« 美味卵家。 | トップページ | エーデル・クレロンを食べながら… »

Tokyo Designer's Week 2007。

さて、デザイナーズウイークの話ですが。
中に入るのに1時間も待たされ、その待たされた理由に
納得できなくて、今回は楽しめないかなーと思っていたのだが、
中に入っていろいろ見ているうちに、すっかり忘れ。

いい意味で、こういう忘れっぽい性格に、
いろんな場面で助かってます(苦笑)

とはいえ、昨年に引き続き、いやそれ以上に
撮禁が多すぎて、blogに書くのがとっても大変。

場内放送も、写真はご遠慮くださいじゃなくて、
写真を撮るのはやめてくださいとストレート。

いっそのことPRESS申請しちゃおうかな、と思った次第。
(blogに書きたいからって個人でPRESS申請ってできるのかな)

可能な限り紹介していきますよ。

Geemo!

ふにゃふにゃのゴムのような素材でできた、
三ツ矢サイダーのような形。

さきっちょに強力磁石が付いていて、
Geemo!同士をくっつける。

Geemo0

けっこう強力でタオルとかも掛けられるとのこと。
磁石が付くなら、場所を選ばずに使えそう。

さしあたり、TV(といってもTVパソコン)のリモコン置き、
にしてみましたよ。

Geemo

まだ日本では売っていないそうだが、
この会場のみの限定販売。2つで1,400円。

kusha

とうもろこしのデンプンでできた、
ポリ乳酸繊維でできたエコバッグ。

くしゃくしゃなカタチでしまうようにできていて、
地球環境に優しい素材というだけではなく、
自分のようなズボラにはうってつけのエコバッグ。

普通にしててこんなにクシャクシャ。
(撮影協力:関羽将軍。笑。)

Kusha

かばんを持たずに出かけることも多いのだが、
いつでもクシャッとして、ポケットにしまっておけばいい。
「あ!」と買いものしたくなったとき、
やっぱりポリ袋もらっちゃうからねぇ。

またクシャッとした状態で、しっかりデザイン的にも
いい感じにまとまっていると思う。
ということで、こちらもお買い上げ。
これからエコバッグ持ち歩き宣言します!

●Re:Shadowgraph Project

富士通のブース。影絵遊びの要領で、
スクリーンに映った影を絵を描いていく体験型ブースだった。

手を振ったり、渡された棒の先から水をやったり、
絵の具をビチャッとはねつけたり…

やりたい放題やりましたが、よく分からん画に。
こちらから、来場者の絵を見ることができますが、
1103-19:29:09のIDをさがすと、わたしの絵が出てきます…
ペンギンがいるのはレアだそうですよ♪

OTOTO by TOTO

TOTOの若手デザイン集団のブース。
皿洗い用のスポンジをデカくしたような巨大スポンジ。
お湯と石鹸を含ませて、ゴロゴロすると体を洗える、とのこと。

なかなか面白いけど、ゴロゴロしてるさまって、
かなーり恥ずかしいよね(笑)

そのほか、壁にペッタリとくっつくシャワーヘッド、
スポンジでできた時計など、面白さと実用をある程度、
兼ね備えた興味深い発想が多かった。

●富士フイルムの三色の液体とモルフォ蝶。

三色の液体は、写真技術からの応用。
水と親水性油脂と疎水性油脂を上手く組み合わせたモノ。

せっかく技術があるんだから、もっと別な用途にも
応用してみようよ、ということで技術者とデザイナーがタッグ。

このままでいいからほしいと言う人や、
もっといろんな色がいいとか、いろいろ意見を聞いて、
これからに生かしたいとのこと。

富士フイルムから発売されるインテリアオブジェ…
なんてのが、将来発売されるかも。

こちらにも写真があります。
プロの評価とトレンドが分かる建材・設備ガイド、より。
(OTOTO by TOTOの写真もありますね!)

もう一点は、アルミ板に超繊細な凹凸をつけることで、
光の反射をコントロールし、色が付いているように見せていた。
色素が付着しているわけではないので色あせもなし。

もとは、インクがつくところとつけてはいけないところを
分けるための印刷技術だったそうで。

ちょっと写真が上がっているページが見つかんないので、
関係ありそうな本物のモルフォ蝶の研究紹介ページへ。
難しそうですが、凹凸が色を生み出す原理について、解説。

●SECOM + 東洋美術学校。

セキュリティにもっとポジティブさをというのがテーマ。
ペンで文字やサインを書いて開錠するドア、Rhythm & Sign。

Secom

カードをかざすのではなく、
8方向に空いている隙間にカードを通す順番で
開錠するCutKey。ということはカードは何だっていい?

Secom2

不審者を察知すると画像をケータイに転送し、
ケータイから「コラ!」と怒鳴りつけるMind Security。
セキュリティを機械的に固めるだけではなく、
説得し、犯行を諦めさせるという心にも訴えかけようというもの。

Secom3

●必要なところに、必要なだけの明かりを。

町田ひろ子インテリアコーディネーターアカデミー
学生作品。

コンビニの店舗照明をすべてLEDライトにするだけで、
50%もの電力削減ができるよという提案。
まったく十分な明るさといえ、むしろこのくらいのほうが落ち着く。

Combini


現状のコンビニ照明との対比もしてくれたが、
提案された明るさを感じたあとには、
現状照明がとてもまぶしく思える。

来場者の一人も話していたが、展示協力に
ローソンの名前が挙がっていたことから、
ナチュラルローソンでするのでは?
なんていう憶測も飛び交っていた。

たしかにコンセプトにはあってるし、
いい取り組みだと思います。
個人的にも、早くやってほしいと思いましたね。

●eneloop。

グッドデザイン大賞を受賞した、eneloopカイロなどを含め、
おくだけで充電できるようにしよう、というコンセプト展示。

CEATECでも村田製作所+エプソンなどが取り組んでいたが、
やっぱり考えることはみな同じで、研究してるんだな、と。

Eneloop

…こんなところですね。
今回は、ココまで見終わったときにはもう日が暮れて、
学生さんの屋外展示のほうは、上手く写真が撮れませんでした…

これだったら、先に学生さんのところを見ておくんだったなぁ。
毎年、自分のつくったものを生き生きとして説明してくれるので、
このコーナー好きなんですけどね。

ご参考までに昨年(2006年)一昨年(2005年)3年前(2004年)
の記事もリンクしておきますよ。

そういや、去年はblogにあげた記事に、
学生さんからのコメントをもらったんだっけな。うれしかった。

|

« 美味卵家。 | トップページ | エーデル・クレロンを食べながら… »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

昨年ジーンズの形をしたベンチが印象的で。
来年は是非行こう!と思っていたのですが。
忘れてました。残念。
今年はコンテナではなかったのでしょうか?

投稿: sora | 2007.11.05 12:53

eneloopカイロってタマゴッチみたいな形の奴ですか?
使い捨ては便利だけど、充電式の携帯カイロはエコだし、冷え性の私にはぴったり!
トウモロコシのエコバッグは色も形もステキ!でも、これでまた穀物の値段が高騰!?(笑)
TOTOは知り合いが入るのでどんなデザインだったのか気になる~!!

投稿: あやのすけ | 2007.11.05 22:06

nikko81です。
お返事遅くなりました。

●soraさん

会場の写真を撮っているのは、
コンテナのブースですよ。

コンテナ内か学生作品しか撮れず。
学生作品は日が暮れて真っ暗で。

失敗しました。先に学生さんのほうを
行っておくべきでした。

●あやのすけさん

そうです!たまごみたいなのがeneloopカイロ!

ここのコンセプトモデルにあるように、
置いておくだけでカイロに充電できるといいですね。

|トウモロコシのエコバッグは色も形もステキ!
|これでまた穀物の値段が高騰!?(笑)

いっぱい売れれば、まずいかもしれないですが…(苦笑)
ズボラにも上手くマッチしていい感じです^^

|TOTOは知り合いが入るので
|どんなデザインだったのか気になる~!!

写真撮りたかったんですけどねぇ…
こちらのページでガマンしていただくしかないですね…
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/kenzai/20071101/512992/

投稿: nikko81 | 2007.11.07 02:51

おくだけで充電ってやつは早く実現するといいですよね。エコバック…資源の無駄遣いに対する意識がそれほど高いわけじゃないけど、できるだけ無駄遣いしないようにしたいと思うので、ちょっと気になるものの一つ。何ゆえ関羽将軍(笑)?

投稿: みや | 2007.11.09 16:59

nikko81です。

●みやさん

エコバックですが、わたしも特に環境への
意識が高いわけではないのですが、
ゴミとして捨てる袋が多いなぁとは思っていて、
そんなに負担になることでもないので、
やってみようかと。

|何ゆえ関羽将軍(笑)?

いや、エコバッグを掛けて撮るのに、
偃月刀がちょうどいい感じだったので(笑)

投稿: nikko81 | 2007.11.10 23:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/16972570

この記事へのトラックバック一覧です: Tokyo Designer's Week 2007。:

« 美味卵家。 | トップページ | エーデル・クレロンを食べながら… »