« 気になるニュースを大放出その5。 | トップページ | 三河国攻城記(豊田) »

三河国攻城記(田原・西尾)

さて、やっと旅日記のほうへ。
まずは、8/4~8/5の三河国(愛知県東部)編。

実はこの日の分のムーンライトながらが取れなくて、
仕方がなく土曜日の早朝に出ようと思っていたら。

なんと!当日ぎりぎりにキャンセルが出て、
運良くムーンライトに乗ることができ。

ただ、豊橋で降りないといけないのに、
寝過ごして岡崎まで行ってしまったけどね…
というわけで、岡崎のマンホール(笑)

Okazakimanhole

さて、1城目は渥美半島の付け根にある田原城。
豊橋から豊橋鉄道に乗って、終点三河田原まで。

駅から田原城までは歩ける距離。
まだ朝早いのでゆっくり歩いていく。

途中、報民倉という建物を見つける。

Houminsou

オリジナルは、江戸時代画家でもあった田原藩家老の
渡辺崋山が飢饉に備えて食糧を備蓄したことに始まる。
結果、天保の飢饉に一人の餓死者も出さなかったといわれる。

もちろん、この建物は現代になってからのものだが、
今でも東海地震に備えて非常食や
毛布、テントなどを備蓄しているとのこと。

さて、肝心の田原城だが、
二の丸櫓と桜門が復元されており、
城内は田原市博物館となっている。

桜門。

Sakuramon3

側面から。

Sakuramon2

残った絵図等から比較的正確に復元されているようで、
なかなかに味のある門。
堀越しに眺める桜門はなかなかに立派だ。

一方、二の丸櫓はというと、こんな調子。

Ninomaruyaguea

古写真と比べると…

Ninomaruyagueaold

…テキトーにつくったな、さては(苦笑)
ぜんぜんちゃうやん。

ま、復元は二の丸櫓が先であって、
まだ正確に復元しようとかそういう考え方のない
ときに建ててしまったんだろうな。

ちなみに側面の唐破風には、
草がぴょろんと生えている。
こゆのをほんじょに言わせると、
「へもい」というのだろう。

Hemohemo

さてこの二の丸櫓の中は、簡単な資料館。
田原城の復元模型も。

Taharazenkei

小規模ながら、巴江城(はごうじょう)と呼ばれるだけあり、
水堀が上手く組み合わさってなかなかの情景。
二の丸櫓がやはり、城内で一番大きな建物。

ただ、細かく見ると、小学生の夏休みの工作っぽい
つくりなのはいただけないなぁ…

Zugakousaku

隣の田原市博物館によってって。
地元の有名人、渡辺崋山についての展示が多いが、
ささっと見て歩く程度だった。

ちなみに建物は周りに合わせてか、
城っぽいデザインになってはいる。

Hakubutukan

さて、ひとしきり見たあとは豊橋まで戻って、
蒲郡を経由し、西尾市。

まずはお決まり、マンホールから。
藩政時代の道中目印からとったものだそうです。

Nishiomanhole

結構、西尾城までは近くすぐに着いた。

鍮石門(ちゅうじゃくもん)。
御殿に至る高貴な門という意味だとか。

Chujyakumon

入ったところから見えるのが、本丸丑寅櫓。
普通、再建するときには天守閣を再建することが多いのだが、
西尾城では城内で最も高い位置にあった、
この本丸丑寅櫓を再建している。

Yagura5

こじんまりとしているが、
なかなか精悍な佇まいで好みの櫓。
早速中へ入ってみる。ちなみに無料。

Yagura1

本丸にたどり着くまでのところ、瓦が放置。いいの?

Left

丑寅櫓の鯱がやたらと垂直。腰が痛くなりそう(笑)

Itai

中は木造。どれだけ忠実に復元したかは分からないが、
やはり櫓は木造に限る。木の香りはとてもいいものだ。

Yaguranaibu

ただ、建物が低いのと周りがかなり木々に覆われているため、
見晴らしはどうかというと、まぁそれなりといったところか。

見晴らすよりも下からいろんな角度で眺めたほうが、
わたし個人的には楽しい。城好きって見晴らしよりも、
城そのものを見るのが楽しいんだから。

西尾市資料館前から。

Yagura2

鍮石門前から。

Yagura3

もう少し近づいて。

Yagura4

なかなかいい面構えなのに、
木々が生い茂りすぎて、残念。
秋口から冬にかけてだと、いいのかなぁ。

資料館にも入ってみる。こちらも無料。

資料館前の瓦。

Ogyu

何かが足りない…そう、徳川/松平氏の葵の紋のようだが、
葉が一枚しかないので、足りない気がしたのだ。
西尾藩は大給松平氏宗家であり、一葉葵を家紋としているようで。
ただ…なんか拍子抜けするね、この紋(笑)

資料館内には、天守模型。
ガラスケース越しの撮影で見にくいがご容赦。
ちなみに撮影許可は取ってますよ。

Tenshumokei

Tenshumokei2

名古屋城天守のようなどっしりとしたつくり。
また、最上階の高欄が内部にあって、戸を閉めると
完全に隠れるつくりになっているのも特徴的。

Tenshumokei3

本来は、錦城体育館付近にあったそうで、
本丸ではなく二の丸に天守があるケースは珍しい。

その錦城体育館が老朽化とアスベスト除去のため、
解体工事中だったが、跡地はどうするのだろう?

さて、ここいらでちょうど昼時。
西尾城近くのとうふや豆蔵さんでランチ。

出来立て寄せ豆腐御膳。

Toufu

くるみ・黒豆・黒胡麻をすりつぶして薬味とし、
オリジナルの醤油をかけていただく。
これが美味い。豆腐おかわりOKなのもうれしい。

ちなみに出てくるお茶も黒豆茶。
まさに豆尽くし、ヘルシーだ。

ブログもあるようなのでリンク

さて、このあとはトヨタ自動車の本社がある
愛知県豊田市へ。意外といろいろ歴史が詰まってます。

|

« 気になるニュースを大放出その5。 | トップページ | 三河国攻城記(豊田) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三河国攻城記(田原・西尾):

« 気になるニュースを大放出その5。 | トップページ | 三河国攻城記(豊田) »