« 会話する「商品力」 | トップページ | 3連休の更新はしばらく後で… »

CEATEC JAPAN 2006。

各メーカーの思想や価値観が
前面に出た商品がほしい、
という記事を書いた後で、
未来のデジタルモノに話をつなげてみる。

ということで、アジア有数のデジタル展示会、
CEATEC JAPAN 2006に行ってきました。

週末は別の用事があるため、
有給休暇を使って。
…そこまでしていくか、という話もあるが(笑)

全部のブースを回るのがつらい。
10時の開場から、17時の閉場までずっと、
休みなし+昼飯なし+歩きっぱなし、という
超過酷スケジュールだからか…(ひょっとして当然?)

では、各企業のブースを見ていこう。

●シャープ

まずは、液晶のシャープ。
ブースで目立つのはやはり主力の液晶TV。

特にメガコントラスト液晶はすごく、
プラズマテレビ並みの黒の沈み。
とても液晶だとは思えない。

4,096×2,160ドットの超高解像度液晶も
展示されていたが、これは表示されていた
コンテンツがいまいちな気が。

NHKがやっているスーパーハイビジョン
(ハイビジョンの16倍の解像度)
くらいのコンテンツでないと、良さが出ないのでは。

あと気になる、W-ZERO3[es]の関連製品。

・ワンセグチューナ

12月発売予定の別売チューナを先行展示。
後ろにこんな具合に貼りつく感じ。

Es1seg1

ちなみに画像は横向きでみるのだが、
あまりみやすいスタイルとはいえないかも。
横向きで見る場合の工夫は特になかった。

Es1seg2

・SDIOスロット用のBluetooth

SDIOスロットを使ったBluetoothモジュールや
ワイヤレスLANも展示。
ワイヤレスLANはすでに発売中だが、
続いてBluetoothも。

Esbt

BluetoothはUSBタイプが主流の中、
SDタイプは珍しいがドライバがないため、
W-ZERO3シリーズ専用となるようだ。残念。

とはいえ、周辺機器とPCをワイヤレスでつなぐ、
ということだと、ワイヤレスUSBも立ち上がってくるので、
今後Bluetoothは日本での普及面や速度面で、
かなり苦しくなるだろうな。

その他、展示はないが
SDスロット経由でプロジェクタに接続できる
ケーブルもあるようで、これでプレゼンできる模様。

あ、ワイヤレスLAN対応のプロジェクタなら、
もっとスマートにプレゼンできるかも?

・ポケット翻訳機

これもおもしろい。
日本語で話しかけると、英語にして返してくれる
という夢のような翻訳機。

Pockettranslation

いまのところ、一般的な日常会話程度を
収録しているということで、あまり特殊な会話はできないが、
なかなか使えそうな印象。

一般販売ではなく、まず旅行会社などに売り込み、
パック旅行での貸し出しなどを考えているそうだ。

・リビングドアスコープ

いわゆる、テレビドアホンなのだが、
ドアスコープ(玄関の小さい覗き穴)に取り付けできる
という優れもの。

こんなワイヤレスカメラなんだけど…

Scope1

中を開けるとこんな感じ。

Scopeopen

賃貸だとあまり部屋をいじれないので、
手を加えず設置できるのがありがたい。

しかもワイヤレスで通信し、
アルカリ乾電池で半年程度はもつらしい。

もう商品化されてて、
ヨドバシカメラの実売価格で\26,800。
まぁ、手ごろな範囲か。

●三菱電機

三菱はドコモのケータイD703iF。

D702if

どうしてこれを取り上げたかというと、
この機種って、女性向けな訳ですよ。

「しぐさを美しくする」とか、
「顔のラインと一体化する」とか、
「日本女性の肌に合う」とか、
デザイン面だけじゃなくて、機能的にも。
(カモフラージュ音、バイオリズムメモ)

コンパニオンのおねーさんが、
楽しそうというか、これっていいよね的感覚で、
説明してくれたことが印象的。

大体、商品の説明とかがあって、
それを覚えて説明するんだろうけど、
(おそらく)そんなに興味もあるわけではなく、
あまり深いことはわかりません、で
返されることが多いんだけど。

コンパニオンさんが自分の意見を言いつつ、
説明してくれたことが新鮮でした。

●PLC(高速電力線通信)

ずいぶんと前からコンセプトレベルで、
よく展示会に出てきていた、電力線通信。
早い話がコンセント経由でLANを構築しよう、ということ。

日本では法律規制があるため、
なかなか進まない状況だったのだが、
ここにきて急速に法律面の整備が進み、
来年位には実用化できそうな感じ。

要は、ワイヤレスLANだと届かないような
壁にさえぎられたところでも、
コンセントならあるでしょう、ということ。

ただ問題もあって、モータを使う家電や
ケータイの充電器と同じコンセントに挿すと、
速度低下があるらしく、そこのところをどうするか、
というのが問題っぽい。

●日立マクセル

マクセルのブースで目を引いたのが、
水+アルミをつかった燃料電池。

水とアルミをつかって水素を取り出し、
空気中の酸素との結合で発電する。
1gのアルミから1.3lの水素を発生でき、
燃料としては粉末アルミを持ち歩くことになる。

で、展示されていたのがPCが駆動する
10Wクラスの燃料電池。
写真のPCはこの燃料電池だけで動いていた。

Maxellfuel2

まだ900g程度もあり、形も大きい。

Maxellfuel1

ただ、コスト的には量産に入れば、
1万円くらいになりそうとのこと。

説明してくれた技術者の方は、
高いでしょう、といっていた。

しかし、単にモバイルPCの駆動だけではなく、
ケータイその他を含めた「携帯電源」と考えると、
重さや大きさの問題はあるものの、
1万円なら、買うよ??

1万円で、ACアダプタを持ち歩かずにすみ、
ケータイも充電できるならいいと思うけどね。
PC専用と考えると、高いかもな。

●村田製作所

ついに、ムラタセイサク君のデモを見ることができた。
ただ、裏側だったため、坂道を登るところしか、
うまく見れなかったけど…

ということでmovieをアップします。
(Quicktime/17.8MB)

●Panasonic

LUMIXのコーナーでは、デジイチLUMIXが中心で、
あまりコンパクトカメラの話題はなし。

ただ、漆モデルというのが展示してあった。

Lumixurushi

個人的には、次の二つがお気に入り。

・黒銀乾漆

黒が好きなわたしには、
この質感がたまりません。

Lumixurushiup1

・古今

チタンパウダーの蒔絵。
金箔のアクセントも高級感バッチリ。

Lumixurushiup2

あと、SDカードのコーナーで、
例のWindows Vistaの新機能「Windows ReadyBoost」の
ことを訊いてみた…が、いまのところ利用想定していないとのこと。
あまりこのことはメーカーにも伝わっていなかったのかな。

●U'eyes Design

U'eyes Design…とはあまり聞かない会社だけども、
ユーザビリティのチェックをして、
デザイン提案を専門にする会社だそう。

そういえば、このUIみたことあるな、
というのもいくつか紹介されてあった。

調査して各属性別に、こういう嗜好があるから
こういうデザインが求められているはずだとか、
ユーザがこういう操作でつまずきやすいから、
こういうインターフェースにしないと、
という論理的な思考でデザインが考えられるのは、
いいことだなぁ、と素直に思った。

こう、デザインとか使い勝手って、
感覚的な議論になりがちな気がして。

ちなみに、ケータイのデザインを男女別に
思考を集約し、その嗜好特徴から
再デザインするとこんな感じになるそうだ。

左が女性、右が男性。

Ueyedesgin

わたしは素直に、右側がいいな
と思いましたけどね。

●NEC&富士通

いつもデザインコンセプトを出しているこの2社。
今回のCEATECでは…

・NEC(P-ISM)

なにやら、ペンのようなもんが5つ。

Necconcept2

これらがバーチャルキーボードや超小型プロジェクタ、
携帯電話にカメラ、ということになるらしい。

Necconcept1

あればいいんだけど、あまりにも未来過ぎない?

・NEC(KOTOHANA)

マイクに向かってしゃべると、
そのしゃべった雰囲気から、
どんな気分でしゃべっているか、
その気分に応じて、花のような形の
先っちょの色が変わる。

Necconcept3

赤なら興奮、黄色なら喜び、などなど。

Necconcept4

しゃべった調子をけっこう忠実に反映してくれる。
ケータイに相手のしゃべったトーンと、
自分のしゃべったトーン、それぞれ色で見えるような
仕組みに応用されるとおもしろいねぇ。

・富士通(Turn Table PC)

どことなくF902iSの影響が感じられるPC。

Fmvconcept2

デザイン的がかなりErectroluxのIHクッキングヒーターに
似ているような気が…
これとかこれとか。

あ、ここにも同じこと書いてある。

・富士通(Ultra Mobile)

真四角な端末でTabletPCという設定。

Fmvconcept3

背面にカメラが搭載されているため、
形のせいもあって、コンパクトデジカメに見える。

TVをパソコンで動かしてみよう、
という発想でテレビパソコンができたとしたら、
パソコンの仕組みで、カメラを作ろう
というような感じを受けた。

背面に大きな液晶というのは、
最近のコンパクトデジカメの流れだし、
ワイヤレスLAN搭載とか
PCに近くなっている面もある。

ただ、どっかと協業しないと、
富士通だけでは無理でしょ。
カメラメーカでもないし。

…と今回はこんな感じでした。
書こうと思えば、まだまだネタはあるのだけれど…ね。

わたしはいけませんが、7日土曜日も
開催していますから、週末空きのある、
首都圏近辺の方は、幕張まで行かれてみては。

|

« 会話する「商品力」 | トップページ | 3連休の更新はしばらく後で… »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

>コンパニオンのおねーさんが、
>楽しそうというか、これっていいよね的感覚で、
>説明してくれたことが印象的。

こういうのいいですね。自分もものづくりをやってますが、やっぱり「これいいだろー」って自分で言えるようなものを作りたいなぁと常々思ってます。それはきっと営業の人たちやこうした説明をしてくれる人も同じで自分が欲しいと思うものであれば、ちょっと熱も入りますよね!

投稿: みや | 2006.10.06 09:21

nikko81です。

●みやさん

そうですね。

特に印象的だったのは、
偏見があるかもしれませんが、
デジタルモノって、女性で興味ある人って
そう多くはないと思うんですよね。

だから、説明してても、
話し込むことが少ないんですけど、
やはり自分の言葉で、説明しているときには、
自然と会話が弾むな…と思ったのですよ。

男が女性向け、なんていって作っても、
結局は届かないものになってしまいがちで、
こういうことだ大事なんだな、と思いました。

投稿: nikko81 | 2006.10.07 17:32

はじめまして、ご紹介いただきましたU'eyesDesignの広報担当(CEATECの責任者)です。突然すみません。お褒めいただきうれしかったもので、コメントを残してみました。またのぞきに伺います。それでは。

投稿: U'eyesDesign | 2006.10.19 14:24

nikko81です。

●U'eyesDesignの広報担当者様

コメントありがとうございます。

使いやすさ調査モニターにも興味があります。
今はチョット忙しいのですが、
折を見て、参加したいなと思っています。

投稿: nikko81 | 2006.10.19 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/12154759

この記事へのトラックバック一覧です: CEATEC JAPAN 2006。:

« 会話する「商品力」 | トップページ | 3連休の更新はしばらく後で… »