« ものを選ぶ基準。 | トップページ | Google Earth初体験。 »

可処分時間のマネジメント。

Itmedia内のシリアルイノベーション
というブログから。

記事の中にあった「可処分時間」という
ことばに惹かれて読んでみる。

経済学や経営学の分野で、可処分所得
というのはよく聞くことばである。

いわゆる、手取り収入のことであり、
税金やら社会保険料やら、
あれこれ差っぴかれた後に、
自分の口座に残る金額のこと。

これを原資としていろいろ消費活動に
振り分けていくのだけれど。

消費活動には、お金だけじゃ進まないことがある。
そう、時間も必要なのだ。

残業しまくって稼いだとしても、
結局、使う時間がなければ、使われない。

そういう意味で、消費という活動に割ける時間
ということも考えなくちゃいけない、
と思っていたんだけれども、
やはり同じことを考えている人はいるもんなんだ。

どうしてもやらなくてはいけないこと、
自分の興味のあることや好きなこと、
にどうしても時間を費やすもの。

ということは、まず興味を持ってもらわないといけないし、
他に興味を持っていることと競争して、
他よりももっと時間を費やしてもらわないといけない。

ある種、消費者の心の中に占めるシェアである
マインドシェアとも関係が深いのかも。

個人的には、エンターテイメントの領域だけではなく、
その日1日のなかでどんなものに関心を持って、
人々は暮らしているかということが知りたい。

消費者の視点から言うと、可処分時間のうち、
どういうことに一番時間をとられているのか、
でも本当は、どういうことに時間を使いたいのか、
というタイムマネジメントが必要なはず。

以前書いた「購買エージェント」というひとは、
こういうタイムマネジメントをするひとに対して、
適切な結果だけほしいモノについて、
きっちりとアドバイスする仕事、なのだろうな。

|

« ものを選ぶ基準。 | トップページ | Google Earth初体験。 »

「ビジネス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/11952162

この記事へのトラックバック一覧です: 可処分時間のマネジメント。:

« ものを選ぶ基準。 | トップページ | Google Earth初体験。 »