« 西日本城廻第4日目。 | トップページ | 西日本城廻第5日目その2。 »

西日本城廻第5日目その1。

さて、5日目。

この日は、一旦宮崎から南に下り、
日南市飫肥(おび)へ。

しかし降り立って、びっくりした。
駅前なのに、あまりに何もない。

駅舎は結構、立派だったけど。

Obieki

近代の城があるところは、大抵地域の中心地
なんだけれども、日南市からは外れているので、
飫肥周辺は中心地ではない。

とりあえずレンタサイクルはできたので、
街の中心部へ。

こういうのがあると、JR日南線の
経営も苦しいのかな、と思ってしまう。

Nichinansen

確かに、宮崎から志布志まで一本線だし、
途中に大きな街があったり、
別の路線と交差しているわけでもなく。

街の中心地へ出てみると、
まだ時間も早いせいなのかどうか、
人もまばらで、静か。

ひっそりと城下町を形作る塀が続く。

Obi_streeet

ここ飫肥は、明治の政治家・小村寿太郎の故郷で
飫肥城近くにその生家があったらしい。

Komura

さて、飫肥城。

ここも復元門と復元屋敷(松尾の丸)、
歴史博物館がある。

道の奥のほうに大手門。
なんとも画になる情景ではないか。

Mon_2

豫章館。
版籍奉還後、藩主が構えた邸宅。
本当は、まだ開館前だったんだけど
一瞬雨が降ってきたので、
雨宿りさせてもらった。

Yoshou

城壁の復元具合がいい。
建造物が点在するよりは、雰囲気をかもし出す上では
城壁も必須アイテムですな。

Kabe

石段は馬が歩くことを考え、
馬の歩幅に合わせて作られているそうだ。

Umanohohaba

御殿風の松尾の丸。
1979年の復元であるが、伝統技法を使った
木造による復元。

Matsuo

中には湯殿なる温浴室。
サウナみたいなものらすぃ…
えー、ホントにあったの?

Yudenn_1

さて、その足で旧本丸へ。
「旧」というのは、地震で地割れが起こったために、
途中から使われなくなってしまったからだ。

でも、古い石垣などは残り、
石垣ファンには見所多し。

Old_honmaru

ちょうど、管理事務所の方々が、
芝刈り中。

Shibakarichuu

裏門前もキレイに掃除完了!

Uramon

歴史博物館にも寄って、
伊東家の歴史を学ぶ。
(伊東家の食卓とは関係ないぞ。笑。)

しかし、伊東家というと、
信長の野望シリーズで真っ先に、
島津軍に潰される候補(笑)なんだけども、
現実には、遠く鎌倉時代から、
つぶれずに残ってるんだよなぁ。

一時期ヤバイときもあったようだけど、
世渡り上手?なんだろうか。

さて、飫肥城を一巡りして
おび天(甘い味付けのさつまあげらしい)の
お店の前で休憩していると。

猫の声がする…と思ったら。

*「お、ええとこに人間が来よったで」

Cat1

*「ちょっとひざ貸してもらうからな」

Cat2

*「ああーん?なんかゆうたかー?」

Cat3

*「オレには何も聞こえんなー。」

Cat4

*「コラッ、足動かすな。落ちるやないかい!」

Cat5

*「まー、ちょっとくらいええやんけ」

Cat6

*「あかん、眠なってきた…」

Cat7

*「寝さしてもらうわ」

Cat9

*「もうどっかいくんか?」

Cat10

*「せやけど、オレは眠いしな…」

Cat11

*「やっぱり、オレはここで寝とくわ」

Cat12

…以上、猫劇場でした。
なぜ大阪弁かは気にしないように(笑)

さて、日が昇ると眠くなる猫をよそに、
おび天屋で(おび天を食わず)かつおめし。

あ、しっかりを手洗いは欠かせません。
長崎で噛まれてから、猫後のケアには気を配り。

Katsuomeshi

タレに漬け込んだかつおが美味い。

さて、猫で時間を潰してしまったこともあり、
飫肥駅に戻る。

途中で、水路に鯉を発見。
この一帯は、鯉を放流しているようだ。

人間の姿を見るや、大挙して
口をパクパクさせ大集合!

Koi

ざんねーん。やるものはなにもありませんよー。

ということで、写真が増えてきたので、
5日目午前中でいっかい、記事切ろう。

午後は宮崎に戻り、高速バスで熊本県人吉へ。

|

« 西日本城廻第4日目。 | トップページ | 西日本城廻第5日目その2。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西日本城廻第5日目その1。:

« 西日本城廻第4日目。 | トップページ | 西日本城廻第5日目その2。 »