« ザッハトルテ。 | トップページ | 東北新幹線乗りまくり…その2。 »

東北新幹線乗りまくり…その1。

週末に記事書こうと思っていたら、
溜まっていた掃除やら洗濯やら…で週末が終了。
日曜なんて、15時間睡眠だし。そら、時間ないわ(笑)

ということで、この時間ですが、
東北新幹線を使った3連休の旅といきましょうか。

まず、三連休パスっつーのがあって、
JR東日本全域+函館まで、普通・快速はおろか、
特急・新幹線までが乗り放題、というスーパーチケット。
指定席も4回までOK。

26,000円なので、1日あたり約8,600円。
で、今回このチケットがなかったとすると、
1日目:20,630円、2日目:16,330円、3日目:11,190円。

しめて、48,150円。だからなんと、22,150円のお得。
あっちやこっちやと動きまくり!
な旅をする人にとってはうってつけ。

というわけで、岩手にまだ上陸していないことを考えると、
東京からは飛行機で行くこともないだろうし、
18きっぷで行こうものなら、かなりの長期休暇が必要なんで、
コイツを使って、東北を巡ってきたわけさ。

●小峰城(福島県白河市)

まずは、新白河で下車し、
在来線で一駅乗って白河駅へ。

以前行って、雪のあるときに見たいなぁ
と思っていたのだが。

ある程度予想はしていたものの、
雪はまるでなし。空も曇りで残念。

Kominenosnow

早々に引き上げ、白石に向かう。

●白石城(宮城県白石市)

こちらも以前行ったのだが、
時間切れゲームオーバーで、天守に入れず

今回満を持して 、白石に乗り込んだわけ。
駅を降りてすぐ、白石城まで近いな…って違うよ(笑)

Post

やはり、白石でもまったく雪なし。
えーっと、2月の東北ですよね(焦)

Yapparinosnow

ただ、歩いているうちにちょっとだけ
陽が差してきたりして、なんだか期待もてそうな予感。

復元城門。

Siroishigate

気のせいか、鯱が他のところよりも、
ぴーんと背筋張ってないか?

Pin

コレが天守。本丸内から見ると、
破風もなく地味な印象。

Siroishitenshu

内部は本格木造の復元。

Naibu

実はこの白石城、以前きたときには知らなかったのだが、
愛媛・大洲城の木造復元も行ったハザマが担当。

なかなかこれがしっかりとした出来で、
ゆっさゆっさ揺らしても頑丈だそうです。

天守最上階に出てみると、扉が火灯窓。

Kato

ここから出入りするので窓ではないけど。
天守最上階に火灯窓が、しかもこんなに大きいなんて、
チョット珍しいような気がするな。
外から見るときには、あまり気が向かなかったが。

このあとは、ミュージアムのほうで、
展示物とムービー鑑賞。

展示物はやはり、片倉家のものがほとんど。
ひとつ気になったのが、伊達政宗が片倉景綱に
白石を預ける旨の書状。

いい加減な気持ちで申し付けるわけではないから、
そのつもりであれこれを言うなよという感じ。

じゃぁ、ほかにはいい加減な気持ちで
申し付けたこともあったのかよ!
と思わずツッコんじゃいましたよ(笑)

シアターでは、大阪夏の陣で散った真田幸村の娘、
真田阿梅と片倉重綱のおはなし。
もう少しいろいろ知りたかったなーという感じ。
真田家と片倉家に関する資料もなかったし。
*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *
真田幸村の子孫は仙台にて生きながらえており、
現在もその家系が続いている。

幸村の父真田昌幸は、真田の血筋が
途絶えることを避けるため、長男真田信之を徳川方、
次男真田信繁(幸村)を豊臣方へ付かせた。

信之の家系は、信濃国松代藩を
預かる一大名として、その名を残すのだが、
敗軍の将たる弟幸村の子供たちは、
長男真田幸昌(大助)は、大坂で豊臣秀頼と共に自害するが、
まだ幼かったほかの兄弟たちは、
徳川方の伊達軍の重臣片倉家ヘ預けられた。

一番年長の阿梅姫がまず白石へ引き取られ、
他の兄弟たちも阿梅を頼って白石へ。
阿梅姫は片倉重綱の正室となり、
弟は、真田守信として、仙台藩士となる。

仙台藩は、後に守信の家系を幕府に怪しまれた際、
ニセの家系図を作ってまで、彼を保護したという。

なんとも、興味深いはなしである。
*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *
…ということをなんか資料とかを見て、
確認したかったんだけどなぁ。Web上の知識じゃなくね。

シアターを見たあとはチョット一服。
白石だけに白いカレー。
まぁ、普通のホワイトカレーである。

Currywhite

北海道を基点に広がっていると聞いているのだが、
白石城名物とはコレは如何に(笑)

最後、二の丸から天守。
やはり天守は破風があるほうがいい。
改めてみると、最上階の火灯窓が特徴的。

Siroisi2

さて、このあとは白石蔵王駅から新幹線で
一旦郡山まで引き返し、会津若松まで行く予定。

ちょうど、白石蔵王駅に行く途中に、
真田阿梅・守信姉弟が眠る当信寺があるので、
ちょっと寄っていく。

移築された白石城東口門(大手門)。
真ん中にスライムみたいな穴が開いているのは、
ここに時鐘が置かれており、鐘の音が響くように、
ということらしいよ。

Itiku

ただ、阿梅・守信の墓は、当信寺の奥のほうにあって、
なんか勝手に入ったら悪いかなぁとか思いつつ、
城門なのに真ん中が開いているデザインは、
新鮮だなぁと門を眺めていると、新幹線の時間が。やば。

というわけで、躊躇して幸村の子供たちに挨拶できずに
白石を後にすることになってしまった。申し訳ない。

とはいえ、マンホールや橋にある
白石名物のこけしを撮ったりする余裕はあるんだけど(笑)

マンホールの中心には釣鐘。
白石を治めた片倉景綱の姉喜多の発案で、
片倉家の馬印になり、後に白石市の市章に。

片倉家の名声を鳴り響かせよという意味が
込められているとか。

Siroishimanhole

あと、名物のこけし。かなりでかいよ。

Kokeshi

●鶴が城(福島県会津若松市)

さて、白石蔵王から郡山を経て、会津若松へ。
わざわざ引き返してまで会津若松までやってきたのは、
るるぷぅさんに絵ろうそくまつりがあるよーと
教えていただいていたから。

そんなキレイなものが見れそうなイベントがあるなら、
行っとこうじゃありませんか。

まずはマンホールから♪

Wakamatumanhole

それにしてもけっこう距離あるんだよね、鶴が城。
でも、気合で歩きで往復しましたぜ。
一応メタボ対策も兼ねてるんでね。

歩いている途中に、駐車場で雪を発見。

Wakamatusnow

いやいやいやいや。
2月だよね?東北だよね?
見つけたって…探さな見つからんのかいな。

鶴が城に着くと、ライトアップされていて。

Wakatsu1

ホワイトバランスが上手く出てなくて、
妙にグリーンが強調される感じなんで、
マニュアルで調整してみました。

Wakatsu2

その下には、卵型の器に入ったともし火が。
キレイなんだけど、なかなか撮るのは難しいなぁ。

Tamago

広場に出てみると、無数のともし火と、
ぼーっとライトアップされた鶴が城が幻想的。

Wakamatsu3

鶴が城に登って見ると、
会津藩士の肩章として使われていた「會」の字と
ろうそくの絵。無数のともし火はコレだったんだ。

Icandle

あと、天守内の展示も気のせいか変わっていたような。
何がびっくりしたかって、当初蒲生氏郷が天守を建てたときは、
七層で下見板張り(要は黒天守)だったそうな。へぇ。

しかし、ろうそくのような赤いあかりは、
本当に癒しの色だと思う。見ていてすごく落ち着く。
たぶん、夕陽を浴びて一日の終わりを感じ、
休息モードに入る太古の昔からの感覚なのだろう。

Akari

帰り際、鶴が城のライトアップが半分消灯。
なんで?

Half

絵ろうそくまつり、ほんとにキレイでした。
あえて言えば、雪があったらなというのはありますが。
るるぷぅさん、情報ありがとうございました。

るるぷぅさんの記事はこちらからどうぞ!
鶴が城から飯盛山から


さて、駅に戻ったら一路、一ノ関へ。岩手初上陸。
次の日は、中尊寺金色堂から。

|

« ザッハトルテ。 | トップページ | 東北新幹線乗りまくり…その2。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。東北の旅お疲れ様です。
ずいぶんお得な料金プランがあったんですね~
会津若松へも立ち寄って頂きまして、こちらこそ
ありがとうございました。
絵ろうそくまつり素敵でしょう。地元ですが
毎年欠かさず出かけてます。
ラストの鶴ヶ城半分消灯の写真も面白いですね。
暗いのは本丸側ですね。
たぶん、消灯タイムが時々あったのでその時間帯
だったのではないかと。
余計な光は消して、ろうそくの灯りを楽しみましょう!
という時間を何回か組み込んであったんですよ。

また来年も是非お越し下さいませ。
来年こそは雪景色での幽玄の世界を!

投稿: るるぷぅ | 2007.02.20 00:48

nikko81です。

●るるぷぅさん

|ずいぶんお得な料金プランがあったんですね~

そうなんですよ。
わたしのようにあっちやこっちやせわしなく動きまくる
落ち着かない旅人にはぴったりかと(笑)

|絵ろうそくまつり素敵でしょう。地元ですが
|毎年欠かさず出かけてます。

いいですね。地元であるなら、
毎年行くでしょうねー。

|ラストの鶴ヶ城半分消灯の写真も面白いですね。
|暗いのは本丸側ですね。

たぶん、消灯タイムが時々あったのでその時間帯
だったのではないかと。
余計な光は消して、ろうそくの灯りを楽しみましょう!
という時間を何回か組み込んであったんですよ。

そうですか。消灯タイムがあるライトアップなんて、
初めてでしたよ。なかなか面白い取り組み。
ま、ろうそくが主人公ですからね、
そういう時間も必要ですよね。

|また来年も是非お越し下さいませ。
|来年こそは雪景色での幽玄の世界を!

そうですね、来年は雪があるといいですね。

投稿: nikko81 | 2007.02.20 01:10

こんにちは。相変わらずというか…ものすごい行動力ですね。三連休パスを使うとなかなかいろいろと回れそうですね。自分も温泉旅行につかってみようかな(笑)。

ところで、この時期にして東北地方で雪が全く見当たらないってのは、なんか何ですね…

投稿: みや | 2007.02.22 23:39

nikko81です。

●みやさん

|相変わらずというか…ものすごい行動力ですね。

いやいや…こうも動き回ると、
なかなか他人には堪えるようで…

誰かと行くときは、動き回りたい衝動を
押さえなくてはなりません(笑)

|自分も温泉旅行につかってみようかな(笑)。

もし、何箇所か温泉地を回られるのであれば、
お使いになったらお得だと思います。

単純に東北の一都市と東京の往復だと、
あまりとくにはならないかも、です。

|ところで、この時期にして東北地方で
|雪が全く見当たらないってのは、なんか何ですね…

いやー、ここまで温暖化をまざまざと
見せ付けられるとは。

会津若松では、このあとかなり雪が降ったようですが、
そもそも降った雪が全部解けてしまう、
というのが温暖化な訳で…

投稿: nikko81 | 2007.02.23 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/13968396

この記事へのトラックバック一覧です: 東北新幹線乗りまくり…その1。:

« ザッハトルテ。 | トップページ | 東北新幹線乗りまくり…その2。 »