« 抹茶ラテと親子丼。 | トップページ | おっ!? »

PIE2006

で、肝心のPIE2006なんですが。

あらかじめWebで見てはいたんだけど、
こうマニア向けと言うか、プロ向けと言うか、
そういうところに重心がシフトしているような。

珍しいよ。展示会行って途中で帰ってきたの。

ちょっと少ないけど、気になるデジカメいってみよー。

LUMIX(Panasonic)

やはり気になるのがLUMIX。
手ぶれ補正がわたしのニーズに
ばっちりハマっていたし、
さらに6倍ズームや乾電池駆動になったら…
というわけで、いまでもLUMIXユーザ。

そのLUMIXの最新作は…
まず、FX01。CMやってるやつね。

広角28mmといっても、カメラに詳しくないと、
何のことかさっぱりなんだけど、
要は広い範囲を撮影できるということ。

被写体から離れていたら、ズームするじゃないですか。
逆に近づきすぎていたら…

そう、後ずさりですよね。
生まれてこのかた、後ずさり~♪
…ってちがうっ!はげしくちがうっ!
(わからない方は、こちらの1作目をどうぞ)

でも、狭いところじゃ後ずさりできませんね。
そういうとき、カメラが広い範囲を撮影できれば、
後ずさりしなくてもOKってわけ。

しかし…今ひとつニーズにマッチしないなぁ。
いいことはわかるんですけども。

むしろ、「旅カメラ」のコンセプトで
開発・企画されたTZ1でしょう。

tz1-0

なにせ、こんなにコンパクトなのに、
光学10倍ですよ、10倍。ありえなくねぇ!?
っと、思わず眞鍋チックになったけど。

しかも、手ぶれ補正ジャイロは当然、
高感度ISO1600で被写体ブレもシャットアウト。すごー。

持ちやすい形になってるね。

tz1-1

でも、ですね。

乾電池駆動+ズーム6倍+手ブレ補正の
LZ2を選んだとき、まさに旅に持ってくために
選んだわけですよ。

それはですね…それまでも手ブレ補正の
LUMIXを使ってたので、手ブレ補正はあるものとして。

まず、1点目は旅に出かけると、
撮りたいものがどんなものか
そんなのわからないわけで、
遠くにあって撮りたい!と思っても
ズームが足りないために撮れませんでした…
という惨めな思いをしたくないから。

で、もうひとつが旅にもってくには、
やはりバッテリの充電器やスペアバッテリは必須。
これが結構かさばるんだよ。

乾電池で動いてくれるなら、
少なくとも国内であれば、どこかしらで
手に入れることができる。

何が言いたいかというと、
ご覧のようにTZ1はバッテリなんでやんすよ。

tz1-2

ズーム10倍はひっじょーに「旅カメラ」の
コンセプトにあってるんだけど、
そこは乾電池で動かんと「旅カメラ」とは
言われへんやろ~ということ。

確かに手ブレ補正ジャイロ+高感度は
魅力ではあるけれど、個人的に旅にでて
高感度で撮らないとダメな被写体が動きまくる
という事態がないので…
(いや、猫とか撮ってると必要かも)

これが分解した図なんだけど…
たしかに中身は詰まってますなー。
やはり10倍ズームだから、レンズが大きいか?

tz1-5

でも、006P型で電池1つで駆動できれば…
入るんじゃないかな。無理?

ま、これが乾電池駆動になれば、
最強の「旅カメラ」になること間違いなしでしょう。

それ以外は、細かいところに手が届く
なかなかいい仕様。

VGA(640*480)で30fpsの動画が撮れるし。
オプションでハウジング(水中撮影するときにかぶすヤツ)
もあるし、これからの季節にゃ、うれしいオプション。

tz1-4

●PENTAX

PENTAXからは、ハウジングなしで使える防水カメラ。
ただ、その他の機能が目を見張るものがなく、
オプションにハウジングがあるカメラなら、
ちょっと分が悪いかなぁ。

water

あと、液晶画面がタッチパネルになってて、
お絵かきできるカメラ。

oekaki

意外と面白い。パーティとか飲み会向けか(笑)

FINEPIX F30(FUJIFILM)

手ブレ補正に惹かれてすっかり、
LUMIXに移ってしまったが、
実はそれまで、FINEPIXをつかってて。

FINEPIXは別のソリューションで
ブレの補正の追求をしている。

それが、高感度。

もちろん、先ほど書いたように
LUMIXも高感度(ISO1600)で撮影できるが、
こちらのFINEPIXは、ISO3200。

それだけすばやいシャッタースピード、
ということであり、高速でシャッターを切るため、
被写体がブレようが、手ブレしようが
ばっちり撮れる、ということ。

しかも。

従来まで

ジャイロ機能 → ノイズは出ないが手ブレしか補正できない
高感度    → 被写体ブレも補正できるが、画が荒れる

というのがセオリーだったのだが、
ISO3200で撮っても、かなりノイズが少ない。

FUJIFILMのおねーさん(コンパニオンじゃなく社員さん)に
言わせれば、もうジャイロなんていりませんよ!!
というほどの完成度。確かにきれいに撮れてる。

さらにさらに。

暗めのところで高感度で撮るか、
フラッシュを焚いて撮影するか、そんなことは
迷わなくてもいい。

なんと、高感度→フラッシュで
自動連写してくれる機能がついてる。
名づけて、「高感度2枚撮り」。

finepix

2枚撮った後に、こっちはいらねー
ということですぐに削除はできず、
再生モードで削除することにはなるが、
一瞬のシャッターチャンスを逃さず、
どっちでも撮ってしまえ、というのは、
なかなか面白い発想。

さらにフラッシュもシーンを分析して、
(被写体までの距離などを計算?)
フラッシュの光量も自動調節する「iフラッシュ」。
フラッシュの光が当たりまくりで、
手前だけ白飛び、後ろ真っ暗なんてこともない。

さすが…FUJIFILMの底力。

おまけに580枚もの大量撮影ができるバッテリ。
乾電池じゃなくてもオッケーですよ!とのことらしい。

カタログには500枚とあるのだが、
カタログを作ってからも、設計を調整を続け、
最終的には580枚まで撮影枚数を増やし、
カタログも作り直すのだという。

かなりLUMIXの強敵になりそうな感じ。
なかなか物欲をそそられます。

Easy Share V570(Kodak)

こないだの王様のブランチで出てた、
レンズが2つあるコンパクトカメラ。

こちらも広角仕様になっていて、
LUMIXを上回る、超広角23mm。

これ、シングルレンズのとき。

kodak1

で、デュアルレンズ(広角モード)のとき。

kodak2

カメラを持っている位置が同じなのに、
明らかに撮影できる範囲が違うでしょ?

…関係ないけどデザイン、VAIO Uに似てるなぁ。

とこんな感じかな。

また1年もしたら、新しいカメラ買ってるかなぁ。
でも、さすがに買い換えたいとまで
思わせるようなものはなかったか。

旅カメラTZ1の撮影枚数があがったりすると、
(250枚だもんなぁ。FINEPIXの580枚はすごい)
わかんないけど。それとも、FINEPIXに浮気するか?

デジカメも市場が頭打ちになってきた
というけど、わくわくするような商品が
今後も出てきてほしいなぁ。

|

« 抹茶ラテと親子丼。 | トップページ | おっ!? »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
わ~、どれもこれも、凄い機能が付いた
デジカメばかりですね~。

投稿: H・K | 2006.03.26 19:27

こんばんは。

LUMIXの最新作の惜しい!という感じですね。

私のデジカメも2CR5電池か専用バッテリで
無いとダメなので、買った後にそこだけ
後悔しました。

けれど、それはもう5年近く前の話なので
仕方ないな…とその頃は思いましたが
なぜか、デジカメはその部分の進化は
遅れているようで残念です。

最近は、夜景や風景などを
「ちゃんと撮りに行く」という機会が
減ったので携帯電話のカメラに頼っています。

なかなか買い替えに踏み切れない理由は
バッテリ部分の問題なのになぁ。

投稿: てぃー | 2006.03.28 02:09

nikko81です。

忙しいのとココログVersion-UPの
ごたごたでコメントできませんでした。

そうなんですよ、LUMIX惜しい!
まずバッテリだろう、という気がします。
コンパクトよりも乾電池。

実際旅にもって行けば、
よくわかることだと思うんですけどねぇ。

投稿: nikko81 | 2006.03.31 02:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/9258991

この記事へのトラックバック一覧です: PIE2006:

« 抹茶ラテと親子丼。 | トップページ | おっ!? »