« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月

あれっ…

あれっ…
またぁ?

そう、また。
会社の同期と中学校の同級生の
結婚式二次会で、大阪に帰ります。

てか、素直に新幹線使えってか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サントリー美術館。

日曜に行ってきた東京ミッドタウン。
後で飲み会が控えていたので、
あまり買いものはせずに、見て回った。

日本のデザイン展も見てきたが、
知っているものが多くて、
あまり特筆するものは少ないかな。

でも、デジタルものが時代を遡るほど、
古臭さを感じるのに対し、アナログなものほど、
今見てもいいデザインだな、
と思えるものが少なくないような気がする。

デザインのよさにはまず、性能/機能進化の頭打ちが
いっかい必要なのかな…とも。

そのあとのサントリー美術館がけっこう気に入って、
後でWebサイトを見て、あぁこれこれと
今また振り返って眺めている。

館内の雰囲気もよくて、
洗練されているんだけど、堅苦しくない感じ。

会館記念として「日本を祝う」をやっているが、
長崎ガラスや薩摩切子などのガラス製品に惹かれ。

織部焼の土色もいい色をしていたし、
ヨーロッパの杯を模したと見られる造形もいい。

あと、明治時代の「五節供蒔絵手箱」。
江戸時代のものは、金色が多くて装飾が華美だが、
やはり蒔絵は、黒漆塗がしっかりしてないと、
金が引き立たないな、と実感。

これは適度の空間があって逆に、
黄金色で描かれているものがとても引き立っている。

こちらでいろいろ探してみてくださいな。
Webで見ているだけでも、けっこういいものです。
もちろん、気になったら是非ミッドタウンへ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ビックリマン。

ビックリマン。
ビックリマン。
結構復刻モノをやるので、
ついつい手が延びてしまう。

今度は七色のホログラムシールのみ。

小学生の頃は苦労して
集めたのになぁ。

ヘッドロココ、なつかしぃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mini-TabletPC対抗馬。

今使っているLOOX Pの対抗馬となるか。
工人舎の7型ミニノート。

今までペン操作できないなんて、
ぜんぜん眼中なかったのだが、
ここに来て、デザインを変えずに
タッチパネルだけ搭載。(PC WATCH)

黒いデザインも(白もあるのだが)なかなかいいし、
とにかく安い。99,800円(Officeなし)。

ただ、AMDのGeode LX800というCPUのパワーに懸念
(さすがに500MHzでどこまで使えるか)があったり、
液晶はやっぱり荒く800*480ドットだったり、
という気になるところはデザインそのままなので、
やっぱり懸念事項もそのまま。

一通りの端子類は備えるが、特筆すべきは
SDカードスロットがSDHC/SDIO対応ということ。
なかなかいいポイントかもしれないな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京ミッドタウン。

東京ミッドタウン。
東京ミッドタウンに来ています。

デジカメが壊れていることが発覚。
MEDIASKINにがんばってもらわなくては。
日本のデザイン展を見たあと、
ガレリアのゆっくり滴る水の場所で。

意外と許容範囲の人混み。
風が強くて天気もアレなんで、
サントリー美術館にでも、行ってみますか。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

減量作戦1年経過。

朝・昼に食事のボリュームを持ってきて、
夜はなるべく食事を抑える作戦を始めて1年。

もちろん、黒烏龍もヘルシアウォーターも1年飲み続け、
相変わらず週末は各地を歩き回り…
作戦決行から、ただいま-12kgでございます。

具体的な体重は書いてなかったと思うんだけど、
実は、はじめたとき81.5kg。
身長171cmに対し、81.5cmだからけっこうヤバイ。
# そりゃ、スーツが破れたりもするはずだ(苦笑)

で、今-12kgの69.5kg。
実は20代で初めて70kg台を割ったのです。
もう20代があと数ヶ月…というところでギリギリ。

けっこう体重って、日によって、時間によって、
また、食べる前と後とでは、けっこう変わってくるので、
まだまだ上下するとは思いますがね。

2007年に入って入浴剤「ゲルマバス」と、
岩盤浴(基本週1)も継続的につかってて、
新陳代謝維持に一役買っているようで。

ゲルマバスは、かなり硫黄の臭いがするけど
(個人的にはNo Problem)、汗の出方が半端じゃない。
しかも、長風呂。最近は、汗をだらだら流しながら、
水分補給しつつ、TVを見るのが常(笑)

あと、岩盤浴も近くのお店の常連と化しており、
回数券もってるし、店長のおねーさんと世間話するくらい、
普通に行くようになっている。

そういった発汗による効果もあるのか、
体重は減っても筋肉は落ちずに、体脂肪率だけが↓。
(1年前と比較して多分-5~6%ぐらい減)
基礎代謝量も体重減前と、ほとんど変わりなし。

一方であくまで昼食は、脂モノであろうが、何であろうが、
好きなものをしっかり食べるという方針なので、
続けられたんだろうな、と。

単にストックとしての体重を減らすのではなく、
少々(あくまで少々、ね)食べても燃やしてしまえるような
体内環境にしてしまえばよいのだ。

そろそろ普通に戻してもいいのかもしれないけど、
慣れてくると、案外今の食生活でも悪くはない。
もすこし条件を緩和して、常に±0くらいにさせようかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ミニノートPCへの期待。

Intelの開発者向け会議である、
Intel Developer Forumの記事(PC WATCH)。
(ちょっと専門的すぎなエントリだな、これ)

基本的にわたし個人的には、
CPUのパフォーマンスにはほとほと興味がない。
別にCore Duoが載っても…ふーんという感じ。

むしろ、モバイルPCをメインにするので、
いかに小さくなるか、どれだけ軽くなるか、
どれだけ低消費電力にできるかに興味がある。
(もちろん、TabletPCは必須要件)

Intel Ultra Mobile Platform 2007として、
提唱するUMPCがどの程度使い物になるか、
ということは、モノを見てみないとなんともいえないが、
コメントだけ見ると、さらに小型化、長時間稼動化
が進んでいきそうな予感はする。

UMPCだけではなく、通常のPC用CPU
(笠原一輝のユビキタス情報局)でも、
2008年第三四半期にでる次々世代で
かなり小型化が進むだろうとのこと。

ここで、各メーカーがどんな味付けをしてくるか、
期待が持てる見通しはうれしいニュース。

逆に言えば、2007年から2008年前半は、
あまりモバイルPCの劇的な進化はないか…ともいえるが。

それまでいまのLOOX Pでガマン…するか。
別に今のところは不満ないしな。
あと、1年半か…もつかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まーた、買っちゃった。

まーた、買っちゃった。
どんぶり付きチキラ。

今度はmini。
おやつ代わりには、これくらいにしておかないと。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ブログ書いてる場合じゃない!?

昨日も今頃の時間まで、
ネットしてたり、コメントつけたりしてたのだが、
翌朝、起きてビックリ…もうこんな時間かよ!

ということで、あんまり夜更かしすると
寝坊しそうなので、さっさと書いて寝ます(笑)

●現代風ドラえもん。
 (Infoseekニュース)

すでに声優さんが変わっている時点で、
同じキャラクターと認識するのが難しくなっているのだけど。
さらに、キャミソしずかちゃんだなんて…なんか違う。

●有機ELテレビ。(フジサンケイビジネスアイ)

ケータイであれだけきれいなんだからな。
ハイビジョン放送を有機ELでみたら、
それほどキレイなんだろうか。

それほどテレビっ子(子って…笑)ではないので、
液晶TVはそんなに買い換えたいと思わないのだが、
これはちょっとグラッとくるかもしれない。
もちろん、お値段とは相談だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三重地震。

最近、地震が多い。
今日は、三重で地震

以前訪れた亀山城跡で
石垣が崩れてしまったらしい。
幸いにもこの石垣崩落でけが人は出ていない模様。

シャープの亀山工場も揺れたようだが、
製造ラインは無傷。すごいね。

県下ではけが人が数名いらっしゃるようだが、
大事には至ってはいないようで、まずは安心か。

地震多いなぁ、このところ…やだやだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

MEDIASKIN いまさらながらのレビュー。

すっかり、うっかり忘れてました。
そうだ、ケータイ変えたんだった。

あまりにも生活になじんでしまっているので、
変えたのがつい最近だったというのを忘れそうで。

で、MEDIASKINですが、
発売日に購入したため、
ケータイとしてはかなり高額でしたが、
満足度はかなり高いです。

【いいとこ】

●薄いのに機能が豊富

そうなんですよ。薄シンプルなデザインなのに、
Felicaはあるわ、PCサイトビューワーはあるわ、
ワンセグもついてるし、ちゃんと外部メモリ(MicroSD)もある。

INFOBARのころは、デザインはいいけど、
機能的には1世代前という感じで、
デザインがいいんだから、いいでしょという雰囲気だった。

それがもう、au design project初の端末でも、
一緒に発表される他の機種と機能的に変わらないんだから、
逆にデザインのよさ、というのはもう普通のことなんだな、と。

前機種のW33SAからは何の機能ダウンもなし。

●画面がキレイすぎ

この画面なんですが、液晶じゃない。有機EL。

液晶は自発光しないので、
どうしても後ろから照らす必要があり、
コントラストに弱いんだけど。

なに、このくっきりさ!
なに、この発色の鮮やかさ!

液晶じゃありえません。
有機ELをメインディスプレイで使うなんて、
展示会くらいでしか、見なかったが、
製品になると感動もひとしお。

よくmicioさんところの美しい琉球写真を
拝借して壁紙にしたりしてますが、
えらいことになってます。キレイすぎ。
micioさんにもぜひご覧に入れたいですわ。

●モバイルSuica

モバイルSuicaができる「から」、
対応端末に変えようという気持ちはなかったのだが、
せっかくできるんなら、やってみようと。

いい感じです。最近Suicaが使える店が多くなってきたし、
ケータイならいつも手に持っているので、
改札で「ピッ」とやるときにもスマート。

●手触り

MEDIASKINの「SKIN」たる所以が、
本体のポリウレタン塗装。
けっこう好みは分かれるかもしれないが、
わたしはかなり好みですね。

汚れもつきにくいし、すぐに拭いてしまえるし、
傷にも強そうな予感。

【ダメなとこ】

といっても、ダメなところもアリ。

●ボタンが押しずらい

たぶん、けっこう他のサイトやレビューにも
書いてあると思うけれども、ボタンは押しにくい。

それは、ボタンが…というよりも本体の形状が、
縦方向に短いんだと思う。

折り畳みじゃないので、どうしても画面+テンキーの
面積が狭くなりがちではあると思うんだけれども、
それにしても、もうちょっと長くして。
画面ちっちゃくなるのは、ダメですよ。

ま、それでも、住めば都じゃないですが、
使っていくうちに慣れてしまうのかもしれないけど、
MEDIASKINで、アクションゲームはできんわ(苦笑)

●ワンセグ見るのにイヤホン必須

これは、一般的に言えばダメなところなんだろうな、と。
ワンセグのアンテナが内蔵されていないので、
アンテナ代わりの必須。

でも、自分はワンセグは見ない人なんだ、
ということがよくわかったので、
てぃーさんがおっしゃっていたように、
ワンセグモデルだと、バッテリの持ちがいいんじゃないか、
というところだけ、メリットを享受しときます(笑)

●クレードルが横向き・ワンセグ視聴用?

といいながら、クレードルはなんと
横向きにセットする仕組み。

アンテナがないのに、ですよ?

本体を横向きにし、アンテナイヤホンを装着して、
ワンセグ見るんですかね?

それだったら、クレードルのほうに、
ワンセグのアンテナをつけておくべきでは?

クレードルが横向きなもんだから、
充電しながら使うのがやりにくい、やりにくい。

●スケジュール100件だけ

スケジュールそのものは、けっこう使いやすく、
W33SAのものよりもいい。
カレンダーを2ヶ月同時に表示したり、
一日の予定も4件までプレビューで表示できるし。

ただね、記憶できるのが100件っていうのが
あまりにも少なすぎ。
W33SAの200件でも少ないと思っていたのに。
500件くらいは必要だと思うんだけど。
ケータイでスケジュール管理しようとすると。

なんで、過去のスケジュールは
速攻消しまくっています(泣)

そんなところでしょうかね。
基本的には満足ですが、
まー、完全無欠な端末っていうのはないんでしょうね…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

城と桜と~津山編~

さて、岡山駅から津山線経由で津山へ。

ここに限ったことではないのだが、
山陽側から山陰側に向かおうとすると、
とたんに電車の接続が悪くなる。

今回は、岡山⇔津山往復なので、
津山から先、乗り継ぐことはないので、
津山から出る電車の時間さえ、確認しておけばいいのだが。

時刻表にはこんな注意書き。

Fuben

5時30分の電車のあと、13時30分まで電車ないとか、
10時の電車のあと、17時までないとか、ありえへんし(笑)
ま、毎月1回だけみたいですが。

さて、駅を出ると怪しい空模様。
あれだけ午前中晴れていたのに、もう曇り空かよ。
というか、雨が降ってきそう。いやーん。

吉井川に掛かっている今津屋橋から。
再建された備中櫓を確認。

Enkei

足元には、マンホール。
作州とは、美作(みまさか)国の中華風呼称。
何で河童なんだろうなぁ。

Tsuyamamanhole

津山城址である鶴山公園には、本当に人だかり。
さすがさくらの城下町。

Hitoippai

再建された備中櫓。

Bicchu

なぜこれを(天守ではなく)再建したかというと、
見た目は、少し張り出した石垣の上に建てられ、
天守に次ぐシンボル的存在であったらしいが、
内部は御殿建築にちかく、畳敷きで特徴的でだから。

Fromtenshudai

なかなかの盛況ぶり。
たしかに畳敷きでなおかつ、上段の間とかあるのは、
まさに御殿の一部ということなんだろうな。

ただ盛況すぎて、人ばっかりだったので、
内部の写真は控えさせていただきます(笑)
半分人が写ったようなのばっかりなんで。

石垣に登ったところから、桜を。
単に桜があるよりも、石垣とセットだと風情が
やっぱり違って見えるねぇ。

Ishigakisakura

しかし、駅からそんなに近くない割には、
けっこう電車の時間まで短くて、
あまりゆったりはできず。

ふと時計を見ると、やばい!
はよ、帰らなというときに限って、
道を間違えたりする(笑)

でも、道を間違えたおかげで、
桜だけでなく、菜の花も見ることができた。

桜と菜の花と、石垣と櫓と。

Nanohana

菜の花とか、こういう機会がないと
じっくり見ないもんなー…って時間ないんでしょーが!

Nanohanaup

ま、結果的には問題なく乗れたわけなんですけどね。

このあと、モブログしたように、
京都によって、駅前の京都タワー浴場でさっぱりとしたあと、
やっぱりまた、ムーンライトながらで東京まで。

あわただしい桜めぐりでしたが、
かなり満足度が高い旅になりましたっ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

城と桜と~岡山編~

さて、次の日。岡山城である。
そもそも、ムーンライトながらの指定席を取ったのは、
岡山城を見に行きたいからだった。

その中でいろいろ調べていくと、
名古屋城の櫓公開や、姫路城のイベントをみつけ、
プランに組み入れたんだよね。

そして、見たかった桜と岡山城の組み合わせ。
いい感じでしょー。

Okayamatenshu

一番好きな城だけに、ずーっと見ていても飽きません。
これがなー、戦争で燃えなければなー。
そう、戦争で天守が燃えてしまっている。

しかも、戦後の再建時、6階以上建造物には、
エスカレータの設置が当時義務づけられており、
本来は入り口のないところに、
石垣を取り払って入り口を作ったりしている。

今ではこんな暴挙はないだろうが、
まったく口惜しいことである。

桜は不明門のほうにも、咲いている。
しかし全体的には、桜はあまり植わっておらず、
当然、桜の名所ではない。

Fumeimon

岡山城天守は、他にはない
非常に個性的な形をしており、
天守台が五角形だったり、
東西に広く南北が極端に狭かったりして、
それがかえって、見るアングルによって、
違う姿を見せてくれて、とても興味深い。

天守南面。

Nanmen

天守西面。

Seimen

写真の縦横比をいじった合成写真じゃないですよ(笑)
南北からの眺めが、どっしりとした感じがするだけに、
東西からの眺めの細さがよりいっそう強調されますな。

北東面・北西面からの眺めは、
2年前(2005年)の記事からどうぞ。

さて、肝心の桜は旭川の川縁に植わっていて、
河川敷では、やっぱり宴会モード。
でも、宴会とっても仕方ないよね(苦笑)

Kasenjiki

でも、かなり多く植わっていて、
あまり香りを漂わせる花ではないが、
かすかに春の香りがしたような…気がした。

また、以前いた場所に猫。
だけど以前のヤツとは、別の三毛猫だった。

Cat

今回は、後楽園には行かなかった代わりに、
今に残る石垣や他の櫓も。

まずは、重要文化財の月見櫓。
江戸時代の建造物が戦火を潜り抜け、現存。

Tsukimi

実はこれ、昨日(4/14)から特別公開なんだよねー。
タイミングわりー。

山陽放送会館のあたりは、比較的よく石垣が残り、
城跡を感じさせる残り方ではないが、
城跡であることを忘れても、石垣のある通りというのは、
どことなくいい感じがするな。

Street

その先には、石山門跡。
天守同様、戦前まではあったらしく、
戦災により焼失とのこと。

Ishiyamamon

さらには、ちょっと市街地に隠れてしまっているが、
西の丸西手櫓。これも、月見櫓同様現存櫓で、重要文化財。

Nishinomarunishiteyagura

さて、そんな感じでぶらりぶらりと、
岡山駅まで戻ってきて、どうするか。

前日ホテルの中で、PC(LOOX Pもってってます)を開き
地図を眺めて、どこに行こうかなーと探していて。

見つけたのが、岡山県津山市。
津山線で1時間30分のところで、
最近津山城址に備中櫓が再建され、桜の名所とのこと。

まだたっぷり時間はあるし、
ということで、津山城に向かうことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城と桜と~姫路編~

さて、時間は18時を回った頃。
姫路に到着です。

大手門前には新調された橋がかかっていた。
本当にごく最近のことらしくて、
来城していた人々も、新しくなったんやね、
といっている人が多かった。

Sakuramonbashi

あたりは、花見ムード一色で
あちこちでどんちゃん騒ぎ。
だから、桜の木も疲れてしまうんだろうか(笑)

Otsukaresama

ちょうどライトアップが始まった頃。

Sakura2

天守にはライトが当たっているが、
ちょっと天守が前面に出すぎか?
桜がちょっと暗い。

Himejitenshu1

どっちも、というのは無理っぽいので
ブルーモーメントのいい時間に天守を撮っておく。

Himejitenshu2

広場に出るまでの道で、桜の花びらのカタチをした
ライトが照らされて。粋なはからい。

Sakuralight

さて、日が落ちて暗くなって。
なんとか桜と天守を上手く撮ってみる…

Himejitenshu4

しかし、夜桜というものも、またいいもので、
昼の青空の下で見る桜とは違った、
ちょっとどことなく、妖艶さすら感じさせる。

Yagurasakura2

このあとは「播州しらさぎの湯」へ。
姫路城をみながら、湯船につかれるとのこと。

たしかに、見れはするのだが、
城が見える湯船はすっごいぬるいし(低温浴だとしても)、
ガラス越しなので曇ってよく見えなかったり…
ま、630円だったからいいか。

このあとは、岡山まで足を伸ばして、
次の日の朝の岡山城に備える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城と桜と~名古屋編~

さて、先週(4/7~8)の話。
せっかく18きっぷシーズン&桜シーズン、
ということでムーンライトながらで西へ。

実は、この季節、4月6日=城(4・6)の日、
ということで各地の城でも、
いろいろイベント中だったりする。

まずは、名古屋城。

名古屋城では、重要文化財の西北隅櫓、東南隅櫓が
期間限定で公開中。

地下鉄で名城公園駅まで行ってもいいんだけど、
ムーンライトながらで来ているので、
開城までまだ時間はたっぷりあるので、歩いていく。

お、マンホール。

Nagoyamanhole

途中、こんな地名を発見。

Nagono

実は、名古屋が現在の「名古屋」の字が
当てられたのは、尾張の本拠が清洲から
名古屋に移った江戸時代初期。

それまでは、「那古野」という字が当てられていて、
かの織田信長も、現在の名古屋城
二の丸付近にあったとされる那古野城で誕生したという。

そして、名古屋城築城後、那古野の地は、
名古屋(なごや)と区別するために、
「なごの」と読むようになったそうな。

昔、那古野という字を当てていたことは知っていたが、
今、この字を「なごの」と読んでいることは初めて知ったよ(笑)

…閑話休題。

名古屋城に着いたら、正門ではなく東門へ。
だって、朝開門と同時に入るわけだから、
写真を撮るのに、逆光にならないように。

東門前には桜の開花状況。満開。

Mankai

9:00開門と同時に入城し、東南隅櫓を確認。
2層に見えるが内部は三階。
2層だけど、かなり大きな櫓。後で入りますよ!

Eastsouthyagura

桜とセット。いいですなー。

Eastsouthyagura2

中心の曲輪に入ると、見えてきました。
名古屋城天守。これだけでもなかなかいい眺めですが、
肝心の桜が上手く入りません。

Tenshu1st

そこで、入ってすぐの東南隅櫓内部へ。

Eastsouthyagurakoukai

どうですか、このショット。
東南隅櫓公開中限定の、レアショットですよ!

Tenshu4th

今、名古屋城では本丸御殿の再建を検討中だが、
かつて本丸御殿があったときには、
こんな眺めだったらしい。
天守内展示の高い場所の展示(もち写真OK)を
無理して撮ったので傾いてますが(苦笑)

Oldnagoya

本丸御殿がなくなってしまったらこそ、
桜を植えることができたというのは、皮肉なものだが。

さて、櫓を降り、天守周辺をうろうろして、
写真を何枚も撮ってみる。
いずれからみても、しっかり桜が周囲に植わっている。

天守東面。

Tenshu6th

天守東側奥にエレベーター。
ったく、大阪城といい、宇都宮城といい…
もっと風情のある外観にできんのか!

Elevatornagoya

天守西面。

Tenshu7th

天守南面。
東西からの眺めは、どっしりした重厚感があるが、
南からの眺めは、小天守とあいまって、
スマートにも見える。

Tenshu3rd

これ、携帯の壁紙用にいいな!

さて、御深井丸(おふけまる)の西北隅櫓(清洲櫓)のほうへも。

Westnorthtagura

内部はかなり広く、他城の天守をもはるかに
上回る広さにびっくり。さすが名古屋城。

階段も急ではあるが、途中の踊り場なども、
非常にゆったりしており、珍しい構造。

Westnorthtagura2

さて、戻ってきて西南隅櫓を確認する。
残念ながら、西南隅櫓は入ることはできない。

Westsouthyagura

1891年の濃尾地震で倒壊するが、
1893年陸軍省から宮内省へ移管され、
名古屋離宮となったあと、
宮内省の手で、倒壊した西南隅櫓が再建。

そのため、鬼瓦は天皇家の菊花紋。
そういや、関東大震災で倒壊した江戸城富士見櫓も、
菊花紋に変わっていたっけ。

Kikka

ふと目を下にやると、なにかいるぞ!

Castledeerenkei

シカがいる!でもなんで??

Castledeer

さて、うろちょろしていたら、
もう時間は12時前。3時間近くも名古屋城で
過ごしていたことになる。

きれいな桜とあいまって、ついつい長居。

昼は、矢場町の萬吉兆へ。
お昼のひつまぶしがなんと、1,050円。お手軽。

Hitsumabushimankiccho

行列のできるような超有名店もあるけど、
並ばず、安く、内装が洒落てて、しかも美味い。
お気に入りのひとつに加えたい店。

この後は、東海道線を乗り継いで、姫路に向かう。
姫路に着く頃は、ちょうど日が暮れた頃。
ライトアップがきれいなブルーモーメントの時間。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

まだ、あるよー。

ちょっと長そうだったので、
別エントリにしてみました。

●平べったく、かばんに入りやすい。
 (日経デザイン)

おおー、これは便利そう。
なんてことはないと思うけど、
やってしまうまでは、意外に気付かないんだよね。

これって、プルタブ式の缶が、
リングプルに代わっていったように
将来的に置き換わって行く可能性もあるかも。

●歌詞カードもバラ売りしては?
 (シロクマ日報)

まぁ、確かにDLでの音楽購入が増えてくると、
当然歌詞もジャケットもバラで売ってくれ、
ということになるんだろうなぁ。

聴く側からすれば、当然好きなものだけを
買えればいいんだけど、
曲作りをしている人からすれば、
アーティストがコーディネートしたセットとしての
作品を聴いて見て欲しいという人もいるだろうからな。

どうなんでしょうね。

●岡○隆史…
(大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」)

HPの特集なんですけど…
PC事業統括の副社長の方、
名前が…一瞬ナイナイ?と思ってしまいました(笑)

●HPのデザイン展望。
 (青山祐介のデザインなしでは語れない)

今度はちゃんと、HPのPCの話(笑)
同じ外資系メーカでも、HPは洗練されているような。
だから、TabletPCを欲しいと思ったとき、
HPのTC1000が一番、デザインのよさが際立っていた。

今、美しい波紋をデザインした方も、
TC1000が最も気に入っているというが、
その波紋形のHP Imprintもなかなかいい。
世界的にみても、男女別にみても、
好き嫌いが分かれないのだそうだ。

●スローなPCへ。
 (本田雅一の「週刊モバイル通信」)

たしかに。1年に3度も
モデルチェンジしなくていいよね。

わたしは常々思っているが、
CPUだとか、HDDだとか、いわゆる基本スペックに
類するものは、もう別に気にしなくていいのではないか。

そんなちまちましたアップグレードをするくらいなら、
さっきのHPの話じゃないが、もっとじっくり腰を据えて、
デザインに本気になって取り組んで欲しいし、
タブレットPCのように、本当に使い方を一新するようなものを
以下にコンシューマ市場に溶け込ませるか、
ということをじっくり考えて欲しいと思う。

|ユーザーは“目新しさ”を求める傾向が強い

というのは、言い訳に過ぎなくないか。
特定の販売シーズンにおいて、

|その年に発売されたという目新しさが、
|スペックだけでなくデザインや
|機能などにも盛り込まれていなければ、
|店頭での販売実績店頭での販売実績につながりにくいという。

であるのならば、それは「目新しさ」でしか、
量販店で売ろうとしていないからではないか。
もっと違う「目新しさ」以外のところで、
じっくり勝負する環境になっていないのだろう。

ある種、成熟商品化しつつあるPCは、
横一線であれば、当然価格が下落してくるはずであり、
そこから飛びぬけるには、

|デザインや使い勝手、品質感などに関して、
|もっと落ち着いて設計された道具が欲しい
|と思う人も増えてくるのではないだろうか。

というのは、まさにその通りだと思う。
わたしもそういうPCが欲しいと思うひとりだ。

ぜひ、熱いこだわりと深いストーリーのある
商品が生まれるようなPC市場になって欲しいなぁ。
安売りパソコンだけが、市場に出回るなんて、つまらない。

PCに興味を持ち始めた頃のような、
あのワクワク感をもう一度。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

たまる、たまる。

放っておくと、どんどん溜まるねー。
ということで、気になる記事をメモメモ。
先週末の桜便りはもちょっと、お待ちを。
# かなり満足のいく写真が撮れましたよ。

●おもしろ前世診断。
(東京+SOHO+すたいる & よかった探し。)

てぃーさんとことcolortailさんとこで、
紹介されていた「おもしろ前世診断」をやってみて。

わたしは、「考究する者」だそうです。

|飽くなき知識欲と探究心で
|未知なるものを探し見つける者

なるほどなー、確かにそうかも。

|比較的に誰とでも上手にコミュニケーションをこなしていけるけど、
|一端こだわると、誰ともウマくいかない相性なんだよ。
|まぁ、時間をかけた付き合い方が出来れば、
|悪い相性の人物とも、穏便に過ごして
|行くことが出来る関係だからね、
|あんまり些細なことにこだわって、
|仲を悪くするモンじゃないよ、覚えておきな。

確かに、確かに。
うまく立ち回ることはできるんだけどね、
どっかこだわってしまうと、
結局長続きしないんだよね。

ちなみにスピリチュアルクエスチョンでは、
「夢見る天文学者」でした(笑)

●しばじゅん、おつかれさま。
 (イザ!)

東京の追加公演も終了し、
デビュー初の全国ツアーを終えたしばじゅん。
おつかれさまでした。

|ツアーでいろいろな経験を積んだので、
|明日からのシバジュンは変わります

ぜひ、新生しばじゅんを魅せて下さいっ!

●インテリア照明選びの♂と♀。
 (デジタルARENA)

なるほどー、と思いながら読んでて。

|こうしてインテリアの「白の分量を多くする」
|ホワイトベースの女性に対し、
|一方、男性はというと、「黒の割合が高くなる」といいます。

そうですね、まさにその通り。
ここ1,2年とくにブラック好きがエスカレートしてる
nikko81ですので。

腕時計、モバイルPC、ケータイ、デジカメ、
サイフ、ゲームボーイミクロ、ぜーんぶ黒。

服も黒っぽいことが多く、
上下まったく黒ということさえあるし。

でも、

|メカっぽいのがお好み

というのはどうなの、という気も。
おそらく、「材質はスチールで、硬質なメタル調。
そして“機能美あふれる”デザイン」を指したものだろうが、
どうもそれと、「メカっぽい」というのが、
わたしには、イメージがつながらないんだよねー。

なんかいろいろ動かせるものが好きだったり、
何のために照らすかを意識しているとか、
言い当てているんだけど、メカじゃないんだよねーメカじゃ。

で・す・が。

|こういう暖かい色のランプも断然、男性よりも女性に好まれる

照明器具に限って言うと、暖かな色が好き。
やっぱり落ち着く暖かい色が好き。
でも、機能的に「おっ!」と思わせるギミックも欲しい、
そんな感じでしょうか、わたしは。
あと、全体照明を落として、
間接照明だけでぼぼーっとさせるのも好きだ。

|こうした「ふわぁ~」とした明かりを
|好きだという男性は「そういない」

いるんですけど、ここに!

…その2に続く!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やっぱり京都に寄る。

やっぱり京都に寄る。
まだ時間があるので、
京都タワーでさっぱりしてから、
(やっぱりムーンライトながらで)
帰ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

津山さくらまつり。

津山さくらまつり。
岡山から先、さらに北進して
旧美作(みまさか)国の津山へ。

予定外かつ時間が余りないため、
慌ただしかったが、
曇空ながら、五千本の桜は見事。

復元された備中櫓も興味深く、
木造かつ畳敷という珍しい内部構造。

でも、雨が降ってきたので、
すぐに岡山まで引き返し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡山城さくらver.

岡山城さくらver.
わたしの一番のお気に入り、
岡山城です。

天気もいいし、桜もキレイだし、
いうことなしでございます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

姫路城夜桜会。

姫路城夜桜会。
姫路城夜桜会。
桜と姫路城のライトアップ。

携帯からではうまくは
撮れないな。

桜の花びら型のライトが
わかるだろうか?

桜のライトアップは
まだうまく撮れた方?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋城に来ています。

名古屋城に来ています。
城と桜はいい組み合わせ。

今日は普段非公開で築城当時の建造物の
東南隅櫓、西北隅櫓も公開中なんで
そちらにも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

行ってきまーす♪

行ってきまーす♪
ちょっと遠出してきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

なかなか時間が取れません。

最近はなかなか平日は時間がとれず、
ブログを書く余裕がないなぁ。

引継ぎはおおよそ終わったのだが、
こう感覚がまだ付いていっていない感じ。

書くネタは用意しているが、
今日はこの3点のみ。

●JCB QUICPay 熊本城400年祭Ver.

熊本城400年祭の今年、JCBカードで
記念のQUICPayカードの発行をやっている。

もう取得済みの人は、シールセットがある
というので、取り寄せてみました。

Kumamoto_quicpay1

シールかよ!
という気もしなくはないですが、
熊本城主たるもの、これは必須でしょう。

Kumamoto_quicpay2

●眞鍋チェック。(眞鍋かをりのココだけの話)

ひさしぶり。
今回は目撃情報の話題。

まー芸能人ですから、あちこちで
見かけられるのだろうけど、
いつも走っているようです(笑)

確かに走っているのは目立つよな…芸能人じゃなくても。

|『ええ、一人でセブンティーンアイス買って、
|買ったあと持ち上げてニヤッとしてました』

これねー、一回似たようなことがあって、
会社で関係の深い他部門の女性が、
会社近くのコンビニにいたのね。

で、アイスクリームコーナーで
じーーーーーーーーーーーーっと、見てるんだよ。アイスを。

どうするんだろう、買うのか、買わないのか?
と思っても見ていたら、わたしが見つかってしまい…
恥ずかしいところを見られてしまった、
とあちゃーな顔をしてましたよ(苦笑)

●ココログ、携帯閲覧対応正式公開(笑)
(BroadBand WATCH)

正式に対応したようですね。
4/5からなのに、先に見えてたらまずいんじゃない?
という記事を書き、ココログスタッフブログ
トラックバックを投げておいたら、
翌日からパスワードが掛かってました(笑)

niftyさん、公開前のコンテンツの取扱には
ご注意ください(苦笑)

で、ついでにQRコード対応やケータイからの
管理画面(TBスパムとか消したり)も使えるようになって、
いい感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮城竣工。

さて、遅くなったが、
先週の宇都宮城訪問の話。

滞在時間は短かったし、あいにくの天気だったけど、
人が集まって、おみこしも登場するなど、
宇都宮城の復活を祝っている様子が、城好きとしては、
なんだかうれしかった。

やはり、城は人が集まる場所であってほしい。

Mikosi

建造物は2基。
北側に富士見櫓。

Fujimi

南側に清明台。
櫓にしては珍しく、○○櫓とは言わず、
この櫓自体を清明「台」という。
少し他の櫓より高い位置にあり、天守代用櫓らしい。

Utsunomiyajo

内部はいずれも2層。
2階部分が立ち入り禁止なのが、不満。

富士見櫓内部。
きちんと木造なのはうれしい。
清明台内部は撮らなかったが、ほぼ同じ感じ。

Naka2

城壁。三角の出っ張りは何なんだろうな?

Nani

瓦の紋は、徳川家きっての
謀将本多正信・正純の丸に立ち葵。
大久保長安事件で反対派を粛清するが、
後に改易されている。

Hondakamonkawara

ただ、興醒めなところもあって。

エレベーター。
いや、造るなというわけではなくて、
もう少し調和したデザインにはできないのでしょうか。
大阪城もそうだけど…

Elevator

土塁をくりぬいた入り口。
公園としての利便性からであろうが、
造るにしても、コンクリ丸出しってどうなん?

Dorui

また復興されたのは、本丸の東1/3程度。
もともと遺構はかなり破壊されており、
土塁から新たに作り直し、復興というよりはむしろ、
再建に近いということができる。

模型を見ればよく分かるが、
赤線より右側が、復元エリア。

Fukugenbasho

また、本来は南側の清水門が正門であり、
東側には門はなかったのがよく分かる。

反対側から。
うっすら見える赤線の向こう側が復元エリア。
かなりの面積が破壊されていることが分かる。

Zentai

いずれにせよ、城好きの目から見れば、
問題点はかなりあるといわざるを得ないが、
完膚なきまでに破壊されたことを思えば、
城がある大切さに気付いただけでも、よしとすべきかもしれない。

帰り、こんなチラシを目にした。

Oshironoaruseikatu

…お城のある生活。

そう、それはここに書かれてあるとおり、
移り行く時代にあって、変わらぬものを
見つける大切さを感じる生活であろう。

その心意気を買って、また募金してきました。
またいずれ届くはずだが、
これで、熊本城主 兼 宇都宮城主となりました。
けっこうな大大名になったかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京ミッドタウン…あきらめ。

巷で話題沸騰の東京ミッドタウン

先週、毎日午前様状態だったので、
初日10時間で15万人来場とかいうニュースを見て、
疲れた体に人ごみとか無理、と思ってしまいました。

ええ、ここで体力回復してました。
totococoさん情報で、安さに釣られて。
仙川湯けむりの里
祝日料金で650円也。

soraさんみたいに、プレオープンでいけたら、
いいんだろうなー。いいなー。

とりあえず、「日本のデザイン」展が見たいので、
GW前には行きますよっ。

[私信モード]
Rustyさん、レポできれば…
と思ったんですけど、先になりそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

エイプリルフールですが、大した企画なく。

さーて、やっと満足にブログが更新できる…
と思ったら、もう4月です。
はえーものじゃのー。

ということでたまりに溜まった記事のご紹介から。

●ウソログ。(SHINOblog)

さすがです。4/1限定なので、
見たい方はお早めに(笑)

|ウソログデザイン
|リッチ&マニアックなテンプレートがいっぱい!

個人的にここがヒット(笑)

|分からないことだらけです
|サポートしません

これもイイ!(笑)

●BlogPartsGarden。(BroadBand WATCH)

とりあえず、ブログパーツの類は、
ブログのカラーリング的に、
ごちゃごちゃするのがイヤだったんだけど、
時計くらいは欲しいかな、ということで、
Clocklink.comだけ付けました。

別にこれまでもつけられたのだろうけど、
数クリックで貼り付けられたので、簡単至極。

●セレブ専用?(Tech Tech Walker)

100万ドルのノートPCだとさ。
根本的なことなんだけど、セレブってPC使うのかなぁ。
そゆ人って、自分であれこれ調べたりしない気がするけど。

●64GB SSD。(shino-blog)

出ないかなーと思っていましたが、
意外に早く発表です。

すっげー欲しいです。
今のLOOX PのHDDが30GBなんで、
なんなら、容量そのまま(30GB HDD→32GB SSD)
でSSD化というのもありなのではないかとさえ思えてくる(笑)

で、今まで気付きませんでしたが、
aviさんとこは、shino-blog。
しのぶさんとこは、SHINOblog。
紛らわしいくらい似ています(笑)

●佐藤…じゃない砂糖で充電。
(MYCOMジャーナル)

佐藤くんなのか佐藤さんなのか分かりませんが、
電流放出人間がいましてね…ちがう!

お砂糖です、お砂糖。

*「こいつで、充電ができるらしいんです、ダンナ!」

*「なに?エイプリルフールだからって…
  つくんだったら、もっとマシなウソをつけ、てやんでぇ!」

と思ってしまいそうですが(前振り長い)、
人間が糖分をエネルギーとしているわけだから、
電気エネルギーにもできるだろう、という研究。

同じエネルギーを作り出すのに、
砂糖から作れるとは、水素やエタノールのように
危険性もなくて、エコな感じがしますな。

もちろん、砂糖を作るのにエネルギーを
浪費してたんじゃ話にならないのだけれど…

将来はケータイを充電するのに、
飲み残しのコーヒーとかから、充電できたりするのだろうか?

●お風呂のお供に。(デジタルARENA)

ありそうでなかった、バスルームで使える
デジタルオーディオプレーヤ。

iPodをバスルームで使えるのなかったっけ…という御仁。
そう、これまでにもあるのですよ。でもね…

iPod Shuffleで使えるのがないんです!

しかも、「お風呂に浮かべて使える」というのがいい。
ゆらゆら~っと。

最近、テレビだけじゃ飽きてきた頃。
見たい番組がないと、やっぱり時間をもてあますんですよね。
なにせ、湯船につかる時間が1時間ですから。

●暗闇レストラン。(nikkei BPnet)

ちょっと前の記事だけど、気になってたのに
ブログのネタにするのを忘れてました。

いい体験になるだろうな、と思う。
アジアでは、まず中国でオープンした模様。
日本にもオープンさせて欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »