« 鹿児島再訪その2~9/9(日)AM | トップページ | おっとっと…そりゃ人ちがいよ。 »

鹿児島再訪その3~9/9(日)PM

さて、知覧ですが。
なぜ知覧、というのがあるでしょうけど。

実は、わたしの先祖はこの知覧の武士。
といっても、そう聞いてるだけで、親戚がいるわけでもなく
その事実を知るのみなんだけれども。

以前に一度行ったことがあるのだけれど、
もう一度くらいは行っておこうかな、と。
また行くときの足がかり程度に。

バスを降り立つと、道路脇に鯉が。

Chiranfirst

ぬっと頭を出してます。

Chirankoi

表通りは、あまり武家屋敷のような雰囲気はないが、
道路脇に鯉がいるだけで雰囲気が違うね。

ちょっと歩いて武家屋敷を歩いてみることにする。
武家屋敷は700m程度の長さ。
この間に7つの武家屋敷が見学できる。

こういう小道を歩いていく。
静かないい雰囲気だが、たまーにツアー客とすれ違い、
ガヤガヤとうるさくなるけど(笑)

Bukeyashiki1

●森重堅氏邸庭園。

この武家屋敷庭園群で唯一水を湛えた庭園。
枯山水もいいけどね、やはり水のある風景は好きです。

中では、実際に人が暮らしておられるようで。
静かに観覧しましょ。

Bukeyashiki2

ここには蔵があり、こんな立て看板。

Gottui

ゴッツイって…なんで大阪弁やねん(笑)
でも、1741年に建てられたれっきとした歴史的文化財。
大切にしましょうね。

●民家

茅葺の民家もあった。
知覧型二ツ家というこのあたりの独特な形状らしい。

Bukeyashiki3

そして、郷土料理の高城庵の入り口。
結構、中国・韓国の方も来られるのか、
中国語・韓国語の注意書きも。

Takagi

●平山亮一氏邸庭園。

Bukeyashiki9

今はこういう感じだけど、ツツジが咲く頃には、
一面ピンク色の鮮やかな風景に。
パンフレットより、ツツジが咲く頃の写真。

Taihi

●佐多美舟氏邸庭園。

なぜか灯籠に五円玉。なぜ?

Coins_on_the_tourou

●知覧茶。

途中で知覧茶のペットボトル入りを購入。

Chiranpet

なぜか「つめたいのもありますけど。」って。
「けど」ってなに?何かいい足りないのか…(笑)

でも、文句なしに美味しかった。

Chiranpet2

知覧傘提灯も売ってたんだけどねぇ。
いいなぁと思ったんだけど、部屋のどこに使おうか、
と考えると…買えませんでした。

空港にはないよ、駅にはないよ、と
念押ししてくれてんだけどね(笑)

●中は見ることはできないが。

剪定がすごくすばらしい。見事な曲線を描いていて、
行き届いた手入れがされている。

Bukeyashiki8

●平山克己氏邸庭園。

こちらも、灯籠に五円。
って、興味はそこかよ(笑)

Coins_on_the_tourou2

でも、石と灯籠、木々の並びが一番いいなぁと
思える庭園でした。

Favoriteschira

さて、一通り庭園を見たあとは。
特攻平和会館もあるんだけど、自由に行き先を決められる今は、
(城好きじゃないと行かないような)知覧城に行くべきでしょう!

ということで、知覧城跡へ。

途中、知覧町役場を通る。
今年の12月1日に川辺町・知覧町・頴娃町が合併し、
南九州市となるそうだ。

Chiranchouminamikyushuushi

北九州市に南九州市、それに
東大阪市に西東京市…
なんとかならんのかね、この名前。

マンホールも発見。
マンホールの中にマンホールがあるような、
不思議なカタチをしているぞ。

Doublemanhole

さて、町役場から約2km。
知覧城跡に着きましたよ。

途中、ほんまにこんな道でええんやったっけ…
という感じだったが、知覧城跡を文字を見て安心。

Chiranjouentrance

とりあえず、解説板をさがしてみる。

Chiranjouentrance2

なになに、本丸への道は…
えっ、これかよ。道らしい道がないねんけど(苦笑)

Chiranjostart

ん、なんだあれ。パンフレットかなぁ…

Chiranpanfretget

中には、やっぱりパンフレット。
きっと雨風にさらされて、ふにゃふにゃかと思いきや、
意外としゃんとしてた。定期的に入れ替えしてる?

さらに進むととりあえず、道らしいカタチになってきた。

Chiranjo1

お、目の前に階段。本丸へはこっちでいいんかなぁ。

Chiranjo2

あかんやん。堀に落ちろってことか?

Ykutatazu

とりあえず階段のほうに向かうと、またポスト。
「パンフレットをどうぞ」って書いてあるが…
開かへんやん!!

Akazunoposuto

とりあえず、階段を上がったが
本丸ではなかったようだ。

Kuranosiro

階段を下りたときに、向かいに道?を発見。
これに違いない。本丸への道。

Bambooroot1

なんか竹が生い茂っており、道が分かりにくくなってるようで。
ちょっとした冒険気分。

Bambooroot2

見えた!ここが本丸。
といっても、このモニュメントしかないんだけどさ。

Chiranjomonument

とはいえ、自分のルーツがこんなところにあるなんて、
と思うとちょっと感慨深いものがある。
ご先祖さまも、この城に登城したのだろうか。

さて、しばし感慨に耽ったあと、
ゆったりとバス停まで戻る。

バスが来るまで時間があったので、
武家屋敷チケットを買ったお茶屋さんにいた子猫と時間つぶし。

Cat1

シャシャッ!

Cat2

デジカメについてる紐が気になって仕方がない
お年頃のようで。

Cat3

さて、帰りのバスの中で。
「鹿児島王将」なるものをみつけ。
バスから見て、「あっ」と思っただけだったので、
写真は撮れなかったんだけどねぇ。

京都王将(餃子の王将)と大阪王将以外に
第三の王将があったとは…

しかもどうしてか、ブログの記事にされてるのは
どれも天津飯が取り上げられており。

WEB鹿児島
カーズマンワールド
よし子ちゃんの九州・福岡・鹿児島レポート

餃子の王将では…という気もするが、
美味いというと気になるではないか。
鹿児島にまた来るだろうから、今度挑戦しよう。

さて、鹿児島の旅はこれまで。
実は、みっちりと回ろうと思ってたので、
あえて避けてたんだよね、鹿児島。

でも、やっぱり一度や二度だけでは物足りなく感じました。
尚古集成館も行きたいし、薩摩切子工場もみたいし、
両親と行ったときに立ち寄った指宿にももう一度行きたいし。

なにより、自分のルーツがあると思うと、
ちょっと他所とは思えないような気がして。

次は、いつにしようか。

|

« 鹿児島再訪その2~9/9(日)AM | トップページ | おっとっと…そりゃ人ちがいよ。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちはくんくんさんのブログ経由できました。
僕は知覧生まれなんですよね。

ちなみに今日王将行ってきました。

投稿: aki | 2007.09.25 23:03

nikko81@柴田淳と人違い、です。

●akiさん

はじめまして。
あら、知覧のご出身ですか。

大阪人なので王将はよく行きましたが、
東京に来て、圧倒的に大阪王将が少ないことにビックリ。

投稿: nikko81 | 2007.09.26 01:28

カミタクこと神山卓也と申します。

拙HP「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内の「ミュージアム知覧(南九州市立博物館)訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/KAGKAN83.HTM
から貴記事にリンクを張りましたので、その旨を報告いたします。

今後とも、よろしくお願いいたします。

投稿: カミタク(リンク先は「ミュージアム知覧(南九州市立博物館)訪問記」) | 2008.07.30 00:00

●nikko81です。

●カミタクさん

リンクのご報告、ありがとうございました。
こちらこそ、よろしくお願いします。

投稿: nikko81 | 2008.07.30 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島再訪その3~9/9(日)PM:

« 鹿児島再訪その2~9/9(日)AM | トップページ | おっとっと…そりゃ人ちがいよ。 »