« 何で仮面なのよ。。。 | トップページ | 堀江貴文が去った後のライブドア。 »

ワクワクがつなぐしあわせ。

わたしは今、やりたいことに打ち込めないでいる。
そんな状態でもう半年が過ぎ。

日に日に、不満がたまっていくのが
手に取るようにわかる。
それは、透明のグラスに水を注いで、
水かさが増えていく様子を見ているがごとく。

そして、見事なまでのポーカーフェース。
何もなかったように、事務所を往復する。

つまらないこと、それだけではなかった。
というより、なんとかしてプラスになることを
見つけようと、そればかり考えた。

なんとかして楽をしたい、
それが業務の効率化につながったこともある。

今の立場を利用して、知識の幅が
広がったのも確かだ。これも間違いない。
ただ、勉強嫌いの子が無理やり
勉強させられているようなものだが。

それに、前の仕事をしていたとき、
それは本当にやりたいことであったか、
ということも、考えるきっかけになった。

ただ興味のあることに携わっていただけ、
なのではなかったか。
その分野でやりたいことができていたか。

ある作家が、

 やりたいことをやるためには、
 やりたくないこともやらないといけないように、
 世の中はできているんだ、

と書いていたことを、ふと思い出す。

あぁ、そうか。そういうこともしないと、
自分の中身はわからないようになっているのか。
今の時間は、そういう意味で必要な時間、
ではあるのかもしれない。

でも、いつまでも続けているわけにはいかない。
どう…するのか。

そんなとき、このページを見つける。
ITプロフェッショナルは「ワクワク」を見い出せ」IT Pro。

おもにSE職に向けた記事だけれども、
なにも、IT関係だけに当てはまることではないだろう。
以下、引用してみる。(元記事に改行入れた)

|職業人としての幸せは,自分の好きな仕事で
|他者に価値を提供し,その対価をもらって満足することだろう。
|では,自分は誰にどんな価値を提供し,
|どんな対価をもらうと幸せな気分になれるのか。
|そもそも,何をすると自分は幸せな気持ちになれるのか。
|当然,何をすると幸せな気持ちになるかは人によって違う。
|それが人の特性,あるいは個性というものなのだろう。
|では自分の特性や個性とは何か。

そうだ。仕事のあるべき姿はこうだ。
ただ単に、興味のあることに関係しているだけではなく、
自分がどんな価値を提供したいのか、
それで、どんな対価を受け取りたいのか。

それを追求すること、それがここで紹介されている

「自分がワクワクすることを追求せよ。
 そうすれば,自然と良い仕事と良い人生に巡り会える」

ということにつながるんだな。

自分がワクワクすることから、
自分をワクワクさせる本質を抽出。
そして、ワクワクの本質と合致した仕事が天職。

あのエジプトのピラミッド。

一般的には、奴隷を使ってた強制労働で
建造したことになっているが。
でも、今では違う、ということらしい。

説得力ある理由として、

|エジプトの労働者が自ら進んで
|建設に参加したものでなければ、
|あのような未曾有の大事業は決して完遂できなかった

ということだそう。なるほど。

これからどう身の振りを考えるのか、
とても参考になった記事だった。

みなさんは、仕事に満足してますか?
他人から見たらつらい仕事でも、
楽しいから続けられるのなら、幸せだよね。

|

« 何で仮面なのよ。。。 | トップページ | 堀江貴文が去った後のライブドア。 »

「ビジネス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

リンク先読ませて頂きました。
ご紹介ありがとうございました。

私は転職のとても数が多いのですが、今と
なってみれば、ワクワクする方向に進んで
行っていたような気がします。

多少、端折りますが
広報→病院検査室→公益法人事務局
→ISP→SOHO

と、どれも前職とはあまり関係ない分野に
「××が面白そう」と進んでいました。

それなので

|「能力のウソ---
|適性のあるなしは,職業的な成功とは無縁」

というのは何となく体感しています。

私自身、今の仕事はとても好きです。

ただ現実的な部分でいつまでもつかな?とか
SOHOという立場での提案やフォローの限界は
感じています。

なので、そろそろ次の場所へ移動する時期が
近いようなので、今度はどうしたいのかな?
と考えています。

けれど、この数年(SOHO期間中くらいかな)
世の中の様々な流れが大きく変わっているので
まずはどのような道具や手段があり、それを
どう活かすかを知ってからでないと何が自分に
合って、ワクワクものか選択しにくい状況だと
感じているので、少しそれらを体系的にきちんと
学んでみようと思っているところです。

投稿: てぃー | 2006.02.08 04:12

こんばんは、soraです。

私の場合は今の仕事しかした事がないので。
「今の仕事が好きてすか?」と聞かれると。
比べる何かがない。
「ただ、ここまで続いたんならそれほど嫌じゃないんじゃ?」とか。

新しい部署が出来てそこの設立当初からいるんで。仕事の流れは一緒なんだけど日々進歩して。
古いのも抱えつつ新しい事も覚えつつ。

会社も小さいから。
規則とかもゆるい。

同年代が大勢辞めた時に、その流れに乗らないかったわけで。次に何が出来る?ってのが思い浮かばず。動く勇気もなく。

いつまでもこんなに仕事できないなぁとか。よく思う。前向き考えなくては・・って本買ったり。それってなんか無理してるような。

普通に「いいなぁ」って思うのは。
そば屋さんとかパン屋さんとか。「おいしいです。」って直接お客さんから反応があるのが素敵。

会社っていう水槽に入った金魚状態なんで。
自分の力で何かを成し遂げている人はやはりカッコイイなぁ。

投稿: sora | 2006.02.09 00:48

nikko81です。

コメントありがとうございます。

●てぃーさん

おおー。まさに「ワクワク」を追求した
仕事のスタイルですね。

前職と関係ない転職だと、いろいろと
視野が広がりそうですね。

確かに今は、大きく変わろうとしている
時期ですから、ワクワクを選ぶにも
きちんとした準備が必要そうです。

●soraさん

わたしも確かにそうでした。
前職のころは、とりあえず興味のあることを
仕事にできていたので、
当初やりたかったこととは違うけど、
そんなに悪くもないかな、と思っていました。

飛び出すのは勇気、いりますよね。
自分も仕事がいやだから辞める、
というのは絶対したくなかったんです。

もっと、戦略的に仕事を変えて行きたい。

かつて、わたしも直接、一般のお客さんと
触れ合う機会がありました。

ダイレクトに不満や感謝や提案を
もらうのはとてもうれしく、またやりがいに
つながったことを思い出します。

わたしの父は、自営業でして。
自分の技術力で商売をしているのは、
手前味噌ながら、カッコいいと思います。

投稿: nikko81 | 2006.02.09 01:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/8557987

この記事へのトラックバック一覧です: ワクワクがつなぐしあわせ。:

» 金持ち父さんの教えとは?パート9 [Anything goes ]
本日は、「不労所得」1-8(詳しくはパート1にて)の 8、市場価値のある物品 に [続きを読む]

受信: 2006.02.09 01:11

« 何で仮面なのよ。。。 | トップページ | 堀江貴文が去った後のライブドア。 »