« 韓国に最も近い島。 | トップページ | 美ら海とGDPその1。 »

湖に浮かぶ城。

さて、関西に戻ってから、
一路滋賀へ向かい大津市歴史博物館へ。

残念ながら、膳所城模型があるのだが撮影できず、
絵葉書もないため、リンクでご勘弁。

膳所(ぜぜ)とは、なかなか読めない名だが、
平安時代に魚介類を朝廷の食膳に供するところ、
という意味だそう。

琵琶湖に突き出た本丸に天守は、
瀬田の唐橋、唐金擬宝珠、水に映るは膳所の城、
と唄になるほど、すばらしい景観だったそうな。

しかし、当の膳所藩にとっては、2度の地震(1662年/1707年)で
大規模な損壊を受けるだけではなく、毎日の琵琶湖の波で
石垣が常に朽ちていき、そのメンテナンス費用が重くのしかかった。

幕末、膳所藩が我先にと版籍を奉還したのは、
その財政難も一因にあるとかないとか。

博物館をでたあとは、城跡公園へ。
往時と比べると、かなり埋め立てられてしまっているが、
本丸の湖に突き出た一部が、まだ残っている。

京阪・膳所本町駅から歩いて膳所城址公園に向かう。
まず、マンホールゲットね♪

Otsumanhole

ちょっと斜めになってしまったが、
膳所神社の門。膳所城城門の移築という。

Zezejomon

まっすぐ歩いていくと公園前。
ここにも城門があるが、こちらは後世の作。

Zezekoen

きちんと本多家の本多立ち葵。

Kawarahonda

かどには、城郭風の建物。
中途半端に城郭風だとこうも怪しく思えるのは、
どうしてだろうかね?

Ayashii

公園の景観はいいですが、
まったく城的な雰囲気ないな…

Tenshuaround

天守台。
今では、その天守台という面影はないが…

Tenshuishigaki

まだ8月(このとき8/15)なのに、
一部が色づいてんですけど…季節感めちゃくちゃだよ…

Kouyou

湖つたいに歩いていくと、櫓が!

Josuijo

…と思ったら、膳所浄水場の建物でした。櫓っぽいだけ。
でも、なかなか景観はいいですけどね。

Josuijo2

さて、公園を巡ったあとは、駅まで引き返し、
山手のほうへ上っていく。
茶臼山公園には、移築された本丸隅櫓があるそうで、
芭蕉会館という俳人の会合に使われているとか。

でもね、それがね…
回りが記に覆われてぜーんぜんみえません。

Zezeyagura3

近づいてみても、ほんとに櫓?
と訝しく思ってしまうような民家風。

Zezeyagura1

唯一、千鳥破風が櫓の雰囲気を出しているかな?

Zezeyagura2

ただ、櫓ということを無視した増築とかあるし、
なんか使ってんのかつかってないのか、
ほったらかし感たっぷりなんですけど…

…もうちょっと大切にしてほしいものです。

さて、次は水口城。琵琶湖線草津まで戻り、
草津線、近江鉄道線を乗り継いで、水口城南駅。

途中、京阪唐橋前駅で「松喜屋」で焼肉丼をゲット。
明治時代に近江牛の名前を広めたという老舗中の老舗だそうです。

Yakinikuju

…美味すぎる。寄ってってよかった。
てか、ムーンライトで大阪に来るときも多いんだから、
時間があるときには、また寄りたいですねぇ。

さて、水口城ですが、べちゃらーい感じの櫓。
名古屋城の清洲櫓のような感じかな。

Minakuchijo1

入り口。なかなか城っぽい感じがよく出てます。

Minakuchijoentrance

よくあるカラーリングですが、なかなかよくできています。
カタチはよく整っていて、好感持てます。

Minakuchijo3

よくできている、と言ったのは、
実はこの場所には、櫓はなかったんですよね。
模型を見れば、一目瞭然。

Koguchi

そう、このちょこっと出ているところが、
城跡として残っている部分で、
肝心の本丸は、グランドになっちゃってんですよね。

帰りに、マンホールをゲットをしっかり。

Mnakutimanhole

近江鉄道と草津線の乗換駅、貴生川駅で。
なにやら、ICOCAをタッチする改札口のようにもみえるが…
こんなところに置いてあって、何に使うんだろう??

Icoca

さて、今回の城廻りはここまで。
いやー、よく移動したなぁ。

|

« 韓国に最も近い島。 | トップページ | 美ら海とGDPその1。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湖に浮かぶ城。:

« 韓国に最も近い島。 | トップページ | 美ら海とGDPその1。 »