« 東北新幹線乗りまくり…その1。 | トップページ | 東北新幹線乗りまくり…その3。 »

東北新幹線乗りまくり…その2。

さて2日目。

一ノ関を出て、平泉町へ。
平泉といえば、平安末期に栄えた奥州藤原氏の本拠にして、
源義経・武蔵坊弁慶終焉の地。

あの黄金に輝く中尊寺金色堂を見てこよう。

一ノ関駅にて。
気仙沼のほうに行く大船渡線の快速は、
スーパードラゴンという愛称がついていた。

個人的には、スーパードラゴンというと、
ラジコン&ミニ四駆なんだけどなぁ…(苦笑)

ま、それはいいとして、平泉。

駅から30分ほど歩いて、中尊寺参道前。
ここに弁慶の墓があった。

Benkeihaka1

おそらくこれは、後世建てられたもので
本当は脇にある小さな墓標なんだろうな。

Benkeihaka2

中尊寺の参道は、森の中に入っていく静かな小路。
仙台藩の植樹による樹齢350年にも及ぶ巨木に囲まれた参道だ。

Jyurei

少し行くと弁慶堂。
質素ながら精巧な彫刻が気を引く。

Benkeido

さて、本堂で手を合わせ、
不動堂で所願成就をお祈りしたあとは、
いよいよ金色堂に向かう。

資料館とセットになっているので
まずは資料館から。

金色堂は一度修理されているそうで、
それまではかなり傷んでしまっていたようで。

しかしそれでも、平安末期の建築が
今に残るのはすばらしいことだ。

また、「金色」堂というだけあって、
まばゆい金箔に目が行きがちだが、
虹色に輝く夜光貝の装飾にも注目。

大修理の際には、沖縄から取り寄せたらしいが、
そもそも、平安末期に南方原産の夜光貝を
手にしていた奥州藤原氏の財力がすごい。
仮に義経が逃げ込んでこなくても、
頼朝としてはその財力も、脅威だったに違いない。

どうでもいいけど、資料館の中に
キャッシングサービスがあるのは如何なんざんしょ?
そんなにお土産を買えと…???

Cashing

さて、金色堂。
ここで見える建物は覆堂。
金色堂を守る建物のこと。

Konjikiooi

昔は伊達政宗が造営した木造の覆堂があったが、
現在旧覆堂は、別に保存され、
コンクリートの覆堂となっている。

で、その金色堂であるが…すごいですわ。

建物全体が金箔で覆われているのもすごいが、
内陣は単純に金箔をペタッと張ったところは少なく、
細かく細かく装飾されており、その精巧さと美しさに目を見張る。

教科書で見るものではあるが、
実際見るのとはぜんぜん違う。

このあともいろいろ行こうとしたのに、
(平泉郷土館や平泉文化史館とか)
見とれて時間を食ってしまったために、
結局、行けずじまい。それくらいすごい。

最後に目に特にご利益のある薬師様の旗。
ホント、視力は衰弱の一途なので、
切にお願い申し上げます、と。

Yakusi

中尊寺のほかに行けたのは、高館義経堂(たかだちぎけいどう)。
義経がいた高館の跡である。

Yoshitune

金色堂を見た後に見ると、
そのスケールの違いに、「…。」となってしまったが、
そこは致し方ないところだろう。

普段、おみくじなど引かない性質なのだが、
なぜかこのときはふと引きたい気持ちになった。

結果は小吉。

平凡なことを静かに続けて、
運を天に任せておく雰囲気だそうな。

なるほど、たしかにしばらくは
そんな雰囲気かもな。結果に納得。

さて、義経供養塔に手を合わせて、
平泉駅経由で一ノ関まで戻る。

Kuyoutou

それは、はるかさんの記事で気になっていた、
ソースカツ丼の松竹さんに行くため。

はるかさんの記事によると、
初代店主が、卵が苦手であったために
卵を使わないカツ丼を試行錯誤した結果、
ソースカツ丼に行き着いたらしい。

ということは、福井とは別に出てきた
ソースカツ丼なわけね。

で、そのソースカツ丼。

Shoutiku

わざわざ食べに来る人がいるのも分かる。
下に敷いてあるキャベツがまたいい感じだ。

普段、ウスターソースはあまり使わないが、
ウスターソースの美味さを再発見したような。

これから、東北に向かうときは、
一ノ関を外せないかも(苦笑)

だが、お会計するときおばちゃんに、
木のにおいしないって言われて…???
なんかわたしが木のにおいがしたそうです。
木の香りがつくウイスキーばかり飲んでるからですかね(笑)

さて、せっかく一ノ関まで戻ってきたので、
盛岡に向かうのも当然新幹線。らくちん♪

盛岡に降り立ち、向かうは当然、
盛岡城址である岩手公園。

盛岡城は別名不来方(こずかた)城ともいい、
わたしにとっては本当に、
「来ることのない城」になってしまっていて。

行くまでの道で気になったのが信号。
なぜかゴールド塗装。どうしてだろう?

Shingou

さて、榊山稲荷曲輪付近から入城。
案内板には在りし日の盛岡城天守の写真。

Moriokajou

これを見る限り、いわゆる御三階櫓は、
火灯窓が並ぶデザインだったようだ。
しかも、屋根は赤瓦であったと伝えられている。

火灯窓に赤瓦か…なかなか洒落たデザインだな。
もうすこし全体像が見れるような写真がないのが残念。
資料があれば、復元もできるであろうに。

しかし、さすが石垣の盛岡城だけあって、
石垣は美しく、見ごたえは十分。

Ishigakimorioka1

Ishigakimorioka2

盛岡城は、本丸と二の丸を橋で結ぶ珍しい構造。
他には高知城にしかないらしい。

12

せっかく雪を見つけたので、雪眼鏡で見てみることに。

Snow1

あちゃー、解けかけで先っぽがつるんつるん。

Snow2

本丸側から二の丸への橋を。
最近、マクロはこうして使うものなんだ、と学習。

Ishigakimorioka3

さて、日が高いうちに公民館に行って、
盛岡城の模型を見てこよっと。

途中、洒落たレンガ造りの建物。
岩手銀行(旧第九十銀行)中の橋支店。
東京駅かと見間違うほど似たデザイン。

Bank1

それもそのはず、設計者が同じ辰野金吾氏。
東京駅だけではなく、大阪の中央公会堂も。
城だけじゃなく、こういったレンガ造りの洋館も好みです。

いいなー、こういうの。
ちゃんとこのままで営業しているところもいい。

もう1枚、空を仰いで。

Bank2

今度は中津川沿い。
都心を流れる川なのに、とても澄んでいてキレイ。

Nakatsugawa1

もちろん、大阪や東京と比べちゃいかんのだが、
それにしてもキレイもんだと感心。

チョット歩くと、上の橋。
藩政時代の擬宝珠が残る。

Kaminohasi

覚えたからって連発しすぎ!

Gibosi

確かに当時の銘が残ってますな。
「慶長十六年 八月吉日 源朝臣利直」とある。

Mei

中央公民館に着くと、
別館がなかなか由緒ありそうな。
旧南部伯爵別邸だそうで。

Bekkan

こうしてみてみると、赤瓦だ。
ある意味、盛岡城の御三階櫓を彷彿とさせるのかもしれない。

Bekkan2

奥には武田菱。

Takeda_2

これは、盛岡藩主南部家が、
甲斐源氏武田氏の傍流であり、
家紋が共通だからである。
といっても、かなり早い段階で分化しているので、
戦国大名としての武田家と南部家のつながりは薄い。

で、公民館の展示室で盛岡城復元模型を
楽しみに見に行ったのだが…
かたちちゃうやん!!

明らかに取り壊し前の明治期の写真と
櫓のカタチが違うんだよ。
えー、カタチは適当かよ。。。
ま、でもなんとなく当時の雰囲気はつかめたか。

このあと、まだ陽が高いので岩手公園に戻る。
ここが天守(御三階櫓)跡の石垣。
上に休憩所みたいなのがある。

Tenshuato

櫓があれば、すごく撮影ポイントもしっかりしてるし、
きれいに取れると思うんだけどな…残念だな。

さてちょっと休憩しているともう日が暮れ、
あっという間に真っ暗。

どうしようか、と思ってると
ふと八戸まで行ってみるか、と。
どうせ乗り放題なんだし。ビバ乗り放題。

ということで、即八戸行き決定。
この日のうちに仙台まで戻る予定だが、
それでも、八戸滞在時間が2.5hくらい。十分だ。

八戸駅に降り立ち、駅の地図を見ていると
温泉があるらしい。しかも駅前。歩いて10分くらい?

その名も八戸温泉駅前旅館
まんまやないけ。

しかし、濾過なし、加熱加水なし、
天然温泉掛け流しの本格派。
これがなかなかよかった。

サウナも付いてんだけど、
これも部屋の中がヒノキ造りでとてもいい香り。

あとは、駅前で飯食ったり位しかしてないんだけど、
その場で思いついて移動した割には、
なかなかの収穫かな?三連休パスいいなー。

さて、八戸発の最終電車に乗って、
仙台まで。次の日は瑞鳳殿など、伊達政宗関係。

|

« 東北新幹線乗りまくり…その1。 | トップページ | 東北新幹線乗りまくり…その3。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

すごいっ!今の季節、どこも雪まみれで道路はアイスバーンになり、自転車までスパイクタイヤを履いているあの盛岡に雪が全くないっ!!!
東京も暖かいとは思ったけど、これは「暖冬!」って実感がわきます。
それにしても、よくこんなに沢山まわれましたねえ。
1週間くらいかけたようなボリュームです、これは確かに疲れたでしょう(笑)。

盛岡城跡って、今は石垣しか残ってないんでしたっけ。
ガンギン(岩手銀行 笑)もしっかりおさえてるとこは、さっすがnikko81さんです。
私もこの建物は大好き、東京駅は戦争でドームがなくなっちゃったけど、こちらはちゃんと残ってますね。
(東京駅改築がんばれ)
とか言いつつ、私も盛岡は本格的にじっくり散策したことがないんですよね・・・。
いつも冷麺食って、街をぐるっと一周して帰ってきちゃう。
街そのものはごく普通の地方都市なので、つい探検しようという気がおきないせいかも知れません。
今度行ったら、私ももっと計画的に回ってみようかなあ。

ちなみに、一関のソースカツ丼がとっても気になってるんですけど(笑)これってお値段はおいくらくらいでしょう?
岩手と言うと、どうもわんこそばしか思い浮かばないけど、じっくり探すとおいしいものがたくさんあるんですよね~。
盛岡冷麺は食べなかったのかしら?これも絶品なんですよ。
木の匂いがしたのは、中尊寺からナニかを連れてきたから、とか?(笑)

投稿: しのぶ | 2007.02.19 18:02

いろいろ言い足りない~(笑)。

確か中尊寺って、藤原氏が滅亡したあと、芭蕉が嘆いたように廃墟になっていたのを伊達家が修復したんですよね。
今の広大な敷地も伊達家が更に拡張したためだと聞きました。
そう考えると、中尊寺は確かに一時期不幸な時代を送ったけど、出資者には恵まれたのかも知れませんね。
平成の大合併が岩手県全域を駆けめぐるなか、平泉町だけはどこにも飲み込まれず孤高を保っているのは、この中尊寺を抱えるプライドがあるからなのかも知れませんね。
だいぶ前にNHKアーカイブスで、金色堂の修復の様子をやってたんですが、現代の職人たちがあまりの細工の見事さに驚いて、一度は「こんなものは修復できない」と諦めたんだそうです。

それと、いつも思うのは、平泉の怒濤の繁栄っぷりに対し、遠野あたりの質素ぶりの対比はすごいなと。
数十キロしか離れてない地では、姥捨て山だの飢餓供養塔だのがゴロゴロありますからねえ。
まあ、岩手あたりだと山ひとつ離れると全く別世界ですしね。

投稿: しのぶ | 2007.02.19 18:20

ああ、やっぱりウマそうですね。カツ丼。
福井のものより、ちょっと上品な感じじゃないですか??
料理屋さんのカツ丼だからなのかな?と勝手に思ってるんですけどね。
で、会計のおばちゃんって、とっても忙しない感じのおかみさん??
わたしたちが行ったとき、賑やかに出迎えてくれて、
賑やかに見送ってくれました(笑)。
名物料理に名物おばちゃん。こんなとこも気に入るツボだったりします。

投稿: はるか | 2007.02.19 22:20

nikko81です。

●しのぶさん

すごく岩手・愛を感じさせるコメント、
ありがとうございます。

|あの盛岡に雪が全くないっ!!!

そうでしょうねぇ。
盛岡をよくご存知のしのぶさんなら、
とても驚かれるだろうなと思っていました。

|それにしても、よくこんなに沢山まわれましたねえ。
|1週間くらいかけたようなボリュームです、
|これは確かに疲れたでしょう(笑)。

ストレス解消にはなりますが、
体力的にはかなり消耗してます(笑)
その分、体重も落ちるといいんですけど。

|盛岡城跡って、今は石垣しか残ってないんでしたっけ。

そうなんです…
実は本文にも書きましたが、赤瓦の建物だったらしく、
他にはないチョットおしゃれな櫓であったのでは、
と想像していたんです。

きちんとした模型だけでもあればなー。
石垣は見事でしたけどね。

|ガンギン(岩手銀行 笑)もしっかりおさえてるとこは、
|さっすがnikko81さんです。
|私もこの建物は大好き、東京駅は戦争で
|ドームがなくなっちゃったけど、こちらはちゃんと残ってますね。
|(東京駅改築がんばれ)

いいですよね。辰野金吾氏の建物は、
洋館専門ではないわたしですら、見逃せないいいつくりです。
わが故郷の大阪にある中央公会堂もいいですよー。

|街そのものはごく普通の地方都市なので、
|つい探検しようという気がおきないせいかも知れません。

なんというか、どこに行っても都会は都会という感じで、
似た感じになってしまっているのは否めませんね。
街ごとの個性がもっと出てほしいものです。

|ちなみに、一関のソースカツ丼がとっても
|気になってるんですけど(笑)
|これってお値段はおいくらくらいでしょう?

普通が750円、上が1,100円だったように思います。
すごく普通のお値段ですよ^^

|盛岡冷麺は食べなかったのかしら?これも絶品なんですよ。

盛岡冷麺は至る所にあったんですけど、
冬に冷麺か…ということでパスしてしまいました。
また夏に訪れる、ということで。

|出資者には恵まれたのかも知れませんね。

伊達家のような大藩の組み込まれたのが
幸いしたのかもしれません。

|平成の大合併が岩手県全域を駆けめぐるなか、
|平泉町だけはどこにも飲み込まれず孤高を保っているのは、

あ、そうなんですか。
たしかに中尊寺を擁することが影響してそう。

|現代の職人たちがあまりの細工の見事さに驚いて、
|一度は「こんなものは修復できない」と諦めたんだそうです。

それでも諦めず、修復した職人たちに拍手ですね。
こうして現代に蘇ると、その技術が後世まで
伝わっていくことを祈るばかりです。

|平泉の怒濤の繁栄っぷりに対し、
|遠野あたりの質素ぶりの対比はすごいなと。
|数十キロしか離れてない地では、
|姥捨て山だの飢餓供養塔だのがゴロゴロありますからねえ。

特に江戸後期の飢饉の頃は、
すさまじかったろうと想像します。
現代を生きることにありがたみを感じなくては。

投稿: nikko81 | 2007.02.20 00:59

nikko81です。

●はるかさん

|ああ、やっぱりウマそうですね。カツ丼。
|福井のものより、ちょっと上品な感じじゃないですか??

そうですね。
福井のほうはソースを生かすカツ丼でしたが、
こちらのほうが一歩ソースが下がった感じですかね。

ソースは、ご飯にまで染みているのに、
すごくあっさりとした感じ。

|で、会計のおばちゃんって、
|とっても忙しない感じのおかみさん??

うん、ゆーったりしている人でした。
ちょうど地元の人が来てられて、お話中でした。

投稿: nikko81 | 2007.02.20 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北新幹線乗りまくり…その2。:

» レトロな街角 旧盛岡銀行 [花と山歩き]
市内を流れる中津川のほとりに瓦屋根の旧家。この街の伸びやかさがある。    旧盛岡銀行が現役で頑張っている。明治44年の建造なのだが、ヨーロッパの街角にいる感覚。   全国的まれに見る暖冬だが、この日はさすがに寒かった。川の対岸からも堂々とした風格がある。    肴町の裏手に入ると蔵造りがあったりする。... [続きを読む]

受信: 2007.02.19 21:18

« 東北新幹線乗りまくり…その1。 | トップページ | 東北新幹線乗りまくり…その3。 »