« 東北城廻 ~松山編~ | トップページ | 東北城廻 ~秋田・横手編~ »

東北城廻 ~由利本荘編~

さて、秋田県までやってきましたよ。

以前は飛行機で秋田に入り、
そのまま北に上がってしまったので、
南のほうは知らなくて。

由利本荘市には、2つ城があって、
ひとつは本荘城、もうひとつは亀田城。

* 本荘城 *

本荘城はその名の通り、由利本荘市の中心。
とはいえ、城の雰囲気はあまりなく、
土塁がかろうじてその雰囲気を出しているか…というところ。

02dorui

本丸にある修身館には、本荘城の模型があったけど、
当時から瓦葺の建物はなく杮葺きの質素なもの。

03honjojomodel

搦手(裏口)から入ったので、本丸を突き抜けると、
大手門に出てきました。
さっきの模型を見た後だと、
思いっきり模擬モノでしょーってバレバレ。

04honjojogate

瓦は、旧本荘市の市章。
ま、市民が建てた門と考えるとそりゃそうだわな。

05hojojokawara

実は、ここへはお昼をいただけないかなーと思って、
下車したんですけどね。先に本荘城を見ている間に、
お店が閉まってしまって。

あの…もう終わりなんですけど…とか言われちゃって、
恥ずかしいやら、情けないやら。

腹が減ったままでこの先乗り切るわけには行かないので、
NEWDAYSでおにぎり×4を買って乗り切る。

このあと、羽後亀田駅で下車し、亀田城。
ここは駅から亀田城まで往復徒歩。5km。
腹減ったまま、5km歩くのはやだものねぇ…
でも、きりたんぽ定食…あぁorz

マンホールくらい、きっちりGetしとこ。
2種類ありましたよ。

01honjomanhole

07honjomanhole2

* 亀田城 *

駅とか歩いている途中の民家でよく見たのが、
このポスター。鍵かけましょーって。

06key

大阪市内で生まれ、東京に住んでいるものとしては、
戸に鍵を掛けないなんて、あり得ないわけだが、
こういうポスターがあるってことは、
あんまりそういう習慣ないのかなぁ、って。

でも、逆に考えれば、こういうポスターを出さないといけないくらい、
犯罪が増えてきたというようにも読み取れる。
…なんか、複雑。

もうひとつ、飛び出すなという意味の
看板なんだろうけどね、はげ方が激しくて、
より「一巻の終わり」的な感じがよく出ちゃってます。

10ikkan

さて、亀田城近辺。あれか!?

09kamedaboen

いえ、コレは天鷺村といって、博物館のほう。
まったく亀田城ではないが、亀田城の歴史は
ここで知ることができる。

11amasagi1

マンホールも亀田城ではなく、天鷺村のデザイン。

08kamedamanhole

このときは、まずスルー。亀田城の方へ。
コレがまずかったんだよなぁ…

で、コレが亀田城。
一応はある程度、史実に基づいて復元されているようだ。
門構えも立派なものですよ。

13kameda2

実は、長らく亀田城は「亀田陣屋」であり、城ではなかった。
亀田藩は秋田藩の支藩であり、城主格ではなく、
亀田「城」と呼べなかったのだが、1852年に城主格に昇格。
晴れて亀田城となったわけ。

ただしこの大手門、埋門形式なのがチョット気になる。

14uzume2

埋門(うずめもん)とはその名の通り、
埋めることができるということで、左右の石垣を
取り崩せば門を強固に閉じることができるというもの。

でも、大手門が埋門になってるのってあったかな…
どこかもうひとつくらいあったような気がするな…
どこか思い出せないけど…

内部は、御殿風の城郭建築。
どこまで史実に近いかは分からないが、
明らかにそりゃないだろう…というのはなく。

枯山水風の庭園。

15karesensui

入り口は、ちょっと味気ないか?

15entrance

中は、基本的に城とは無関係で、
亀田城佐藤八十八美術館という名前の由来になっている
佐藤八十八氏のコレクション。

なんで、館内より館外ばかりみているという、
本末転倒っぷり(笑)
我ながら、変わった人間だなぁ、と。

16joukaku

で、城を出たのが15時40分ごろだったんだけど。
さっきの天鷺村、はじめに行っておくべきだったか。
実は開館時間が冬は4時まで、ということが、
目に前に行って初めて発覚したのですよ!

普通、博物館や美術館の類は、4時半最終受付、
5時が最終ってのが普通なので、タカをくくってたんですよね。

大急ぎで見て回りました…が天守には登れず。残念。
だけど、この地に嫁いできた真田幸村の娘の話は
興味深く読み進めることができ、よかった。
もっとじっくり眺めていたかったけどねぇ…

真田幸村の子孫は、仙台にもいて仙台真田家として
(仙台とは言いつつ)白石に根付いてるんだけど。
ここにも2人いたんですねぇ。

ひとりは藩主の妻となったお田の方。
もうひとりは弟の真田幸信
380石で亀田藩に仕えたそうな。
それにしても380石…不憫だ。

お田の方は、藩主岩城宣隆に嫁ぎ、
世継ぎ岩城重隆を生む。
お田の方は、武家の奥方でありながら、
自分でオムツの替えから全部世話をして育て、
教育にも非常に熱心であったとか。
そのせいか、後世名君と謳われ、
江戸城でも人目おかれる存在のようで。

入って出るまで15分ですよ!
まったく見た気がしませんですな。しゃーないけど。

亀田を出る頃にはあたり真っ暗。
ひたすら、駅を目指して歩き、秋田駅まで。

秋田で、稲庭うどんを食しました。
江戸後期創業の佐藤養助商店

讃岐うどんとは違ってまた美味いんだよなぁ。
ついでに、舞茸天ぷらも。
舞茸があれば、それだけでゴキゲンなんですよね~

17akitainaniwa

さて、まだまだ続きますよ!
秋田市の久保田城にちょっと寄り道したあと、
奥羽線内に入り、かまくらで有名な横手へ。

|

« 東北城廻 ~松山編~ | トップページ | 東北城廻 ~秋田・横手編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

もうこんなにも雪が積もってるんですね。でも地域によって雪が積もってないってのも???
ちゃんと地理が把握できてないのかな?私。。。
マンホールはその土地に因んだものが色々あるもんですねえ。

↑の米沢牛、カラメル風ソースって?食いしん坊の私はこれが一番気になるかも~~(笑)

投稿: あやのすけ | 2007.12.18 21:47

nikko81です。

思ったより、雪が少ないというのが
わたしの印象でした。

本格的に雪を見るのは、秋田に入ってから。
新潟や山形ではあまり見ませんでした。

|カラメル風ソース

大急ぎで食べたので、はっきり思い出せないんですよね…とほほ。

美味かったことだけは確かですが(笑)

投稿: nikko81 | 2007.12.19 00:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北城廻 ~由利本荘編~:

« 東北城廻 ~松山編~ | トップページ | 東北城廻 ~秋田・横手編~ »