« 夜更かし3日目。 | トップページ | 鹿児島まで足を伸ばして。 »

熊本城という名の別荘!

話は戻って、今月中の夏休み。
名護屋→唐津→佐賀と巡ったあとは、
南に下って、熊本へ。

ブレブレだけど、リレーつばめ。
今、熊本城は400年祭りでにぎわい中。

Train

で、もちろん向かうは熊本城。
わたしの別荘です(アホ)
だって、熊本城主だしぃ。

市電の中で見つけた広告。
ビアガー電って…なんとベタな(笑)

Beergarden

東京のJR・地下鉄などでも車体広告が目立ってるが、
熊本市電でも車体全面広告車両。ちきらー。

Chicken

さて、熊本城が見えてきましたよ。
ただいま、本丸御殿復元中で右手に見えるのがそれ。
単発ではなく、櫓や御殿が群れて見えるような、
往時の景観が徐々に蘇りつつあるのだ。

Kousatewnn

まずはお気に入りその1の飯田丸五階櫓を
横目に見つつ…

Iidamaru

宇土櫓へ。
うーん、いつ見てもいいねぇ(ホレボレ)

Uto3

後ろに天守。

Tenshu

どうも熊本城は天守よりも、宇土櫓など、
櫓のほうが好きなんだよな。

ということで、天守から櫓を見下ろしてみるため、
天守内部へ突入。

韓国からの小中学生の団体がいて、すっごい混雑。
熊本城を築城した加藤清正といえば、韓国の人には、
文禄慶長の役で暴れたというイメージがあるんじゃないかな。
熊本城を見てどう思うんでしょうね。

天守内部では、募金した自分の名前を見つける。
なにせ、城主ですから。響きがいいですよ、響きが(笑)

内部には骨格を復元した模型があり。
もう造っちゃったから仕方ないけど、
天守ももう少し精巧に復元できたかもしれないんだよねぇ。

Model

内部もこんな感じにしちゃってさ♪

Modelnai

あと興味深いのが古写真。

天守2枚。西南戦争前の姿。
やっぱり年輪を感じさせる天守ですなぁ。

Oldpicture1

Oldpicture2

こちらは、飯田丸五階櫓のオリジナル版。

Oldpicture3

さて、天守からの眺め。
お気に入りの宇土櫓を見下ろしてGet。

Uto2

てか、1年前もおんなじアングルで撮ってるし(笑)

1年前は、鉄筋に囲まれていた復元中の本丸御殿。
ほぼ覆いが取れて立派な姿が確認できます。

Honnmarugotenunderconstruction

現在は内装工事中。障壁画や天井絵も京都の絵師の手による本格復元。
地下には、石垣の間を潜り抜けて天守に繋がる、
暗がり通路が再現されるとのこと。楽しみです。

帰り、振り向いて天守と石垣。

Tenshuyagura

熊本城は、建物も豊富、石垣も立派。
城好きにはとてもすばらしい空間です。

さて、天草へ向かうバスに乗る前に、
ラーメン黒亭へ。3年前に一度食べたのだが、
みやさんとこのblogを見て、改装されているそうで
チョット見ておきたかったのだ。

これが店構え。きれいになってるなー。
店のロゴが同じなので、それでわかるけど。

Kuroteinew

で、これがラーメン。

Ramen

にんにくがよく効いた豚骨。
しつこさはなくて、やはり美味かった。
ラーメンはチョット間を空けると、
味が落ちてたりするんだけど、そゆことはなく安心。

で、ラーメンを食べてて気付いたのだが、
バス間に合わなくね?

てか、もうこの時点で天草半島・本渡行きは絶望。
あっちゃー。

といっても、せっかく九州に来て
ブラブラするわけにはいかないので、
いきなり予定変更して、鹿児島まで行っちゃおう!

ということで、鹿児島へ。つづく。

|

« 夜更かし3日目。 | トップページ | 鹿児島まで足を伸ばして。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城という名の別荘!:

« 夜更かし3日目。 | トップページ | 鹿児島まで足を伸ばして。 »