« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

来週はCEATEC JAPANですね!

まだ、先週のIGAS2007のレポートを書いてないんだけど、
来週は、CEATEC JAPAN 2007。

今年からWPCがないこともあり、PC関係の展示会は
これ1点に絞られるわけで、みっちり見てくるつもりです。

というわけで、お次はデジモノ編。

●CEATECの見所~ケータイキャリア編。
 (ITmedia +D モバイル)

事前にこういう情報があると、
ブースめぐりの計画が立てやすくていい。

DoCoMoブースでは、ケータイで体脂肪等が測れる
ウェルネスケータイ、利用シーンに合わせて
表示や機能が変化するキーパッドディスプレイケータイとか。

auブースでは、INFOBAR 2は当然として、
あとはWIN対応通信モジュールを内蔵したノートPCとかかな。

WILLCOMブースでは…
アドエスは持ってるので見てもしゃーないんだけど、
なんか新しい周辺機器とかあったらいいな。

●HP TouchSmart PC。(PC WATCH)

いわゆる液晶一体型PCですが、
流行のデジタルTVチューナなどはなく、
タッチパネルで勝負、という試み。

デザインは、やはりHPらしくシンプルかつスマートに
まとまった印象だが、コンセプトはどうなのか。

|家族間のコミュニケーションをより豊かにする

ということだが、机上の空論のような気がしてならない。
なんか、使用シーンがイメージできないんだよ。
インタビューを読んでもね。

タッチパネルで操作するのであれば、TabletPCのほうが、
ノートPCと同じくコンパクトでいいじゃない、って考え方もあるし、
コンセプト通りの使い方しか、必然性がないように思えて。

タッチパネルとしては、パネルの4隅にカメラを内蔵して、
物体の位置や接触を感知する方式。
つまり、感圧式でもなければ、電磁誘導式でもない。

ということは、感圧式のようにLCDの輝度が落ちることがなく、
指でも操作できるということになる。
筆圧検知は…どうなんだろな?

●Gateway One。(マイコミジャーナル)

ゲートウェイのこちらも液晶一体型PC。

なかなかこちらもスマートでシンプルで、
黒を中心によくまとまっており、
わたしの好みなデザインになってます。

しかし、一番の特徴はACアダプタにUSB端子や
LANポートがあって、本体のデザインをスマートにしている。

でも、USBポートとかは本体にもある模様。
本体になかったら、USBメモリとか使うのに困っちゃうもんね。

SoundVuは、日本のPCではNECに搭載されてますね。
これもスマートな本体にするためだろうな。

●電源ってそういや進化してないね、その1。
 (山田祥平のRe:config.sys)

先日、USB3.0の話を書きましたが、
電源供給手段として考えられているフシもあるようで。

ここで妄想に近いと断った上で書かれているが、
世界中どこの部屋の壁にもUSB端子があり、
形状の違いに悩まずにPCもケータイもそこにつなぐ、というのは
なかなか面白いだろうなぁ、と。

世界中どこの部屋、でなくてもホテルだけでもいいけど。

●電源ってそういや進化してないね、その2。
 (ケータイWATCH)

ただ、いくらUSBで充電できるとなっても、
村田製作所とエプソンが開発したワイヤレス充電システムには
かなわないのではないか。

なにせ短時間。なにせワイヤレス。
ノートPCだったら置いておくだけで、10数分で充電完了(@IT)。

自宅やオフィスだけではなく、今あるような街角の
ケータイ充電器のような感覚で設置されるとさらに便利度up。
ケータイだけではなく、ノートPCも充電できそうだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

一気に涼しく…

最近まで結構暑かったのに、今日は一点涼しく。
天気予報をチェックしないで出かけたら、ビックリでした。

今週もゆっくりした休日。ニュースチェックと行きますか。
まずは、いろんなところからつまみ食い。

●1周年おめでとう。(ことばあそび)

おめでとうございます。
テレビではことば少な目の星野さんですが、
物事に対する考え方や感じ方が興味深く。

無理せず、長く続けてってくださいね。
おっと、感謝祭はじまってますね。

●おちおち、バスも乗れない…(Infoseekニュース)

関西の私鉄系バス会社や大阪市バスで、飲酒運転発覚。
電車では、JR西日本の事故が記憶に新しいところだが、
バス運転手にも不祥事。

でもこれって、出社するときのマイカー通勤で
飲酒運転ってことだよね?
まさかアルコール残った状態で、バスを運転してたわけじゃ…

●東京羽田~上海虹橋(ホンジャオ)就航開始。(イザ!)

実際のところ、上海の浦東(プードン)空港は、
リニアモーターカーに乗れば、結構遠くないので、
成田に行く&成田から帰ってくるのがなくなるのがイイ。

とはいえ、All Aboutによれば、便の運行時間の関係から、
日帰り出張は難しいみたい。

行きを虹橋空港、帰りを浦東空港にして、
やっとできるかどうか、といった感じらしい。

ともあれ、日帰りに行くにしても、
仕事じゃなくて、プライベートで行きたいものよのぉ(笑)

●威力棒vii、だそうで。(endgadet japanese)

もう何が出てきても、驚きませんね。
かの上海にも、そういったものを売る店があるようですが。

まったく…どうすればいいのだろうかねぇ…

●あぁ、無残。(Infoseekニュース)

原爆の強烈な爆風にも耐えたという
広島の邇保姫(にほひめ)神社が焼失。
不審火の可能性、とも。

不届き者の仕業としたら、どうにも許せない。

●白コアラ。(GIGAZINE)

珍しい白コアラ。
白熊とか白猫とか、そういう感じ?
コアラの毛の色ってどう決まるんだろうね?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

INFOBAR 2。

いやー、すごいですね。INFOBAR 2
MEDIA SKINが出たときもそうでしたが、
コンセプトも出るとほぼ同じ姿で商品化。

デザインが云々、という以前にそこがすごいです。
コンセプトモデルって、あくまでコンセプトを示すだけで、
商品化されることってほとんどないような。
# もちろん、展示会でコンセプトモデルを見るのは、
# それはそれで楽しいんだけども。

初代INFOBARに惹かれて、DoCoMoにさよならし、
auにやってきた者としては、気にはなります。

有機ELの輝度は30%upしてたり、照度センサー付きだったり、
アンテナなしのワンセグ視聴などなどすごい点もあるが、
おおよそ、機能的にはMEDIA SKINでほぼ包含されている。
ワンセグは結局、見ることがないんだな、と分かったし。

なにより、MEDIA SKIN BLACKのしっとりとした感触が好きだし。

ただ、やっぱりデザイン的にはいいよなぁと思いますね。
ケータイWATCHAV WATCHにいろいろ写真が載っとります。

もっちろん、来週の土曜日は幕張でCEATECに入り浸る予定(笑)
INFOBAR 2も出るそうなので、しっかり見てこよう。

ちょっと気になるのは、三洋電機製ということ。
京セラへの売却を打診している話もあるが…
これからのINFOBARの流れは京セラに引き継がれるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっとっと…そりゃ人ちがいよ。

まぁ、相変わらずこんな時間にブログを書いてます。

先日、鹿児島の記事で王将の話をしたわけだが、
トラックバックを送った先で、わたしのblog左側のしばじゅんを
見てそう思ったのか、あろうことに柴田淳のblogと勘違い!

ちがいます、ちがいますってばーーー。

ちなみに、しば子さまは静岡と名古屋にいらしたようですよ。

さてさて、今日もニュースをチェックチェック。

●ひさしぶりに電車でやられた!
(眞鍋かをりのココだけの話)

例のアドエス真鍋ちゃん読んでたのよ。

整体行ったときの話。

|「。。。。お台場でオニゴッコを。。。。」
|「オニゴッコ!!??」

ぷぷぷ…

|プロのオニゴッカーだと思ってる。。

ぶはー。オ、オ、オニゴッカーって(爆笑)
妙にツボにハマちゃって…オニゴッカー…

電車の中で読んではいけませんね(苦笑)
やはり、眞鍋かをり、侮れません。

●待ってましたよー。(ITmedia+D)

アドエス買った時に、充電ケーブル買おうと思ってのに、
これ専用ケーブルだからないんですよね、と店員さん言われ。

やっぱ、出ますよね。
ないと不便極まりない。会社でも充電したいし、
旅の途中は、LOOX Pでも充電したいし。

●のび太首相?(Yahoo!ニュース)

中国では「野比のび太」ではなく、「野比康夫」らしく。
見かけも似ている(?)ということでのび太首相ともちきりらしい。

そういうのがきっかけで友好的になればいいけど。

●ザ・コンの終焉。(三浦優子のIT業界通信)

平日だったもんでとてもじゃないが行けなかったが、
ザ・コンが閉店したときのレポート。

この筆者と比べれば、思い入れは少ないかもしれないが、
やはり何かが変わってきているひとつの象徴ではあろうと思う。

●旅名人の九州満喫きっぷ。(イザ!)

JR九州からオトクなきっぷの発売の話題。

鉄道の日である10月14日前後で使える、
鉄道の日記念きっぷ、という18きっぷの秋版のようなのがあるが、
10/1~来年3月末と利用期間が長い。

しかも、JRだけではなく、18きっぷじゃ乗れない
肥薩おれんじ鉄道や西鉄、福岡市営地下鉄、
松浦鉄道なんかも乗れる。

なんだか、東日本・北海道パスにちょっとに似てる?

なんだぁ、また九州行きたくなるじゃないか(笑)

●思考回路。(ことばあそび)

なんかいいね。こういうことたまに考えるもの。
哲学してるって感じか?

うん、なんかいい。

●壁掛けVAIOと64GB SSD。
(PC WATCH & Engadget Japanese)

VAIOはついに壁掛けにもなるようで。
見た目はすごーくいいんだけど、PC部そのものを
壁掛けするわけで、22型ワイドだと約10kg。重い!

かっこいいけど、やっぱりデスクトップにはあまり興味がわかんなぁ。
やっぱり、VAIO type Uの64GB SSDとかの方が気になる(笑)

64GB SSD搭載で、27万9800円。
32GBだと21万9800円。

いずれもCore 2 Solo、Vista Home Premium、ワンセグあり、
保証ベーシックということなので、まだまだ落とせそうではあるが。

もっと普及して、バルクで手に入るようにしてくれー。

●あぁ、そゆこと?(アリぶろぐ♪)

日本橋
大手町・中野
三鷹

という案内をバックに記念写真。
日大三高の生徒さんが記念撮影だとか。

こういうささやかなことでも気付いたとき、
うれしいんだよねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鹿児島再訪その3~9/9(日)PM

さて、知覧ですが。
なぜ知覧、というのがあるでしょうけど。

実は、わたしの先祖はこの知覧の武士。
といっても、そう聞いてるだけで、親戚がいるわけでもなく
その事実を知るのみなんだけれども。

以前に一度行ったことがあるのだけれど、
もう一度くらいは行っておこうかな、と。
また行くときの足がかり程度に。

バスを降り立つと、道路脇に鯉が。

Chiranfirst

ぬっと頭を出してます。

Chirankoi

表通りは、あまり武家屋敷のような雰囲気はないが、
道路脇に鯉がいるだけで雰囲気が違うね。

ちょっと歩いて武家屋敷を歩いてみることにする。
武家屋敷は700m程度の長さ。
この間に7つの武家屋敷が見学できる。

こういう小道を歩いていく。
静かないい雰囲気だが、たまーにツアー客とすれ違い、
ガヤガヤとうるさくなるけど(笑)

Bukeyashiki1

●森重堅氏邸庭園。

この武家屋敷庭園群で唯一水を湛えた庭園。
枯山水もいいけどね、やはり水のある風景は好きです。

中では、実際に人が暮らしておられるようで。
静かに観覧しましょ。

Bukeyashiki2

ここには蔵があり、こんな立て看板。

Gottui

ゴッツイって…なんで大阪弁やねん(笑)
でも、1741年に建てられたれっきとした歴史的文化財。
大切にしましょうね。

●民家

茅葺の民家もあった。
知覧型二ツ家というこのあたりの独特な形状らしい。

Bukeyashiki3

そして、郷土料理の高城庵の入り口。
結構、中国・韓国の方も来られるのか、
中国語・韓国語の注意書きも。

Takagi

●平山亮一氏邸庭園。

Bukeyashiki9

今はこういう感じだけど、ツツジが咲く頃には、
一面ピンク色の鮮やかな風景に。
パンフレットより、ツツジが咲く頃の写真。

Taihi

●佐多美舟氏邸庭園。

なぜか灯籠に五円玉。なぜ?

Coins_on_the_tourou

●知覧茶。

途中で知覧茶のペットボトル入りを購入。

Chiranpet

なぜか「つめたいのもありますけど。」って。
「けど」ってなに?何かいい足りないのか…(笑)

でも、文句なしに美味しかった。

Chiranpet2

知覧傘提灯も売ってたんだけどねぇ。
いいなぁと思ったんだけど、部屋のどこに使おうか、
と考えると…買えませんでした。

空港にはないよ、駅にはないよ、と
念押ししてくれてんだけどね(笑)

●中は見ることはできないが。

剪定がすごくすばらしい。見事な曲線を描いていて、
行き届いた手入れがされている。

Bukeyashiki8

●平山克己氏邸庭園。

こちらも、灯籠に五円。
って、興味はそこかよ(笑)

Coins_on_the_tourou2

でも、石と灯籠、木々の並びが一番いいなぁと
思える庭園でした。

Favoriteschira

さて、一通り庭園を見たあとは。
特攻平和会館もあるんだけど、自由に行き先を決められる今は、
(城好きじゃないと行かないような)知覧城に行くべきでしょう!

ということで、知覧城跡へ。

途中、知覧町役場を通る。
今年の12月1日に川辺町・知覧町・頴娃町が合併し、
南九州市となるそうだ。

Chiranchouminamikyushuushi

北九州市に南九州市、それに
東大阪市に西東京市…
なんとかならんのかね、この名前。

マンホールも発見。
マンホールの中にマンホールがあるような、
不思議なカタチをしているぞ。

Doublemanhole

さて、町役場から約2km。
知覧城跡に着きましたよ。

途中、ほんまにこんな道でええんやったっけ…
という感じだったが、知覧城跡を文字を見て安心。

Chiranjouentrance

とりあえず、解説板をさがしてみる。

Chiranjouentrance2

なになに、本丸への道は…
えっ、これかよ。道らしい道がないねんけど(苦笑)

Chiranjostart

ん、なんだあれ。パンフレットかなぁ…

Chiranpanfretget

中には、やっぱりパンフレット。
きっと雨風にさらされて、ふにゃふにゃかと思いきや、
意外としゃんとしてた。定期的に入れ替えしてる?

さらに進むととりあえず、道らしいカタチになってきた。

Chiranjo1

お、目の前に階段。本丸へはこっちでいいんかなぁ。

Chiranjo2

あかんやん。堀に落ちろってことか?

Ykutatazu

とりあえず階段のほうに向かうと、またポスト。
「パンフレットをどうぞ」って書いてあるが…
開かへんやん!!

Akazunoposuto

とりあえず、階段を上がったが
本丸ではなかったようだ。

Kuranosiro

階段を下りたときに、向かいに道?を発見。
これに違いない。本丸への道。

Bambooroot1

なんか竹が生い茂っており、道が分かりにくくなってるようで。
ちょっとした冒険気分。

Bambooroot2

見えた!ここが本丸。
といっても、このモニュメントしかないんだけどさ。

Chiranjomonument

とはいえ、自分のルーツがこんなところにあるなんて、
と思うとちょっと感慨深いものがある。
ご先祖さまも、この城に登城したのだろうか。

さて、しばし感慨に耽ったあと、
ゆったりとバス停まで戻る。

バスが来るまで時間があったので、
武家屋敷チケットを買ったお茶屋さんにいた子猫と時間つぶし。

Cat1

シャシャッ!

Cat2

デジカメについてる紐が気になって仕方がない
お年頃のようで。

Cat3

さて、帰りのバスの中で。
「鹿児島王将」なるものをみつけ。
バスから見て、「あっ」と思っただけだったので、
写真は撮れなかったんだけどねぇ。

京都王将(餃子の王将)と大阪王将以外に
第三の王将があったとは…

しかもどうしてか、ブログの記事にされてるのは
どれも天津飯が取り上げられており。

WEB鹿児島
カーズマンワールド
よし子ちゃんの九州・福岡・鹿児島レポート

餃子の王将では…という気もするが、
美味いというと気になるではないか。
鹿児島にまた来るだろうから、今度挑戦しよう。

さて、鹿児島の旅はこれまで。
実は、みっちりと回ろうと思ってたので、
あえて避けてたんだよね、鹿児島。

でも、やっぱり一度や二度だけでは物足りなく感じました。
尚古集成館も行きたいし、薩摩切子工場もみたいし、
両親と行ったときに立ち寄った指宿にももう一度行きたいし。

なにより、自分のルーツがあると思うと、
ちょっと他所とは思えないような気がして。

次は、いつにしようか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鹿児島再訪その2~9/9(日)AM

さて、翌日曜日は朝早めに出て、
島津家の別宅、仙巌園(磯庭園)に向かう。

ここは、島津興業の所有で、社長の島津修久氏は、
島津宗家の現当主とのこと。

そういや、島津製作所は、島津家とは直接関係ないんだそうだ。
島津義弘から、島津姓と丸に十文字を与えられたらしい。

別邸ではあるが、幕末期には島津斉彬が造らせた
日本初の工場、集成館があった場所でもあり、
(復元ものだが)鉄製の150ポンド砲や、反射炉跡がある。

ちょうど欧米列強がアジアの植民地に邁進していた時期であり、
日本の植民地化を回避すべく取り組んだのが、集成館事業。

これが150ポンド砲。
幕末の薩英戦争で使われたのだろうか?

Canonhou

砲台が作られたという反射炉跡。
どこがどういう仕組みになっているのか、
詳しくはよく分からんなぁ。

Hansharo2

今は使われていないが、仙巌園の正門。
明治期の拡張に伴って1895年に建造された比較的新しい門。

Seimon1

屋根では獅子が踊ってます(笑)

Seimon3

さっきの都城にあった島津紋と合わせてみると、
宗家の家紋と都城家の家紋の違いがよく分かります。

錫門。

Suzumon

拡張されるまでは、これが正門だったとか。
このあたりまで錦江湾が迫ってたらしいよ。

獅子乗大石灯籠。見たまんまの名前(笑)

Tourou2

ここが御殿。御殿内に入れるコースを選んだのだが、
一旦周囲を見て回った後に、御殿に入ることにした。

Goten3

桜島が今日はよく見えてます。
ここからの眺めは、朝よりも夕刻がいいんだって。

Sakurajima

こちらの灯籠は、鶴灯籠。
日本で最初のガス灯。横浜よりも1年早いそうだ。

Tourou

庭園の池には、鯉がいる。
傍に鯉のえさがあったので、やってみる。

Teianrasii

食い意地張りすぎ(笑)
(動画8.37MB/Quicktime)

発電用ダム跡。こんなのもやってたんだ。
この発電によって、御殿には電気がつき、邸内電話もあったそう。

Hatsuden

電力をまかなうには現代の力不足だろうが、
装飾的なデザインとして、石垣に水を流す、
というのもいいなぁ、と思った次第。

動画はこちら。
(4.31MB/Quicktime)

琉球を通じて薩摩で繁殖した孟宗竹。
この種の竹は、日本に根付いたのはここかららしい。

Bamboo

世にも珍しい、猫の神社。

Nekogami

朝鮮出兵時、島津義久に代わって朝鮮に渡った
島津義弘が七匹の猫を連れて行き、
猫の瞳孔の開き具合で時間を読み取ったそうな。

七匹のうち二匹が生還し、ここに眠っているそうだ。
今では、愛猫家が絵馬ならぬ絵猫に、願い事を綴っている。

Nekgami

濾過池。石造りの濾過用のタンク。
登録有形文化財に指定されている。

Rokachi

谷水の流れを利用した米搗き機。
上手く考えられている。

Kometsuki

動画でどうぞ。(6.92MB/Quicktime)

さて、御殿に戻ってきて内部へ。
基本的に撮禁なので、写真はnothing。

釘隠しがすごくバラエティーに富んでおり、
桜島大根だったり、こうもりだったり。
桜島大根は陶器でできているという点もポイント。

このあと、抹茶と茶菓子。

Maccha

茶菓子の飛龍頭は、ここだけの限定。
せっかくなんで買って帰りました。

Osogotenokashi

このあと切子館で、薩摩切子と薩摩錫器を見てまわり。
薩摩切子って切り口の深さが特徴。
薩英戦争で集成館が破壊され、消滅。

1987年に復興が始められて現在に至るようだが、
まー、これが高いこと、高いこと。
4桁のお値段がないんですよ…

1万、2万すらなく最低でも3万円台。
ちょっと大きいと、すぐに10万円以上。
100万円超えの代物もあったな。
もうなんつーか、博物館で見るものって感じでした。

島津興業が復興しているようで、
切子の一つ一つに「SHIMADZU」の印が彫られていた。

このときは時間がなかったけれども、
薩摩切子の工場見学もできるようなので、
今度来るときには、見てみたいものですな。

もうひとつ、薩摩錫器。
錫器は密閉度が高く、茶入にぴったりなんだけど。
# 中国茶と紅茶があるからねー。

こちらも結構高く、ほしいなと思ったのが30,000円超え。
そんなにお金があり余ってはいないので、
すぐに決断できませんでした…(苦笑)

結局、買ったのは屋久杉の香りのお香
館内に入った際にいい香りがして、気になってて。
1,850円也。

土産物屋でも結構歩き回って疲れたので、
紅いもソフトを食べながら休憩。

Satumaimosoft

帰りに、島津家800年にわたる当主を祭った
鶴嶺神社にも寄っていき。

Tsurumineshrine

お守りが野ざらし…いいのか?
納付料も箱に自分で入れとく方式。
野菜じゃないんだから(笑)

Aozorajinjya

当たり前だが、丸に十文字でいっぱい。

Tursumineshirine2

神社前に止まっているタクシー。
島津交通のタクシーということで、こちらも島津印。

Shimadzukoutsu

おそらくこちらは、島津興業の車。

Shimadzukogyo

甲府で武田菱をあちこちで見かけるのと同じくらい、
鹿児島では島津十文字を見かけました。
さすが、鎌倉時代から土着しているだけのことはあるな。

このあと、天文館に戻って昼食。
熊襲亭で黒豚しゃぶしゃぶ。
いやー、美味いです。素材がいいと何にしても美味い。

Kurobuta

薩摩名物、さつまあげとキビナゴの刺身。
酢味噌で食べるキビナゴがイイ。

Satsumaage

Kibinago

追加注文で「とんこつ」。
ラーメンではなく、黒豚の軟骨を使った薩摩郷土料理。
芋焼酎で骨付き肉を煮込んで、黒砂糖と麦味噌で味付け。

Tonkots

骨がトロトロになって骨とは思えないくらいやわらかい。
黒砂糖好きなので、味付けもとてもいい。

午後は、薩摩の小京都、知覧へ。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

鹿児島再訪その1~9/8(土)

さて。

2週間前の鹿児島の旅について。
ようやく書けそうです。

実はその前にも鹿児島に足を踏み入れていたのだが、
熊本港からの高速船に乗り遅れたという失態によるもので、
今回の鹿児島行きは、マイルで(しかも通常より3,000マイル引き)、
事前に申し込みをしておいたんですな。

早朝、6:55発の飛行機で鹿児島空港へ。
まずは、第1の攻城地、国分城(霧島市)へ。

着いたら速攻でJR肥薩線「表木山」駅へタクシー。
実は、鹿児島市内とかだと比較的バスはあるんだけど、
今回向かおうとした国分方面には、バスに本数が少なく、
1時間以上も空港で待つことになる。

そこで、地理的にも近い空港の裏手にある
表木山駅から国分に向かおうとしたわけ。

でそれが…すごい山道というか田舎道というか、
車通れるのココ、みたいなすごい道で。

タクシーの運ちゃんも通ったことがないようで、すごい不安げ。
でも、電車の時間は迫ってて…

とりあえず、発車2分ほど前に到着。
危なかった(笑)

よくこの時間に電車来るって知ってたね、って。
そりゃ、こんなけったいなところ来るんだから、
計画はしてますってば。

ということで、無事電車に乗り、
まずは乗換駅の隼人駅に到着。
国分方面に行く電車が来るまでの間、隼人駅でぶらぶら。

隼人というと、古代大隅国に居住した民族で、
大和朝廷に抵抗したことで知られる。

今では竹の産地らしく、駅舎が竹に覆われてます。

Kagoshimabamboo2

駅前ロータリーには、隼人族が使ったという楯。
描かれている渦には、敵対する者や災いを封じ込める意味があるそう。

Hayatoshield

国分に着いたら、マンホール。
旧国分市と旧隼人町の合同デザイン。

Kokubumanhole

「国分」とは、もちろん「国分寺」に由来する。
天平時代に聖武天皇が全国に
国分寺・国分尼寺を建立する詔を発布し、
建てられたため、基本的に旧国名1つにつき、
国分寺がひとつ存在することになる。

ちなみに東京の国分寺市も「武蔵国分寺」が
置かれていたことに由来する。

で、この国分には、大隅国分寺が置かれていた。
その跡地は、石碑のみ。ないとただの空き地にしかみえない…

Kokubunji

後ろの石碑も後世のもの(1142年、鎌倉時代)。

そのすぐ先には、国分小学校。
ココが旧国分城跡である。

国分城は、九州統一を目前に秀吉に下り、
強制的に隠居させられた島津義久の隠居城。

義久は兵法に優れた弟(義弘、歳久、家久)に支えられ、
人を使うのが上手く、隠居後も関が原戦役後に
家康と粘り強く交渉するなど、腕っ節が強い島津家に貴重な、
内政・外交役として、島津家を支える。

この石垣は国分城の石垣そのままだが、
周囲はかなり整備されてしまっている。

Kokubujou1

上の部分は、小学校として転用されたときに、
継ぎ足されたものであろう。

Kokubujou2

唯一残る建造物が朱門(あかもん)。
内陣門を義久が家臣へ払い下げたとの伝承があり、
後にゆかりの城跡へ再移築。

Akamon

台風で倒壊した後に修築されたそうだが、
そのときに塗りなおされたのだろうか、やたらと赤々している。
ほんとにこんな赤々してたのだろうか?

Akai

このあと、山手の隼人城跡に行くかどうか迷ったが、
そのために都城での時間が短くなるのはなぁ…
ということで、早々に切り上げ、都城へ向かう。

まず、昼をどうするかという問題があったため、
単純に都城歴史資料館に行くだけなら、
西都城で降りるべきなのだが、あまりにも何もない駅なので、
都城まで向かって昼食を探すことに。

駅前でカレーショップを発見。
ちょっと洒落た雰囲気に引き寄せられ、ココに決める。

Miyakonojocurry1

何にしようかな…

Miyakonojocurry2

チキン&ナスにも惹かれたが、
オススメかつチーズに負け、9月のオススメに。

Miyakonojocurry3

美味かったです。やっぱりここで降りてよかった。
個人的にカレーにチーズは必須。
ハンバーグもかなりボリュームがあって、
歩き通しの旅の合間の栄養補給には最適(笑)

さて、昼食後は都城歴史資料館へ。
都城駅から約4km、徒歩で約40~50分。

ちょうどマンホール探しにもいい感じ。
3種類のマンホールを見つけたよ♪

Miyakonojomanhole3

Miyakonojomanhole2

Miyakonojomanhole1

途中、幸福温泉なるすごく縁起のいい名前の
温泉を見つけるも、今回は無理だな…とパス。

Koufukuonsen

このページを読んでると、なかなかよさげではあります。
記憶のどこかにとどめておこう。

大淀川が見えてきたら、もうすぐ。
大阪人としては、まぎらわしい名前だなぁ…と(苦笑)

Magirawasii

見えてきました。都城歴史資料館。

Myakonojorekishi

上に島津家の丸に十文字の紋が見えますが、
何か気付くことはないでしょうか…

よーくみると、十文字の上下左右が外枠の丸に
くっついていないのですよ。

これは、都城島津家(北郷氏)の家紋だから。
島津宗家はもちろん、見慣れた丸に十文字だが、
庶家は宗家の紋をちょっとづつ変えてるんですね。

大手門。模擬ですが、なかなか立派。
総工費9,500万円也。市民からの浄財も含まれているとか。

Miyakonojojomon

きちんと瓦にも都城島津の紋がずらり。

Miyakonojshimadzu

解説板。間違っても、「都城城」ではありません。
都之城が正しい名称。街の名前は「都城」。

Miyakonojo

で、資料館。天守風というのか御殿風というのか、
とても不思議な造型の城郭建築。総工費は、2億7,000万円。

Miyakonoj0rekihaku

ちなみに最上部には、家紋を模ったステンドグラスがあって、
内部から撮影するとこんな感じ。

Miyakonojostendgrass

なかなか手の込んだ建物。柱にも、ほら。

Miytakonojohashira

中は1Fが主に歴史モノ。

島津というと、薩摩、鹿児島というイメージだが、
鎌倉時代に領地を得たのは、都城一帯の島津荘であり、
始祖の惟宗忠久は、その名を姓とし、島津氏を名乗る。

祝吉御所という当時の御所には、
島津家発祥の地という碑があるそうだ。

面白かったのは、江戸幕府諸国巡検使の展示。
要は、幕府の役人が監視に来るわけだが、
その途中は一切の交通が遮断され、領主だけではなく、
家臣や庶民に至るまで接待に借り出されたらしい。

展示解説に「迷惑この上ない話」と、
あけすけに書いてるのが…(笑)

その他、近現代のコーナーでは、
特攻隊として戦地に向かう少年の手紙。

書いてある内容に比して、すごく字が幼いように感じ。
なんだか余計に悲しい気分になる。

資料館をでたあとは、向かいの静山亭で一服。

Seizantei

資料館入館者は、抹茶が無料で頂けます♪
入館料は210円なので、かなりお得な感じ。

抹茶を立ててくださった方としばし歓談。
聞く所によると、この資料館は木造であるため、
見た目にはいいのだけれども、あまり大切なものを
展示できないのだそうだ。

さて、一服したあとは、また歩きに出る。
基本的に旅先で歩いてきたところを引き返す、
というのは好きではないので、西都城からひとつ先の駅、
五十市駅まで歩いて向かうことにする。

駅近くには五十市中学があり、
部活で走りこんでる生徒さんが、挨拶してくれる。
こちらも気持ちよく挨拶を返す。
都会ではなかなかないやりとりだなぁ、と。

さて、この日は鹿児島市内まで戻って終了。
どうしようかと悩んだが、旅先までダイエットのことを考えるなんて!
ということで、時間も遅かったが「とんかつの十兵衛さん」へ。

Tenmonkanjybei02

ヤバイ…美味すぎます。
これね、ただ黒豚ちゅーだけじゃないんじゃないか。
黒豚と称する豚肉を食べてきたが、これはほんとに美味い。
やわらかさといい、肉の甘みといい。

また、付け合せの豚汁も格別。
独特の甘さがあったので、鹿児島の麦味噌を使ってるのかな。

やっぱりね、旅先に出てセーブするのはよくないよくない(笑)
鹿児島の繁華街、天文館にあります。
もし鹿児島に立ち寄られることがあるなら、ぜひぜひ。
黒豚ロースカツ定食、1,450円です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ポーション再来。

たぶん、FF7 CRISIS COREが発売されてるのと
関係があるんだろうけど、またポーションが発売されてます。

というわけで、Amazonお買い上げ。
でずっぱりだったので、今日受け取りました。

Potion

まだ飲んでませんが、前のポーションと同じなのか?違うのか?

ちなみに、FF7 10th anniversaryと題した
プレイバックブックが添付。

10th

FFが始まって20年だが、ちょうどFF7から10年ということで。
読んでくと懐かしいなー、と。
なんか最近、懐かしむことにハマってます(笑)

そういや、FF7本編(オリジナル+インターナショナル)に加え、
Advent Children、Dirge of Cerberus、と本編後の世界を
舞台にしたのはプレイしてるが、
本編前の世界のBefore Crisisはやらずじまい。

今度のCrisis Coreも本編前の世界だが…気にはなってんだよね。
でも…PSPだしな…買わないといけないので…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あどえす生活。

そういや、色がいいなといっていた、
Advanced W-ZERO[es]、買っちゃいましたよ。

たてケータイ。

Tatekeitai

よこパソコン。

Yokopasokon

たまたまだけど、ウチのblogと上手くマッチした色(笑)

最近じゃ、ケータイが定期だったり電子マネーだったり、
モバイルバンキングもするし、知らない街ではGPS。
乗換案内も使いまくり…ということで、
ケータイが活躍するシーンが多くて。

これに加えて、Webとか見てるとねぇ…
さすがにMEDIA SKINの電池のヘタリが早いのよ(苦笑)

結局、あまり使わなかったこともあって、
京ぽんから乗り換えました。

これがまた…使いよいです。
はじめはどうかなと思ったXcrawlも
巷ではいろいろ言われてるけど、慣れの問題のように感じ。

ちょうど、図ったかのようないいタイミングで、
Goodle Readerも日本語化

通勤・休み時間にアドエスでRSSチェックして、
ネタにできそうな記事をマーキングしておき、
帰ったら、LOOX Pで記事を書くって寸法。

…いいですわ。

結構、大量のRSSをチェックするので、
終電で帰ってから、RSSを見ていくのって、
かなーり大変だったりするんだよね。

WebベースのRSSリーダだから、
PCと管理状態を共有できるのもいいし、
ごちゃごちゃせずにinterfaceが非常にシンプルなのも◎。

あと、先代のW-ZERO3[es]と違い、
ワイヤレスLAN内蔵のため、駅で高速Internetに接続OK。
PC用にワイヤレスLANの契約もしてるので、
アドエスにも設定。

blogを書くのがさらに楽になりました♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

すっきりしましたよ~

ここのところ出かけてばっかりで、
部屋が散らかったしょうがなかったので、
片付けて、すっきり。

とはいえ、昨日はIGAS2007
行ってたりしたんだけど(笑)

この話は、また先々週の鹿児島の話とあわせて
また記事にします。

最近のニュースから。

●まいたけ祭り。(富士の国やまなし観光ネット)

キノコのなかでまいたけがすごく好きなんですが。

|まいたけ汁・まいたけのフライの無料配布

とか書いてあるとそれだけのために出かけてしまいそうです^^
快速むさしのとか使って行ってみるか?

●年齢確認ができないって、オイ。(GIGAZINE)

まぁ、これはあまりに馬鹿げているってもんですが、
柔軟性がないというか、言われたらいわれたようにしか
できないヒトっていますよねぇ…

でも、これってなぜ確認できなかったんだろう。
証明書を持ってなかったということなのか?

●USB3.0?(本田雅一の週刊モバイル通信)

たーしーかーにー。
どこで使うんでしょうね、という感じ。

ただ文章の中にあった、ディスプレイとUSB接続、
なんてのは面白いかなという気がする。
もう接続するのは、みんなUSBみたいな(笑)

●朝ラー。(イザ!)

いいですねぇ。
地方に行くと朝から食べられるところって少ないので。

ラーメンのために朝から寄ってこか、
というのもいいかもしれない。

●気をつけないと。(Infoseekニュース)

バスに乗るときには気をつけないとね。
よくかばんにSuica入れて、かばんを改札にタッチしてるヒトを
見かけるんだけど、そういう風にしてると、
やっちゃうんじゃないかねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鹿児島は夢のまた夢。

先々週に実は鹿児島に(また)行ってたんですが、
書くのは土日のことになりそう。
いい加減、休日にゆっくりする日をつくりますから(苦笑)

もう9月後半、そろそろ秋の大イベントシーズンを
控えて体力を蓄えておかねば…

IGAS2007、CEATEC2007、東京モーターショー、
なんかが興味あるとこ。

※追記
まーったく話のつながりがないですが、
そういや…と気付くと、長らく「Favorite Websites」を
更新していなかったなぁ、と。

更新停止となった「age25」さん、
携帯電話はPDAの夢をみるか?」さんは
申し訳ありませんが、外させていただきました。

るるぷぅAizu」さん(入れてると思ってました、すみません)、
セシルの今日はこんな感じ」さん、
あやのすけきままなお散歩」さんを
リンクに入れさせていただきましたっ♪

| | コメント (6) | トラックバック (0)

整理中。

ただいま、帰阪して荷物を整理中。
昔の(幼稚園の頃から!)のものがあって、
要るもの、要らないものをより分けてます。

ちょっとブレイクがてら、更新してみる。

●忙しいほうがブログを書ける?(永井孝尚のMM21)

書くために時間だけを考えるなら、
そりゃヒマなときのほうが書けるに決まってるんだけど。

やっぱり、ネタは忙しいときにこそ見つかるものだし、
またそういうときこそアンテナが立ってる気がするんだよな。

ホントにボケーっとしてると、ネタになりそうなことも
そのままスルーしちゃいそうだし。

●三洋電機、京セラに携帯事業売却?(Infoseekニュース)

auに変えて以来、三洋端末を使うことが多かったので、
また、地元大阪企業ということもあって、残念なニュースではある。

しかし、京ぽんやMEDIA SKINなど今使ってる端末は、
au/WILLCOMともに京セラ製。
そゆ意味では、相性のいいところに売却されるのであれば、
まだいいかなーという気もしなくもない。

●人を動かすには。(てくてくテクネコ)

なるほどなぁ、と感心。
同じことでも言い方が気に食わなくて、
上手くいくことも上手くいかなかったりするから。

仕事で人に頼みごとをしたりとか、顧客や上司に提案したりだとか、
何か人に働きかけるときには、同じことが言えるのだろうな。

この話だけをhow to本みたいに参考にすることはできないが、
ある種の真理をうまく表した事例なんだろうな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに出たか、HSDPA。

ついにHSDPAのサービスが開始される模様。
先手を打ったのはDocomo。

下り最大3.6Mbpsで最大10,500円/月,という料金。
これまで定額制というとPHSのWILLCOMだけだったが、
HSDPAという選択肢も。

FOMAがベースになっているので、
それなりに通知エリアも広いだろうし、
AIR-EDGE PROの先を行く感じになるかも。

端末はUSBタイプかPCカードタイプ。
結構PCカード型は出っ張りそう。

W-LANもあることだし、しばらくは静観。
PHSはPHSで進化していくだろうし、
どっちがいいんだろうか迷うところ。

ただ、内蔵端末はどうかと…
AIR-EDGE INで懲りたからね。

サービスが進歩してもSIMカードの取替えだけで
updateできるのならいいんだけどさ。
とりあえず、内蔵対応はソニーと富士通

富士通あるけど、LOOX Pはねぇのか。チッ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夜型まっしぐら。

別に、夜更かししようとしているわけではないんだけど。
でも帰ってきて、風呂入って寝るだけってどうなの、と。

blogが生活のスパイスになっとります。

じゃ、ニュースを。

●389,800円!(PC WATCH)

元祖miniPCのOQOにもSSDモデルが登場。
でもさ、389,800円ってどうなのよ。
VAIO UのSSDモデルってそんな高かったっけ…

●タッチパネルの時代。(All About)

ゲーム機に限らず、タッチパッドの時代になるんだろうな、
ということはずいぶんと前から感じてたこと。

だから、PCもこれからはTabletPCなんだと思ってる。
ただ、DSを尻目になかなかメジャーにはなってないんだよね。
TabletPC。別にUMPCなどでもいい。

ただ、W-ZERO3やLOOX Uあたりで話題には
なってきてるので、一大ムーブメントになったらなぁ、と。
iPodもタッチデバイスになってきたことだし。

|複雑でなかなか使いこなせないインターフェースを
|より簡単にし、誰でも使えるものへ

という意味では、PCなんて使いにくい代表例のように
いわれているわけで、タッチペンでポインティングや
文字入力ができれば使いやすいはずなのに。

なかなかそういうところを地道にアピールするよりも、
手っ取り早いAV系の進化を…というのが昨今のPC。

もうそろそろ、劇的にインターフェースがシフトしても
いい頃なんじゃないかなーと思うんだけどね。

●WPC終了。(WPC TOKYO)

なんだそうです。気付いてませんでした。
去年、すごーく寂れてたのは感じてましたが。

東京に出てきてから、World PC EXPOの頃から
毎年出かけてたんですけどね。

秋の楽しみがひとつ減った感じです。

●自転車武田軍。(Infoseekニュース)

甲府から川中島までのルートを自転車に乗って
たどっていこうという観光アピール。
これ馬より大変じゃない?

でも、もう終わっちゃってるけど、参加できれば
参加したかったかもしれない。

●頼み事は忙しい人に頼め?(代替案のある生活)

いやー、そうなのかも知んないけど…
あれもこれも山積みになって、すごいことになってます。会社で。
聖徳太子じゃねーっつーの。そんなにあれこれ言われても、
面倒見切れませんってば。

頼まれる当事者は、大変だよ(笑)

●午後の紅茶ダブルベルガモット。

紅茶の中でもアールグレイって好きなんですが、
ダブル、ってだけあってかなり柑橘系の風味あり。
個人的には久々のヒットかと。

Gogo

ダイエット始めてから、飲み物の種類も単調だったんだけど、
これはちょっと飲んでいきたい感じだ。
20kcal/100mlで460mlペット入りだから、92kcal。おぼえとこ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

情報発信7周年記念。

今日、9月9日は、本blogの前身となるHPを
はじめてからちょうど7周年。

7年かぁ…就職活動をしていたとはいえ、
まだ学生の身であった当時からは、
いろんな意味で、隔世の感が深い。

しっかりと振り返るのは、10周年の折のために
大事に取っておくつもり。

これからもどんどん書いていって、
記録を伸ばしていこう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

GDPその2。

巷では、iPod touch旋風が巻き起こっているようですね。
関東地方は、ホントの旋風に巻き込まれそうですが(笑)

わたしはiPod shuffleで十分ですね。
音楽に関しては、シンプルなのがいいようです。
動画はね…見るかな見るかな思って、見ないんだよね。

むしろ、1.8型で120GBのHDDのニュースのほうに驚き。
なかなかSSDは追いつけなくなるなぁ。

さて。先日のGDPについて、デジモノ編を書き終えましょう!

[PC編]

●ノートPC用クーラー。

巻物というかすだれになってるクーラー。
すごく現代的なのに発想は和風。

13rollpad1

●干渉しないUSBハブ。

単体のデザインとしてもなかなかポップでいい感じ。
ちょっとカッコいい系のPCとは合わないかも、だけど。

08usbhub

●金属感満点のキーボード。

まー、こういうデザインはメンズを刺激するものです。
いいなー、こういうの。LEDがブルーなのもポイント高し。
紹介サイトはこちらからどうぞん。

09keyboard

細かいけど、Enterキーが大きいのも注目。
市販の外付けKBって、Enterキーが小さいのが多いから。

09keyboard3

ブラックもあるけど、金属感という面から言うと、
シルバーのほうがいいな。

09keyboard2

●極小PCその1~OQO~

元祖極小PCとも言うべきOQOの最新モデル。
完全にサブとして使わないといけないので、
普通のPCとしては厳しそうだなぁ…やっぱ。

18oqo

排気口がおしゃれ。

18oqo2

●極小PCその2~LOOX U~

店頭販売も始めたLOOX U。
ブラックとブルーの2色が出て、前モデルまでの
おもちゃっぽい感じはなくなったようですが、
展示会にあったのは、(発表前なので当然だが)前モデル。

とはいえ、実際に触ったのはこれがはじめて。
やはり、小さい軽いは秀逸。

17fyjitsuumpc1

ただ、結構blogでも長文を書くし、
やはり更新の主要な手段は、キーボード入力+PCなので、
どうやってもメインには難しそう。LOOX Pが限界。

キーボードもDeleteキーが一発で出なかったり、
Enterが小さすぎたり、ちょーっときびしいかな。

17fyjitsuumpc2

むしろ、富士通コーナーでは12"W型のTabletPCのほうに
興味がわいてきたぞ。LOOX Pに慣れるとチョット重い&大きいが、
ブラックを主体としたシンプルでカッコいいデザイン。

16fujitsutablet1

●極小PCその3~Inventec~

台湾のPCメーカーらしいInventec社のモックアップ。
実際にはまだ商品化はできてないっぽい。

Inventec社といえば、携帯電話やiPodの受託生産をしていることで
知る人ぞ知る有名なメーカーではある。

そのInventecがちょっと変わったUMPC。
画面は他社のものよりかなりデカい。

14inventec1

横から見るとこんな具合。
持ち運ばないときは、ワイヤレスキーボード&マウスとかあると、
そこそこの使い勝手が確保されるような。

14inventec2

で、一応持ち運び時も使えるキーボードが、
するするするっと出てくる。伸ばすとチョットかさばるか?

14inventec3

でも、総じてUMPCは5~6型の液晶が多くて、
もうワンランク7型くらいのものがいいなと思っているので、
サイズ的には、わたしはちょうどいい気がします。

もひとつ、こちらもInventecから。
据え置き時はスピーカー一体型のクレードルに収納し、
音楽聴いたりするんだろうな。

14inventec5

で、持ち出すときはゲームボーイ的に、
ポインティングデバイスが付いてるのを装着して、
もってでるんだろうかな。

14inventec6

どのようなものであれ、まだまだアイデアレベルのもののようです。

[ケータイ編]

まずは、韓国・三星電子のケータイ。
MP3プレーヤにしか見えません…

05samsungkeitai1

何で横に開くんだろう…どういう意図?

05samsungkeitai2

極うすケータイ。
薄いことよりも、どこかデザインが日本にはない感じがして。
どこがそう思わせるポイントなのか。

05samsungkeitai3

こちらはASUSのケータイ。
デザイン的には目を引くが文字が見えね。

06asuskeitai1

最後に日本のケータイを1点。
DoCoMoの三菱電機製、D703i。
そういや、一時ドコモからストレートが消えたから、
auに変えたんだったな。遅いよ(笑)

19d503i

いやー、やはりGDPはいいですね。
普段かかわりが薄いような分野から、興味の深い分野まで
デザインという切り口でいろいろなものを観察できることが、
とっても面白かったですねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いい生き方をするために。

さて、ちょっと仕事、というか人生というか、
生き方そのものにも関係しそうな、
ちょっと考えさせられる記事をいくつか。

●ONとOFF、分ける?分けない?
(Microsoft Regional Director のブログ)

難しい問題なぁ。
好きなことに直結するシゴトなら、
寝食忘れて没頭できそうだけどね。

ここで書かれているような、

|ONとOFFの区別をしない人の多くは、
|結局仕事が好きだからONとOFFを区別する必要がない

というのは、的を射ている気がします。

さらにわたしとしては、仕事が好きなら
無理してON/OFFを区別しなくていいし、
そんなでもなかったら、気持ちを切り替えるために、
ON/OFF区別したらいい。

いずれにしても区別するかしないかは、
各人次第ではないか、と思いますね。

●冷静と情熱のあいだ。(IT業界のマーケティングを問う)

江國香織と辻仁成の小説じゃないが、
確かにマーケティングは、冷静と情熱の間にあるのだろうな。
DIMEなど読んでて、ヒット商品の軌跡を追うと、
こういういい商品を出したい、だけじゃないことが分かるものね。

|お客さまや市場に対して熱く自社製品や
|サービスをプロモーションすることと、
|冷静に状況を分析する客観性、
|その2つを併せ持った人物は
|ますます貴重になっていくと思います。

まさしくこういう人間になりたいものです。

●幸せの感じ方。(けんじろう と コラボろう!)

なるほど、こういう考え方も大事かなぁ。
戦略的に幸せになるという感じ?

敵を知り、己を知れば百戦危うからず、ということと
幸せに向かって資源の選択と集中、ってことだよね?

楽しさ、夢、達成感は、たしかに自分にとって、
イメージしやすいこと、しかし幸せとは?

そういや、幸せってなんだっけ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

過ぎちゃったよー…

9/4は、日齢11,000日でした。
日齢の切りのいい日は、なかなか来ないから、
とっても貴重なのに…ふつーに過ぎていきましたよ…

さてさて。

●ほぼ日、いつの間にRSS化?(akhk Logbook)

ほぼ日見ない間に、RSS化されてました。
しばらくぶりだなー。これからまた読み始めよっと。

9/4、今日のダーリンから。

|もっとさ「気が長いねぇ」だとか、
|「怒らないねぇ」だとか「こだわらないねぇ」
|なんていうほめ方が、一般的になるといいですなぁ。

わたし、けっこうこう言われます。
イライラしていることはあるんですけど、
誰かにあまり怒ることってないんですよね。
怒ったらもう、何年ぶりかみたいな。

|ダイエットに成功するまでの時間も、
|「先が長くていやだなぁ」なんて思わずに、
|「その長さこそが、たのしみの長さだ」くらいの
|ある種のオポチュニズムが必要なんだと思うんですね。

今でMAX体重から14kg減状態で維持してますが、
振り返ってみれば、そんなふうに減量してたかもしれません。

●さようなら、ザ・コン。(やじうまPC WATCH)

これもまたある時代の終焉か。
残念ながら20日の閉店には行けないが、
最後、ちょっと見ておこうか。

●顔認証はいいかもね!(イザ!)

NECのノートPC "Lavie C" と”Lavie Lアドバンストタイプ"で
カメラ機能を使ったWindows ログオンが可能だそう。

これはいいな。チャットとかWebカメラなんていうのより、
ずっといい使い道だ。

とはいえ、指紋認証と顔認証、どちらがいいのかは
簡単に判別できないけど。
顔認証でさすがにBIOS制御は難しいか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

美ら海とGDPその1。

さて、書き残しもあと少し。
先週の銀座の美ら海イベントと、
GDP(グッドデザインプレゼンテーション)。

原宿のau design projectのイベントも見てきたが、
個人的にはあまりビビッと来るのはなかったのと、
上手く写真に取れなかったので、パス。

さて、銀座の美ら海イベント。
200型のスクリーンでジンベエザメの映像を見てきましたが、
やっぱ、現地にいかないと、ですね。

ビル前には本物の熱帯魚。
これは今日までやってたらしいですね。

Suizoku

こんな感じです。なんかNECのPCのデスクトップみたいね(笑)

Aquarium

にゅ~っとポーズを取るヤツ(笑)
体の色も派手ね。

Aquarium2

さて、GDP。なにせ、4時間ですよ、4時間。
そんだけ歩こうものなら、撮った写真も膨大。
というわけで、いくつかに分けていきましょ。

●小田急新ロマンスカー

電車でノミネートしていたのは、多分これのみ。
旧型車は長野電鉄で現役で動いてます。
車体的には、いいデザインだけど。

01odakyu

個人的には、こないだ乗った九州新幹線つばめ
いいデザインだと思うんだけどなぁ。
座席の雰囲気、最高だよ。

●ファッショナルブル補聴器。

02hochoki

キャッチフレーズは、「めがね」をかけることを「はずかしい」と思いますか?

要は、メガネだって視力を補正する器械、
でも、かっこいいメガネなんていくらでもある。

だったら、聴力を補正する補聴器だって、
恥ずかしいと思うようなのではなく、つけててかっこいい、
おしゃれなものでなくっちゃね、ということ。

いいですね、こゆ発想の車椅子とかも、
以前見たことあるし、ぜひ広がってほしいですね。

●表札。

ま、家のデザインにもよるだろうけど、
シャープなデザインの表札。
こういう表札には、文字のフォントもこだわりたくなるね。

03hyosatsu1

シルバーもあるよん。

03hyosatsu2

●スイミンググッズ。

こちらは、縛らずにスイムキャップにぺちゃりと
くっつけるタイプのゴーグル。
わたしもよく泳ぎにいきますが、地味にいいかもしれません。
ただ、視力が悪すぎてゴーグルにも度を入れてるので、
そこんところの使い回しって利くのかなぁ。

04shimetsukenai1

子供の場合の解説。
子供の目がアヤシイゾ(笑)

04shimetsukenai2

●電池のカイロ。

三洋電機のeneloopを使ったカイロ。
すぐに温かくなって使えます。
eneloop自体何度も使えるので、
結果的に、何度も使えるカイロに。

20eneloopkairo

●太陽に向かって…

もひとつ電池ネタ。こっちは太陽電池。

21solarcell1

夏の太陽の高さと冬の太陽の高さに
あわせて調節できるとな?

自分で光を取りに角度を変えてくれたらいいんだけど。
電池なんだし、ねぇ?

21solarcell2

●簡単ながら、納得。

プラグが簡単に取れるコンセント。
なかなか抜きにくかったりしますよね?
もうこれなら、バッチリ。

こちらの動画をどうぞ。
(Quicktime/3.16 MB)

ね、納得でしょ。

●アイウェア×2。

メガネ男子(笑)暦がかなーり長いので、
メガネはかなり気になるアイテム。

こういうところで知ったメガネを
買ったためしはないんだけど(笑)

まずはこちら。

22eyewear1

何がいいかというと、柄の先。
軽ーいゴムでできていて、耳の裏の当たり具合が
とてもソフトで掛け心地がよかった。

22eyewear2

もひとつは、これ。
たぶん全体がビニールか何かだと思うのだが、
もう軽いの何の。若干のお笑い的な要素はあるけど(笑)

22eyewear3

●腕時計。

香港のo.d.m.というメーカの新作だそうで。
電子ペーパーをつかった最新技術時計。
1分ごとに背景の色が変わっていく。

23odmwatch1

23odmwatch2

23odmwatch3

すごいっしょ?

しかもこれ、電気で光らしているわけではないから、
角度によって見えにくくなることがない。
逆に、暗いところではまったく見えないけどね。

デザイン的にも好みだし、なにより最新技術を
かっこよく活かしてるところがイイです。

フランス等、海外で大ブレイク中だそうで、
日本でも販売することが決まったばかりとか。

1本88,000円。どうする?

ちなみに、わたしのはこれです。
Philippe Starck with Fossil。

P1020449

以前のヤツがバンドが切れてしまって、
とりあえず、新しいのを買いました。
# 前のヤツも修理して使いたいんだけどねぇ…

●チョコレート色。

24renji

最近、はやりなのかね。
黒いアドエスもこんな色だよね。

なんか、ここ1,2年になって濃い茶色っていうのが、
気になる色です。このblogもそゆところから。

むかしは、青が好きで、今は専ら黒。
年とともに、好きな色も変わっていくのかね?

●これなに?

25fruits

何だと思います?

あれですよ、リンゴとかナシとかむいて、
爪楊枝で挿して食べるアレ。

果物用のお皿と挿すもの。
お客さまに果物を出しても、「おっ!」と
思わせられるモノだなぁ。

●ショベルカー。

なかなかこんな間近で見る機会ないっすから。
乗ってみたりなんかして。

26shoberucar2

でも、子供たちが多くて乗れなかったよ。
子供差し置いて乗れないからね(笑)

●キッチン。

あらー、素敵なキッチンですこと。
でも絶対キレイなままで使い続ける自信ないわ(苦笑)

29kitchen

●革のブラインド。

素材が革になるだけでずいぶんとイメージが変わるもの。
重厚感と言うかどっしりした感じが出る。
普通の黒いブラインドとはどこか違う。

30braindo

●電子錠つき扉。

31samsungdoor1

これ、韓国の三星電子のもの。
三星といえば、半導体や電器・コンピュータメーカと思っていたが、
こんなのもやってるんだ。幅広い。

鏡みたいになってる部分が、カードリーダで
ICカードで開く仕組みになってる。
あと、車のような電波で開けたり、
もちろん、普通の鍵でも開けることはできる。

日本ではまだだが、日本だったら、SuicaやICOCA、
それにおサイフケータイで開けたりできたりね。

裏側も工夫があって、開けるときは押して開けるだけで
自動的に鍵が開くしくみらしく、お年寄りでも楽とのこと。

31samsungdoor2

●ヒカリモノ。

といっても、宝石ではなくランプのことね。
LOFTやハンズでも用事がないのに、
照明売り場に行ってしまうくらいなので、
こゆところにきたら、そらチェックしとくでしょ、と。

有田焼×照明のコラボ。
ブレブレで申し訳ないけど。

32aritayakilamp2

すごく上品に仕上がってますな。

●読みやすいフォント。

たかがフォントと言うなかれ。
特にPC画面の字は、仕事でもプライベートでも、
読みやすいのってとても重要で、Macってそこはいいな、と。

VistaになってWindowsも読みやすくなって、
結構、自分の中ではポイント高いのだ。
(それだけでVistaにするつもりないけど)

で、このフォント。

35fonts

読みやすいというだけではなく、
優しさというか、右のゴシック体よりもカクカクした感じがなく、
フレンドリーな感じがして、とても好感触。

…いや、かなーりいっぱい書きましたが、
まだまだ、あります。次は、デジモノ編。
さて、書けるのはいつになるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

湖に浮かぶ城。

さて、関西に戻ってから、
一路滋賀へ向かい大津市歴史博物館へ。

残念ながら、膳所城模型があるのだが撮影できず、
絵葉書もないため、リンクでご勘弁。

膳所(ぜぜ)とは、なかなか読めない名だが、
平安時代に魚介類を朝廷の食膳に供するところ、
という意味だそう。

琵琶湖に突き出た本丸に天守は、
瀬田の唐橋、唐金擬宝珠、水に映るは膳所の城、
と唄になるほど、すばらしい景観だったそうな。

しかし、当の膳所藩にとっては、2度の地震(1662年/1707年)で
大規模な損壊を受けるだけではなく、毎日の琵琶湖の波で
石垣が常に朽ちていき、そのメンテナンス費用が重くのしかかった。

幕末、膳所藩が我先にと版籍を奉還したのは、
その財政難も一因にあるとかないとか。

博物館をでたあとは、城跡公園へ。
往時と比べると、かなり埋め立てられてしまっているが、
本丸の湖に突き出た一部が、まだ残っている。

京阪・膳所本町駅から歩いて膳所城址公園に向かう。
まず、マンホールゲットね♪

Otsumanhole

ちょっと斜めになってしまったが、
膳所神社の門。膳所城城門の移築という。

Zezejomon

まっすぐ歩いていくと公園前。
ここにも城門があるが、こちらは後世の作。

Zezekoen

きちんと本多家の本多立ち葵。

Kawarahonda

かどには、城郭風の建物。
中途半端に城郭風だとこうも怪しく思えるのは、
どうしてだろうかね?

Ayashii

公園の景観はいいですが、
まったく城的な雰囲気ないな…

Tenshuaround

天守台。
今では、その天守台という面影はないが…

Tenshuishigaki

まだ8月(このとき8/15)なのに、
一部が色づいてんですけど…季節感めちゃくちゃだよ…

Kouyou

湖つたいに歩いていくと、櫓が!

Josuijo

…と思ったら、膳所浄水場の建物でした。櫓っぽいだけ。
でも、なかなか景観はいいですけどね。

Josuijo2

さて、公園を巡ったあとは、駅まで引き返し、
山手のほうへ上っていく。
茶臼山公園には、移築された本丸隅櫓があるそうで、
芭蕉会館という俳人の会合に使われているとか。

でもね、それがね…
回りが記に覆われてぜーんぜんみえません。

Zezeyagura3

近づいてみても、ほんとに櫓?
と訝しく思ってしまうような民家風。

Zezeyagura1

唯一、千鳥破風が櫓の雰囲気を出しているかな?

Zezeyagura2

ただ、櫓ということを無視した増築とかあるし、
なんか使ってんのかつかってないのか、
ほったらかし感たっぷりなんですけど…

…もうちょっと大切にしてほしいものです。

さて、次は水口城。琵琶湖線草津まで戻り、
草津線、近江鉄道線を乗り継いで、水口城南駅。

途中、京阪唐橋前駅で「松喜屋」で焼肉丼をゲット。
明治時代に近江牛の名前を広めたという老舗中の老舗だそうです。

Yakinikuju

…美味すぎる。寄ってってよかった。
てか、ムーンライトで大阪に来るときも多いんだから、
時間があるときには、また寄りたいですねぇ。

さて、水口城ですが、べちゃらーい感じの櫓。
名古屋城の清洲櫓のような感じかな。

Minakuchijo1

入り口。なかなか城っぽい感じがよく出てます。

Minakuchijoentrance

よくあるカラーリングですが、なかなかよくできています。
カタチはよく整っていて、好感持てます。

Minakuchijo3

よくできている、と言ったのは、
実はこの場所には、櫓はなかったんですよね。
模型を見れば、一目瞭然。

Koguchi

そう、このちょこっと出ているところが、
城跡として残っている部分で、
肝心の本丸は、グランドになっちゃってんですよね。

帰りに、マンホールをゲットをしっかり。

Mnakutimanhole

近江鉄道と草津線の乗換駅、貴生川駅で。
なにやら、ICOCAをタッチする改札口のようにもみえるが…
こんなところに置いてあって、何に使うんだろう??

Icoca

さて、今回の城廻りはここまで。
いやー、よく移動したなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

韓国に最も近い島。

ということで、先日の九州上陸話の続き。

前の日は、鹿児島にいたのに一挙に反転して、
まずは福岡まで戻ることにする。

お、ムーンライト九州の車両。
この日は、これに乗って大阪まで帰る予定。

Moonlightkyushuasa

博多駅から若干(わたしの若干は若干じゃないかも…)歩いて、
さらに高速船で2時間30分。

韓国と目の鼻の先、対馬に上陸。
ここには、代々対馬を治めた宗氏の居城、
金石城の櫓門がある。

対馬に入るには、飛行機という手段もあるのだが、
金石城のある厳原町へは、船で厳原港に入るのがBest。
歩いて金石城や博物館まで行ける。

地理的なこともあるのだろうが、
朝鮮半島のつながりが非常に深く、
街のいたるところでハングル文字を見かける。

案内板。

Izuhara

郵便局。

Yubinhangle

うどんの看板までも!

Udon

江戸時代に大きな火事があったらしく、
街中に残っている石垣は、類焼防止のための防火壁。

Fireishigaki1

石が赤いのは、火事の影響だろうが、
石垣の石の積み方が独特。
大きな石と小さな(というか厚みの薄い)石が混ざっていて、
どことなく南方の雰囲気を醸し出している。

Fireishigaki3

こちらもそう。いまだ民家の塀として
現役利用されているところもいい。

で、これが目的の金石城大手櫓門。

Kanaishijoumon

一度解体されているが、当時の建材で再建されているため、
十二分に歴史の風格を漂わせている。

破風の先端にある飾り(これを懸魚[げぎょ]といいます)が、
他にはない珍しいもの。五七の桐の紋まんまのカタチ。

Gegyo

横から見ると、細くて岡山城天守のようだ。

Kanaishijoumonsokumen

あと、櫓門を支える石垣。
ここでもやはり、薄い石と厚い石を互い違いにする積み方。

Ishigaki2

なかなかいい櫓門。
(わたしのとっては)見所いっぱいです。

でもねー。となりプールなんだよねー(笑)
この日は曇りがちで誰もいなかったけどね。

Yagurapool

さて、ひとしきり櫓門を見学したあとは、
長崎県立対馬歴史民俗資料館のほうへ。
長崎県立とみて、そうか対馬は長崎なんだと気付く(笑)

資料館に行くまでの石垣。
ゆるーいカーブがある石垣はやはり、本土には少なく、
沖縄で見たグスクに近い感じを受ける。

Sajikihara1

こちらは、金石城のあと江戸期に作られた
桟原城(さじきはらじょう)の高麗門。こちらも現物。

Sajikiharajomon

残念ながら1987年の台風で倒壊。資料館前に移築復元。
移転したのは、桟原城跡が自衛隊の駐屯地だからだろうか。

資料館は特に、金石城や桟原城に関する情報は少なかったが、
文禄慶長の役後の日朝関係の修復にむけた
宗義智の苦難と努力が興味深い。

宗氏も朝鮮との交易で潤ってきたわけであり、
朝鮮との関係修復は死活問題。
なんとか関係を修復するため、対馬藩の存亡を賭け、
朝鮮国王/日本国王(=将軍)の両国国書を偽造したのだ。

要は、朝鮮国側はまず日本側(つまり家康)からの謝罪を求めており、
将軍の国書を偽造、返答となる朝鮮国王の国書も、
はじめから朝鮮国が国書を出したように見せかけた。
その結果、努力は実を結び1609年に己酉約条を締結、
日朝貿易の再開にこぎつけた。

その際の偽印や改竄した国書が展示されてあり、
よくこれをやったな…と思わずにはいられない。
立派な犯罪ですからね、国書偽造は。
自治体が日本政府の文書を偽造するようなもので。

後年、藩主から独立し、旗本になることを企んだ
家老柳川調興が幕府にチクって公になってしまうが(柳川事件)、
将軍家光の親裁で、義智の子宗義成お咎めなし、
柳川調興は津軽へ流罪となり、引き続き日朝貿易と
朝鮮通信使の接待を担当することになった。

さて、ひとしきり歴史の一コマに感心したところで。
チケットを見ると、対馬にしかいないツシマヤマネコの剥製写真。

Tsushimayamaneko2

…猫じゃないよ…猛獣そのもの…

実際の生きてる姿も、猫というよりは
チーターとかヒョウの小型といった様相。

Tsushimayamaneko1

あまり交通の便がよくないので、対馬には長いできず
早々に福岡に引き返すことに。滞在は短かったが、
やっぱり本土と違ってて、興味深かったですね。

福岡へは高速船がもう便がないため、フェリーで向かう。
相当疲れてたのか、15:30に乗船して博多港に着く20:30までの間、
ほーっとんど、寝てました(笑)

このあと、博多からの乗車に間に合わないので、
博多から小倉まで新幹線ですっと飛ばし、
小倉から朝に見たムーンライト九州で新大阪まで。

Moonlightkyushuyoru

ながらとちがって、めっちゃ背もたれが倒れるのに
びっくりしたよ。後ろの人に迷惑かけそう。

さて、最終日は関西に戻って琵琶湖周辺の小城、
膳所城、水口城を攻略。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひさしぶり(?)の「休」日。

ここのところ、休みの日でも出ずっぱりだったので、
数週間ぶりのほんとうの休むための休日。

近所の吉祥寺美術館に出かけ、
例の和菓子展を見てきましたよ。

押し物や抜き物の型は、まさに芸術品そのもの。
また、東京製菓学校の工芸菓子がすごい。
特に、朽ちた木の枝に留まる鳥を
菓子で造った「優美」には圧巻。

来週9日(日)までやってるので、
興味のある方はどうですか。

帰りに商店街にある「吉祥寺虎屋」で
和菓子デザインの入賞作品を購入。

もう9月になっちゃいましたが、
涼しげなデザインです。
# 「井の頭池の水面桜」ということで、
# 季節外れなのは…まぁ気にするな(笑)

0

ということで、まずはニュースから。

●我が国は海に沈む…(Infoseekニュース)

国土が水没するということで、
国民が脱出して移住できるように、とのこと。

ここまで来ると、温暖化を防ごうとか
悠長なことは言ってられないということか…

日本沈没みたいなのを路でいくわけだから、
当国の国民は気が気でないだろう。

少なくとも、できることはしないとな…

●夏休み宿題丸投げ!(イザ!)

需要あるところに、供給生まれるということか。
経済原則から言えば、出てきてもおかしくないところだが…

子供が隠れてやるなら、あるかもと思ったが、
親が依頼しているとは、開いた口がふさがらない。
間に合わなくても、自分でやれと言うのが親ではないか。

●隠しUSB端子。(山田祥平のRe:config.sys)

さすが、いいアイデアだなぁ。
PCカードの出っ張りとか困るもんなぁ。

確かに、電波の通りが悪くなったり、
中で干渉しあったりと言うのがあるかもしれないが、
たとえ、USBメモリがさせるだけでもいい。

USBメモリの中で、ReadyBoost対応のものがあるが、
やっぱり出っ張るのがいやだもの。
だからSDカードでできるといいなぁと思ったんだけど。

そういや結局、本格的には使わないで終わってしまったが、
BluetoothもUSBドングルが多くて、出っ張りがヤだったんだが、
極小モノが出てきているらしい。

こういうところって些細なことなんだけど、
使っていく中ですごく大事なところなんだけどなぁ。

●ヴェスビオ火山再噴火?(Infoseekニュース)

1928年前の79年8月24日、ヴェスビオ火山が噴火し、
古代ローマの都市、ポンペイをあっという間に壊滅させた。

そのヴェスビオ火山の噴火が近く、ナポリが壊滅するのでは…
という専門家が出てきているそうな。

イタリアに行った際、ポンペイ遺跡を訪れたが…
生活していたそのままの姿や、火山灰に埋もれた人の形が
残っていて、すごく生々しかったことを記憶している。

約2,000年経った今日でも、火山の前には、
人間は無力なのか?

●Mickey年賀はがき。(イザ!)

どうしてミッキーなんだろうねぇ。
結構人気は出るだろうけど。

どうせなら、もっといろんなキャラクターだせばいいのに。

●牛乳甲子園。(イザ!)

小・中・高の間は、よく飲みましたねぇ。牛乳。
もう牛乳さえあれば、何もいらないくらいでしたね。

こういうキャンペーンがあるということは、
ジュースとかに押されて減ってるんだろうねぇ、消費量。

でも…コップ1杯で約130kcalもあって、
カロリーを控えなくちゃいけない今では、
なかなか飲む機会がありません。

●イルカたちに囲まれる夢の宴。
 (All About)

横浜の八景島シーパラダイスでは、
閉園後の水族館をつかって、パーティができるそうです。

パーティとかには、てんで縁がありませんが、
こういう空間で立食パーティなんていいでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »