« つかれた… | トップページ | さて彼らの共通点は? »

年を越すのはまだまだ先…

仕事が忙しくて、もう2006年も終わりだねぇ…
という感慨にふけることもなく、
年末なんて、○○や××や△△が片付けないと
迎えられないのか、と思うと気が滅入る今日この頃。

最近、週末にしか更新できない悲惨な状況なので、
気になる記事も滞留してばかり。

では、その溜まったネタの中から。

●カロリー制限の減量にはご用心。(Infoseekニュース)

…だそうです。

なかなかねー。食事は抑えているんだけど、
運動って忙しいとできないんだよなー。

温泉とかサウナとか岩盤浴とか、
自宅でも入浴剤入れて、汗を書くようにはしてるけど。

早くパーっと出かけられるように…

●いいネタ”は手帳よりケータイに打ち込むのがいい。
 (デジタルARENA)

たしかに!
これは、わたしも実践中。

さっとメモできて、いつでも見れて、
いろいろ書き直せる。

ケータイなしでは、いろいろブログのネタになるな
と思ったことでも、すぐ忘れちゃうし…
メモ帳だとメモ帳そのものをもってくのを忘れたりとか。

あと、PCのメールのチェックを頻繁にやっているのも
わたしもいっしょ。昼休みと夕方の休みと2回。

そんで、迷惑メールはケータイで読んでから
消しとくのね。こんな手の込んだメールを送ってくるのか、と
妙に感心しながら(笑)

●あっしより背が低いのね…信玄さん。
 (YOMIURI ONLINE/非時香果が見える窓/もののふ日和)

ホントは樋口一葉の話なんだけど、
調査に山梨県の郷土史家の方が加わっているからか、
(樋口一葉の両親が山梨出身)
ついでに武田信玄の身長も推測。

で…室町時代の平均的な男性の身長よりは
高いそうだが、約162cmだそうな。
ちなみに、わたしは171cm。ええー、そうなの?

しかし、計測元になっている画像が、
長谷川等伯の描いた最も有名な信玄像(高野山成慶院蔵)
なところがちょっと引っかかるとことではある。

というのは、この画像には別人説があるのだ。
高野山霊宝館のページでは、矛盾がないという立場だが、
他に残る信玄像は、すらりとした美男子風。
血統的に、武田家は美男美女の謂れが残っていて
信玄だけそんなことはないだろう、ということだ。

ま、信玄ファンのこちらのブログにもあるように、
歴史とはまったくイメージの産物。
われわれ後世の人間は、残された画像で
イメージするしかないのですが…

優男風信玄で図ってみたら、何センチになるんだろうか?
もうちょっと高い身長になりはしないか、な?

●来年1月7日からスタートです!
 (富士の国やまなし観光ネット)

ということで、続いて信玄関連。

「功名が辻」の今年に続き、
2007年の大河ドラマは、「風林火山」と題し、
信玄を支えた軍師・山本勘助晴幸が主人公。

今年は大河ドラマ見ないとね。

あと、バナーに貼ってますが、
それにあわせて、山梨では「風林火山博」も開催予定!
2007年1月20日から、放映にあわせて1年間!

何回行こうかな♪

|

« つかれた… | トップページ | さて彼らの共通点は? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年を越すのはまだまだ先…:

« つかれた… | トップページ | さて彼らの共通点は? »