« 気になる記事から先に。 | トップページ | DRAGON QUEST II on W33SA。 »

江の島ウォーキング&アニマルセラピー?

13kmもどこを歩いてきたかというと、
江の島から鎌倉まで。由比ヶ浜のあたりですな。

これといって理由はないだけれども、
電車に乗り込んで、横浜方面で行ってみよう、
ということで鎌倉あたりに、という
くらいしか考えてなくて。

江ノ電が江の島電鉄というくらいは、
もちろん知っているけれども、
江の島がどんなところか、まったく知らずに
ふらりと行ってみましたよ。

まず見つけたマンホール。
カラーですが、原色ベタ塗り(笑)

Enosima_manhole

奥へ進むと、瑞心門。
龍宮城をイメージさせるようなカタチ。

Zuishinmon

奥へ進むと江島神社。海の三女神が祭神。
それぞれの女神さまをお祭りする社殿が分かれていて、
手前から、辺津宮・中津宮・奥津宮。

辺津宮の社殿には、巾着の形をした賽銭箱。
なぜ賽銭箱なんだろう?

Kichaku_saisen

さらに登ると、中津宮。
最近建てられたのか、紅い社殿が眩しい。

Nakatsumiya

奥津宮には、源頼朝が寄進したという石鳥居。

Yoritomotorii

頼朝の時代から修繕されつつ、建っているそうだ。
800年くらいここにあるんだな。

社殿前には、八方睨みの亀。

Kame1

楽をするエスカレータもあるのだが、
あくまで運動をしないと、という趣旨なので、
奥まで階段を上りきる。きつい。

奥まで進むと、江の島岩屋という洞窟。

山口の秋芳洞に行ったときもそうだけど、
夏に自然洞窟に入ると、涼しくてとても気持ちがいい。

洞窟に入る前に、亀石という石が見える。

Kame2

本当に亀みたい。というか、龍宮城に帰る亀のようで。
(また龍宮城?)

ちなみに、これが本当の亀。

Kame3

こちらもなぜかいました。なんで?
というか、亀が3匹。多いな!

洞窟内は、ろうそくの明かりで進むが、
なにぶん短すぎる。残念。

In_iwaya

帰り際、猫が多いことに気がつく。
もともと島に猫がいるわけもなく、捨て猫だという。

警戒感なさ過ぎでZzz…

Katakoricat

こちらは、何かを一点凝視。
なにかいるのか?

Muchucat

路地を横に入ると、ぞろぞろ。

Relaxact

リラックスしている連中にちょっかい。
おちょくったり、観察したり、なでてみたりして。

階段を登って歩いて汗だくになったので、
そんなことをしながらチョット休憩。
こういうのもアニマルセラピーというのでしょうか(爆)

さて、歩いて体脂肪を燃やしましょう、
ということではここからが本番。

江の島から鎌倉まで歩き通す。
ただ、ちょうど鎌倉に向かった昼過ぎから、
猛烈な風が吹いていて、
由比ヶ浜の砂の飛ぶこと、飛ぶこと。

どれくらいすごかったかというと…
標識がノリノリで踊っていたり(3MB/Quicktime)、
風車がぐるぐる回っている(489KB/Quicktime)くらい。

それでも、磯の香りを感じながら
一路鎌倉を目指す。いざ鎌倉ってか(笑)

砂を含んだ風を打たれつつ、
ようやく若宮大路にたどり着き、鎌倉駅へ。

本当なら、鶴岡八幡宮にお参りして、
帰りたいところだけれども、
疲れてそれもできず。

これでどれだけ体重減につながるかなぁ…

|

« 気になる記事から先に。 | トップページ | DRAGON QUEST II on W33SA。 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江の島ウォーキング&アニマルセラピー?:

» 今日のマンホール [Diario]
山形県寒河江市・東根市・山辺町・中山町・上山市・大分県別府市・静岡県清水市・神奈川県・静岡県大仁町・福岡県大野城市・静岡県掛川市・福島県喜多方市からマンホールが届きましたよヽ(´▽`)ノ [続きを読む]

受信: 2006.07.24 08:00

« 気になる記事から先に。 | トップページ | DRAGON QUEST II on W33SA。 »