« 甲斐・信濃紀行~その1~ | トップページ | Advanced W-ZERO3 [es] »

甲斐・信濃紀行~その2~

さて、2日目。

甲斐・信濃国境の長坂駅からスタート。
以前、白州の蒸留所に行くのにここから出かけたが、
今回は違いますよ。

それは…長坂翁
前から気になっていた蕎麦屋。

かなり美味いらしいが、結構山奥にあるので、
なかなか行けなくて。

近くに長坂郷土資料館もあって、
ちょうど、「北杜の戦国時代」と題した企画店があるので、
ここでしばらく見学したあとに、翁さんへ行こうかと。

で、長坂郷土資料館。
昔のこの地方の住まいの展示。

囲炉裏のある住まいはいいね。
自分でここで生活しようとすると大変なんだろうけど。

19_nagasakairori

そうそう、昔の家の台所って
下に降りるところがあるんだよねー。
もう今はないけど、昔の古い家に住んでた頃を思い出す。

P10

大河ドラマで出てきていた教来石景政。
実は、あの有名な馬場信春だった。

Kyouraishi

へぇ、このあたりが出身だったんだな。
しかも、サントリーの蒸留所に近いんだな。

20kyouraishihakushu

同じくこのあたりを領地としていた長坂光堅。
なぜか、長坂虎房の子としているが、
確か同一人物のはず…

虎房出家後、釣閑斎光堅(ちょうかんさいこうけん)と号している。
なので、光堅は法名なので、訓読み「みつかた」ではなく、
音読みで「こうけん」と呼ぶのが正しい。
# 法名である「信玄」を訓読みしないでしょ?

21nagasakakouken

長坂虎房は、諏訪郡代を務めるなど、
信玄からの信頼もあったのに、
甲陽軍鑑では、武田家滅亡の端緒をつくった
奸臣とボロボロに書かれているかわいそうな人

さて、いい時間になったので、翁まで戻る。
看板の文字もいい味を出していますな。

22okina

残念ながら、蕎麦の写真はないんだが…
はやってるときに、写真を撮ってから食べる、
というのがなかなかできないんですよね(苦笑)

わたしは食べ応えのある田舎蕎麦。
やはりここまで来た甲斐があったよ。

少し待たされたのだが、帰る人帰る人
「美味い、美味い」といって帰るだけある。

もう少し量があればな、と思うけれども、
これまで食べた蕎麦で一番美味いと思う。
ぜひ、また来たいですね。白州蒸留所とセットで。

帰り、キレイな花だな、と。

23what_is_this

残念ながら、花の名前とか詳しくないので
何か分からないんだけど…

さてまた諏訪に戻り、諏訪市博物館へ。
武田氏については、詳しいつもりだが、
諏訪氏関係は詳しくないので、
こちらも興味深いことが多い。

ドラマでは、高遠頼継が大祝(おおほうり)の位に
こだわっていたが、その理由がよく分かった。

大祝とは、諏訪明神の現人神のような存在で、
大祝の位につくことを「即位」といい、
あたかも天皇家のようだ。

諏訪家は、もともと諏訪大社の神官だが、
平安時代後期に武士化、南北朝時代からは、
神事を統括する大祝家と、軍事を統括する惣領家
に分かれたようだが、衝突が絶えなかったようだ。

戦国の端緒となった応仁の乱後の1483年、
大祝・諏訪継満は従兄弟の惣領、
諏訪正満を誘い出し暗殺するも、
その後継満は高遠に追いやられ、
惣領家頼満が大祝を兼任することとなった。

この頼満が、諏訪氏中興の祖であり、
諏訪頼重の祖父にあたる。

ドラマで高遠頼継が大祝にこだわったのは、
元大祝家であったから、ということなんだろうな。

ふむふむ。大河ドラマに興味ない方、
すみませんね、ムダに長くて(笑)

さて、帰りに茅野駅まで歩いてみました。
タクシーとかバスで帰るというのもあるんだけどね。
歩いてみるといろいろ発見があるモノなんですね。

こちらは、花しょうぶ?
諏訪は花しょうぶで有名だっけ。

24what_is_this2

あと、仙台で季節外れの紅葉、
という話を書いたけど、なんと実際に遭遇。

25kouyou

6月っすよ?
一部だけとかではなく、結構紅葉してました。
なんか…へんな感じだなぁ(笑)

3

このあとは、甲府まで戻り、風林火山博に。
バナーにまでしているのに、
今回行ったのがはじめて。

ただ、結構知ってることが多くて
新しい発見は少なかったかなー。

ただチョット気になるのは、
宣教師ルイス・フロイスが信玄について書いた記事。
仏門に帰依している信玄を警戒し、
キリスト教を迫害する悪魔と決め付けているが、
さてさて、どうだろうか。

仏教といえども宗派の違いは大きいが、
どの宗派も平等に保護した信玄である。

もし天下人になっていたら、キリスト教と仏教を
平和に共存させたのではないか、
という気がするんですけどね。

あと、武田検定なるご当地テストは面白かった。
10問中9問正解。信玄には詳しいが、
信虎のことは知らんもん(笑)

9月にはセンター試験みたいに人を集めて、
公開テストもするそうで。やる?

帰りは、ほうとうを食し、信玄餅を買って帰る。

ほうとう美味いですね。野菜づくしで健康的だし。
美味いものが多い名古屋のきしめんよりも、
平べったい麺に関して言うと、ほうとうに軍配。

「ほうとう」をWikipediaで探してみると、

|一説によると、武田信玄の陣中食だったほうとうが、
|武田家滅亡後に徳川家に召し抱えられた
|武田家遺臣によって徳川家に伝えられたのが
|名古屋の味噌煮込みうどんの起源であるとも言われている。

そうなのか…ありえる話ではあるけどね。
確かに味噌煮込みうどんも美味いけどね…
やはり、ほうとうは野菜いっぱい(特に南瓜)が魅力。
# あ、南瓜って分かる?かぼちゃのことよ。

信玄餅、かなり好きです。黒蜜好きなので。
っていうか、信玄餅新宿でも売ってるから、
ここで買わなくてもいいんだけどね…でも買っちゃう(笑)

|

« 甲斐・信濃紀行~その1~ | トップページ | Advanced W-ZERO3 [es] »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐・信濃紀行~その2~:

« 甲斐・信濃紀行~その1~ | トップページ | Advanced W-ZERO3 [es] »