« 怒濤の更新その2。 | トップページ | かなりすっきりしてきましたよ~ »

餃子事件についてまとめる。

RSSリーダーでニュースを読んでいても、
相当な割合で例の餃子の話が続いている。

ここいらで話を整理しておかないと、
餃子の話だけになっちゃうよな。

あれこれ言われているけど、結局はどうやら、
餃子工場での出荷前保管中に毒物が混入したかも
くらいしか分かっておらず、全容は未解明。
故意に混入された可能性も含めて調査中、
というのが現状のステータス。

一方で、両国国民の動きは実態を離れ、
一方では中国産製品を排斥しようとする陰謀だとか、
餃子をつかった無差別テロだ
などといった感情論も出ているという。

とにかく、中国と日本で叩きあいをしたところで、
どちらにもいいことは何もない。

日本側も叩くばかりではなく、中国側から科学的態度が必要
などと言われないよう、冷静な感覚を持つべきだろう。

日本側だって、検疫体制の手薄さの指摘もあるし、
過去の経緯があって、中国産が信用できないのは確かだが…

何が信用できて、何を信用してはいけないかを
もっときっちりと伝えてほしいものだ。

冷凍食品だから、中国製だから、餃子だから。
こんな理由だけで返品、返品という事例を報道するだけではなく、
今何にどう気をつけないといけないのか、それは誰も言わない。

まだ発覚後、1週間程度だけれども、長期的なスパンで
考えた場合、中国産への依存傾向は大きく変えられないのが実態。
今後どうチェック体制を敷くか、どのような点も議論が必要。

食の問題だから、敏感にはなるが、
敏感になることと、極論に走ることは違うはずだ。

逆に、中国側も開き直るのではなく、全世界的に、
「made in CHINA」が信用されていないことを、
もっともっと重く受け止めるべき。

科学的態度で…と言ったところで、
信頼できなかったものを、信じろと言われたからと言って、
やすやすと信用できるはずがない。

いずれにしても、正しい実態についての情報が
出てこないことには、なんともいえませんな。

餃子はわたしも好きなので、食べられないと困ります。
在阪時代から馴染みのある王将の餃子は食べていくつもり。
信頼って、そういうことですよね。

|

« 怒濤の更新その2。 | トップページ | かなりすっきりしてきましたよ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
少しだけ春休みモードです
ココログも絵文字が使えるようになったのですね。正直なところ、mixiよりカワイイ絵文字ですね(笑)

餃子の作り方をTVでやっていて色々な意味で驚きました。

冷凍食品はその特性から加工食品の中でも添加物が少ないという良さがあるので、ぜひとも感情論ではなく科学的根拠に基づいた双方に発展のある対話をしてもらいたいものです。

今回のことで、ある意味、家庭の台所で科学を体験するきっかけになったりもしたのかな?と思ったりもします。

投稿: てぃー | 2008.02.08 02:52

nikko81です。

●てぃーさん

春休みモード…お忙しそうでしたもんね。
ゆっくりなさってください。

|加工食品の中でも添加物が少ないという良さ

確かにそうですね。そういう意味では、
安心できた(はずの)食材なんですね。

|科学的根拠に基づいた双方に発展のある対話

比較的日中両政府の対応は冷静で安心しています。
ぜひ、今後につなげてほしいですね。

ただ、中国政府が日本政府に対して、
国内世論を制御するように要求している点は、
ちょっといかがなものかと思っています。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/china/121451

政府が国民世論を操作できる、と考えるのは、
国によって、国民に対する感覚が違うのかもしれませんが、
ちょっと時代錯誤な気がします。

投稿: nikko81 | 2008.02.09 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 餃子事件についてまとめる。:

« 怒濤の更新その2。 | トップページ | かなりすっきりしてきましたよ~ »