« WPC TOKYO 2006。 | トップページ | 中部城廻2日目。 »

中部城廻1日目。

やっと書ける…ということで、
10/7~10/9で行ってきた中部地方城廻り。

どうしてこの期間に言ったかというと、
鉄道の日きっぷという18きっぷの親戚みたいな
きっぷがあって、1日3,060円で乗り放題。

コレを活用して安く行こうというわけ。

もちろん、名古屋方面に向かうので
「ムーンライトながら」をつかうのだが、
間違って土曜東京発→日曜名古屋着を
買ってしまったので、自由席ができる
小田原から指定席をとらずに強行突破。

名古屋まで席なしを覚悟していたのだが、
幸運にも空席があり、名古屋までぐっすり。たすかった。

翌朝、名古屋につくとそのまますぐに、
名鉄(名古屋鉄道)に乗り換え、犬山遊園へ。

まず、1城目国宝犬山城。

駅前でマンホールゲット!
鵜飼と犬山城の図であります。

Inuyama_manhole_1

犬山温泉街(温泉があるなんて知らなかった!)を抜け、
小高い丘の上に天守閣を発見。

Inuyama_found_it_2

天守閣に向かうも、着いたのが
あまりに早すぎたので、閉門中(8:00)。

Inuyama_close_3

しかたないので、近くのコンビニで
おにぎりをほおばりつつ、時間を潰し。

開門と同時に突入。
誰もいない天守閣をひとりじめ。

Inuyama_front_4

犬山城は、国宝に指定されている
四天守のなかで、最も古く、
国宝ではないが、同じ戦国期の丸岡城とともに、
古い天守構造を残した逸品。

そういえば、この犬山城登城で、
現存十二天守、国宝四天守を制覇。

色でいうと、松本城が好みだけれども、
形の上では、こちらが好み。

望楼部分の火灯窓がいい。

Inuyama_katou_5

ちなみに「火灯窓」とは、窓の上の部分が
火炎のように見えることからこの名前がある。

元来は、禅宗伝来と同時に、
禅宗様建築の窓として伝わったといわれ、
時代が下ると、城や邸宅にも使われる。

さて、天守に入ると、1Fに入る前に
石垣が見える部屋があり。
他では見ないかも。

Inuyama_naibuishigaki_6

天守に上ると、いい眺め。
北東方面。

Inuyama_view1_7

北西方面。岐阜のほう。

Inuyama_view2_8

単純に眺めがいいだけではなく、
よくありがちな視界を覆う網がないこと、
また望楼部分の屋根が高いことで、
視界が開けている感じがする。

Inuyama_opening_9

瓦には、徳川葵。

Inuyama_aoi_10

犬山城は最近まで個人所有の城として
知られていて、成瀬氏の所有なのに、
なんで徳川葵なのか…と思ったが。

成瀬氏は独立大名ではなく、
尾張徳川家の家老職だそうで、
つまりは、犬山は尾張藩領。
そりゃ、徳川なわけだ。

さて、天守を降りようと思ったとき。
建造当時のものなので、相当古いわけで
床にこういう隙間もあって。
大丈夫だとは思うけど…

Inuyama_sukima_11

犬山の博物館に行こうとも思ったが、
天気がいいので早く岐阜城を見たい、ということで、
さっさと岐阜へ入る。

岐阜城は織田信長のせいもあって、
有名ではあるのだが、江戸時代にはなかった城。

江戸時代には、加納城という平野部の城があり、
岐阜城のあった金華山からは離れている。

当然、岐阜駅からもかなり距離があるのだが、
単に城を見に回っているだけではなく、
歩きまくって体力をつけよう、という意図もあるので、
バスにもタクシーにも乗らず、歩いて金華山を目指す。

駅から。
遠目に岐阜城が見える。

Gifu_stationview_12

ただ、だからといって金華山を登るか
というとそうではなく、ロープウェーをつかったんだけど。
城を見る前にくたびれてはねぇ。

麓のロープウェー乗り場のそばには、
信長が築いた居館跡。

Gifu_nobunagayakata_13

戦国時代らしく、石垣が小ぶり。

Gifu_nobunagaishigaki_14

さて、ロープウェーに乗り、金華山山頂へ。
少し進むと天守がお目見え。

ちょうどいい位置に天守が見える。

Gifu_front_15

一応、信長時代の華麗な天守をイメージして、
金箔(ほんとに金かは不明)を捺した風に。

しかし、後で書くが、信長がいたの天守とも違うし、
後に再建された天守とも違う。いわゆる模擬天守。

そうならそうと、書いたほうがいいと思うのだが、
どっこにもそんなことは書かず。いいの?

ただ、眺めはいいよ。
小ぶりな山がぽこぽこ。

Gifu_view1_16

眺めはいいのだが、山頂ということもあり
強烈な突風。持ち物が飛んでいかないか
ヒヤヒヤものだった。

館内の展示で知ったのだが、
この模擬天守も2代目らしく、明治期には
別の模擬天守があったそうな。
コレがその写真…ってしょぼっ!

Gifu_old_17

帰り際。

また突風が吹いてきて、
上から固いものがどさどさどさと降ってきた。

犯人はコイツ。

Gifu_fall_18

秋ですな。

(おそらく模擬だろうが)織田瓜の刻まれた城壁。

Gifu_odauri_19

このあと、ロープウェーで降りようとしたのだが、
風が強すぎて、ロープウェーが一時操業中止。

20分ほど待たされて。

乗ってみると、土の入った袋が
いくつも置いてあり、重石にしてあった。
それでも結構揺れたけど。

帰りに麓の博物館にも。

山頂にも山麓にも後の天守につながる
建造物を信長は建てていたようだ。

いずれにしても、今ある天守とは
形状がまったく違うが。

Gifu_saigen_20

博物館には、その他江戸時代にあった
加納城の模型などもあって、
まだ時間があるので、加納城跡も行ってみることに。

しかし、ほとんど遺構はなく、
現在発掘中とかかれてある以外は、
ただの公園のようだった。残念。

さて、この日はなにやらお祭りがあったらしく、
ぜーんぜん宿が取れなくて、
東洋健康ランドという健康ランドで、夜を明かすことに。

直行バスがあるのだが、
待合室が閑散としている感じに
若干の不安を覚えたが…

Gifu_toyo_22

昭和チックな感じだけど、
とりあえず夜を明かすには問題なし。

バス待合室前の自販機の表示がおかしかった。
これほったらかしとくと、かっこ悪いよ。

こちらから。(Quicktime/2.1MB)

さて、翌日は郡上八幡。

|

« WPC TOKYO 2006。 | トップページ | 中部城廻2日目。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、soraです。

小田原に居たのってこの日ですね。

毎回すごい距離移動してるなぁ~
1日乗り放題だからいろんなトコ行けるんですね。

投稿: sora | 2006.10.25 12:53

nikko81です。

そうなんです。
ちょっとだけ、小田原にいました。

ムーンライトながらを使う際には、
小田原が拠点になるんですよ。

投稿: nikko81 | 2006.10.25 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中部城廻1日目。:

« WPC TOKYO 2006。 | トップページ | 中部城廻2日目。 »