« 幻のシカ。 | トップページ | あら、見ない間に。 »

東京デザイナーズウイーク2005

土曜日は、東京デザイナーズウイーク2005へ。
昨年はお台場だったが、今年は神宮外苑。

top

メインとなるのは、
広範な分野の企業が出展する「コンテナ展」、
インテリア見本市の「100%DESIGN」、
デザイナーを目指す学生さんたちの「学生作品展」。

まずは、「100%DESIGN」から。

【100%DESIGN】

anddesigin

dengen

機能がそのままカタチになったデザイン。
電源スイッチなら、電源のマークになったスイッチ。

switch

コンセントなら、差込口がコンセントの絵が描いてあり。

わかりやすいだけでなく、なかなか面白いデザイン。

fuwa pica

早くも今回のイチオシか!?
と思わせてくれたのが、fuwa pica。

fuwapica1

4つ展示してあったんのだが、
座ると青になったり、黄色になったり、
赤になったりそのイスごとに光る色が決まっていて。

たとえば、2人が赤と青に光るのに座ると、
残った2つのイスは、赤と青の混じった、
つまり紫色に光る仕組みに。

赤+黄なら、オレンジ。
黄+青なら、緑。

こんなイスがあったら、座るということ、
そこからコミュニケーションが生まれるような。

RIDDLE DESIGN BANK

輸入家電が最近ではけっこう見かけるようになったが、
家電製品は単に輸入しても、プラグが違って
そのままでは使えない。

で、日本仕様にする際に回収・廃棄される
プラグを使ったストラップ。

riddle

日本で見ないプラグだけに、
珍しさもあって注目度バツグン。

urusi

こちらは、佐藤喜代松商店とのコラボで実現した
漆塗り紙コップや割り箸。

紙コップや割り箸など、使い捨てにされる
食器類にあえて漆を塗ることで、
もったいない=捨てるのやーめた、
という行動を狙ったモノ。

パーティなどで、出てきたら、
話題のひとつになりそう。

イデアインターナショナル

新作の時計。

idea_clock

腕時計はしないくせに、置時計はかなり好き。
部屋にそんなにいくつも時計があっても
仕方がないのに、ロフトやハンズに行ったら、
必ず見てきてしまう。

また、ほしくなってきた…うぅ、買っちゃダメだ。

●laptop stand

ノートPCを立てる台。

lap

NECのLavie AみたいにノートPCを立てる。

ウチのTC1100のためにも、1台あってもいいなー。

●電子キャンドルhono

グッドデザインプレゼンテーションでも見た、
電子キャンドル。

マッチでこすると光がともり、
もう一度こすったり、息を強く吹きかけると消える。

灯る明かりもろうそくのように
ゆらゆら~としてて、おもしろい。

商品化されているようで、1本約10,000円。

hhstyle.comのオンラインショップか青山店で
購入できるみたいだが、他にも売ってる店は、
いくつかあるらしいぞ。

LAMP by SUGATSUNE

えー、10,000円なんて出せないーという人はこちら。

sugatsune

息を吹きかけて消したり、マッチでこするなどの
ギミックはなくて、乾電池or充電タイプだけど、
乾電池タイプ:1,000円、充電タイプ:1,500円。

これなら買えるでしょ。

●KURODENWA

今となっては、見ることが
ほとんどない黒電話。

自分だって、祖母の家にあったのを
見たことがあるくらいだ。

それをもう一度、デザインしなおす、と。

kurodenwa

意外に黒電話というのも、
バリエーションを作れば、
洒落て見えるものだ。

【コンテナ展】

正直言ってかなりがっかり。
昨年よりも、企業系の力の入れは落ちてる気がする。

Panasonicなど、長蛇の列になってるところは
入っていないので、ひょっとすると
面白かったのかもしれないけど。

●NIKE

足型を測定してくれるというので、
やってみた。

予測できたことだが、
かなり左右の足の形は違うようだ。

それに、第一指側角度、つまり
親指の曲がり具合だけど、
かなり曲がっているようで、
外反母趾傾向が強いこともわかった。

うーん。困ったな。

ちなみに、nikefree.jpでは、
ナイキシューズの色をWebでカスタマイズして、
注文することが可能。

最近は、みんなWebカスタム品に
なっていくんだなぁ。

リズム時計工業

いろんなカタチの時計。

まずは、窓に時計。

madonitokei

街行く人からも、おっ!
と目に留まること間違いなし。

むにゅむにゅ動く時計。
普段は、きちんと時を刻んでいるのだが、
あるところに立って見ると…
尺取虫のように針が動く動く!

動画はこちら
1.43MB。

●その他

あとは、正直「?」なのが多かった。
auのケータイにしても、
一番興味のあったMEDIA SKIN
イマイチ感動が沸いてこない。

なんかpreminiみたいだった。
縦方向が小さすぎ。

デザインはいいと思うんだけど、
縦に小さい分、明らかにボタンが押しにくそう。

これだったら、今のtalbyのままでいいかな。

【学生作品展】

むしろ、コンテナ展よりも面白いのがあった。

●ゴミを捨てるの徐行(北海道東海大学)

ゴミ箱+徐行の道路標識。

joko

そう、何でもかんでも速攻捨てずに
捨てるのを徐行してみよう、
捨てずに使えるんではないですか、
おそらくそういうメッセージだろう。

そういや、奥の展示は、
どういうメッセージだろう?

●ちゃりだーのつかぬ間の休息(北海道東海大学)

田舎は車がないととても移動できない
とよく言うが、都会もなんだかんだといって
車社会なのが実情である。

そんななか、自転車は意外と軽くあしらわれ。

で、そんな自転車乗り(ちゃりだー)のための
信号待ちのときにつかまれるものがあると
楽だよなぁ、たしかに。

rest_for_cycle

道案内ついでにどこどこまで行くと、
カロリー消費どんくらいなんてことも
書いてあって、ダイエットのために
自転車通勤や自転車散歩(とは言わないか)のときに
こういう目安は、うれしいねぇ。

●雨が降っても、バス停では。(千葉大学)

雨が降る日はどうしても、外出が億劫だ。
ましてや、定刻から遅れがちなバスの場合、
バス停での待ち時間が退屈だし、テンションが下がる。

そのときに、こんな風に雨水を受ける仕組みがあったら。

rain_and_bees

上の窪んだところに雨水が溜まり、
糸を伝って、下へと落ちていく。

途中にビーズが仕込んであり、
きらきらっと輝いて見える。

つくった人に、

「雨が降ったほうがよかったですね」

というと、

「太陽の光を受けてもキレイですよ」

と。

たしかにそうだ。

つくるのには、お金がかからなそうだけど
これだけでも、ずいぶんと癒される。

●雨のあとのたのしみ(東京工芸大学)

今度は雨のあと。

たまった雨水を少しずつ水滴にして
水面に垂らすことで、
雨が上がったあと、いつも水面の波紋を
眺めることができる。

fun_after_rain_but_not_rainbow

公園にこういうの、あるといいね。

●砂の伝言板(東京造形大学)

砂でつくった伝言板。

suna-den

砂があったら文字書きたくなるよなー。
勝手に消されてて、あーってこともあるだろうけど、
海の家の横とかにあると面白いな。

●タバコを吸ったらこうなるんだぞ
 (専門学校東京デザイナー学院)

灰皿、じゃなく肺皿。

haizara

自分のすった分の吸殻が、
からだの中にどんどん溜まっていく。
こうすると、気分的に吸いたくなくなるんだろうか。

自分の場合は、たまたま興味をもたなかったので、
生まれてこのかた、一度も吸ったことはない。

せっかくなんで、このまま吸わないように
しようかと。ニオイもくさいし。

●傘を返せば、緑が育つ(武蔵野美術大学)

傘立ての真下に、植物が。
傘から滴る雫で、植物が潤うという仕組み。

planets

そういや駅で無料の傘の貸し出しをやったところ、
誰も返さなくなって、結局
やめてしまったところがあると聞く。

こんな仕組みにしておいたら、
ちょっとは返す人が出てくるんじゃないか…
なんて思ったりもする。

●ペットボトルの蓋を見て歩こう(東北芸術工科大学)

ペットボトルの蓋をつなげて、
舗装しちゃおうというアイデア。

petbottle

水はけもいいし、見た目も華やか。

この通りは、ポカリスエットの蓋だから、
ポカリ通りとか、そんな名前が付いたりして。

●こういうときありますよね。(桑沢デザイン研究所)

気持ちよさそうで、座ることしか
考えていなかったので、
イスそのものの全体写真を撮り損ねたのだけど。

イスの背もたれ部分が、竹で作ってあって、
花のように広げて座った人の周りを
覆うことができる。

その竹の背もたれを伸ばして広げて、
ぶらーん、ぶらーん。

日によって、下げている人が多いときもあれば、
上げて広げている人が多いときもあって、
風景に変化が出るのでは、とは作者の談。

ふさぎこんだときでも、家に引きこもらずに
外に出て、でも外の景色をShutOutして、
空だけぼーっと眺める。

banboo

疲れるのが常態になってくると、
そんなことが贅沢なように思えてしまう。
…こういうときって、ありますよね?

-------------------------------------------
11/19 追記作者の方からご連絡頂き、
全体写真が東京デザイナーズウイークブログ
掲載されています。

上から二つ目。板橋さんの作品です。
-------------------------------------------

さて、これで土曜日は終わり。

今日(ていうかこの時間じゃ昨日)は、
幕張メッセで東京モーターショー。

もう時間が時間なんで、またの機会に。

|

« 幻のシカ。 | トップページ | あら、見ない間に。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

確かに学生展よかったですよね。
案外ショップエキシビジョンも楽しいことに気づきました。
ちょっと、20軒目標にしちゃって、急ぎ足だったんで、あんまりお店の人とおしゃべりできなかったのが、残念ですけど、来年はゆっくり回りたいですね。

投稿: じー太 | 2005.11.07 21:10

nikko81です。

作品を作った学生の方と少し、
話ができたのが、よかったです。

ショップエキシビジョンもよさげですねー。
次は、土曜日展示、日曜店めぐり
と行きたいものですね。

投稿: nikko81 | 2005.11.08 01:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/6937961

この記事へのトラックバック一覧です: 東京デザイナーズウイーク2005:

« 幻のシカ。 | トップページ | あら、見ない間に。 »