« おめでとう、5位入賞。 | トップページ | 勇気なし。 »

やはり原田にはハプニングがつきものだった。

もうニュースでも出ているとおり、
ジャンプの原田雅彦選手が、規定より長い
スキー板を使った、ということで失格となった。

原田選手は、良くも悪くもオリンピックには
なにかしらハプニング持ち込んでくる選手だ。

リレハンメル五輪では世紀の失速ジャンプ。
長野五輪では、奇跡の復活金メダル。
そして、トリノでは…

以前は、身長や体重にかかわらず、
長さは一定だったのだが、
それが、日本人選手に有利に働いていたこともあり、
体重によって長さが決まる方式になった。

ぎりぎりまで選手は体重を調整するのだろうが、
今回は単純な原田選手の勘違い。
わずか200gとはいえ、規定は規定。

この記事によるとまだ雪辱の機会は、
あるのかもしれない。ラージヒルで。

ぜひ…雪辱の機会が与えられてほしい。

わたしだけだろうか、「原田雅彦」という
名前を聞くと、ミラクルを期待してしまうのは…

|

« おめでとう、5位入賞。 | トップページ | 勇気なし。 »

トリノ五輪」カテゴリの記事

コメント

私も期待しちゃいます。
きっとこれは壮大な前フリに違いない!
そしてまたあのプルプル震える声で感動させてくれるはず!

投稿: micio | 2006.02.12 14:07

nikko81です。

ですよねー。
原田選手なら、順調にうまく運ぶなんて
ドラマのないことしませんよねー。

なーんて。プレッシャーかけすぎかな(笑)

投稿: nikko81 | 2006.02.12 16:51

こんばんわ。
始まりましたね、トリノ五輪。
しかし、今回の原田さん、予想外のハプニングでしたね。
でも、これを機に、ラージヒルで、「汚名返上」をして欲しいですね。

投稿: H・K | 2006.02.12 19:04

nikko81です。

ホント、予想外です。
選手団としてどう判断するかわかりませんが、
ぜひラージヒルにも出場させてほしいものです。

投稿: nikko81 | 2006.02.12 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やはり原田にはハプニングがつきものだった。:

« おめでとう、5位入賞。 | トップページ | 勇気なし。 »