« 台湾極小電脳譚~DAY2 その1~ | トップページ | 台湾極小電脳譚~DAY3~ »

台湾極小電脳譚~DAY2 その2~

朝の9時半から午後4時まで、
昼飯時を除いては歩き通しで、くったくた。

大体こんなペースで見てると、文句を言われるのだが(笑)
同じペースで見て回ってくれた現地の方に感謝。

そうそう、展示会自体は、そんなに日本と
変わることもなかったんだけど、
気づいた点をいくつか。

●コンパニオンさんが語学堪能。

かわいいだけじゃなくて、客が英語しゃべれば、
突然英語に切り替えるのがすごい。

しかも、どのブースもそう。
いや、世界を相手にするなら、当たり前なんだろうけど、
日本にいる感覚からすると、すごいと。

才色兼備でないと勤まらないですよ、あれは。

●コンパニオンさんが、ノベルティを投げる!

これ、かなりびっくり。
人だかりになってるところでは、コンパニオンさんが、
ノベルティを投げてるんだよ。

うわー、これはありえないーと。

証拠動画(笑)はこちら
(Quicktime/6.02MB)

逆にダンサーが踊ったりとかするパフォーマンスは、
あることはあるものの、あまり大々的なものはなかった。

日本の展示会だと、水張って泳いでたりとか、
劇場みたいにピアノ線でつられて、宙を舞ってるとかあるし。

●見学者の客層

コレも意外なんだけど、カップルで見に来てたりとか
女性グループで見に来てたり、というのを見て、
デジタルモノへの女性の関心の高さが伺えた。

もちろん、カメコみたいなのもたくさんいるわけですが(汗)

日本でもいるにはいるけど、やっぱスーツ着て、
いかにも仕事で来ました的な女性が多いような気がする。

さて、このあとは、台北101に上って。

まぐぽさんは空撮写真みたいとコメントくださってましたが、
さすが500mを超える高さを誇るだけあり、
眺めはすごかったですね。もう少し晴れてれば…

ちなみに、前日行った台北世界貿易中心を見下ろすと
こんな感じになりまっす。

01000

夜になると、夜景もなかなか。
現地での更新とは違った夜景をどうぞ。

01001

高層建築を支えるダンパーを見ることができ。
横にいるのは、台北101のマスコット。
目鼻は101(笑)

01002

台北101で、いろいろお店に入ってみて、
あれこれ物色してみましたが、気になるお店を2つ。

●琉璃工房(リウリィゴンファン)

瑠璃、つまりはラピスラズリのことかな、と思ったんだけど、
そうではなく、中国古来のガラス工芸のこと。

現代中国語では、ガラスのことを玻璃(ポーリィ)、
というそうだけど、唐の時代には、ガラスのことを
琉璃といっていたそうで、西洋の模倣ではない、
中華圏独自の芸術なのだとか。(以上Taipeinavi.comより)

写真はNGぽかったので、撮りませんでしたが、
ほかにはないグラデーションの美しさには
目を見張るものがあります。

Liuligonggfang

はじめ、値段の話ばかりしていたので、
現地の方にそうじゃなくて!って言われましたが(汗)、
高いものでNT$100,000くらいということは、
約35万円くらいってことですよね?

これだけすばらしければ、逆に30万程度で
買えるというのは安いんでないかい、と思うんだよね。

リンク先を見てもらえばわかるんだけど、
ガラスの中に物体が浮かんで見えるようなものもあるし、
単色のグラデーションじゃなくて、
いろんな色を微妙に組み合わせも大変美しく。

ちょっとそんなお金は持ってきてないし、
すぐに買おうといって買えるものでもないので、
今回はパスしましたが、次回は何かひとつ、
お気に入りのものを買ってもいいかな~

●Patisserie ilu(意盧)

台湾のケーキ屋さんで、ここのは美味しいよとの
お墨付きをもらいました。

Ilu

台湾でケーキといえば、パイナップルケーキ(鳳梨酥)。
台湾からのお客様や現地駐在の方から頂くのですが、
もさーっとしてたり、油っぽかったり、
チョット△なんですよね。

しかし!
ここのケーキはなかなか美味いです。
個人的に気に入ったグランベリー入りの鳳梨酥をゲット。
よかった、空港で買わなくて(笑)

さらに、ほかにもグランベリー入りの鳳梨酥を
売っているお店があるようで、
次回は食べ比べてみるのもいいかも。

あと、台北101の写真をしっかり撮れなかったので、
(現地からアップした1枚のみ)
絵葉書を買っておくことに。

三国志の関羽を祭った行天宮と台北101。
新旧それぞれの建築スタイルを代表する建造物の対比が
なかなか画になるお気に入りの一枚です。

101xingtiangong

さて、あれだけ歩いたのに、あまりおなかは空かず、
さては鼎泰豊と士林夜市が効いたか(笑)

ちょっと軽めなメニューにしました。
デパチカの百年呉家

01003

左下から、台湾式ライスヌードルの鐤邊銼。
米を薄いもち状にして、あっさりしたスープに
浮かせていただくんだけどね。
なんだかねぇ、すごく日本人に合うんだよ。

上に上がって、台湾風天婦羅。これ、薩摩揚げですよ。
地方によっては、日本でも天婦羅っていうよなぁ。

右は、魯肉飯(ルーローハン)。
要は豚のそぼろかけご飯なのだが、味が日本的というか、
すごく安心できる美味しさ。

右下は…揚げ豆腐だったかな?

全体的に中華料理ではなく、日本的なというか、
食べなれた感じの食事、という感じがします。台湾料理。

この日はかなり疲れて、すぐにホテルでぐったり。
その割には、翌日も早く起きて出かけるのだが…つづく。

|

« 台湾極小電脳譚~DAY2 その1~ | トップページ | 台湾極小電脳譚~DAY3~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

台湾ステキですね.+゜(・∀・)゜+.゜

お土産でもらう鳳梨酥は確かに…な
ものが多いので、今度はご指名して
みようかな(*ノ∀`)
(…相場よりお高いですか???)

投稿: てぃー | 2008.06.16 01:08

nikko81です。

●てぃーさん

すごく過ごしやすくて、手軽に海外…
という意味では、なかなかいいですよ、台湾。

とりあえず、少しの英語と漢字が読めれば、
コミュニケーションはOKですし(笑)

|お土産でもらう鳳梨酥は確かに…

そうそう!だからこそ、現地の人に、
いいところを教えてもらったんですよね。

お土産物屋で買うよりも、ベーカリーで
鳳梨酥を作ってるところで買うのが吉、
なようですよ。あまり日持ちはしませんが、
それでも、1週間程度は持つようです。

そんなに高いものではありません。
1個25元(=約90円)程度でした。確か。

投稿: nikko81 | 2008.06.16 01:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾極小電脳譚~DAY2 その2~:

» ガラスペンって? [ガラスペンに魅せられて]
20世紀初頭に、日本の風鈴職人である佐々木定次郎氏によって考案されたガラスのペン先に端を発していて、ペン先のガラス側面の溝にインクを補充することで頻繁にインクを補充することなく書けることを特徴とした筆記具です。金属のペン先とは異なり、どんなインクを使っても腐食することなく、あらゆる方向にペン先を向けて書くことができるため、発明当初は事務用として重宝され、またたくまに世界中に広まりました。その後、ボールペンなどの筆記具の登場により広く使われるこ... [続きを読む]

受信: 2008.06.16 22:48

« 台湾極小電脳譚~DAY2 その1~ | トップページ | 台湾極小電脳譚~DAY3~ »