« あぁ、せっかく大目に見てやったのに... | トップページ | これからCEATEC JAPAN。 »

私見・日本語の本質。

Yahoo!ニュースから
外来語言いかえを中間発表について。

よく日本語の崩壊ということで、
何でもかんでも、外来語(特に英語)を
使う風潮が見られ、こまったもんだ、
ということで、外来語を日本語で
「キチンと」表現しよう、という試みを
ちょくちょく見る。

しかし。どうにも外来語が多い=ダメな日本語、
という印象が形作られているようだ。

そうなのか?

確かに、社会人になってから
何でもカタカナにするなぁという感じは持っているし、
何をそこまで、カタカナにする必要があるのか
とも思ってしまうのだけれど。

しかし、本当に純粋な日本語にこだわるなら、
いわゆる大和言葉、しか使えなくなる。
熟語の類は、本来は漢語といい、
中国に倣った言葉、つまり外来語である。

漢語を扱えるようになったために、
漢語が広まった鎌倉時代以降、
日本語はとても思考範囲、表現範囲が
広がったのではないか、と思う。

そして今日、日本文化とうまく融合した漢語を
日本語から排斥する動きはないだろう。

同じように、外来語としての英語を
取り込むのは、今までの日本語の流れとして
別段、不思議なことではない。
元言語がアジア系か、欧州系かという違いだけで。

問題は、元が英語の外来語をただ借用しているだけで
取り込みすぎの消化不良を起こしている、
ということではないだろうか。

理解もしないで、どんどん使って
しまっているというような。
あたかも、よく噛まずに食べ物を
ほおばっているようだ。

このブラックホールのごとく、文化を飲み込み、
日本文化に溶け込ませて、昇華させるのは、
実は、日本人のもっとも得意とするところ、
ひいては、日本という国の特徴であるような気がする。

日本の高い技術力もまさに、外来文化・技術を
溶け込ませてさらに高い次元に発展させているわけだし、
身近なところでは、ラーメンやカレーといった
食文化だってそうかもしれない。

よく思うのだが、いまやラーメンやカレーは、
中華料理やインド料理ではなく、
れっきとした日本料理と言っていいほど、
アレンジされ、日本的になっている。

全部が全部、カタカナ語を
従来の日本語に置き換えるのは、
ただの反動にしか思えなくて。。

外来語もよく噛んで飲み込めば、
立派な「日本語」として機能すると思うのだが、
どうだろうか?

|

« あぁ、せっかく大目に見てやったのに... | トップページ | これからCEATEC JAPAN。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もう時刻的におはようございますですね。

様々な年代の方々がいらっしゃる前では
出来るだけ、誰にでもわかる表現や用語を
用いるようには心がけています。

片仮名言葉を使っても同じ業界や職場など
わかる人同士の間では構わないのですが、
相手がどういう相手か、まだ未知数の時に
始めから多用されるのは困るなぁと
思っています。

ですが、リンク先にあった
リバウンドやヒートアイランドって
結構、認知度が高いように思うのですが…

逆に日本語にされた方がわからなくなるような
言葉まであえて日本語にしなくても…ですね。

投稿: てぃー | 2005.10.07 05:36

nikko81です。

仰っしゃるように、「わかりやすい」も、
重要なことですよね。

実は仕事が変わってから、
いわゆる業界用語的な
カタカナ語で戸惑いました。

でも、この言いかえは
わざとややこしくしている、というか、
戦前にすべて英語が、禁止された時期の
ムリヤリ感があるように、
思えてしかたありません。

投稿: nikko81 | 2005.10.08 00:51

石原都知事や長嶋監督のように
なんでもカタカナで言うのはちょっと困るけど(笑)
私もこういうところが日本語のフレキシブルな・・・
あ、カタカナ使っちゃった(笑)
柔軟なところだと思うんですよね~。

よく聞く例えでは、英語では「you」しかないのに
日本語では「あなた」「君」「おまえ」「貴様」など
時代やTPOに併せてものすごい種類の表現がある・・・、
これが日本語の良いところであり、
また難しいところでもあるのかも知れませんが、
この豊かなで微妙な表現を出せるのが
日本語の特徴でもあると思います。

言葉は生き物ですから、作為によって変えられるものでもなく
偉い学者さんがどんなに嘆こうと
この動きを止めることはできないでしょうね。
理にかなった言葉は定着していくだろうし
そうでない言葉は淘汰されていくだろうし
まさに生き物の進化(自然淘汰)と同じですね。

投稿: しのぶ | 2005.10.08 01:35

nikko81です。

|時代やTPOに併せてものすごい種類の表現がある・・・

そうそう。それはわたしも聞いたことがあります。

|理にかなった言葉は定着していくだろうし
|そうでない言葉は淘汰されていくだろうし
|まさに生き物の進化(自然淘汰)と同じですね。

それがまさにミームの考え方。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%A0

言葉にとって、生きる環境こそ
その時代の人間模様です。

氷河期など大きな地球環境の変化に
対応できたのは、柔軟な進化を
可能にした遺伝子です。

人間模様の中で生きる言葉もまた、
柔軟に変化できる言葉が、
生き残っていくんでしょうね。

投稿: nikko81 | 2005.10.09 14:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 私見・日本語の本質。:

« あぁ、せっかく大目に見てやったのに... | トップページ | これからCEATEC JAPAN。 »