« 和菓子展。 | トップページ | やっと金曜日、あと1日。 »

太閤の野望。

さて、九州遠征その一。

大阪で小学生時代の話を満喫していたので、
22時発のムーンライト九州に乗り遅れる。
というか、あえて乗り過ごした。

翌朝のひかりレールスターで博多まで、
そこから地下鉄+JR筑肥線を経由し、唐津。

さらに呼子方面のバスを乗り継ぎ、
太閤秀吉の邪悪な野望の跡が残る名護屋へ。

全国統一を果たした豊臣秀吉は、明(当時の中国)征服を企み、
その前哨戦として、李氏朝鮮へ派兵。
世に言う、文禄・慶長の役(壬申・丁酉倭乱)である。

その前線基地として築城されたのが名護屋城だった。

朝鮮半島からの旅行者が多いのかどうかは分からないが、
ハングルをよく見かける。こちらは道路の案内図。

Hanguru

まずは、腹ごしらえから。
名護屋は、イカで有名な呼子(よぶこ)の隣町。
バス停近くの店で、イカ丼を。
こういうところで食べるイカは、やわらかくて美味い。

Ikadonup

暑いので、先に博物館を見ながら、
涼んで城址に行くことにする。

無料、というのがうれしい。

Free

撮禁なんで、写真はないが気になったのをいくつか。
まずは、豊臣秀吉の朱印状。

高麗国(朝鮮)を平定し、来年には自分も渡海して、
諸大名の知行割り(領土の家臣への振り分け)を行うなどと
書かれてある書状。

実際には、戦線は膠着しているのに、
このような余裕の見せっぷりは、
後年の日本軍を想起させるようでとてもイヤな気分になる。
なにがそんなに楽観視させたのか。ナゾである。

いずれにせよ、豊臣政権が早々に瓦解する一因は
ここにあるといって差し支えない。

もうひとつ、当時の秀吉軍が用いていた軍船・安宅船(左)。
展示物の模型は写真撮れなかったが、絵葉書を撮影。
船に上に櫓があり、まさに洋上の城郭。

Gunsen

ちなみに、右側は朝鮮軍の亀甲船。
これで李舜臣(イ・スンシン)将軍が秀吉軍を破る。
当初は倭寇対策用に考案されたらしい。

てか、なんで日本軍のは櫓が乗っかってんのか?
織田信長が造った鉄甲船のほうが、はるかに実用的な気が。

さて、一服して城址のほうへ。

大手門跡。

Otemon

ここには、先ほどの博物館では撮禁だった、
名護屋城模型の写真がある。

Mokei1

天守。

Tenshu

なんか、前線基地なのに天守造ってる余裕あるんだねぇ…
という気もしなくはない。城好きらしからぬコメントだけど。

本丸の隅に位置する天守といい、本丸の構造といい、
小ぶりな石で積み上げた石垣といい、
どこか豊臣大坂城を髣髴とさせる構造。

これで、白漆喰ではなく黒下見板の天守なら、
間違いなく大坂城そっくりのはず。

崩れた石垣と土塁で補修された跡。

Itotekinikowasu

名護屋城は、江戸時代に城として機能できないよう、
人為的に破壊されており、石垣が残る部分をそのままに、
破壊された部分は、土塁で復元することで、
破壊の様子が分かるようにしてある。

石垣を組み上げるのも大変だろうが、
破壊するのもまた大変だろうなぁ…ご苦労様なことだ。

小ぶりな石垣とはいえ、あくまで江戸城とかの石垣に比べて、
ということであり、一つ一つの構成要素となる石は小さくはない。
石を崩して放置してあるさまが生々しい。

Itotekinikowasu3

修復されずに凹んだままの石垣。
逆に浮き沈みのあるカーブが、
味のある石垣にしているようにも思える。

Shufukusarezu

一番、補修されているであろう本丸南西石垣。

Honmarunansei

解説板を見ると、どれだけ激しく
破壊されているかよく分かるようになってる。

Kaisetu

これだけの高い石垣を崩そうとすると、
崩すのも危なかったり。下敷きになったりしないかね。

二の丸の一本木。

Odayaka

この写真だけ見れば穏やかな情景だが、
往時は、どうだったろうか。

そして、このあたりにはトンボがいっぱい飛んでいて。
なんとか収めることができたが、なにせ止まってくれなくて、
飛んでるトンボを撮るのは難しい…

Tomboo

そして、最上点である天守台。
本来1F部分が、石垣に囲まれた部屋だったようだが、
その部分を埋めてしまっている。

Tenshudai

「名護屋城天主台址」の文字のフォントがイイ!

Tenshudai2

眺め。

Yobukooohashi

ここに5重7階の天守があったとすれば、
なかなか遠くまで見渡せたのではなかろうか。
往時であればなおさら。

しかし、このクソ暑いのに日陰がまったくない(アタリマエ)ので、
早々に下城することにする。

バスの乗継が悪いので、名護屋から呼子まで歩く。
途中、イカを食べられる店をまた見つけるが…

Boinboshoku

…店の名前、海鮮暴飲暴食って、オイ。
腹下させる気か(笑)

帰りのバス停で、イカ検定なるもののポスター。

Ikakentei

今流行のご当地検定だが、結構反響があるらしく、
受験者は結構いるらしい。
そういや、山梨には「武田検定」があったなぁ。

イカがすごく困った顔をしてるが、そんなに難しいのか(笑)

バスは、唐津市役所前に到着。その一角には、
三の丸の石垣と堀が復元。
櫓も復元モノ、と思いきや中は公衆トイレでした(笑)

Karatsutoilet

唐津城天守は、一度行っているので今回はパス。

マンホールだけ撮っとこ。

Karatsumanhole

小ぶりだけど、カラーも。

Karatsumanhole2

駅前のラーメン屋「ラーメンきあげ」で一服。
(あやのすけきままなお散歩、へリンク)
以前、唐津に来たときも食べて、美味かった記憶が。
半分くらい食べてから、にんにくドサッと。
しつこすぎず、これくらいがちょうどよいです。

Kiage

串に刺さった角煮って珍しいかもね。

そして、この日の宿は佐賀。

灯籠の薄暗い明かりで浮かび上がる
佐賀城本丸御殿や鯱の門を見ようと思っていたのだが、
行った時間が遅かったからか灯籠がところどころ消え、
ライトアップもされていないので、あまりに薄暗すぎ。残念。

Shachinomonsaga

前来たときも、夜だったんだよなぁ。
ちゃんと昼間に撮影しておきたいねぇ…
ま、なにかのときにまた来るだろう、佐賀。

あ、マンホールはしっかりゲットね。

Sagamanhole

今回、佐賀に宿泊ということで、
経験値が1ポイントアップ

九州を制覇いたしましたっ!

さて、次の日は熊本城へ。
城主たるもの、やはり見過ごせないでしょ。

|

« 和菓子展。 | トップページ | やっと金曜日、あと1日。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

TB&↑のリンクありがとうございます♪
名護屋城址の茶室で秋に大福茶の催しに行ったことがあります。
顔が隠れる程の大きな茶碗でお茶を頂きました。
私はきあげのスープ大好きなんですが、いかがですか?

タイトルいいですね!私は、記憶喪失気味で何があっても翌日には忘れてます(笑)

投稿: あやのすけ | 2007.08.23 08:24

nikko81です。

●あやのすけさん

コメントありがとうございます!

きあげのスープ、わたしも美味しいと思います。
久しぶりに唐津を訪れましたが、
よく覚えていましたし。

|タイトルいいですね!
|私は、記憶喪失気味で何があっても
|翌日には忘れてます(笑)

ありがとうございます。
あは、でも落ち込むことがあっても、
すぐに前向きになれそうでいいじゃないですか♪

投稿: nikko81 | 2007.08.24 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太閤の野望。:

« 和菓子展。 | トップページ | やっと金曜日、あと1日。 »