« 雪化粧した姿が見られれば、それでいい。 | トップページ | LOOX P »

土方歳三の夢の果て。

さて、弘前を出て青森。

青森からは、特急で函館まで。
東日本&北海道パスなら、
特急券を買うだけで、乗れる。

18きっぷだと、別途乗車券も買う必要がある。
ここがこのパスのお得なところ。

もちろん、列車で本州を脱出するわけだから、
かの青函トンネルを抜けるわけだが、
ぜーんぜん、実感がわかない。

唯一、北海道側の海底駅「吉岡海底駅」に
チョット止まって、あぁそうなんやーっていうくらい。

もっと前の列車なら、ここで降りて
見学もできるんだろうけど、
この日に吉岡海底駅に止まる最後の列車なので、
降りることはできず。

で、函館着。
はーるばる、来たぞ函館~♪

函館に来て、目指すは…もうわかってますよね。
箱館五稜郭でござんす。

いま「箱館」と書きました。
誤字ではありません。

江戸期までは、「箱館」と書いたんですねぇ。
明治初期に今の漢字である「函館」に改称。

ちょうど「大坂」が「大阪」になったようなもの。

その箱館五稜郭だが、近くに五稜郭タワーが建っており、
星型をした五稜郭の前景を確認できる。
06年4月にタワーが完成するそうで、
新旧両タワーを見ることができた。

とはいえ、まずは五稜郭の実地検分(笑)

五稜郭は、稜堡式(りょうほしき)築城という
西洋式の築城方法が採られている。

mokei

星型の5つの先を稜堡といい、
互いの稜堡に対して、銃の射撃範囲となっていて、
互いに援護射撃でき、銃や大砲の時代にマッチした
築城法ということだろう。

それが他の城にはない、石垣の曲がり方、
角度のつけ方に現れている。

ryosen

ということは、郭(くるわ)の造り方、
つまり縄張りの張り方が西洋式なだけで、
そのほかは特に西洋めいたものはない。

石垣もヨーロッパ風というわけでもないし。
たしかに頂上の出っ張りや一つ一つの石が、
五角形のものが多いというのはあるけど。

ishigaki1

中心にはこんな箱館奉行所があったそうだ。
屋根の上の見張り塔みたいなのが面白い。

mokei2

箱館奉行所も復元の研究が進められているので、
また期待ができそうである。

ちょうど日が暮れるころ。
夕日がきれいですよ。

石垣と月と夕焼け。

ishigaki_and_moon

新旧タワーと夕焼け。

tawa

さて、新タワーが建造中なので、
旧タワーに登ってみる。

確かに、星型を確認できるが、
もう少し、高いところから見たいかな。
ま、それは来年待ちということで。

zednkei1

五稜郭からの帰り。
駅前で花火が上がる。この時期なんで?

hanabi

駅近くには、青函連絡船摩周丸が展示してあるが、
内部見学は、いつものごとく城優先のため、
タイムオーバー。

mashumaru

それは仕方ないとして、せっかく
北海道に来たんだから
海産物を堪能しなくては。

函館は朝市が駅からとても近く、
またけっこう遅くまで空いているので、
なかなか使い勝手がいい。

晩飯とその翌日の朝飯、ともども、
こちらの恵比寿屋食堂で頂きました。

こちらは晩のいくら&トロサーモン。

ikura_samon

朝は、いかとトロサーモン。
函館はいかがうまいからね。

しゃーわせだなぁ。

というわけで、月曜日に半休とって、
らくらく東京に帰ってきましたん。

しかし、われながらいろんなところ
行ってるもんだなぁ。

|

« 雪化粧した姿が見られれば、それでいい。 | トップページ | LOOX P »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、お久しぶりです。

函館はいかが美味しいですよね。
このことを知らずに函館で食べて感動しました。

投稿: てぃー | 2005.12.20 02:43

nikko81です。

函館のいか、おいしいです。
いかがキライな人がいても、
ここで食べれば、イカ嫌いが克服できるのでは、
と思うほどでした。

投稿: nikko81 | 2005.12.21 23:57

五稜郭ですか。
幕末最後の激戦地ですね。榎本武揚、土方歳三。
私も新婚旅行で行きました。

投稿: astis | 2005.12.23 23:17

nikiko81です。

●astisさん

新婚旅行ですか…
わたしはいついなることやら。

投稿: nikko81 | 2005.12.24 12:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土方歳三の夢の果て。:

« 雪化粧した姿が見られれば、それでいい。 | トップページ | LOOX P »