« 一段落着いたので、ちまきでも。 | トップページ | まぁ、予想できたことですが… »

晴れたら、外に出ないと!

ということで、やっと晴れた連休最終日、
出かけてきましたよ~

ちょうど、前日にダンボール整理も終わったし、
いらないものを処分しないと、新しい物も新調できないし、
ちょうどいいときに晴れてくれたなーっと。

とはいえ、朝起きた時点でノープラン。
どうしようか…と考えてたら、あっという間に昼前。

とりあえず、まず外に出ようということで、
家を出て歩き出し、気がつくと青梅線に乗車。

いっそのことだから、このまま奥多摩に行っちゃおう、
ということで、途中青梅で乗り換え、
約1時間半かけて、奥多摩まで行ってきましたよ。

乗り換え駅の青梅にて。乗換えといっても、
向かい側のホームの電車に乗り換えるだけなんだけど。

青梅の駅看板。
デザイン自体は、普通のJR東日本タイプなんだけど、
フォント(字体)が隷書体。いいね~

001

番線案内板も、どことなく大正モダンな感じ。

003

待合室。これもレトロな感じがいい!
昭和な感じが好きな、はるかさんどうですか?

002

さて、このまま奥多摩へと乗車。
と言っても、なんと言ってもノープラン。

どこに行こうか…こゆときに頼りになるのは、
Googleモバイル。奥多摩ってなにがあるのかね~
(現地に向かうときに調べる内容じゃないよね。笑。)

お、東京都内に鍾乳洞ってあるんだ~ここにしよ。
日原(にっぱら)鍾乳洞っていうそうです。

電車から降りようとしたら…おわっ。
ちょっと…開きすぎなんじゃない?

005

さて、ここからバスで30分ほど、「東日原」下車。
下車したあたりからの眺め。

007

とても、東京都下とは思えませんね~

民家の瓦。寿印。縁起がいい瓦です。

008

八重桜。遅れて咲くちょうど咲き頃かな。

009

しょ、食糧販売所って…
ストレートなネーミングね(笑)

010

東京都、ってのがどうもね。
しっくりこないのよね。

011

鍾乳洞手前の売店。
な、中食?お持ち帰りすんの??

012

あと、「ご休憩」って白く塗って隠してますが、
下にお気軽にお休みください、ってありますよぅ~

さて、鍾乳洞はこんなところにあります。
木々が青々してますよね。

013

多摩川の上流ですからね。
どんな川も上流まで遡ると、美しいものですね。

014

で、鍾乳洞の中へGo!
入り口すぐのところに温度計。

015

あ"。しまった。鍾乳洞って涼しいんだった~
めっちゃ薄着で来ちゃいました…
ま、ノープランですから。しかたない。

鍾乳洞って、写真撮るのが難しいんですけどね。
何度もデジカメ買い換えてますが、
こゆとき進歩を実感しますねぇ。

016

高感度撮影とジャイロ(光学式手ブレ補正)があれば、
大抵のシーンでブレに撮れるもんですね。

中は、そんなに広大ではないですが、
水琴窟があったり、弘法大師が学んだという空洞とか。

十二薬師を祭った祠。昔は12本の鍾乳石が
伸びていたようだが、明治時代にどこぞの馬鹿が
ボキッと折ったらしい。
今は、祭壇があるのみ。

018

普段はさらに進めるようだが、無理でした。
なんか、大魔王の部屋に続くダンジョンを想起。

020

さらに新洞と呼ばれるほうへ。
すーっごい、急だし階段を上らないといけなくて、
なかなか大変な様子。お年寄りはちょっと厳しいかも。

新洞の壁面。釉薬を塗って焼いた焼き物のよう。

021

高いところから下を見下ろすような感じ。

023

最低限、真っ暗闇でない程度、
安全性に問題がない程度にしか光が灯ってないので、
あちらこちらで鍾乳石の陰影が楽しめる。
(ちょいブレしてますが…)

025

さて、鍾乳洞を出てきた道と反対の出口から出ると、
そこから見えるのは、籠岩(かごいわ)。
その圧倒的な迫力に、思わずのけぞる。

027

帰りのバス停近くの自販機で。
オリジナルキーホルダー絶賛プレゼント中。
キーホルダー最近使わんからなぁ…と遠慮しました。

030

こちらは、ヤッターマン携帯クリーナーが
もらえるらしいっす。

031

最後、奥多摩駅舎。
なかなか味のある立派な建物。
1997年に関東の駅百選に認定されたそうな。

032

帰り際、くのいちさんの記事を見て気になっていた、
立川駅南口のAREAREAのラーメンスクエアへ。

実は、ラーメンと言えば「塩」なわたしは、
らぁ麺トラットリアをチョイス。

お店は確かにイタリアンな感じで、
サイドメニューもそんなのが並んでるんですが、
例の「あの幻の黄金の塩らぁ麺」と宣伝されてる
塩ラーメンは、そんなにイタリアンではないですね。

でも、すごくわたし好みな塩ラーメンでした。美味い。
ドロドロはしていなくて、比較的あっさり。
あっさりしすぎないところもよかったですね。

033

あと、付け合せのみかん胡椒を途中から入れると、
雰囲気が変わって、これまたよし。

いやー、ノープランなわりにはまぁまぁかな?
さて明日からは、社会生活再開ですね。
全然、したくないですね(苦笑)

|

« 一段落着いたので、ちまきでも。 | トップページ | まぁ、予想できたことですが… »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ホント!?待合室は高倉健でも出てきそうですね!
夏は涼をとるのによさそ~、ちょっと行っただけでも観光気分が満喫できますネ♪
寿印って初めて聞きました!屋根瓦まで目が行くところがすごい!!

投稿: あやのすけ | 2008.05.07 08:30

soraです。

青梅にはお友達が居て何度か行ったことがあります。
映画の看板もレトロで時間が止まってるような。
鍾乳洞もこどもの頃に1度だけ家族で。

連休中なのに人ごみとは無関係な感じがいいですね。

投稿: sora | 2008.05.07 12:54

nikko81です。

●あやのすけさん

年代を感じさせるの待合室ですよね~
でも、比較的新しかったから、
こういうレトロスタイル、なのかもしれませんが。

「奥」多摩ということで、相当な奥地を
想像していたのですが、意外と近場。

屋根瓦、城ツナガリで建物の屋根に
けっこう目がいくんですよね♪

●soraさん

青梅にお友達がいらっしゃるんですね。
映画の看板までレトロとは。
なんかそういう街づくりをしているんでしょうかね。

|連休中なのに人ごみとは無関係な感じがいいですね。

まったく人がいないわけでもなく、
ちょうどいい感じでしたね。
連休の外出、それも無計画な割りには、
十分な合格点かと(笑)

投稿: nikko81 | 2008.05.09 01:21

いいですね~、昭和の香りがプンプンしますね~。
たまらないです(笑)。
たまたまですけど、今日ちょうど「昭和」な記事をアップしたばかり。
やっぱ縁があるのかな?「昭和」(笑)。
ちょっとした遠出でも、旅なんですよね。新緑が鮮やかでいいな。
ちょうどこの日、nikko81さんがつい最近体験されたことをした日でした。
って、わかりにくくてごめんなさい(^^;;
開梱、大変ですよね~。

投稿: はるか | 2008.05.09 19:25

いいですよね~奥多摩。
青梅から奥多摩線に乗り換えると、とたんに雰囲気が東京らしくなくなりますよね(笑)。
私は奥多摩線の車窓から眺める景色がとっても好きです。
この沿線にはけっこうな高級旅館もいくつかあって、いかにも東京の奥座敷という風情なんですよ~。
奥多摩駅から日原鍾乳洞までの連続カーブは、生まれて初めて車をぶつけた場所でもあります(爆)。
ぶつけやすそうな道でしょ(涙)、景色も良いし(涙)。

ところで鍾乳洞って、どうして所々に祠や神棚みたいのがあるんでしょう?
私が行った滝観洞にもいくつかありましたよ~。

投稿: しのぶ | 2008.05.10 00:34

nikko81@今日もこれから出勤、です。

●はるかさん

あは、やっぱり縁がおありなんでしょうね!
東京って意外と広いな~と実感した1日でした。

開梱、大変ですよ、まったく。
途中で中身に見とれたり、ゲームしだすのが
悪いですけどね^^;

●しのぶさん

たしかに。青梅を過ぎると景色が一変しますね。
そんなに長旅してないのに、
どこまで来たんだろう、みたいな(笑)

|生まれて初めて車をぶつけた場所

イヤでも記憶に残っちゃってる場所なんですね(笑)

確かにクネクネとしてました。
ちょっと狭いかもしれませんね、車だと。

|鍾乳洞って、どうして所々に祠や神棚みたいのがある

たぶん、昔は信仰の対象になることが
多いからではないでしょうかね。

投稿: nikko81 | 2008.05.11 09:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晴れたら、外に出ないと!:

» らぁ麺トラットリア Due Italian@立川(東京) [くのいちのつれづれなるブログ]
昨日の夜は、「らぁ麺トラットリア Due Italian」に 行ってきました。 立川ラーメンスクエアにあるお店のひとつです。 「らぁ麺トラットリア Due Italian」には、 去年の6月、川崎のお店に伺ったことがあります。 (その時は、いまひとつの味でした… 今、気がついたんだ..... [続きを読む]

受信: 2008.05.07 23:20

« 一段落着いたので、ちまきでも。 | トップページ | まぁ、予想できたことですが… »