« 私信。 | トップページ | 溜まりに溜まった記事を放出。~ケータイ編~ »

甲府巡礼2008。

毎年この時期になると、甲府に行っている。

というのも、武田神社のお守りとお札を納めに、
また、新しいお守りとお札を受けに。

武田信玄に興味を持って、はや20年ほどになるが、
関東にきて、山梨に近いというのは、
付帯的なことながら、うれしいことだったりする。
あと、白州の蒸留所も山梨だしね。

今回は、ホリデー快速ビューやまなしで向かった。
素直に特急にしておけばいいものを、
ビューやまなしが2階建て化したとのことで、
乗っておこうと思って。

Yamanashi001

こんな感じです。東海道線のグリーン車みたいな
感じですかね。でも、これ普通車なんですよ。

Yamanashi002


18きっぷが使える期間ならいいのにね~
ま、仕方ないですが。

停車駅は、よく止まる「かいじ」位のイメージ。
時間はもちろんかかるが、いずれにしても、
電車の中は寝てるだけ(笑)なので、実感なし。

甲府に着くなり、まずはお昼をいただきに、
甲州ほうとう 小作」へ。

これも、甲府で食べる昼としては、定番中の定番。
そろそろ暖かくなるから、今食べておかないと。

Yamanashi003

駅南口には、いつもの場所に信玄さん。
相変わらず、小難しい顔をしています(苦笑)

Yamanashi004

さて、甲府駅から北に約3km。
岩窪町の信玄火葬塚。

一般に信玄墓所とされているが、
実際は火葬された場所と見て間違いない。

大河ドラマ「風林火山」で信玄を演じた
市川亀治郎氏が施主となって法要が行われていたようです。

Yamanashi005

昨日には地元の人々による墓前祭。
400年以上も経った今日でも、慕われていますね。

Yamanashi006

さて、来た道を引き返し、武田神社へ。
旧・躑躅が崎館といい、信虎・信玄・勝頼の
武田3代の居館跡。

能舞台では、能か狂言(どっちかわからん…)を
やっていました。やってるところはじめてみた。

Yamanashi007

古いお札とお守りは返納所へ。
で、新しいお札とお守りもゲット。

お守りとかは、期限1年間なんで、
毎年受けないといけないんですよ~

甲府駅からずっと歩いていたからか、
結構な陽気で、暑い暑い。
巨峰のソフトをいただきました。ウマー。

Yamanashi009

今度は、隣の甲州市塩山の恵林寺へ。
信玄墓所としては、ここが正式なところだと思います。

甲府駅に戻る間、山梨大学のキャンパスに
あった交通安全をアピールするキャラ発見。
富士山って…なんと強引な…(笑)

Yamanashi010

甲府駅で電車に乗る前に、陸橋のそばでスタンバイ。
この日は、信玄さんの祥月命日。
一般の参加者を募って行われる武田24将騎馬行列があります。
# ちなみに先週も、甲州軍団行列があったようですね。

遠くに甲府城が見えます。武田信玄とは何の関係もなく、
豊臣秀吉の時代に造られたものです。

Yamanashi011

予定より大分時間が遅れて、おみこしがやってきました!

Yamanashi012

その後に続いて、騎馬行列が見えてきました!

Yamanashi014

あーと言ってる間に、肝心の信玄さんが撮れず…
全速力で追っかけます(笑)

おー、見つけた。前の神輿が休憩中な様子。

Yamanashi015

こちらが今年の信玄さん。温和そうな方ですね。

Yamanashi016

さて、甲府を離れ隣の市甲州市塩山へ。
いつも思うことだが、甲府市に甲州市に甲斐市。
ややこしいことこの上なし。

甲州市の母体は、旧・塩山市なんだけど、
塩山でいいのに…と思うのはわたしだけでしょうか?

菩提寺である恵林寺には、多くの人がつめかけ、
ごった返してました…こんな人混みな恵林寺は知りません。

Yamanashi018

恵林寺四脚門。

Yamanashi026

武田滅亡後、信長に招聘された恵林寺の快川禅師は、
信長の誘いを断り、武田にまだ通じているとみた
信長は恵林寺を包囲して焼き討ちし、
兵火に焼かれ、快川は兵火の中で命を落とす。

その際の有名な言葉が、この四脚門に記されている。
滅却心頭火自涼。

まだ、桜の花びらが残っていました。

Yamanashi019

恵林寺でも、命日の法要があるようです。
信玄と並んで、快川禅師の法要も合わせて。

Yamanashi021

法要の際に掲げる仏旗にも、武田菱。

Yamanashi024

信玄訓示。完全なる勝利はこころに驕りを生じさせ、
かならず、次の負けにつながる。
五分の勝利を続けていくことこそ肝心なり、とのこと。

Yamanashi022

うぐいす廊下。
歩くと鳥のさえずりのような音が鳴るからだろう。

Yamanashi023

動画はこちら。(Quicktime/11.2MB)

不動尊の奥にある信玄墓所の前で、線香を買い、
手を合わせてきました。
いつもは静かなところなんですが、
今日はとても参詣者が多く、やっぱちがうなと思う次第。

帰り、桃の木がキレイに色づいているのを発見。
山梨と言えば、フルーツ王国ですからね。

Yamanashi028

しかし、同じサクラ科とはいえ、よく似てますね。

Yamanashi030

最後に塩山で見つけたオモシロイモノ。
キムラヤパンの看板。

Yamanashi031

いや…さすがにキムラヤパンに武田印は
関係ないんじゃ…(笑)

交通安全運動に借り出されている信玄氏。
軍扇もいい感じで「ちょっとまった」感を出してます。
しかも、「シートベルトやってる甲斐」って…

Yamanashi032_2

…まぁ、こんな調子ですから部屋が片付かないわけですよ。
もう今年のGWは、部屋の整備に費やすことにしました…

|

« 私信。 | トップページ | 溜まりに溜まった記事を放出。~ケータイ編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

本当に武田信玄お好きなんですね!確かに魅力的な武将の一人ではありますし、私も時代で言えば、戦国時代が一番好き♪

恵林寺の境内は露天に桜とにぎやかでウキウキ気分が伝わってきてお祭り好きの血が騒いじゃいます(笑)

信玄さんはどんな基準で選出されるんでしょうね?

投稿: あやのすけ | 2008.04.13 21:16

nikko81です。

●あやのすけさん

ええ、本当に信玄さんあっての戦国、
と思っています。

もちろん、物騒な世の中でしたでしょうから、
今の価値観では許せないこともあったとは思いますが、
やはり部下のモチベーションを高め、
自発的に動かす手腕は、日本史上随一だと思います。

恵林寺、普段は静かなところなのですが、
この日は太鼓の披露もあったり、
いつになくにぎやかでしたね。

信玄さん…どんな基準ですかね。
最盛期の信玄像をイメージしているようなので、
あまり若い方は、選ばれないようですね。

投稿: nikko81 | 2008.04.15 02:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲府巡礼2008。:

« 私信。 | トップページ | 溜まりに溜まった記事を放出。~ケータイ編~ »