« 琉球探訪その4…今帰仁。 | トップページ | まだ書くつもり!? »

琉球探訪その5…那覇後編。

さて、最終日。
この日は、那覇市内を自転車で散策。
しまづくりネットさんで、自転車を借りました。

Arc

あとから気づいたんですけど…
結構、アップダウンきついんですよね、那覇って。

普段、どこに出て行って歩き通しても、
筋肉痛なんてならないんですが、
この日は、相当足がパンパンになりましたねぇ…

電動自転車にしておいてよかったですよ。
ヘタレかなと思ったりしたんですけどね(笑)

まずは、1つ目の目的地、識名園。
これで琉球王国関係の世界遺産の完全踏破です!

かつての琉球王国最大の別邸として、
王族の保養に使われたり、あるいは明・清皇帝の
正使(冊封使)の接待が催されたりしたそうだ。

識名園に行く前に、途中識名霊園を通った。
(ここもアップダウンがキツイ…)

すごいんですよ、一般の方々のお墓が、
みんな「陵(うどぅん)」形式なんですよ!とにかくデカイ!

002_2

って、本題の識名園ですけど。

正門。王族が出入りする門の割には、
意外と質素ですね。

003_2

育徳泉。
沖縄らしい石積みで囲まれた泉。

004_2

泉の奥には…

006_2

ここにもイモリがいましたっ!

005_2

六角堂。
中国風な建物だけど、1916年まで四角だったそうです…
なんで六角になったかは不明とか。

009

対照的なアーチ橋。
向かって右手は奇岩に囲まれた石橋。
左手は、普通の石橋。再建されたんでしょうかね?

010_2

池の色が濁ってるのがアレですが、
(雨上がりだから仕方ないよね)
なかなか南国らしい庭園といった趣のある風景。

011_3

船着場。
ここから船を浮かべて、船遊びでもしたのかな?

012

勧耕台。
ここから見渡せる風景は、海が見えない。
中国からの使者をここへ案内し、
決して琉球王国は狭くないのだ、とアピールをしたらしい(笑)

013_2

識名園を出て、首里方面へ。ここがキッツイんだよ。
ゆいレールで首里城に向かうときには、
あまり気にならなかったんだけど、
首里城の周辺って、台地みたいになっていて、
すっごく急勾配なんだよね~orz

なんとか、首里城公園まで到着して自転車を止め、
金城町の石畳に向かいます。

いい雰囲気ですね~
周辺の住民の方も環境を維持するのに、
努力されてるんでしょうね。

P1070148

お、シーサー…にしてはデカイな(笑)

016_2

*「なんか文句あんのか、コラ」

017

*「オレがしっかり魔よけすんねんぞ」

018_2

やっぱり、眠そうです。
あなたに魔よけはムリですね(笑)

019_2

青マンゴーだそうです。もともとこういう色だそう。
普通のマンゴーは果物として食しますけども、
青いマンゴーは、野菜として食べるのだ…
と、近くの人が教えてくれました。

020_2

その近くには、金城大樋川(かなぐすくうふふぃーじゃー)。
かつてこの石畳の道が、首里城へ向かう主要な道だった時代、
行き交う人馬も、この水で喉を潤したそうですよ。

023

水量はかなり少ないが、水はそこそこキレイでした。

022_2

沖縄で看板を見つけたら、とりあえず
チェックしたほうがいい。面白い可能性が高いから(笑)
ここの看板も面白かったぁ!

024_2

そんな…やってはいけないことの代表格になるくらい、
犬を洗う人って多いんでしょうか(笑)

元の道に戻ろうとすると、どががが…という音が。
おっとっと、この石畳の道って、車が通るんですね…
びっくりしましたわ。

025_2

石畳の道に面するとある場所のシーサー。
葉っぱに埋もれて、助けてくれ~って言ってるみたい(笑)

027_2

壁に這うように張り付いているガジュマルの木。
自然がつくるアーティスティックなデザインだよね~

028

石畳の道を往復した頃には、ちょうどお昼すぎ。
あのどしゃ降りの日に探しておいた、富久屋さんへ。

この日は、平日だったせいもあって、すごく空いていました。
お店の中の雰囲気もよく、ゆったりできますよ♪

029_2

何にしようか…うむむ、わからん(笑)

033_2

ひとつひとつ、店員さんに説明してもらって、
んむわかしー定食にすることに。
# 沖縄の人って、ひょっとするとしりとりして、
# 「ん」で終わっても負けにならないのかぁ…(笑)

出てきました、んむわかしー定食。

030

紅芋が美味い~

031_2

いやー、よかったですね。
派手さは無いんだけど、沖縄の家庭の食卓に出てくる
普通の美味しい食事、という感じですね。

那覇で美味いところないか、って聞かれて、
オススメできるところができて、うれしいですね。

さて、このあとなんですけどね。
博物館関係って、月曜日って休み多いんですよねorz

沖縄県立博物館は、×。ちょっと遠出して、
浦添ようどれでも…と思っても、
浦添ようどれも、ダメっぽい。

うむむ…というわけで、美栄橋方面に向かい、
比較的最近できた、福州園へ。

途中、おもろまち付近で見た地図。

034_2

わざわざ、書き足しちゃったりして…
「内間」駅までご丁寧に書いて…
浦添市まで延伸してほしいってことですか(笑)

さて、福州園。実は、1992年に完成した新しい庭園。
中国福建省の福州市と那覇市の友好都市10周年記念事業。
このあたりは、福建省からの移住者の居住地だそう。

門構えから、100%中国です(笑)

035_2

子連れ狛犬、上海の豫園でも見たよ。

036

ホント、一瞬沖縄にいることを忘れて、
中国に来た気分になりました。

037

滝…はいいんだけど…

039

この排水溝は無いだろう(苦笑)

040_2

龍の彫刻。

044_2

やっぱり、四本爪ですね!
五本爪の龍って、皇帝しか使えないんですよ。

045_2

変わった形の岩。
中国では、こういう奇岩を庭園に置くのが好き、だったはず。
豫園でも「玉玲瓏」という有名な奇岩があったしね。

046

また滝が出てきましたよ。今度のは大きい!

048_2

しかも、岩の中に入っていって…

054_2

滝の裏から、眺めることができるんですよ!ほっほー♪

051_2

動画もありますよ!
思わず、おおおっと興奮しました!

こちらからどうぞ!
(Quicktime/3.34MB)

小ぶりながら、水質中のカルシウム(かな?)が、
固まって、鍾乳洞っぽくなってます(笑)

052_2

逆に、岩石の上に登ることもできます。

053_2

登ったところは、こんな風な感じで楼閣つき。

P1070317

お、向こうにも楼閣が見えますね。
もういかにも中国風ですよね。
背後のフツーのビルが…ねぇ…興醒めだよねぇ…

056_2

裏コレだもん(笑)
最近できた庭園だから、仕方ないんだろうけどね。

059_2

この福州園、そんなに有名じゃないと思いますが、
結構、楽しめましたよ。1時間半くらいいたかなぁ。

このあと、自転車を返し、牧志市場へ。
途中で見つけた「?」なモノ。

061_2

何が一生懸命なんでしょう…??
少なくとも、一生懸命さは感じられませんが(笑)

前回は気づかなかった、那覇タワー…
これって、これって…タワー…なの…か…??

062_2

さて、牧志市場。
うろうろして、探してたのは…サンライズなは!

064_2

はるかさんところの記事を見て、へぇ~って思ってて。

「サンライズ出雲」や「サンライズ瀬戸」、
何度か使いましたからねぇ…ごろんとシートが取れれば、
比較的安くて、かなり快適なんですよね。

サンライズなは、とかあったら、何時間で沖縄で
行けるんだろうなぁ(アハ)

あと、「本土直輸入」の看板。輸入って(笑)
確かに異文化を感じるから、そんな気はするけど(笑)

067_2

micioさんと知念城に行ったときに気になった沖縄線香。
牧志市場に売ってましたよ~100円。

P1070336

気になりすぎたので…買っちゃいました(笑)
# micioさんからどんだけ食いついてんねん、
# というツッコミが聞こえてきそうですが…

P1070408

さらに、市場の2階に足を踏み入れると、
そこは食堂スペース…うーん、結構自転車漕いできたから、
腹減ってきたなぁ…と思いつつ…

お!

沖縄戦で破壊される前の首里城正殿!
首里城公園だと確か撮禁だったんだよなぁ…うれしい!

大正後期の首里城正殿。
ちょっと傷みが目立ってますねぇ。

070_2

昭和6年の改修工事でキレイになった正殿。
沖縄神社として使われたため、変な灯籠があるけど(笑)、
いい感じで木造の良さが出ている感じがするなぁ。

071_2

あとひとつ、気になったもの。
旧正月休み、というのがあるんですってよ。
中国・台湾系の地域は、旧正月を祝う国々だけど、
沖縄もそうなのかな?

069

腹が減ったので、まず食べておきたかった
ゴーヤバーガーから食べに行く。

065_2

ゴーヤという割には、そんなにゴーヤが無くって、
ゴーヤが入った玉子焼きが挟まったハンバーガーという感じ。
意外に食べやす過ぎて、肩透かし(笑)

066_2

もちろん、コレでは足りませんから、
本格的な食事にありつくために、花笠食堂へ。
沖縄にあるのに、「沖縄風」家庭料理とは(笑)

072_2

こちらでは、沖縄麩をつかったフーチャンプルーを食す。
いわゆる「麩」でイメージするのとちがって、
もちもちして美味しかったですよ~

074_2

ただねぇ、飲み物がなぜかアイスティーなんよ。
しかも、砂糖が入ってる(笑)
そりゃ、どうなんですかという感じですが、
沖縄では、一般的なんでしょうか??

076_2

今回の琉球の旅は、ここまで。
いやー、今回も濃かったですねぇ(苦笑)

次は、普通に美ら海とか行く沖縄の旅にしますか!

|

« 琉球探訪その4…今帰仁。 | トップページ | まだ書くつもり!? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

私も週末識名園&富久屋行ってきました!
イモリも見てきましたよ~。
空気を吸った後底へ力なく落ちていく様に癒されました。
いやはや、まだまだ知らないところはたくさんありますねぇ。
特に那覇は殆ど行ってないので、参考になります。
でも電動自転車って・・・ヒソヒソ
沖縄でティーといえばうすら甘い紅茶のことです。
お弁当を買ってもついてきますよ。
お線香、まさか購入までしはるとは。
ちゃんと3本に折ってから使ってくださいネ!

投稿: micio | 2008.02.12 13:23

'`ィ(´∀`∩ nikko81先生!!
沖縄の猫は大阪弁、しゃべらへんと思うだがね~♪

>福州園
これ、素敵なお庭ですねぇ~(*´∀`)アハハン♪
こういう施設できるくらい仲良しなら例の餃子みたいなの
日本に送り込まないでいただきたいわぁ~ε-(;ーωー)フゥ…
連休、たぁ~~くさん楽しめてよかったですね♪
名古屋では大雪降るし、パソコン壊れるしで
新しい経験を沢山することができました(ノ´∀`*)

投稿: あいぼんぬ | 2008.02.12 17:44

nikko81です。

●micioさん

|でも電動自転車って・・・ヒソヒソ

ヘタレだもーん、ぷー(○`ε´○)
# かわいくない…(苦笑)

|沖縄でティーといえばうすら甘い紅茶のことです。
|お弁当を買ってもついてきますよ。

そうなんですね~
アイスティー自体はもちろん好きなほうですが、
玄米を食べながら、飲んだのは初めてです(笑)

|お線香、まさか購入までしはるとは。
|ちゃんと3本に折ってから使ってくださいネ!

特に不審な顔つきもせず、
普通に売ってくれましたよ♪
どうみても、観光客なのにね(笑)

けっこうキレイに折れるものですね。
どう使おうかなぁ。

●あいぼんぬさん

|沖縄の猫は大阪弁、しゃべらへんと思うだがね~♪

いいんです。わたしのアタマのなかでは、
野良猫は、大阪弁をしゃべってるのです(笑)

|日本に送り込まないでいただきたいわぁ~ε-(;ーωー)フゥ…

いやいや、その通りですね…
ま、中国公安も真剣になって捜査してるみたいですし…

|名古屋では大雪降るし、パソコン壊れるしで
|新しい経験を沢山することができました(ノ´∀`*)

パソコン壊れるのは…大変でしたね。
壊れる前に、買い換えたほうが吉かも、ですよ。
古いのは、売り飛ばして(笑)

投稿: nikko81 | 2008.02.12 21:51

サンライズ・なは、初めて出会ったのはもう何年も前のことですけど、
あのときの衝撃、忘れられません(笑)。
ほんと、こんな列車があったらぜひそれで那覇へ行きたいものです(笑)。
JEFのラインナップって、いかにも沖縄らしくて大好きです♪
ああ、ぬーやるバーガー食べたくなってきた(笑)。

投稿: はるか | 2008.02.16 23:55

nikko81です。

●はるかさん

那覇までとは言いませんが、
他にもサンライズシリーズがあればいいのに、
と思うことはあります。

確か、臨時電車で「サンライズ・ゆめ」というのがあって、
東京⇔広島を往復するのがあったような…

夜行電車は縮小の方向にあるようですから、
一度、「はやぶさ」をつかって熊本まで、
行ってみたいなぁとは思っています。

でも、高いんですよね…
アレじゃ、新幹線や飛行機に負けちゃうよなぁ(苦笑)

投稿: nikko81 | 2008.02.17 10:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 琉球探訪その5…那覇後編。:

« 琉球探訪その4…今帰仁。 | トップページ | まだ書くつもり!? »