近は、あまりPCにアプリをいれなくても、
Webベースで何とかなっちゃうもんだから、
Macでもいいかな、という気もしなくはないんだよね。

ホントかな…またガセだったりしない?

●VIA、Atom対抗の新型CPU「Nano」。
 (日経トレンディネット)

そうそう、こういう人が必要ですね。
以前は、Transmeta CrusoeやEfficeonが
対抗馬だったんですけど、
Crusoeのあまりの遅さとそのイメージの定着で、
市場から退場してしまったよねぇ。

やっぱり、競争がないとIntelの思うがままに
なっちゃうものね。正常な市場環境を作るためにも、
VIAにがんばって欲しいところ。
わたしもまだVIA=非力というイメージはありますけどね…

●スケールメリットを活かさないと、生きていけない?
 (ITmedia 山田祥平の「こんなノートを使ってみたい」)

日本のケータイ業界は、WILLCOMの社長にガラパゴスと
表現されていたけど、PCもあんまり
事情は、変わんないような気がしてしまい。

|日本のPCベンダーが、デザイン指向のラインアップを
|ワールドワイドで展開していたら、
|勝負は違っていたかもしれませんね。
|日本のPCベンダーが、世界を席巻していたかもしれません。

なんだか、HPにこんなことを言われるなんて、
日本のPCベンダーは情けない気がするなぁ…
やっぱり、世界を相手にしないともうやっていけないんだね。

さて、このあとはデジモノ以外の話題へ行きますよ…
もう更新しまくりっ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HP 2133、日本で発売。

さて、今度はPC関係の話題。
これもまた、わたしがくたばっている間に、
かねてから注目してたHP 2133が、
日本でも正式発表になり、話題沸騰。

まぁ、そりゃそうですよ。
EeePCや工人舎のミニPCよりも、
明らかにデザインがいいし、
安っぽさがなくて、6万円なんだもの。

キーボードは英語配列だけど、
まぁ、そこはたいしたポイントではない。
見た目だけなら、英語キーボードのほうが
すっきりしていいしね。

あとは、VIA製CPUの性能なんだよね。

あまりCPUパワーを使うことはしないので、
ひょっとしたら、コレでも問題ないかも…なんですが、
圧倒的に不利なのが、バッテリ時間。

カタログスペックでMAX 4.6時間(Lバッテリで)
ということは、かなり電池の持ちは心配。
もちろん、安いところとのトレードオフなんだけど。

それ以外では、LCDも8.9型WXGAと、今つかってる
LOOX Pと同じサイズ・解像度だし、
視野角もそれなりにある様子。
好みのデザインに変えられるデザインスキンも、
最近のHPの取り組みを受けた、気になるポイント。

あとな…タッチパネルさえあればな…
よく言えば海外で出てるSSDモデルがあれば…
というところかな。

タッチパッドはこちらを見る限り、
かなり小さそうなので、マウスを使うのが必須。
だけど、Expressカードスロットをもつので、
PCカード型のBluetoothマウスはつかえず…うむむ。

また、下位モデルが約6万、上位モデルが約8万だが、
その差でいろいろなものがついてくるようで。
元麻布春男の週刊PCホットラインに詳しく書かれてある。

# CPUのクロック400MHzアップ
# メモリが倍増、2GBに
# HDD容量が40GBアップの160GB
# Webカメラ追加
# Bluetooth 2.0+EDR装備
# 5GHz帯無線LAN対応(802.11a/b/g)
# 標準3セルバッテリに加え6セルバッテリも添付(2本セット)
# OSがVista Home BasicからVista Business
(Windows XP Professionalへのダウングレード権付き)

これで、2万円差は言われなくても、お買い得だろう。

いずれにしても、なにに特化するかが
従来のモバイルPCとも、あるいはEeePCともうまく
かぶらないようにチョイスされた、意欲的なPCだ。

高性能・薄い・軽い・長持ちをいかに両立させるか、
というアプローチでお値段はしゃーないやん、
という考え方ではなく、安くてどこまでできるか、
ということを気づかせたのは、確かにEee PC
だけど、
正直、同じ考え方(=Priceありき)でも、HPがつくると、
ちがうなーという感じを持ちますね。

一部情報では、DELLもミニノート市場に参戦
とのこと。以前からその話はあったけど、今回は写真つき。
いや…かなり激戦区になりそうですね。

IPC WATCHからの引用。

|モバイルPCを買うのに20万円を払う時代は過ぎ去った

いやーん。もう払っちゃってるんですけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WILLCOMの時代は、もうすぐ?

わたしが、くたばっている間に、
WILLCOMからいろいろ発表されましたね~

一般的にはアドエスの後継機種、
Willcom 03」が注目なんでしょうか。

まぁ、コンパクトにはなってるし、
Bluetooth搭載だし、よくはなってんですけど、
とりあえず、Google Readerを見やすくできればいいので、
そんなにはウラヤマシス…ってほどではなく。

でも、デザイン的には、かなりよくなっていますね。
アドエスのときもよくなったなぁ、とは思ったけど、
ちょっと安っぽい部分もあったりして。

イルミネーションキーの使い勝手は
実際に触ってみないと、なんとも…?

アドエスのXcrawlキーとか、けっこう気に入っているので、
使い勝手が下がるようだと、アドエスでも…って。

写真で見る限り、インターフェースが進化してて、
画面が見やすく、使いやすい印象。

…でも、ほんとに気になるのは、WILLCOM COREのほう。
そう、待ち遠しくて仕方がない次世代PHSだ。

|上下最大100Mbps以上を目指す「伝送速度」、
|新幹線並み(時速300km以上)の速度でも
|ブロードバンドを実現する

というのが、そのウリなわけなんですけどね。
現時点では、e-mobileとかがいいんでしょうけど、
次世代PHSを狙って、ずっとWILLCOMなんですよね~

|2009年の3月または4月頃をめどに
|東京都の一部に限定して開始する予定。
|その後、2009年秋頃から2010年前半にかけて
|東名阪や全国政令指定都市圏を中心に
|「一気に拡大する」考えという。

いままで、具体的な時期の情報がなかったので、
こういう情報はうれしい限り。

日本のケータイ業界が日本でしか通用しない現状を
ガラパゴスと表現し、そうはならぬという宣言も心強い。

いわゆるガラパゴス諸島が周囲と隔離され、
独自の進化を遂げていることに、たとえてガラパゴス、
といったわけだけど。

もう、日本だけで勝負するのって、先が見えてるよね。
日本が先進的な市場であるかもしれないけど、
海外も視野に入れて、volumeが出る仕組みでないと、
ジリ貧なのは明らかだし、ね。

世界に広がると、海外でも使いやすくなったりするかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

しばらく禁酒です…

というのも、先週から右腕がだるいな…と感じてて、
マウスの使いすぎかな、と思っていたら、
しばらくして、水ぶくれが発生。

昨日、病院に行ったら、帯状疱疹と診断。
甘く考えてちゃいけない病気なようです…
Wikipediaで見てみると。

|慢性的に不規則な生活を送る事や、過度の疲労、
|心労を要する作業を続ける事は控えた方が良い。
|頻繁に再発してしまう事になる。
|規則正しい生活と、十分な栄養の摂取、心の安静が必要

ええっ…無理なんすけど…orz
とりあえず、飲み薬の注意事項に飲酒は控えよ、
とあるので、しばらく禁酒します…ううぅ。

ということで、気になるニュースを。
(これも溜まってんだよなぁ…)

●ブログを続ける理由。
 (All About)

普段、blogを続ける理由って何ですか、
という問いには、

* 書くことそのものが楽しい
* 自分の考えのたどった道を記録しておく
* 書くことで頭の中を整理し、そのことが成長の一助に
* ネタを探すことを通じ、楽しく生きようとする力がつく
* 結果的に自分がどんな人間かの自己紹介になれば。
* もっと言って、何かの気づきやヒントになればうれしい

といった感じなんだけども、ストレス対策にもなってる
ということにも、そうだよなと腑に落ちる感じ。

逆に、blogを書くなということになったら、
もっと早い段階でへこたれただろうな、と。

blogでマイナスのことしか、書きだせなくなってきたら、
相当ヤバイてことなんだろうなぁ。

●相手の方からアクションを起こさせる。
 (ほぼ日刊イトイ新聞~おとなの小論文)

コレって、すごく大切な能力だと思う。

モチベーションを引き出せるひとって、
相手からも自分のモチベーションを
引き出してもらえるようになるだろうし。

さらにWin-Winの関係で、すごく成長できる
人間関係になっていくんだろうな、と。

とはいえ、筆者が指摘するように、

|人を動かす人間というのは、人を自分の意のままに
|操作しようなどと思ってない人間だ、
|私はこのところ、その想いを強くしている。

ということは、真実なのかもしれないけど、
人を動かす立場にいる人間が、必ずしもそのような
想いを持っている…わけでもない。残念だけど。

また、モチベーションを引き出そうとして、
相手の反応がない、アクションを起こしてくれない、
そんな場合だってあるだろう。

そのときは、まず間違いなく自分に問題がある、
といっていいだろう。そもそも「この人の力になろう」
と思わせる自分でないわけだ。

そういう意味で、すこしレベルが高い、
信頼関係の作り方なようにも思う。

●まだ10年に達していませんが。
 (シロクマ日報)

まだわたしは、10年も働いていませんが。

泥のように働くということが、どのようなものか、
具体的にはなってはいないんですけど、
確かにビジョンがないと身を粉にして働けませんわな。

で、そのビジョンなんですけどね、
経営者が示すもの、という考え方もあるんですけど、
それって、自分で作るもんなんじゃないの、
という気もするんですよね。

逆に、経営者が示したビジョンに、
ついていくだけなんですか、
自分ではどう思うんですか、と思うのですよ。

自分が持ってるビジョンというか、
身を粉にできる何かにはまれば、10年泥のように
はたらけって言われても、できると思うんですよね。

●正論だけは人はついてこない。
 (パースペクティブ・アイ)

まぁ、このエントリだけを呼んでどう、
というのは、あまりフェアではないとは思うんですけどね。

少なくとも、権利者団体のほうに味方しよう、
という気になれなくさせている、
自ら四面楚歌な状況を作っている気がするんですよね。

権利者団体からすれば、正論を言ってるかもしれないけど、
正論だからといって、皆がそう思ってるわけでもなく。
そこをどう説得するか、という泥臭いところが
まったく足らないんですよね。

だから、「上から目線」「消費者の利便性無視」と
反発ばかりが出てくるような気がしてなりません。

…なんか、前にも書いたな、この話題。

重い話題が続いたので、ちょっとライトに切り替えましょ。
次の記事に続きます~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »