« 城と桜と~姫路編~ | トップページ | 城と桜と~津山編~ »

城と桜と~岡山編~

さて、次の日。岡山城である。
そもそも、ムーンライトながらの指定席を取ったのは、
岡山城を見に行きたいからだった。

その中でいろいろ調べていくと、
名古屋城の櫓公開や、姫路城のイベントをみつけ、
プランに組み入れたんだよね。

そして、見たかった桜と岡山城の組み合わせ。
いい感じでしょー。

Okayamatenshu

一番好きな城だけに、ずーっと見ていても飽きません。
これがなー、戦争で燃えなければなー。
そう、戦争で天守が燃えてしまっている。

しかも、戦後の再建時、6階以上建造物には、
エスカレータの設置が当時義務づけられており、
本来は入り口のないところに、
石垣を取り払って入り口を作ったりしている。

今ではこんな暴挙はないだろうが、
まったく口惜しいことである。

桜は不明門のほうにも、咲いている。
しかし全体的には、桜はあまり植わっておらず、
当然、桜の名所ではない。

Fumeimon

岡山城天守は、他にはない
非常に個性的な形をしており、
天守台が五角形だったり、
東西に広く南北が極端に狭かったりして、
それがかえって、見るアングルによって、
違う姿を見せてくれて、とても興味深い。

天守南面。

Nanmen

天守西面。

Seimen

写真の縦横比をいじった合成写真じゃないですよ(笑)
南北からの眺めが、どっしりとした感じがするだけに、
東西からの眺めの細さがよりいっそう強調されますな。

北東面・北西面からの眺めは、
2年前(2005年)の記事からどうぞ。

さて、肝心の桜は旭川の川縁に植わっていて、
河川敷では、やっぱり宴会モード。
でも、宴会とっても仕方ないよね(苦笑)

Kasenjiki

でも、かなり多く植わっていて、
あまり香りを漂わせる花ではないが、
かすかに春の香りがしたような…気がした。

また、以前いた場所に猫。
だけど以前のヤツとは、別の三毛猫だった。

Cat

今回は、後楽園には行かなかった代わりに、
今に残る石垣や他の櫓も。

まずは、重要文化財の月見櫓。
江戸時代の建造物が戦火を潜り抜け、現存。

Tsukimi

実はこれ、昨日(4/14)から特別公開なんだよねー。
タイミングわりー。

山陽放送会館のあたりは、比較的よく石垣が残り、
城跡を感じさせる残り方ではないが、
城跡であることを忘れても、石垣のある通りというのは、
どことなくいい感じがするな。

Street

その先には、石山門跡。
天守同様、戦前まではあったらしく、
戦災により焼失とのこと。

Ishiyamamon

さらには、ちょっと市街地に隠れてしまっているが、
西の丸西手櫓。これも、月見櫓同様現存櫓で、重要文化財。

Nishinomarunishiteyagura

さて、そんな感じでぶらりぶらりと、
岡山駅まで戻ってきて、どうするか。

前日ホテルの中で、PC(LOOX Pもってってます)を開き
地図を眺めて、どこに行こうかなーと探していて。

見つけたのが、岡山県津山市。
津山線で1時間30分のところで、
最近津山城址に備中櫓が再建され、桜の名所とのこと。

まだたっぷり時間はあるし、
ということで、津山城に向かうことにする。

|

« 城と桜と~姫路編~ | トップページ | 城と桜と~津山編~ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城と桜と~岡山編~:

« 城と桜と~姫路編~ | トップページ | 城と桜と~津山編~ »