« 京都という本質。 | トップページ | 固い意思? »

利き水大会。

さて。

東京の水道水「東京水」と
大坂の水道水「ほんまや」の飲み比べ。

Nomikurabe

ついでに、神戸の水道水(神戸の水だより)と、
SUNTORYの南アルプスの天然水(ミネラルウォーター)も一緒に。

結論から言うと、もし本当に蛇口からこれが
出てくるんであればすごいな、と。
東京も大阪も、非常にミネラルウォーターに近いといっていい。

しかし、東京水と家の蛇口の水を比べると、
やはりそのままではカルキくさく、
一度沸騰させて冷ました水でもやはり差はあり。

あと、東京水とほんまやは非常に似ていて、
神戸の水だよりと南アルプスが似ている感じ。
これは、硬度の違いかもしれない。
(前者同士、後者同士は硬度が似ているので)

やはり、しのぶさんが言われていたように
水道管を通ってくる間に、ダメになるんだろうな。

ということであれば、飲料水だけ別の配管にするとか、
週1回の配給にするとか、ペットボトルじゃなくて、
自分でポリタンクに汲めるようにするとか、
そうしないと、せっかくの高度浄水処理が活きないなぁ。

っていうかなかなか違いが分からなくて、
どんどん飲んでいたら、水腹で苦しい(苦笑)

|

« 京都という本質。 | トップページ | 固い意思? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
自分は、「南アルプスの天然水」がいいですね。

投稿: H・K | 2007.05.04 20:24

やっぱり城めぐりをしてきた(笑)nikko81さん、こんにちは。

飲み比べレポ、ありがとうございます~!
というか、お疲れさまです~(笑)。
どれも、多少水質が違うかなあ程度で
ほっとんど違いはないようですね。

そして、やっぱりペットボトルに入ってる水と
蛇口から出る水とでは全く別物なんですよね~。
それぞれの水道局では、
水道管も順番に交換していく予定だそうですが
公立の水道管が綺麗になっても
ビルや住宅の中の水道管が汚かったら
元も子もないし・・・。

まあそれでも、こうして蛇口から出る水を安心して飲める、
というだけでもすばらしいことなのかも知れませんね~。

投稿: しのぶ | 2007.05.04 22:00

おおー、ついに利き水されたのですね。
私もこういうの好きです。

飲用専用配管ではないので、こうなってしまうのは
仕方がないのかなと少々諦めています。

しのぶさんも仰るように蛇口から出る水を
安心して飲めるのは、ありがたいですね。

かなり安く飲める水がどこでも簡単に…
というのは諸外国に行くとなかなか難しいですものね。

投稿: てぃー | 2007.05.04 22:20

やっぱり城めぐりをしてきたnikko81です(笑)。

●しのぶさん

多分、「高度浄水処理」自体はあまり変わらないものなので、
東京と大阪では差がなかったんだと思います。

水道管を交換して…となると
けっこう気が遠くなりますね。

もう少し飲料水だけでも、
別の配送ルートがあればと思うのですが…

|こうして蛇口から出る水を安心して飲める、

そうですね、ちょっと水については
日本は恵まれているわけですから…
ミネラルウォーターと同じに、なんて
贅沢なことかもしれません(笑)

●てぃーさん

|かなり安く飲める水がどこでも簡単に…
|というのは諸外国に行くと
|なかなか難しいですものね。

そうです、そうです。
ホントかウソか、フランスではワインよりミネラルウォーターのほうが高い、
なんていう話も聞きましたし(ウソかも…)

日本にいると、日本の実情が常識に
なってしまいますがちですが。


投稿: nikko81 | 2007.05.05 13:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利き水大会。:

« 京都という本質。 | トップページ | 固い意思? »