« やっぱダメだった… | トップページ | 切り絵。 »

「ぐびなま。」は反則だ。

アサヒの「ぐびなま。」のCM中の
こにたんがかわいらしすぎて、まいっています。

電車に乗れば、吊り広告にもいて、
おちおち車内で眠れません(アホ)

まぁ、それはさておき。

人の主観・興味を重視した検索エンジン「SAGOOL」
 (Japan.internet.com)

ぬぬ。

いかにおもしろいか?
ネタになるか?

という好奇心旺盛なネタ人生まっしぐらには、
欠かせないツールになるかも??

ヴァルキリープロファイルアレンジアルバム発売
(ITmedia+D Game)

買っちゃうな。間違いなく買っちゃうな。

と思ったとたんに、「未確認神闘シンドローム」が
頭の中でループしてます…

ちゃーら、ちゃちゃちゃちゃちゃーちゃ♪
ちゃーら、ちゃちゃちゃちゃちゃちゃ~♪

…これじゃぁ、なんのことかわかんないと思います、
すみません(笑)

「悪い景観」論再び。(asahi.com)

以前書いた、悪い景観を選ぶ活動。
あまりに見栄え重視で、そういう景観になった
歴史性や経済性など多角的な視点から、
ものを見てないんじゃないの、といったわけだけど。

またニュースになってて。

|「反論、反発も予想しましたが、
|意外にそういう反応は来ていません。
|『よくぞ言ってくれた』という評価がほとんど。
|訴訟も受けて立つ、という覚悟だったんですが」と話す。

…やばいよ、これ。

思考が偏ってることに本気で気付いてないのだろうか?
それともネタ…なわけないよねぇ。

しかも、地元で好評な「JR鹿児島中央駅駅ビルの観覧車」。
そこに住んでもいないで、表面的な見栄えの議論だけで、
「悪い」のレッテルを貼られたんじゃ、
そりゃ困惑するだろうに。

いや、困惑じゃなくてちゃんと言うべきことは
言ったほうがいいんじゃないか。

「訴訟も受けて立つ」とか
訳のわからないことを言ってるけど、
名誉毀損にはならないか。

個人的に何の利害関係もないけど、
ちょっと許せない。

|

« やっぱダメだった… | トップページ | 切り絵。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いやぁ、同感です。あ、悪い景観のおはなし。
確かに、以前の西鹿児島駅の三角屋根の駅舎は素敵でした。
でも、今の観覧車はあれで、新しい駅のシンボルとして受け入れられてるし。
夜なんてとってもきれいですよ。
あれに乗りたくて、また鹿児島へ行きたいなって思ってるわたしってバカみたいじゃない(笑)。
日本橋にしてもそう、どうしてああなったのかという歴史的な背景なんておかまいなしですよね。
よくぞ言ってくれた、なんてほんとに言われてるのか、
不思議でなりませんね~。

投稿: はるか | 2006.05.31 01:24

nikko81です。

景観に限らず、いい悪いは
一意には決められないはず。

それを議論を呼び起こしたいから、
と言う理由で悪いレッテルを貼るのは、
理解できませんね。

よくぞ言ってくれた、というひとは
どういうことを考えてそういう結論になったのか、
ぜひぜひお聞きしたいものです。

投稿: nikko81 | 2006.06.01 01:01

もしかしてこれって新聞にも載ったんでしょうかね?
先週あたりからこのニュースのキーワードで来る人、
すっごく多くないですか?

京都ホテルなんかもそうだったけど、景観論争って
なかなか全員が納得できるような結論は出ないもんですね。

こういう「社会にもの申す」的提言ってのは
有識者と言われる人たちにありがちなんですが
往々にして、当事者の生活事情や気持ちを考えずに
一面だけ見て無責任に斬りつけるような行為が多いんですよね。
だからこそ、こういった活動には細心の注意が必要だし
「毒吐いて終了」じゃなくて、
そこから建設的な議論も生み出してほしかった・・・。

選定委員がある程度名を知られてる人ばかりだったので
もうちょっと期待してたんですが
nikko81さんが引用されてるとこを読んで
「なんだこの上から見下ろすような言いぐさは」と思ってしまいました。
試みとしてはなかなか面白いと思ったし
このサイトが公開されるのを楽しみにもしてたんですが
うーん、みなさん、建築や町並みデザインのプロのハズなんだけどなあ。
この程度なのかなあ、やっぱり・・・。

反論・反発が来ていないのは
みんな呆れかえって声も出ないから、なのかも知れません。

投稿: しのぶ | 2006.06.02 02:21

nikko81です。

●しのぶさん

この問題、2つに要約できると思います。

ひとつは、議論を巻き起こしたいという割には
議論をする場を積極的に設定していないこと。

もうひとつは、自分たちの議論が正しい前提で
話を進めるあまり、異なる言説を見下すような
態度をとっていることだと思います。

本当に議論をするつもりなら、
異論に対し、毒を吐くのではなくて、
自分たちと考え方が違うであろう人たちを交えて、
議論をする場を作ろうとするのが、
まっとうなやり方だと思います。

また、異論と戦わせることで、
論理がしっかりすることを考えると、
むしろ、自分たちから異なる考え方に
近づき、議論できるようにしなければなりません。

|反論・反発が来ていないのは
|みんな呆れかえって声も出ないから、なのかも知れません。

そうですね。
その世界では、著名な方々かもしれませんが、
やっていることが、あまりに幼稚ですから。
わたしも呆れかえっている一人です。

わたしの個人的な意見を言うと、
生きるということは、必ずしも美しいものばかりではなく、
たとえば、生活する以上、ごみは出しちゃいますし、
ある種の生活感、というものと洗練されたデザインとは
どこか相容れないところもあると思います。

街の風景が、そこで生活する人たちを映す、
鏡のひとつであると考れば、
見た目一辺倒の議論はできない
と気付くはずなんですけどね。

もうすこし見た目ではなく、
総合的な視点から、街の景観を考えるべきだ
と思いました。

投稿: nikko81 | 2006.06.03 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ぐびなま。」は反則だ。:

« やっぱダメだった… | トップページ | 切り絵。 »