« CEATEC 2007[その1] | トップページ | CEATEC 2007[その3] »

CEATEC 2007[その2]

さて、まだまだ続きますよ~。

●SMK

タッチパネルが気になったSMK。
アルプス電気やタッチパネルシステムズも、
展示があったが、SMKが一番面白い。
残念ながら撮禁のため、写真はnothing。

気になったのは、フォースフィードバックタッチパネル。
要は、振動することで押した感覚を伝えるものだが、
SMKのものが一番できがいいのでは、と。

すでにDoCoMoのD800iDSで押すと振動する
タッチパネルはあるが、あれはバイブ機能と共用されていて、
端末全体が震える変な感じ。震えも弱いし。

こちらは、タッチ感覚がさまざまあって、
震えているというよりは、ホントに押さえた時の感覚を
指に伝えているという感じ。うまくできている。

そのわけは、バイブレータではなく、タッチパネルそのものが
震える仕組みになっているところにあるようだ。

鉄道の券売機とか、そういう公共用途に
いい感じの技術だな。

●村田製作所&東光

こないだWebニュースででていた無接点充電。
村田製作所のブースにはすげー人だかり。
そりゃそうだろう、CEATECの前に発表してるわけだから。

Murata1

まだ、試作段階なので、厚みはかなりあるようだが、
うまく隠してある(笑)

現段階では、1対1対応とのことで、
特定の機器(ケータイとかノートPCとかデジカメとか)専用に
なってしまうようだ。

ただ、従来のACアダプタがなくなるだけでも意義は大きいし、
なにそろ、充電時間がすごく短縮される。

もちろん、将来的にはいろんな機械を同時に
充電なんてことも考えてはいるようで。
やっぱ、公共無接点充電ってある種の理想だよなぁ。

置くだけで、端子の違いを気にせず、
すぐに充電できれば、すごくすごく利用価値は高い。

あと村田製作所の方の話では、燃料電池とのハイブリッドも
考えているそうで…ノートPCなら据え置き時は、無接点電源供給、
持ち運び時は燃料電池ってことだろうか?

3,4年後の実用化ということで、まだ時間はあるが、
燃料電池との複合技も含め、楽しみだ。

あと驚いたのが、すごく注目されていないのに、
同じような無接点充電を展示している企業があったこと。東光。
撮禁のため、写真ナシ。

Toko

失礼ながら、知らない企業だったが、
すでにコードレスホンなどで実用化しているそうです。

ケータイに特化して研究を進めているようだが、
ケータイに採用となると、低コスト化が必須で、
無接点にしつつ、どこまで安くできるかが課題とか。

あとケータイ以外の物体が乗っても動作しないようにとか
いろいろ工夫がいるらしいが、ある程度機種間で共通化させる
ことも可能らしいので、共通品として商品化してほしいな。

あと電波を使うので、ワンセグやワイヤレスLAN、
もちろんケータイ/PHSの電波とかぶらないことも重要。

コードレス電話の実績があるので、PHS(ウィルコム)は…
と訊いたのだが、PHS以外の電波が多く、
ハードルが高いことにはかわらないとorz

でもケータイに限って言えば、村田製作所より、
早く実現できるかもしれない!
ぜひぜひがんばってほしいものである。

●シチズン

時計のイメージがあるシチズン。
もちろん、時計も作ってますがそれだけではないのです。

といいつつ、まず時計。
電子ペーパーを使った時計。すでに商品化済。
しかし…なんと20万円!!

Citizen1

また、シチズンで超小型プロジェクタの開発が
進んでいるようで。こっちはレンズは必要なタイプ。

Citizen2

Citizen3

モジュール自体は、ケータイ型のモックアップの
極々先端部分だけなのだそうだ。

でも、レンズがいることと、SVGAしか出ていないのが
さっきのコニカミノルタと比べて弱点。
消費電力はどうなんだろう…聞くの忘れた(爆)

こちらは、ボタンを押すとメガネがサングラスに。
これだったら、すぐに実用化していいんじゃないの?

Citizen4

その3へ続く。

|

« CEATEC 2007[その1] | トップページ | CEATEC 2007[その3] »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/16705995

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC 2007[その2]:

« CEATEC 2007[その1] | トップページ | CEATEC 2007[その3] »