« 西日本城廻第3日目。 | トップページ | 西日本城廻第5日目その1。 »

西日本城廻第4日目。

さて、城廻ももう4日目。
並の人間ならば、疲れも出る頃だろうが、
そこは歩く持久力なら、そこそこ自信はある。
まだまだ早起きする余力はある。

延岡城は、復元城門しかないのだが。

まず、マンホールゲット。
延岡に古くから伝わる郷土玩具・のぼりさる。

Nobeoka_manhole

延岡城で有名な石垣、千人殺しの石垣。
ずいぶん物々しい名前だが、
あるひとつの石を外すと、バランスを崩して
石垣が大崩壊するらしい。こわっ。

1000

復元城門。
残念ながら、周りに工事か何かの車が
止まっていて、いいアングルでは撮れなかった…

Jomon_nobeoka

さて、延岡城を軽く回った後は、
特急を使って、宮崎へ。
ここも特急を使わないと、時間的に厳しいのだ…

宮崎に着いたら、バスで綾町まで。

…っと、その前に
宮崎名物、チキン南蛮。

やはり、本場は違いますな。
タルタルソースは手製に限るよ。

でも…また写真がない…
すみません、食べた後に気付くのですよ…

さて、綾町まではバスで1時間ほど。

バス停を降りたところの地図。

Aya

あやって女性の名前で多いじゃないですか。
なんかあやちゃんという
女の子が書いた地図みたい(笑)

マンホールも忘れずに。
照葉樹林の保全に力を入れている、
ということで、照葉樹林の葉の絵かな?

Aya_manhole

おそらく35度を遥かに超えていたであろう
気温のなか15分ほど歩くと、遠巻きに綾城が!

Ayajo1

綾城は木々の奥にひっそりと
しかし、存在感をもって建っている。

Ayajo2

綾城は、中世の城郭を
きちんとした時代考証を重ねて
建てられた珍しい城。

母屋+望楼という天守閣の先駆けに
なるような形状をしている。

破風など飾り屋根がないことが
逆に天守閣がどのような建物から、
進化してきたのか、がよく分かる。

Ayajo3

外壁も何も装飾なく、素板のまま。

Ayajo5

こういうところが
(当然ながら)戦国時代の実用主義を
反映していていい感じ。

千利休のお茶室ではないが、
質素な中に味がある建物。

望楼からの眺め。
緑が豊かです。

Ayajo4

鯱瓦。これも時代考証の結果?
戦国時代だから、細かい形を作る余裕がないってコト?
それとも…別の意味があるのだろうか。

Aya_shachi

落書き。
こんなことをするヤツは、城に来なくていい!

Rakugaki

…ったく。

さて、この日は綾城を堪能して終了。
早めに宮崎に戻り、明日に備え。

|

« 西日本城廻第3日目。 | トップページ | 西日本城廻第5日目その1。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西日本城廻第4日目。:

« 西日本城廻第3日目。 | トップページ | 西日本城廻第5日目その1。 »