« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

贈り物?

贈り物?
ミツバチから言わせれば、
別に人間に贈ろうとした覚えは
ないんだけど!
…って感じかな(笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

え、これっていいの?

忙しいので、なかなかブログを
更新することもままならず、
MEDIA SKINを使い倒していましたが。

図らずも見つけたこのサイト。

Dounano

ケータイに対応するんだ、ココログ。

っていうか、4/5対応って、
このページ、まだ公開したらまずいんじゃ…
# といいながら、ここで書いているので、
# 知れ渡ってしまうのかもしれないが…(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北陸地震。

意外と北陸の地震は規模が大きかったようだ。
いろいろ出かけていて、
ニュースをあまりチェックしていなかった。
金沢方面の知り合いのことが心配。

瞬間の揺れであるとはいえ、
一時的には、神戸の地震を上回るほどだという。

神戸の地震を経験しているだけに、
もう地震はまっぴらごめんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャットダウンデー報告。

いろんなところで静かながらも
話題に取り上げられていた、
3月24日のシャットダウンデー。

わたしも、24日は0:00からずーっと、
1台もPCを起動していませんでしたよ。

ただ、MEDIA SKINを買いたてで、
そっちにばかり気が行っていたのもあるけど…

あと、会社の同期と寒い中BBQしてたり、
大江戸温泉でほこほこしてたり。
事務所変わって約2年なんで、
会うこと自体、すごくひさしぶりでした。
# とてつもなく長湯であることがバレてしまった…

シャットダウンデーを知るきっかけになった、
みやさんしのぶさんは、どうだったしょうか?

今日は眠いので、
宇都宮城の件は、また後日。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宇都宮城址公園開園。

宇都宮城址公園開園。
宇都宮に来ています。

今日は、工事中だった宇都宮城のお披露目の日。

生憎の天気だけど、集客は上々。

元々、遺構がほとんど残っていない宇都宮城なので、
土塁盛りからの作業。
歴史的価値からいうと△だけど、
こうして人が集まるのを見ると、
やはり、城は街のシンボルなのだな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

USBとSSD。

ゆーえすびーとえすえすでぃー。
なんとなく語感が似ていなくもない…こともないか。

デジタルネタです。

●SSDが秋葉原で売られる日は来るのか?
(笠原一輝のユビキタス情報局)

先だって、LOOX PにSSD(フラッシュメモリドライブ)搭載の
話があったけれども、わたし個人的にも、
かなり注目している。

こりゃなんぞや、というと、
記憶媒体の中で、HDDはどちらかというと、
動作が遅い部類に入るのだが、HDDをどうやって、
高速化しようかということではなく、
HDDを止めて、ドライブを全部フラッシュメモリ、
要はUSBメモリみたいにしてしまえ、という代物。

フラッシュメモリのほうが
動作は速いし、回転部分がないので、
衝撃にも強いのだが、
如何せん、値段がまだ高い。

それはそうだ、一般的には1GBから多くても、
2GBくらいがやっと主流になってきたUSBメモリで、
16GBや32GBのUSBメモリを使って、
PCを起動しているようなもの。

消費電力も少なく、起動も早く、
なかなかパフォーマンス向上に効果があるようだ。

記事中には、2007年に64GBのSSDが
出てくるような話もあり、60GBオーバーではじめて、
Vista搭載PCを現実的にSSDを動作させられる、
というステップに上がれるだろう。

価格にもよるが、バルクで販売されれば、
かなり欲しいアイテムとなるのは必至。
ぜひ、LOOX Pにほしい。

●特殊すぎやしませんか。(戸田 覚のPC進化論)

USBが少ない=ダメパソコンと仰っておられるようだが、
こんなにぞろぞろつけているもんなんですかね?

中には、ご本人にとっては当たり前かもしれないが、
一般的にはどうなの?というものもあり。

なんか極論な気がするなぁ。

前にCeleronモデルなんぞいらん、とかいう記事もあったけど、
PCに限らず、個別の議論を一般化するには、
細心の注意が必要だと思いますが…

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

さて、明日はシャットダウンデー。
わたしもあと1時間ほどでPCの電源は
すべて落とします。

ケータイは使うけど、ちょっとPCのない1日を
過ごしてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MEDIA SKIN発進。

機種変更完了。

とりあえず、いつも使う機能は一通り、
データや設定の移行が完了。
microSDの小ささに唖然。小さすぎ。

細かい使用感とかは、しばらくしてからね。
ちょっとテンキーが押しづらい気もしなくもない。

Media_skin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊臣大坂城の再建費用。

あれこれ、Webサーフィンをしていると、
こんなページにたどり着き。

現代技術による豊臣期大坂城の復元と積算
(Web季刊大林)

大林組のPR誌「季刊大林」の一部抜粋とのことだが、
建物や街の「想定復元」や「未来構想」をしているという。

それによると、豊臣秀吉が築城した、
わたしが好みの(しつこい)黒い天守が聳える大坂城を
天守だけではなく、本丸を丸ごと復元した場合。

工事期間が5年9ヶ月、
費用は天守だけでも、40億3,700万円。
本丸全体で221億4,200万円。
超高層ビル1棟の建設費に相当するそうだ。

もし天守を鉄骨鉄筋コンクリート造とすると、
12億6,900万円。総工事費は190億3,100万円。

うむむ、相当な額です。
しかし、名古屋城の本丸御殿復元
150億円であることを考えると、
大坂城の木造黒天守が40億円でできるんだ、
(安全性とコストで妥協するなら、12億円)
という風にも思えてくる。

それに、名古屋城本丸御殿の場合は、
完全に文化財的視点からの復元であるため、
城郭建築の文化的側面に興味のない向きからは、
「無駄遣い」とか、「このご時世に箱物か」などと
批判を受けているようである。

しかし、きちんとした実用的な目的を持って、
つまり、城郭建築をつかったショッピングモールとか、
城郭レジデンスとか、ホテル大坂城とか
そういう城造りっていうのもアリでは。

これまであったような外観だけ、
城っぽくしてみましたというインチキ臭いものではなく、
宮大工さん総出で作り上げる一級建築で。

きちんと現代に機能を果たしつつ、
文化的にも価値がある城造りってことですね。

いや、あれこれ言える立場じゃないですけど。
お金もどこにもないですけどね。
ちょっとした妄想ですよ、妄想(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

予約。

MEDIA SKINが発売日決定ということで、
予約をしちゃいました。
もちろん、量販店で動作サンプルを見た上で。

やはりブラックが人気で、一部量販店では
売り切れも出ていた模様。

あと、高い!
25ヶ月以上でも、29,000円くらいした。
逆に、13ヶ月~24ヶ月までや7ヶ月~12ヶ月との
差があまりなく、ポイントや何やを使っても、
結局30,000円位はしちゃう感じ。

INFOBARやTalbyのときは、
ちょっとスペック的には見劣りしていたので、
端末価格としては安かったが、
デザインに金カケーノ、機能も盛り込ミーノ、
発売したテーノ、トツギーノ…ではなく、
まぁ、そんな高くなりそうな要因ばかりなので、
30,000円は諦めた。

今のW33SAは、Talbyの不幸な出来事による
ピンチヒッター的な感じで、初の折り畳みだった。

ワンセグに釣られて選んだが、
結局ワンセグを見る機会は少なく、
分厚く重いのが致命傷。
ま、折りたたみは何とか慣れたけど…

ここのところ訳あって、いろんな人と久しぶりに会ったり、
初めてお会いする人が多いので、
話のつかみの格好のネタになるかと(笑)

その…出費というより…投資ということで…
どうでしょうか…(ダレニキョウシュクシテルンダ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊本城主限定。

城主となった熊本城から、
招待券がきましたよ。

Kumamotoshoutai

なんと10枚。
しかも、2年後まで有効。

うにょうにょにょ…
いくらよく出かけるからといって、
熊本に2年間で10回も…行けないかな…

| | コメント (6) | トラックバック (0)

逆井城、ついに制覇。

で、逆井城ですが。
とにかく不便なところにあるんですよ。

車で行くくらいしか普通はいけないところ。
そこを電車で行くってんだから、大変なわけですよ。

とはいえ、自転車さえ調達できれば、
片道15km程度なので、1時間もあれば着いちゃうわけで。

しかも、行ったことのないところでも、
EZナビウォークで、迷うこともなし。
電池がすさまじい勢いで減るけど(苦笑)
充電グッズは必須です。

15kmも走ると、けっこう田舎な感じ。
自転車で走ってても、すごく爽快。

Tochuu

お、マンホールみーっけ。

Sanwamatimanhole

そうこうしているうちに、到着。
二階櫓が見えてきました!

Sakasai2

戦国時代らしく、全部板張りだが、
後世の櫓や天守閣の前身となる過渡期な感じが
とっても興味深いね。

櫓から望む。
天気がよくて気持ちいい。

Nikaiyagurakara

井楼矢倉。
これは、戦国期しかないでしょうな。
ほんとに物見用。

Sakasai3

これは、残念ながら登ることはできず。

そばには、関宿城の城門が移築されている。
関宿城もすっかりなくなってしまった城だが、
わずかな遺構として貴重。
古河城乾門もそうだが、これも赤いね。

Sekiyadojoumon

鬼瓦には、関宿城主久世氏の久世鷹の羽紋。

Kamon_1

その城門をくぐると、主殿。
ふと振り返って、も一度関宿城城門。
よく整備されてます。

Sekiyadojoumon2

主殿の屋根にチョット隠れて。
京都っぽくない?

Kyouto

さて、主殿であるが建物自体は、
特に変わったものではない。
これは、二階櫓からの写真ね。

Shudenten

中はがらーんとしているが、
虎の絵が描かれてあった。
何で虎かというのは、説明がないので分からず。

Tora

屋根には、しっかり北条の三つ鱗。

Houjou

さて、少し腹が減ったので城内の蕎麦屋「智姫」へ。

Tomohime

なにげなく、天ざるそばを頼んだのだが。

Tenzaru

これがうまい!コシの強い二八そばだ。
残念ながら、食べることに夢中で写真はnothing。申し訳ない。

てんぷらも、お気に入りのまいたけがあって
とーってもうれしかったし、
珍しいのがアカシアの花のてんぷら。
甘い香りを感じながら、
サクッと揚がった花びらを頂く。

いやー、満足でした。
また、食べに来たいですわ。

さて、もう少し城址公園を散策。
城内でもマンホール発見。

Sasimamahole

逆井城の銘。いいフォントです。
奥には櫓門。

Sakasaijoustone

広場になっているところの木に、
なにやらぶら下がっている。

Iinoka

バーベキュー等を行う場合は…ってやっていいんかいな。
てっきり、バーベキューは禁止、って書いてるのかと。
火事になるから危ないと思うけど…

さて、これくらいにして早めに帰るか…と思ったのがよかった。
このあとから、すーっごい風が吹いてきて、
古賀駅に帰ろうにも、向かい風がきつくて、
なかなか自転車が漕げないんだよ。

行きが1時間なのに、帰りは2時間かかった。
えっらい疲れたし。思いっきり力を入れても、
ほんとに進まなくて、日が暮れたらどうしようと内心ビクビク。

古賀駅について、電車に乗る頃にはぐったり。
自転車を返却するときに、自転車を借りた
「サカキヤ不動産」の方に、
古河の街はどうでしたか、と言われたんだが、
もう疲れきって、頭が回らずしどろもどろ。

でも、帰りの車窓からはいい日没が見れ。

Sunset_1

雲と日没の光で、雲の端が燃えているような
不思議な光景だった。

Burning

いやー、いい運動になりました。
今回みたいな風が強いと困るが、
また訪れたいな。蕎麦も美味いし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

河川敷に消えた城。

さて、ここからは先週の話。

18きっぷを使って茨城県古河市へ、
さらにはもっと足を伸ばして、坂東市逆井へ。

一番の目的は、逆井城。
戦国時代関東に覇を唱えた北条氏の重要拠点。

綾城躑躅が崎館(風林火山館)もそうだが、
中世の城館をうまく再現した城址公園。

行くためには、関東鉄道に乗って石下駅から西に向かうか、
JRに乗って古河駅から東に向かうか。

距離的に現実的なこともあり、
古賀駅からレンタサイクルで向かうことに決定。

関東鉄道経由だと、タクシーしかないようで、
片道4,000円…うわ、ありえへん。

この日は、午後から晴れるということなので、
午前中は、古河歴史博物館で
古河城の模型でも見てよっと。

まずは、マンホール、Get。

Kogamanhole

ここが、古河歴史博物館
なかなかいい建物だと思ったら、
日本建築学会賞受賞だそうだ。

Kogarekishihakubutukan

やはり、個人的な見所は、古河城模型。
中は撮禁なので、写真はありませんが、絵葉書でカンベン。

Kogamokei

古河城は、渡良瀬川の改修で完膚なきまでに
破壊されつくし、跡形もない。
本丸は、河川敷になってしまっている。

在りし日の古河城御三階櫓。
これも、絵葉書から。

Kogagosankai

ある意味、それは仕方のないことではある。
そうなんだが、であればこそ、新たに城を造る
という選択肢もあるのではないか、と思う。

やはり、地元の方々が仰る

|城下町なのに城が無いっていうのは、何とも寂しいね

という感覚はよく分かる。

であれば、当時の場所になくても、
もう一度縄張りから、作り直してもいいのでは。
史跡でないところにつくるわけだから、
文化財上の縛りも少ないだろう。

だが、いい加減なものと思われることのないよう、
しっかりとした建築で建ててほしい。
城を見てすばらしいと思うのは、
その建築技術や装飾技術に感動するからだ。

さてさて、そんなことを考えつつ、
古河城ばかりを見ていたが、
もう一点、興味を持ったのは…雪。
え、雪なんか降ってないでしょってそゆことじゃない。

古河の街を歩くと、雪の結晶の印を
あちこちで見つけることができる。

小学校の壁。

Shougakkou

街灯。

Gaitou

なんでだろう、と思っていたら、
幕末の古河城主、土井利位(どい・つしつら)にあるようだ。

雪の結晶を20年にも及ぶ年月を掛けて観察し、
日本最初の雪の結晶図鑑「雪華図説」を刊行。
今日までその科学的業績は高く評価されているとのこと。

これがその「雪華図説」。
しつこいようだが、これも絵葉書ね。

Yukinotonosma

江戸時代の各藩藩主は、武芸だけではなく
文化的な業績を残した人も多いが、
雪の観察とは、また風流な。

彼の観察した雪の結晶は、衣装や工芸品にも
取り入れられ、古河のシンボルとなっているわけだ。

なるほどねー、だからいろんなところで
雪の結晶があるわけね。

今年の1月から2月にかけて、
特別展をやっていたようで。
もっと早く行っとけばよかったかな。

わたしも、金沢で雪眼鏡を買ったので、
彼を見習って、スケッチしてみますか。

今年は、雪の結晶こんなのしか見れなかったが…(苦笑)

帰り際、入り口は行ってすぐのところにおいてある、
ストリートオルガンを館員の方に演奏していただいた。
なんだかほっとするような、いい音色。

Kogaorgan

さて、博物館で思った以上に滞在していたようで、
出る頃には、雨はすっかり上がっていた。

古河駅に戻る前に、福法寺にある
旧古河城乾門を見て。
唯一残る、古河城の建造物。

Inuimon

城内御殿の区切り門として
建てられていたらしいが、
屋根の部分がなかなか他では見れない、
鮮やかな赤い色をしている。

さて、このあとは古河駅前で自転車を借り、
一路、東に15km。逆井城に向かう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しばタワー。

さて、昨日の話。

しばじゅんを聴きに新宿まで。
いやー、よかったっす。
やはり、音楽は直に聴きに行くものですな。

ひとりで来たヒト~♪、のしばじゅんの問いかけに
かなり手が挙がっていた。
うん、しばじゅんってひとりで聴きたくなるもんね。

ともかく、合間合間のトークが愛らしすぎます。
歌声だけじゃなく、キャラクターも大好き。

最後、あまりファンの人たちがコメントくれないんだけど、
これはすごい好きで、名曲なのよ!!
ということをアピールしておきたいです、という「幸せなうた」。

いやいやいや。わたしも好きですよ!
っていうか、わたしのiPod Shuffleに入ってますよ!!

で、ちょっと気付いたのがをいくつか。

(1)DVD「しば裏」に収録音源に誤りがあり、
  販売を停止しています、とのこと。

会場にそう書いてあったんだけどさ。
もう、Webで買っちゃってるんですけど。あは。

Sibaura

(2)ツアーのタイトル、あれっ。

ステージでも、タイトルの名前で
あれっ、あれっって言ってましたが。

ここでも。

Siba1

Siba2

…はじめちゃった、って(笑)

そのあと、御成門へ。

今年は、日本におけるアイルランド年らしく、
アイルランドで大切な聖パトリックデーを記念し、
東京タワーがアイルランドのナショナルカラーである
グリーンにスペシャルライトアップ。
# てぃーさん、情報ありがとうございました!

めーっちゃさぶかったので、
写真をちょっと撮って、すぐに退散しちゃいましたけど。

ひゅーん。

Ttw005

点々する赤い灯りもいい感じ。
ただ、なんか文字書いておかないと、
聖パトリックデーっての、わかんなくね?

Ttw002

という感じで、遠出しない週末でしたが、
じゅーじつ、じゅーじつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

休日ぐたぐだ、ニュースぐだぐだ。

今日は、久しぶりの「休」日に。
大体のところ、休日といっても休んでいなくて、
拘束されていない時間をあくせくしている感じ。

忙しいので、家の中がえらいことになってるのを
ちょちょーっと片付けたら、
後は昼間っから酒を飲んでくたばってました^^

同じ酒を飲んでいても、ウイスキーなら、
アルコールの抜けがいいので、
こうしてブログなんぞを更新したりできるわけですな。

さて、ここ最近の気になるニュースから。

●イー・モバイル、CF型データ通信カード。
 (Broadband WATCH)

CFカードも出るんだな。
自分のモバイルPCは、PCカードがなくて
CFカードしかないので…

でも、なにぶんエリアが狭すぎるよね。
東京/大阪/名古屋だけじゃ…
少なくとも、周辺の神戸や神奈川などでも
使えないとねぇ…

といっても、あちこちに旅に出かけていると、
大都市しかつかえないと、現実的ではないかな…

●シムシティDSに城出現!
(GAME Watch)

城好きにはたまらんなー。

仙台城隅櫓、金沢城石川門、小倉城天守
鹿児島城御楼門…まではいいんだけど。

宮崎の綾城天守とは!
一般的にはマイナーだと思うんだけど…
これで有名になったらいいなー。

他にもあるのかな?

●iPod Shuffleではない何か。
(Engadget Japanese)

えーっと。コメントに困ります(笑)
もはや笑いのネタとしか思えません。

●MEDIA SKIN、まーだー??
(ITmedia+D)

モバイルSuicaに認定ということで、
発売が近いんじゃないか、ということで。

デザイナーズ携帯としては、
質感以外には、平凡な気もするが、
あの中に、モバイルSuicaやワンセグなど、
一通りの機能がそろっているのは、すごいと思うよ。

●言葉の重み。(おるたなてぃぶ思考+etc)

確かに。

言葉って一気に使われすぎると、
こう信頼性がなくなるというか、
オオカミ少年のような感じになっちゃうよね。

言葉はどうあれ、このままでstayすることは、
多分よくなくて、stayだと思っていても、
いつの間にか、backしていることだってある。

とはいえ、前へ前へと言葉だけ掛けて、
ほんとに進んでんの、ということはよく感じるね。

●ほしのあき、30歳。(ZAKZAK)

そう、わたしと同い年なんすよ。
すごいよねー、がんばってるよねー。

グラビアがどうの、という前に
自分で同い年で、見た目で果敢に
勝負しているところに、感動すら感じる。

なんか、そういう見方しちゃいます。

●「休日に寝だめ」は逆効果…。
(Infoseekニュース)

そ、そうなの?
いや、寝だめが基本…というか、
毎週の休日だけじゃなくて、
数週間分の寝だめしてたり…

|時間が不規則だと熟睡感が得られない。
|良い睡眠のためにはできるだけ
|いつも同じ時間に起きることが重要

そんな非現実的なことを…
できもしないことをいうんじゃない!!

●有識者から、ペコちゃん守れ!(Infoseekニュース)

前から思ってたんですけど、
有識者といわれている人って、
なーんかズレてる感じするよな...

ま、新キャラクターを作るぐらいの気概を持てという
ところを真に受けちゃった、不二家も不二家だけど。

|ファンの間からは「ペコちゃんに罪はない」と擁護論

そんなの普通予想できるよね?
誰か知らないが、その有識者も気概を持て、
とは言ったが、ほんとにペコちゃんをなくしてしまえ、
なんて言ってないとか言い訳するのだろうか?

●ウイスキーの5大産地。
(イザ!)

スコットランドやアイルランド、アメリカ、カナダ、
に続く5大産地だそうです、日本。

もはや日本が誇る酒は、
日本酒や焼酎だけではないようだ。

ウイスキーを愛する者として、
イギリスの審査員から、
「今や日本のウイスキーは世界のスタンダードだ」
なんていうコメントが出てくるのは、
すごくうれしいことだ。

|昨今は焼酎などに押され国内消費は減って

もっと飲んでいきますよ~

| | コメント (3) | トラックバック (1)

ひさしぶり。

チョットだけ早めに帰宅。
年度末だからか、早く帰れとよく言われ。
いろいろやり残してるが、明日に回す。

おかげでこうしてWiskeyを飲む時間があります。
の残りと、お返しついでに買った
Pierre Marcoliniの「Thé Lait」。

至福の時間。

ちなみにグラスは7年前に買った
現地で買ったヴェネツィアングラス。
けっこう普通に使ってますよん。

O

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャラメルマキアート?

キャラメルマキアート?
コンビニスタバの最新作。
店のキャラメルマキアートより、キャラメル感が強いかな。

マキアート状にキャラメルを
かけてるわけではないから当然か。

美味いには違いないが。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

今日はπの日。

だそうです。スラッシュドットジャパン
π=3.14=3/14という寸法。

ちなみにもっと正確に言うと、
3.1415926…なので、
3月14日1時59分26秒とかが記念日?

しかし、円周率の暗記とか昔にやった気がするなぁ。
3.141592653589793236433…位まで覚えてるが、
10万桁って…どうなのよ?

ということで時間指定で、
1時59分に更新してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節外しすぎ。

ちょっと。

もうすぐ春を迎えようというときに、
金木犀の香りをかぐと
ダイエット効果
、とかいわれても。
どない嗅げっちゅーねん。

あ、桂花陳酒でも飲むか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サンデーブルー。

明日から月曜日…また始まるなぁ…
早くうまく回せるようになるといいんだけど…

そういう今日は、古河城(古河歴史博物館)と
逆井城に行ってきましたよ。

古河城の模型と古写真に見入り、絵葉書購入。

逆井城では、行くのにめちゃめちゃ苦労したが、
戦国時代の想定復元櫓がよかった。
城内の蕎麦屋の天ざるそばも美味いし。
詳細は、また別途。来週の今日あたりかな(苦笑)

気になることはいろいろあるので見ていこうか。

●「Macくんとパソコンくん」、日米文化の違いへの配慮。
 (ITmedia)

あれで、配慮しようとしているのか…

とりあえず、iPod Shuffleはいい製品だと思うが、
デスクトップならMacでもいいかなと思う気持ちに
水をさされた感じがしてるんだけどね。

|ラーメンズの人気がこの製品比較の
|アプローチを受け入れやすくしている

いや、まったくそうは思わないね。
むしろラーメンズはとばっちりを受けて、
あまりいいとは思わなくなったし。

●「悪しき」習慣の断ち切り方。
 (Infoseekニュース)

そうなんですかね?
ま、雰囲気的に「やらんあかん」というのは、
考え物ではあるけどね。

個人的には、甘いもののありかは、
女性に任せたほうがいいと思っているので、
毎年新しい甘いものを紹介して
もらっているつもりでいますが。

ということで、逆にこんなのもあるよ、
というご紹介返しみたいな。

とはいえ、こういうことをさも当たり前のように、
堂々と言いのける人には、何も返しませんよっ!

●確かに納得はするんだけど…ちょっと…
 (Infoseekニュース)

こう利点を列挙してもらえると、そうだよなぁ。
なんか発見があるかもしれないよね。

こうネットで注文できないのかな…
本屋ではさすがに買えないよ。

●ゲーム中毒を音で防止? (MYCOMジャーナル)

韓国のゲーム中毒っぷりはうわさに聞いていたが、
サブリミナル効果で止めさせるのはどうかと思うんだけど。

ある種、催眠術を掛けるようなもので、
悪意を持ってやったら、いろんなように操られたりしないか、
と勘ぐったりしてしまうな…

●感仙殿と善応殿の改修終了。
 (瑞鳳殿 四季折々)

先日、仙台に行ったときは飾りが外されていたが、
改修が終了して、きれいな姿になった模様。

|5月に落慶式を

そうですか、そうですか。
また、その頃に仙台に行こっと。

●ソイソルト購入。

こないだポチッと押したソイソルト。
届きましたよー。

さてさて、どう使いましょうかね?

Soysalt

| | コメント (4) | トラックバック (0)

忙しさピーク。

ただでさえ忙しい月なのに、
引継ぎやなんだかんだで、もう頭がついていかない。
はー、来月になれば何とかなるのだろうか。

でも、気になることはしっかり、チェックチェック。

●霜降り和牛の名刺入れ。(ITmedia +D Lifestyle)

うわー、これもっと早く知りたかったよー。
せっかく担当替えなんだから、つい先日まで
いろんな人と名刺交換したのに…。

絶対覚えてもらえそうだよね。
「あの肉の人!」みたいな。

肉の人、という覚えられ方がいいかどうかは
責任持ちません(笑)

●ソイソルト。
(ITmedia+D Alternative blog CloseBox and OpenPod)

醤油のふりかけがあるらしい。
ほー…これはまた、好奇心をそそられるアイテム。

かめびし醤油さんのブログでも、大反響とのこと。

ごはんに生卵とこれを振りかけたら、
卵ご飯になるかどうかとか、
いろいろ想像してしまうな。

というか、おもいっきりポチッと注文ボタンを
押している自分がそこにいた…

●みんな友達になろうよ。(たべちゃんの旅行記)

わたしが勝手に妄想していただけかもしれないが、

・SuicaとICOCAは相互利用OK
・SuicaとPASMOは相互利用OK
・ICOCAとPiTaPaは相互利用OK

だったら、Suica1枚で関東・関西のJR/私鉄は
乗れるものとばかり思っていた。

が、そんなにみんな仲良しこよしではないらしい。
特に関西⇔関東は行き来するほうなので、
全部使えるとこんなにありがたいことはないんだけどなぁ。

●そうでしょう、そうでしょう。Pavilion tx1000。
 (All about)

以前も紹介したHPの新TabletPC、HP Pavilion tx1000。
モバイル性能はあまり高くないが、
12万円台からという価格の安さが魅力。

しかし、個人的には、モバイルバリバリなので、
モバイル性能の低さ=価格の安さ、と思え、
ちょっと自分のニーズには合わない。価格相応だな、と。

とはいえ、記事によると、なかなか外装がしっかりしていて、
細かな使い勝手やデザイン性も高い。
やはりLEDはブルーがかっこいいよなぁ。

玄人向けというよりは、より一般向けになった感じで、
自宅でコンパクトにTabletPCをつかうなら、
オススメできそうな一品である。

ただ、タブレットPCは使ってみれば良さが解る、というのは
まさにその通り。体験してみてナンボである。

だからこそ、店頭で気軽に体験できるように
してほしいものである。
HPのPCっておいてあったり、なかったりするので。
見つけたら、ぜひチェックしたい。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

だれかとだれかとだれか。

電車の中で見かけた人でも、
街中ですれ違った人でも、
一瞬で、誰かに似ていると思うことがよくある。

単に似ているだけなら分かりやすいが、
「誰かと誰かを足して2で割ったような」
というアバウトさなので、誰に言っても
なかなか理解してもらえない。

しかも、その誰かと誰かが、
会社の同僚と中学時代のクラスメートだったり、
設定があるはずのない人たちとの
組み合わせってこともあって、
なおさら、分かってくれなんて無理な話。

もっとひどいときは、誰かと誰かと誰か、
だったりして、ますます分からない。

今日も(ていうか昨日)、連続で2件。
なんなんだろうなー、これって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NGワード。

何も知らないくせに、たいした経験もないくせに、
酸いも甘いも噛み分けたつもりで
いろいろ思いが浮かぶのはどうしてだろう。

何をそんな知った振りをして、
という自分も一方でいて、
自分の中では、NGワードであるはずなんだけど。

結局…所詮…
…というものは…えてして…

ある人がかつて、こんなことを
言っていたことを思い出す。

どうしてそんなことをするのだろう、
それが理解できないなら、
それが善であれ、悪であれ、
彼にとってそこに楽しみがあるからだ、
と思考実験をしてみるのもいい、と。

楽しみ、というような前向きなものではないが、
あたかも世の中のことを知ったのように
わずかな経験から結論付けることが、
一種のカタルシスになるから…なのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »