« 実家に帰ると名前を間違えられるワナ。 | トップページ | マミドバーガー。 »

WILLCOMのAIR-EDGE高速化。

ここのところ、WILLCOMはW-ZERO3といい、
京ぽん2の発売など話題沸騰。

で。

PHSであるWILLCOMのAIR-EDGEは、
32Kbpsのパケット通信を束ねて、
32×4=128Kbpsや、32×8=256Kbpsといった
通信ができる仕組みなんだけど。

その基本速度32Kbpsが、51Kbpsになる仕組み
高度化PHS通信規格“W-OAM”の発表。ASCII。

実は、初めて知ったのはまた、
てぃーさんところだったりする。

いわゆるx8パケットなら51×8=408Kbps、
x4パケットなら51×4=204Kbps。

これは、W-OAMのエリア内だけの話だけれど、
逆に、電波状況の悪いところでは、
速度は落ちるものの、安定して通信できる方式に
切り替えることで、通信状況はよくなる見込み。

高速化については、最大で1.5Mbpsまでの
高速化の見込みもあり、将来も楽しみ。

ただし、恩恵にあずかるには専用端末が必要。
現行AIREDGE PRO唯一の端末、
AX510Nの後継AX520Nをはじめ、
CFカード型のAX420N、AX420S

いずれもなかなか秀逸なデザイン。
ただ、AX520Nは前機種AX510Nの単なる色違い?
というところが残念。
また、x8対応のCFカードタイプもほしかったな。

ただ個人的な通信環境という意味だと、
都市部からW-OAMの整備が始まっていくとすれば、
無理をして、x8を続けなくてもいいかも。

そう考えると、W-OAM対応の
x4パケ(ネッてぃート25)あたりにしたいところだなー。
端末がコレがいい。AX420S。
アンテナがポキッといく心配がないし、デザインもいい。

となると、3月半ばAX420Sが出てから以降は、

●PCデータパケット通信

 AX510N(x8)  → AX420S(x4,W-OAM対応)

●ケータイパケット通信

 WX310K+データ定額(x4)

●音声通話    

 talby

こんな感じになるのかなぁ。

AX420Sって、いくらになるんだろう?
こんどこそコインサービスで4,200円
キャッシュバックできそう。機種変更だし。

|

« 実家に帰ると名前を間違えられるワナ。 | トップページ | マミドバーガー。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WILLCOMのAIR-EDGE高速化。:

« 実家に帰ると名前を間違えられるワナ。 | トップページ | マミドバーガー。 »