« 仕事納め。 | トップページ | 今年を締めくくる。 »

普及をさえぎる壁。

さて、もう大晦日である。
今年も早いもので24時間を切ってしまった。

そんなときに話す話題かどうか…はわからないが、
Webニュースにもネタが出てきたことだし、
(1ヶ月ほど前の記事だが)
個人的にではあるが、今後のTabletPCについて
考えをめぐらせてみたい。

三浦優子のIT業界通信、に
「ようやく適職をみつけたTablet PC」という題で
TabletPCが題材になっている。

そこで明らかになっているのは、
どうも推進役のMicrosoft自身が、
特定用途向けにまず定着させることを考えていた、
つまり、一般的に普及させるところまで、
考えていなかった、ということだ。

だから、特定用途で、
すでに需要のある顧客以外に
新たに顧客獲得をすることに、
あまり力が入ってなかったともいえる。

現に、TabletPCが一般のノートPCとの相違点を
5分間で明確に示せないと、
新規顧客獲得は難しいという
PCメーカや販社から指摘されていた
ことも認めている。

そこで、

1.プレゼンテーション
2.文書校正
3.モバイル

の3点にフォーカスし、
ペンで文字を入力できるPCとしてではなく、
ペン入力とは違うノートPCに対する強みを
アピールするようにシフトしよう
としているということだ。

わたしは、以前から「ペン入力」ではなく、
「ペン操作」がTabletPCの大きな利点なのだ、
入力に関しては、過大評価せずキーボードとの
共存を図るべきだ、と思っていた。

しかし、特定顧客向けにさえ売れればいい、
という考え方があったとなれば、
わざわざペン操作をアピールすることもなく、
淡々としていたMicrosoftの行動が理解できる。

ただし、この特定顧客向けの戦略は、
華々しくデビューを飾ったはずの
TabletPCにしては、あまりに酷な戦略であり、
MicrosoftはTabletPCの推進をあきらめたのでは、
という風に見られていてもおかしくはなかった。

TabletPCの発表から数年経ち、今になって
一般顧客向けに追い込みをかけても、
この数年間の一般市場に対する空白が
ハンデとはならないか。

当初から特定ニーズと一般市場も両方を
見据えた戦略が取れなかったものだろうか。

その点は残念ではあるけれども、
Microsoftも本腰を入れ、やっと普及の下地が
整いつつあるということか。
ただ、あくまで下地である。
これが「適職」なんていってもらっちゃぁ困るのだ。

こちらの記事によれば、
2006年は、新しいチャレンジを行なえる年、
になりそうらしい。

ぜひ、TabletPCでもチャレンジングな機械が投入されたり、
身近なところでTabletPCを使ったサービスが
出てきてほしいものである。

|

« 仕事納め。 | トップページ | 今年を締めくくる。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。
へぇ~、面白そう。
自分も、いつかやってみようかな。
(追伸)nikko81さん、来年も面白い記事、楽しみにしていますよ~。

投稿: H・K | 2005.12.31 15:33

 こんばんは、
 本当に今年もあと少しとなりました。
 nikko81さんには色々とコメントをつけて
いただき、本当に感謝しています。
 一応今年最後の挨拶の前に今回の記事についてのコメントをいれようと思っていたのを忘れてしまってました(笑)
 元々商品はニーズが先に来て開発・販売されるものと、供給者側が使い方を提案するものの二種類ある(本当はもっと複雑でしょうが)と思います。タブレットPCはどちらかというと市場のニーズにより出来たものではないと思います。だからこそ供給者側の「こんな使い方が出来ます」とか「こうすれば仕事がこんなに楽になります」とか色々な提案をしていくべきだったともいます。それがないのでタブレットPCはすごく中途半端な立場になっているのではないでしょうか。PDAも日本では結局スケジュール管理・ネット端末として以外の優位性をアピールできなかったのが今のように小さな市場になっている原因だと思います。
 タブレットPCもポテンシャルは高いはずですからもっと積極的にアピールして欲しいものですね。

 長くなってしまいましたが、こちらの記事に色々と触発されるところもあり、非常に楽しかったです。また来年もよろしくお願いします。

投稿: ごるご | 2005.12.31 20:38

nikko81です。

●H・Kさん

まー、日常の気づいたことなので、
どこまで面白くできるか。

来年もよろしくお願いします。

●ごるごさん

まさにおっしゃるとおりだと思います。

マーケティングの世界では、
やもすると、マーケットインだけが
強調されすぎたきらいがあり、
まだユーザが気がつかない、
新しい使い方をもっと提案する、
ということも大事だと思います。

また、MSまかせでPCベンダも
おんぶに抱っこ的な姿勢もありますよね。

最後になりましたが、
こちらこそ来年もよろしくお願いします。

投稿: nikko81 | 2005.12.31 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 普及をさえぎる壁。:

« 仕事納め。 | トップページ | 今年を締めくくる。 »