« 大坂城と江戸城。 | トップページ | ダイヤ改正なのか、改悪なのか? »

文章をしっかり書くということ。

ブログ上での長文についての小寺信良氏のコラム

確かに画面上での行間の話や
フォントの話はなるほどな、と思わせられる。

推敲するには、ウインドが狭すぎるとか
途中保存がやりにくいとか。
そもそも、ブログに長文なんて要らなくね?
という議論さえあるらしい。

しかし。しかしである。そうじゃないだろう、と。
言葉で表現してこそ、人間ではないか、と。

コレには異論はないんだけれども、
推敲して質の高い文章を書こうとしないのが、
ブログの入力システムだけのせいなのか、が疑問。

ウインドが狭いとか、随時保存できる仕組みがあるとか
そういうことで文章を推敲して書き、
所謂、「論客」といわれる人が増えてくるのか…ねぇ。

|

« 大坂城と江戸城。 | トップページ | ダイヤ改正なのか、改悪なのか? »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文章をしっかり書くということ。:

« 大坂城と江戸城。 | トップページ | ダイヤ改正なのか、改悪なのか? »