« 写真116枚とラレコ先生。 | トップページ | 東北城廻 ~鶴岡編~ »

東北城廻 ~村上編~

さて、先週の話。

あいぼんぬさんからは、すっかり「遠くへ出かけたい病」の
再発をご心配頂いている有様ですが(笑)、
今月は、寒い寒い東北へ。

最近、ご覧なる方は「えええ~っ?」と思われるかもしれませんが、
ひったすらお城(基本的に建物重視)を見回るために、
全国を訪れているのです。すごいでしょ。<うん、違う意味でね(あっ…笑。)

ご承知とは思いますが、お金持ちではないので、
18きっぷ+ムーンライトえちごで往復。

途中、2回特急を使うものの、5日間の交通費は、
18きっぷ5日分で11,500円+座席指定券310円。

座席券310円の閑散期だからか、
「えちご」の乗客もまばらでした。
これが「ながら」だったら、激混みなんだろうなー。

新宿を23時過ぎに出発し、新潟着は5時前。
このあと、すぐ村上行きの快速電車に乗ることもできるが…

村上以遠に行くならともかく、第1の目的地が村上なのに、
暗いうちに到着しても仕方ないだろう、ということで、
新潟駅で1本遅らし、コンビニで食料調達。

というわけで、ちょっと村上到着は、7時30分頃。
コレでも十分に早いんですけどね。

さて、第1個目のマンホールをGet!

01murakamimahole

村上市は鮭が有名。
鮭といえば、いまや北海道のイメージが強くって、
行く前の事前情報checkではじめて知ったんですけどね。

村上城は戦国期の山城に近世的な要素を加えた
典型的な江戸時代の山城。
当時はこんな感じだったようです。

03map

山に登る前に麓にあるトイレに行ったのだが…
どうしてここで、コレを忘れる???

04fogotten

村上城本郭への道は、霧が出ていて、
幻想的というか神秘的な感じ。
遺跡としての城跡には、霧はいい雰囲気出しますね。

05beforeyotumon

郭に到着。石垣と霧のコラボ。

07ishigaki1

雨が降ったあとの快晴、日の光りを浴びて、
石垣が映えますね。

13ishigaki6

木々が多いので、光と影のコントラストも楽しめます。

10ishigaki3

一部の石垣は修復中。
だけど、回り道をして本丸へは通行可。

12underconstruction

本丸に通じる階段。東日本は土塁中心の城が多いけど、
やっぱり石垣が組まれている城のほうがいいなぁ。
# 土塁は土塁で味がありますが。

08ishigaki2

本丸からの眺め。霧がよく見えます。
すごい勢いで山手から海に向かって流れていました。

09kiri2

さて、山を降りて村上市郷土資料館「おしゃぎり会館」に
向かう頃にはちょうど開館時間になって。

おしゃぎりとは、新潟三大夏祭りの村上大祭で
使われる山車のことを指す。

印象的だったのは、提灯に「皇孫殿下ご誕生」とあること。
それは、村上が雅子妃殿下の実家小和田家の本籍地だから。
ん?でも、「皇孫殿下」って、愛子内親王のこと?
それとも悠仁親王のこと?

15dashi2

続いては、江戸期に村上を治めた内藤氏の所蔵品。
軍配を配した兜。ちょっと安定感悪そう?

16kabuto

目立ち度抜群だな!

23kabuto2

それに比べると、戦国期に村上に居城した
本庄繁長の兜は、実利重視。

21honjo

本庄繁長は、信玄に呼応し一度謙信に背き、
謙信は村上城(当時は本庄城という)を囲んだが、
攻めきれず、結局退却している。
繁長の采配もあったろうが、村上城が堅固な傍証とはなろう。

次は、村上城模型。
建物のない城を訪れるときは、模型があるだけで
当時の様子をイメージしやすくなる。

村上城天守(2代目)。

17murakamijomodel1

村上城には天守が2度築かれたらしいが、
これは、松平直矩によって1663年に建て替えられたもの。
とくに初代天守が老朽するわけでもなく、焼失したわけでもなく。
なんでなんでしょうね?

ちなみに初代天守はこちら
ここの「ビジュアル再現村上城」はすごいです。
いつか行くときのためにと、よくここのサイトは見に行ってました。

本丸/二の丸/三の丸全体。細長いが戦略的にはどうなんだろう。
本丸(写真奥)を目指す敵兵を三の丸(写真手前)から
背後攻撃するのかな?

18murakamijomodel2

江戸期の山城によるあるカタチだが、
藩主はいつもいつも山の上にいるわけにはいかないので、
山麓に居館を設け、そこが政庁となることが多い。

村上城も例外ではなく、ちょうどトイレがあった付近が、
御殿などがあったところだろう。今は跡形もない。

19murakamijomodel3

次は、イヨボヤ会館

先にも書いたが、鮭の村上というくらい、
鮭とつながり深い土地で、鮭が川を遡って
戻ってきてるのが、見られるらしい。
鮭好き、イクラ好きとしては見逃せぬということで。

鮭の孵化が見れました!
イクラ(笑)に目が付いてます。

26step1

孵化した稚魚。腹にエネルギーをイクラの脂をもったまま。

27step2

われわれが美味いなぁといって食べているあの脂は、
大きくなるまでの稚魚のエネルギーなんですな。
そりゃ、美味いはずです。

動画もあります。動きがすばしっこい!
(Quicktime/9.56MB)

川縁の地下につながっているほうへ向かうと、
婚姻色に変化した鮭が。川を遡って戻ってきてるんですね。

29sarmon2

ただ、ここは本物の川ではなく水槽。
奥には、川の様子がそのまま見れるコーナー。
(この日は雨上がりのため、ちょっと濁ってたけど)

31river

濁った中から突如出現!びっくりした~

32sarmon3

さて、資料館に戻り。
村上の鮭に関することば。

32murakamiwords

そっか、「はらこ」っていうんだな。納得。
そっちのほうが、和ことばだよなぁ。

ちなみに、イクラってロシア語なの知ってました?
ロシア語で魚卵一般を[ikra]っていうそう。

料理集の中で気になったはらこの味噌漬け。
北海道ではないだろー、これは。気になります。

33miso

鮭缶のポスター。ホント鮭に関するものが、
多岐にわたって集められている感じ。

34poster2

クマの顔がいいねー。
これ以上、ウマそうにしてる顔ないよ(笑)

鮭恵比寿。大黒様といえば、鯛…なんだけど、
村上では鮭になっちゃう。

35sakeebisu

鮭こそ魚の中の魚(イヨボヤとは魚の中の魚という意味らしい)と、
断言してはばからない村上人熱い思い入れを如実に示している、
とは、鮭恵比寿の解説の談。

いや、その心意気、気に入った!!
もう、サーモンフリークなんていう人がいて全然おかしくないよ。

36sarmonfreak

階段にまで…

37steirs

当然、お昼は鮭。
鮭蒸籠ごはんと鮭とろ丼で迷い、鮭とろ丼に。
コレはコレで美味かったが、ここならではという意味では、
鮭の蒸籠ごはんにしたらよかったなーと後悔。

38saketoro

でも、まぁいいかぁ。
村上、気に入ったからまた来よう。

村上城跡保存育英会の模型も見てないし(ザ・登城さん)。
堆朱(中学の頃美術で作ったんだよな)も見てないし、
瀬波温泉も行ってないし。

何しろ、新潟からすごく近いので、
18きっぷシーズンだったら、ムーンライトですぐさ。

帰り。

コレなんでしょね、雪を溶かすやつかな?
ま、鮭であることは間違いない。

39sakeandwater

鮭マンホール、ホワイトバージョン。

40murakamimanhole2

駅のフォントが気に入った。
なんだか大正デモクラシーの時代を感じさせるねぇ。

41murakamifont

というわけで、次の目的地山形県鶴岡市へ。
# 風林火山見てたら、書き切るのが遅くなって…
# 勘助ついに討ち死にしちゃいましたね…
# 風林火山の話はまた別途。

※2008/8/23 るるぷぅさんが村上のマンホールを
 アップされているので、トラックバック!

|

« 写真116枚とラレコ先生。 | トップページ | 東北城廻 ~鶴岡編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんワンコ(U´Д`)ワンワン♪
あ~あいぼんぬを登場させていただきまして
どうも恐縮でございます(´▽`*)アリガトウゴザイマス!

お城の姿、圧巻ですね~(*゚Д゚)オォ!昔の人は
アレを手作業ですよね?感動してしまいます。
116枚もあったのを気軽に“見た~い”なんて言う
私、『鬼』ですね( *´艸`)エヘヘ♪ごめんちゃい。

村上という町に鮭があふれていることを知って
ちょっと賢くなれました!ご馳走様でした★

投稿: あいぼんぬ | 2007.12.16 22:28

nikko81です。

●あいぼんぬさん

|あ~あいぼんぬを登場させていただきまして
|どうも恐縮でございます(´▽`*)アリガトウゴザイマス!

いえいえ、個性的なキャラはどんどん、
活かしていきましょう!

そうですね、かなり人力に頼って、
造ったことでしょうね<当時の城

|116枚もあったのを

いえいえ、整理して116枚ですから、
撮った写真はその4,5倍はあると思いますよ!

|村上という町に鮭があふれている

ほんと、あふれてます。
それだけ思い入れが強いんでしょうね。

投稿: nikko81 | 2007.12.17 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北城廻 ~村上編~:

» 瀬波温泉 [瀬波温泉]
瀬波温泉 [続きを読む]

受信: 2007.12.23 12:15

« 写真116枚とラレコ先生。 | トップページ | 東北城廻 ~鶴岡編~ »