« 体脂肪率を量る! | トップページ | 有名人の方のblogから… »

怒りのマネージメント。

ここのところ、W杯でジダンが頭突きをして
怒りをあらわにしたことが取りざたされている。

どのようなことを言われたにせよ、
またその内容からして、理解できるものだったとしても、
場の雰囲気を壊してしまったのは、間違いない。
その場で怒る必要があったのか、と。

まぁ、ジダンの件はさておき。

わたしについてだが、ここ15年ほど
ということは、中学生の頃から
怒りをあらわにしたことがない。

それは、怒りのエネルギーを表に出すことが、
もったいない、ムダだと思うから。

怒りのエネルギーはとても強い。
そのエネルギーはもっと別に使いたい。
その怒りをバネにもっと上に伸びるかも…

という考えをもちつつ、
All Aboutの記事を読んでいて、

|人間は「刺激」と「反応」の間に
|「選択の自由」があるということ

というのに、なるほどうなづいた。

「決定力不足」を自認しているだけに
どれほど実践できているかは、
なんともいえないところだが、
自分で決めること、「自律」ということに
わたし自身、すごく価値を置いている。

その価値観と「怒りを出さない」という
自分のポリシーみたいなものが、
つながっていることが、新鮮に思えた。

そうか、怒りを表に出さず
そのエネルギーをどう使うか、
そこが価値観とつながっているのだ。

怒りに任せてエネルギーを
放出した場合どうなるか。

先ほどの記事では、「条件反射」とあるが、
一度自分の怒りを受け止めたあと、
怒りをどうぶつけるのか。

ここで怒りに任せて激情するのがいいのか、
いやみったらしくチクチク相手を非難するのか、
それとも…

きちんと価値観をもってさえいれば、
そんな方法にでるのではなく、
どうすれば最善なのかを自分なりに考え
怒りのマネージメントができるはず。

そしてなにより、

|あなたはどんな人生を送り、どんな価値観で
|世の中を見ると決めたいのですか?
|あなたには選択する自由があります。
|あなたが選択さえすれば、何もかもが
|あなたの思い通りになるのです。

これは、人生を楽しく過ごすコツのひとつではないだろうか。

|

« 体脂肪率を量る! | トップページ | 有名人の方のblogから… »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 怒りのマネージメント。:

« 体脂肪率を量る! | トップページ | 有名人の方のblogから… »