« 東北城廻 ~秋田・横手編~ | トップページ | 年賀状ってなんですか(笑) »

東北城廻 ~上山・米沢編~

さて、コレが最後の目的地、上山。
以前、山形を訪れたときは素通りせざるを得ず。

駅前の土産屋風月堂の店先にある、
切り絵風の上山城。切り絵って独特の感覚がありますよね。
上手く表現できないんだけど。

01fugetsudo

マンホールは案山子(かかし)。
なんでも全国案山子祭りというのをやってるらしい。

02kaminoyamamanhole

けっこう近いところで、上山城が見えて参りましたよ~♪

03kaminoyamajoenkei

途中の鐘楼にも案山子。
うーん、なんで…

04nenohenomoheji

で、上山城の天守。
まぁ、オーソドックスなつくりですわな。

06kaminoyamajo

てっきり、ここも幕末に壊されたクチかと思っていたら、
幕命により破壊されたとのこと。1692年のことというから、
けっこう早い段階で取り壊されている。
そういや、飛騨・高山城の取り壊しもこの時期(1695年)。

ちょうど元禄の頃、将軍綱吉の時代に当たる。
上山藩は2万5,000石の小藩、要らないと思われる城郭は、
取り壊すような方針があったのかもしれない。

注目すべきは、この天守の真ん前に足湯があること。
足湯につかりながら、じっくり天守を眺められるというわけだ。
天守の中を一通り見たら、ここに戻ってこよう。

05ashiyu

再建の割には(失礼)、瓦の紋の彫りが深くいい感じ。
復興モノ、模擬モノにはこうした細かいところでいい加減な仕事が
見られることが多いのだが、よくできている。

07kawara

ただ、何で三つ葉葵なのかは疑問。
天守があったときの最後の大名は、土岐氏だよね?
やっぱ、考証不足か。

中は、上山を紹介する資料館。
上山温泉は歴史が古く、

|1458年、肥前国の月秀という旅の僧が、
|沼地に湧く湯に一羽の鶴がすねを浸し、
|傷が癒えて飛び去る姿を見かけたのがはじまり

なのだそう。

天守最上階から、上山の眺めを。
ちょっと雰囲気が出ないけど。

09tenshuview

あれはなんだ?
城下町と温泉地に似つかわしくない高層ビルがぽつーーーーん。

10what2

マンションかな?こんなところに?

11tower

後で調べると、やっぱりマンションみたい。
こちらのblogによると、全然売れなかったそうです。

ふと、雰囲気の出ない欄干を見て。
何だこれは。なんだかイヤな予感…

08what_is_this

降りてみて、やっぱり!
クリスマスバージョンになってるぅ!

122xmasver2

石垣にも!

12xmasver

コレはさすがにないんじゃないでしょうか。
お城にイルミネーションなんて…あかんって。

ということで、足湯でゆっくりしたものの、
なんだかやりきれない気分で早めに上山を後にし、
早めに米沢に入って米沢牛食おう、と。

しかし、この日はあいにく月曜。
電車の中でネットで検索しても、月曜休みの店続出。
えー、そりゃないよーと思ってたら、
ちょっと離れたところだけど、いい店を発見。

間に合うかなー、どうしようかなーと思いつつ、
意を決してお店に向かうことにしました。
ステーキハウス・オルガンさん。

こういうときに限って、迷っちゃって。
アレッ…おっかしいなぁと言っているうちに時間が過ぎ。

しかも、この後乗る予定の電車は、
米坂線経由で新潟に行く快速べにばな号、新潟に行く最終。

何もなければ、しかたないな新幹線経由で帰るか、
ってな風にできるのだが、こんなときに限って、
新潟駅に荷物を預けてあって、新潟を経由せざるを得なくて…

で着いたときには、25分前くらいだったかな。
はぁ、はぁ言いながらお店に入って、
「米沢牛と大根のカラメル風味膳」を注文。
と同時にタクシーをマスターに呼んでもらい。

すこし、マスターと会話しながら、
慌しく食べてしまいました…

13organ

あまり夜に重いものを食べたくないというなかで、
このチョイスは、我ながらよかったと。

余計な脂っこさがなく、肉の旨みをじっくりと堪能できました。
煮込み料理の美味さが分かる年頃になったようです。

しかし、申し訳ないのが…

おそらくマスターがこだわってらっしゃるであろう、
オーディオから流れるゆったりとした音楽、
陶器のコーナー、なにより店内の落ち着いた雰囲気。

なのに超特急で食べて店を出るとは…
次はもっとゆったりとこの店に来たいものです。

もし、米沢に行かれることがあるなら、
ここのお店は、オススメだと思います。

リーズナブルで美味しくて、お店の空気もいいですし、
少しだけでしたが、マスターはおしゃべり好きなご様子。
いろいろ米沢のことを案内してくださいそうですよ。

再来年の大河ドラマは米沢の恩人と言われる、
直江兼続が主人公ですから、謙信・景勝目線ではなく、
もう一度、兼続目線で米沢を訪れたいもの。

さて、米沢からべにばな1号に乗り、新潟へ。
米坂線を経由して羽越線、白新線とそのまま直通しているので、
乗っているだけでいい。ひたすら寝てました。

約3時間後、新潟到着。
さらに2時間後のムーンライトえちごで新宿まで。

しっかし、毎回のことながら、
弾丸トラベルだなぁ…まったく(笑)

|

« 東北城廻 ~秋田・横手編~ | トップページ | 年賀状ってなんですか(笑) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!junsandersと申します。
ボトルメール拾っていただいてありがとうございます。

写真うまいですね!
センスがいいブログでうらやましいです。
同じしばじゅんファン同士、これからもよろしくお願いします。

それでは、また!

投稿: junsanders | 2007.12.17 23:04

nikko81です。

●junsanderさん

はじめまして、ようこそお越しいただきました。

しばじゅんのファンの方ということで、
親近感を覚えました。

|写真うまいですね!
|センスがいいブログでうらやましいです。

お褒めのことば、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

投稿: nikko81 | 2007.12.17 23:27

上山城!懐かしい!!
もう何年前になるかなぁ。そーとー前ですけど行きました。
自販機のラフランスジュース飲んだの覚えてます。
(って、もうそんなのないかな?)
上山競馬の調教師さんのお宅へお邪魔してごはんごちそうになって、
夜はお祭りに連れてってもらって米沢牛?の焼いたの食べたり。
懐かしい思い出がブワーッとよみがえってきました♪

投稿: はるか | 2007.12.21 21:40

nikko81です。

●はるかさん

|ラフランスジュース

へー、そんなのあったのかぁ。
チョット見かけませんでしたねぇ。

懐かしい思い出を思い出すきっかけにしていただき、
ありがとうございます。
何か役になっていることがある、と思うと
うれしいものです。

投稿: nikko81 | 2007.12.22 14:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北城廻 ~上山・米沢編~:

« 東北城廻 ~秋田・横手編~ | トップページ | 年賀状ってなんですか(笑) »