« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

販売休止の前に。

もう一度買ってみた。
Espressoのコンビニスタバ。

昨日出荷分でおしまいだから、
もうしばらくは買えないぞ、っと。09300001.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

暴言。

早朝に出社して追いつくか…
下手に寝ると寝過ごしそう…
ってんで、まだ起きてる。

で、こんな記事を見つける。

hiroさんの「スターバックスと新しいもの大好き

例のコンビニで買えるスタバコーヒー。
あまりの売れ行きに、Espressoを販売中止にし、
Latteのみの販売にするそうだ。

いいですか。言って。

なんでそっちやねん!!!!

Espressoのほうが好きなのに。くーっ。

あ、でも人気なほうを中止にして、
全体の販売量を押さえ気味にする
意図もあるのかも。

今のうちに、Espressso買っとこ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

万事休す、か?

仕事上の大大大トラブル。

すべての要因がマイナスに
はたらいている。

自分のミスしかり。
相手の無理難題あり。
パートナーの思い過ごしあり。

阪神が優勝したというのに、
かつてない最悪の日になった。

まだしばらく続きそう…あぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HDDが消える日。

書き足りない記事をいくつか。

まずは、「iPod nano」から派生する話題。

世間では、「うっすー」とか「かっこいい!」とか
ま、そういう反応が普通なんだろう。
いわゆる、Appleってば、やっぱりすごいねぇ
の世界なのだが、実はこの中身には、
もっとすごい秘密が隠されている、というのだ。

それが、「元麻布春男の週刊PCホットライン」の
小型HDDを脅かすフラッシュメモリの大容量化、である。

つまりは、iPodやiPod miniは、
HDDを使っていたわけだが、
iPod nanoは、フラッシュメモリを使っている。

わかりやすく言うなら、デジカメのメモリカード、
SDカードやメモリースティックみたいな、
ああいう感じの記憶媒体が入っている。
だから、薄くできる。

これの何が秘密か、であるけど、
HDDが容量を増大させていくスピードや
価格を下げてくるスピードよりも、
こういったフラッシュメモリの容量・価格の
下落のスピードが早そう、ということ。

そうすると、ノートPC(特にモバイルPC)の中には、
HDDがなくフラッシュメモリだけ、
というのも出てきておかしくはない。
そうすると、ずいぶんと軽い機械が造れるだろう。

いや、むしろ重量はそこそこで、
HDDの重さが軽減された分、
バッテリーをいっぱい積む、
なんていうこともできるかもしれない。

しかも、フラッシュメモリは、
部品の中に回転駆動する部分がないので、
HDDのような衝撃に弱い、
ということが少ないのも、強み。

モバイルPCにとっては、燃料電池と同じくらい、
この技術動向はKeyPointになるかもしれない…

おもしろいPCがでてくると、いいのになぁ。
最近、PCはすっかり進歩が止まってしまって。

HDDが消えたPC。楽しみにしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外と長くは続かなかった。

近所のコンビニで。

なんだ。あるやん。
実は意外とあった。灯台下暗し。

starbacks

店のには、かなわないけど、
コンビニのなかでは、おいしい。

高いとは思うけど、
ちょくちょく買っちゃいそう。

それにしても、まだまだ、
スターバックスのブランドは健在ですな。

LatteとEspressoがあるんだな。
買ってきたほうは、Espresso。
こんど、Latte飲んでみよ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

いつまで続くこの状況。

かのコンビニスタバ。

見事な売れっぷり。
自分の手にまで、回ってくるのは
いつのことか。09280001.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと青歯とカメラつきストレートを。。。

一気に更新しすぎだってば。
でも、やっぞ!(ん?まちゃまちゃ?)

WILLCOMが新端末を発表、
あわせて月額最大9,200円の定額サービス、
というのもお披露目、という話題。
ケータイWatch

PCの通信もケータイの通信も、
合算で9,200円というのは、
正直、かなりこころを揺さぶられる。

しかし、しかしだ。
ここまでこだわって、ストレートを使い続けてきたから、
やっぱりまたストレートがいい。

でも、ストレートを選ぶとカメラ無。
で、ちょっとぶっとめ。(talbyと比較するな、と言われるか)

また、AIR-EDGEもx8通信(つまり256Kbps)を
使っているので、うーんというのもあるし、
今使っているTabletPCがBluetooth内蔵なので、
無線で通信をやってみたくもあり。

ただ、一般的にはかなり魅力的で、
流れるユーザも多いだろうな。

だって、パケット定額でPCにも「ただで」
つなげられるというようなもんでしょ。

これを機に、WILLCOMユーザがもっと増えて、
デザインラインアップを増やせる余裕が
出てきてほしいっすねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

歴史は繰り返される、のか?

もうネタが多すぎて困っちゃうなぁ、
と贅沢な文句を言いつつ。

MicrosoftとIntelが、HD DVDを支持だそうです。
ITMediaからのニュース。

HD DVDとは、DVDの次の世代のディスクの規格の一つ。
対抗馬として、Blu-ray Discがあるんだけど。

これで、PC関係はHD DVDが強くなるのかなぁ。

これに対して、Blu-rayはPanasonicやソニー
入っていることからもわかるように、
家電系に強そうな感じがする。
あ、でもAppleは、Blu-ray支持だしなぁ。

コンテンツホルダーも、
ディズニーはBlu-rayハリウッドはHD DVD
とこちらも分裂状態。

どちらにしても、1つに統一してくれ、
まずユーザーからのメッセージだ。
まず、規格統一。話をそこから始めてほしい。

DVDのようなカオス状態にするのは
やめてほしいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

完全に乗り遅れ。

ちまたのドリンクの話題といえば、
もうこれでしょう。コンビニで買えるスタバ。
しのぶさんとこから。

ぜんぜん、見てません。
あるのは駅の広告で知ってたけど、
もうでてんの?って感じ。

そんなあっしは、キウイジュースとか
ニッチとなところをわしづかみ…あぁ。
ちょっと、すっぱめ。

qi

しのぶさん、ごめんなさい。
ぜんぜん違う写真が載ってる記事で。。。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

1日1こにたん。

こにたん、こと小西真奈美が、
DTIの全100話の日めくりムービーに出演だと。
「大丈夫」といってDTIが大丈夫なアピール。
MYCOM PC WEBから。

ほほー、こりゃ毎日楽しみだぞ、と。
女医姿とかのほか、メガネかけたりもするんだそうで、
こんなところにも、マナベズム(笑)の影響か。

でも、最近ダメダメで、「大丈夫?」って言われると、
「ううん、大丈夫じゃない」とかって言っちゃいそう。。。

そゆときは、1日1こにたん。
用量用法を守って正しくお使いください、ってか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

きんもくせい。

先週あたりから、かすかに香っていたのだが、
さすがにまだ早いだろうと
思っていて。

でも、今日また香りが強くなってて
やはり、もう秋だと感じる。

毎年、秋を感じるのは、
きんもくせいの香り。

また、過ごしやすいいい季節が
やってきた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

意外とIntenational、浅草。

今日はやることがあまりなく。
いつも何か予定があるんだけど。

といっても、自宅でごろごろする性分でもなく。
ゲームもやりたいと思っているけど、
1日だけじゃぁ中途半端。

やっぱり、外出しちゃうのか。

ふらりと銀座なんか行ってみたりして。
空を見上げると、雲が猛スピードで移動。
台風近いんだもんね。風強いし。

ソニータワーで新VAIO見たり、
新テレビ「BRAVIA」見たり。
ピエールは、給料日前で
お金がないのでパス。

で、どっか行くところはないかなー
と考えていると、ふと「浅草」と思った。

東京に来て丸4年になるのに、
そういや浅草に行ってないなーっと。

雷門の実物を初めて見たぞ。
おー、やっぱりあの雷門だ。

外国人が訪れる定番なのか、
あたりで飛び交う言葉が
やけにInternational。

kaminari

で、近づいてよーく見てみると
正面に「松下電器」、背面に「松下幸之助」の文字。

matsusita

kounosuke

帰って調べてみると、浅草の雷門は
松下幸之助が建てたらしい。
METAMiX!からの情報。

松下電器の社会貢献活動にも掲載されている。
へー。トリビア、トリビア。

もうそろそろ、日が暮れるという頃だったので、
ちょうどライトアップが始まった頃。
なんか暗雲立ち込める中で、
怪しく光ってますけど(笑)

jojyu1

gojyu2

軽くお参りしてから、
浅草カリー亭でカレーチャーハン
を食って帰る。おいしかったですわ。

意外とカレーが前面に出てこず、
チャーハン色が強い感じ。
控えめなカレーがちょうどいい。

帰りの電車は、うれしがりなもんで、
開通したばかりのつくばエキスプレス
に乗ってきたよ。

浅草からつくばまで1,100円。
そんなするんだ。高いな。
別にそっち方向には帰らないけど。

と、予定がなくても無理やり
どっかに行ってしまう性分。
社会人になるまでは
こうじゃなかったんだけどねぇ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

いまだ未到達の地。

なにげなく、PCで地図を見てて。

まだ行っていない県を探してみる。
# 過去28年間すべてを含めてね。

そうすると。。。6県だ。
北から順に。

(東北)青森県、秋田県、岩手県。
(関東)群馬県。
(四国)徳島県。
(九州)長崎県。

1道1都2府43県だから、
かなり訪れているんだなー。
あれだけ、あちらこちら行ってれば、
納得な気もするけど。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

500年前の最先端頭脳の中身を探る。

横浜の帰り、六本木に寄ってく。

六本木ヒルズでやっている
レオナルド・ダ・ヴィンチ展』。

なんでも、直筆のメモが展示されるとかで。
現在はMS社のビル・ゲイツの所蔵とか。

でも行ってみると、直筆のメモよりか、
レオナルドがどんなことを考えていたのか、
それを追っていくほうが、ずっと楽しかった。

というか、直筆の展示って、
周囲はやたら暗すぎるし、
展示がちょっと明るくなったり
暗くなったりするし。みづらい。

書いてることはほかで見れるわけだし。
別に本物でなくっても。
そこまでして、見る価値は。。。

で、そのメモの中身なんだけれども。

三日月がどうして三日月に見えるかとか、
水面の波紋の動き、それが水だけじゃなく、
空気の波紋なら音になることや
その流れに乗って、空を飛ぶことができるのでは、
などなど、どうしてそんな思索ができたのだろう。

キリスト教の影響がとても濃い時代なのに。
ひょっとしたら、今住む地球が丸いのではないか、
とわかり始めた時代なのに。

まさに、時代を超えた天才というべきか。
それとも、自然への好奇心がただものではないのか。

1511年、アルプスに旅行に行って、
アルプスの石を持って帰ってくる筋金入りだしな。

あと、メモの書き方にも細かいところで、
新しいことがあって、メモにイラスト入れて
図示して説明しているんだよな。

今では当然なんだけど、
単なる頭の中の思索じゃなくて、
具体的なイメージを持って
考えていた証拠、というわけだろう。

あと、メモのほとんどのページが実は、
水力学の記述なんだよな。
すごく、水に関心を持ってたようで。

でも、あなたは何者ですかという問いには、
わたしは画家です、という答えを
持っていたようだ。

あくなき自然の探求も、
正確に自然を写し取るため。
そう考えると、とても欧米的ではある。

日本もそうだが、アジアでは
生まれなかっただろうな。この発想。

彼の弟子がまとめたという「絵画論」。
この「論」は、論文の「論」
ではなく、方法論の「論」。

客観的な描き方があれば、正確に写し取れる
という発想の元でまとめられているみたい。

どうでもいいことだが、
紙にメモを取っていたら、呼び止められた。
ボールペンは禁止なのだそうだ。

展示会ってそういうもの?
どの展示会に行っても、
メモしまくり、なんですけど。

とりあえず、鉛筆貸してくれたから
メモ自体は取れたけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

目は脇役、耳が主役。

一昨年から行き始めて3年目となる
A&Vフェスタ」に今年も行ってきました。
in パシフィコ横浜

マニアが集まる展示会だけに、
来場者がする質問も、出展社の説明も
わっけわからーん、てなモノも多いけど。

Audio&Visualとはいいながら、
かなりAudioメインなような気がする。
ここでは、耳が主役かな。

●ソニーブース

ちっとも、Audio/Visualとは関係がないけど、
ロボットのQrio(キュリオ)がナレーションやってる。

Qrio!はーい!
qrio1

ぴんぽーん。正解。

qrio2

音楽にあわせて踊ったりも。

いつもながら、Quicktimeで動画が見れます。
動画はこちら。期間限定です。

ふー。つかれた。

qrio_rest

おっと、ちゃんとAudio製品も
書いとかないと。

普段は大きなスピーカー。

sony_speraler

リモコン1つで、あれま。
画面が出現。

sony_speaker_open

これだけだと、デザイン的な面でしか
メリットはないけど、
テレビを見ていないときに、
テレビの画面の部分が違う役目をする、
というのは面白い。

それから、スピーカー内蔵のソファ。
まくらにスピーカー内蔵というのは、あったけど。

speaker_chair

体に直に音を伝えるので、
深夜でも大音響にせずとも、
しっかり聞こえるというもの。
こりゃ、いいや。

●ヤマハブース

とにかくすごい勢いで勧められたのがこれ。

under_5k_speaker_surround

センタースピーカーだけで、
サラウンドが楽しめて、しかも5万円以下!
これは買いでしょう!みたいな。
ここはヤマダ電機かヨドバシカメラか?
と思うくらいの勢い(笑)

いやー、いいのはわかるんだけどね。
映画派ではないので、サラウンドとかあまり。。。
むしろ音が自然に出るのがいいな。

●パイオニアブース

以前、記事にもした
ウイスキー樽で造られた
スピーカー「ピュアモルトスピーカー」。
ひっそりと展示されてた。

whiskey_speaker

●NECブース

NECは、以前から画面全体を振動させて
音を鳴らす「SoundVu(サウンドビュー)」というのに
力を入れているが、それがスクリーンにも、
という新製品のご案内。

つまり、プロジェクタが投影するスクリーンを
振動させて音を鳴らそうというもの。

画面からL(左)、R(右)、C(中央)の
3チャンネルの音声が出ているというのだが。。。

なんか音が平板な感じがした。
テレビとかならいいけど、
迫力が求められるホームシアターとかには
どうかなーという感じ。

●モバイル放送ブース

モバイル放送、と聞いて知ってる人は、
そうはまだいないだろう。

衛星を使った移動型BS/CSみたいなもの。
視聴料を払って見るだけだが。

番組数はまだまだこれから、
端末もまだまだ高い、
画面はちょっと粗い、ということで、
普及は難しいかなーと思っていたのだが。

ANAの飛行機に搭載されるんだそうだ。

ana

飛行機乗ったことある人なら
わかると思うんだけど、
NHKのニュースとか見れても、
あれって録画なんだよね。

それが、リアルタイム放送を見ることが
できるようになるみたい。

飛行機に乗ってる間に、
リアルタイムのニュースを
見れるのはいいなぁ。

●スピーカー工作コーナー

ファミリー向け企画なのだろうか、
自分でスピーカーを作っちゃおう、
というヤツ。

kousaku

とはいえ、大人にウケる工作なんてのも
最近は注目されてるので、
あながち、ファミリー向けともいえないかも。

●ソリッドアコースティッスクスブース

2Fのマニア向けコーナーにある、
ソリッドアコースティックス

solid_acoustics

一昨年に来たときにいいなー、
と思っていたのだが、
そのときは10万円超の一級品のみで、
一般人には手の届かないシロモノ。

12面体のカタチをしているのは、
自然の音の伝わり方を再現するため。
ある点を中心に360度に広がっていくのが、
自然の音の伝わり方なのだそうだ。

素直な音の出かた。
映画とかには向かないかもしれないけど、
音楽を聴くだけなら、いい感じかと。

で、今年見てみると、廉価版が出ていた。
ヨドバシ価格で50,000円を切る。

あ、でもこれ1本の値段だ。
2本だと10万弱…ぐふっ。

うーん。買えなくはないけど。。。
1万5000円のスピーカでも
結構いい音鳴ると思って使ってるからなぁ。
まだ、ちょっと手が出ないかも。

と、こんな感じで。

…ぜんぜん素人でも、
そこそこおもしろかったっすよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷にF1。

渋谷のranKing ranQueen前に、
F1が置いてあったので、パチリ。

f1

でも、何で置いてあるんだろう。
それを見るのを忘れた。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

なかなか見ない紅茶。

なかなか見ない、缶の紅茶。
「TeaShot」。

コカ・コーラの紅茶花伝がベースだが、
甘さが控えめ…な気がする。

基本的には、アールグレイが好きだけど、
アッサムのミルクてぃー…じゃなく、
ミルクティーもイイ。

でも、量が少なーい。

そういや、同じ名前で
ペットボトルのストレートティーが
あったような気もするな…09220002.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九州城廻その2(筑前)

さて、小倉のホテルで目が覚めて。。。

うそぉー!!11時30分!!!

はじめてだ、ホテルで寝過ごしたのは。
いや、たしかにね、仕事ハードなのに
毎週毎週、外出してると、
そりゃ、体は疲れてると思うんですよね、
なんだかんだ行って。
でも、こういう結果になるとは。。。

ホテルに延滞料を払って、小倉城へ向かう。

●小倉城

ちょっと小太り気味変わった形の
天守閣が見えてくる。

kokurajo1

小倉城の特徴がそれで、
4階よりも5階が広い変わった造り。

城内に入ると、名物の迎え虎の絵が出迎え。

mukae_tigar

見事な絵で、じっとしている虎なのに、
すごい迫力だった。

この迎え虎は、幕末の長州戦争で
小倉城が焼失した1866年が
寅年であることから、
そのトラにちなんで、平和の象徴として
描かれたそうだ。

ちなみに、焼失したのは兵火を被ったからではなく、
小倉藩自ら火を放って、逃げたから
というのがなんとも情けないが。。。

さて、城内では、「全国名将手づくり兜展」
なる催しが開催中だった。

kabuto

個性的な兜が勢ぞろい。

kabuto_balance

これ、バランス悪っ。
頭が重くて、うまく動けんだろーが(笑)

kabuto_kenshin

うそー。こんな兜、謙信かぶっていたかぁ?
ていうか、インパクトすごすぎ(笑)

kabuto_nagamasa

チョットぶれてますが。
これは結構有名な、
福岡藩初代藩主黒田長政の兜

でも、パッと見は、こっちのイメージがあるなぁ。
武者ガンダムマークII

kabuto_namazu

これもインパクトがすげー。
目立ってナンボってか。

さて、小倉城もこれで終了。
出際にもう一度、勇姿を撮影。

kokurajo2

でも、この小倉城も実際に建っていた
天守閣とは違っている。
ホントは破風がないタイプだったんだよな。

こんなふうにね。

kokura_real

破風って、お城のこう三角になってる部分ね。
せっかくだから忠実につくろうとは、
しなかったのかねぇ。

今になって、デパートが城を管理して、
観光資源としてもっと活用しよう
動き出してるみたいだけど、
はじめから民間資本で城を復元というのは
どうだろうか。

鉄筋コンクリで、適当に作っただけじゃ、
人は集まらないから、結構真剣に
つくるんじゃないかと。
しっかり、学術研究者の監修はいるだろうけど。

●福岡城

さて、最後は福岡城。

福岡でお城?聞いたことないぞ、
という人も多いかもしれない。

そりゃ、そうだ。
あまりにもアピールされてないし、
観光資源として使ってないから。

でも、九州一の大藩にふさわしく、
福岡城はかなりの大規模な城郭だったらしい。

でも、徳川に遠慮したのか、
そんな金のかかるもんはいらん、
ということなのか、藩祖黒田孝高は、
天守閣をつくろうとはしなかったそうだ。

はじめに、博多区にある崇福寺(そうふくじ)。
ここには、福岡城本丸表門が、
軍部の払い下げで譲り受け、建っている。

joumon

…えらい質素ですなー。
あまり装飾等はなされていないようだ。
漆喰とかもないしね。

実は、お寺で使われているからか、
と思ってんだけどそうでもないみたい。
福岡城址に着くと、それがわかる。

福岡城址へは、地下鉄大濠公園駅で降り、
大濠公園ではなく、隣の舞鶴公園へ。

これが残っている櫓のひとつ、汐見櫓。

siomi

別角度から。

siomi2

汐見ということは、ここから当時は、
博多湾が見えたのかな。

この櫓も、飾り気がないが、
逆にそれがいい味を出してる。
ほんとに実用第一でつくられたのだろう。

さらに本丸に向かって進むと
立派な石垣が、次々と。

isigaki

もうひとつ、祈念櫓。

kinenn

これは、お寺で使われていたこともあり、
かなり改造されてるらしいが、
この櫓はもともとは、やっぱり白漆喰だったそうな。

やっぱそりゃそうだよな。
さっきのところは、城のかなり外枠だからか。

天守閣が築かれなかった天守台。

tenshudai1

石段ばかりで、つい石で舗装された
イタリア・ポンペイを思い出した。

tenshudai2

残念ながら、多門櫓は時間切れで入れず。
うーむむ、無念なり。

これにて、今回の九州城廻はおしまい。
まだまだ、佐賀とか長崎のほうは行ってないからなー。
ぜひ、そっちも行きてぇな。

今回のお土産。筑紫もち
もち+きなこ+黒蜜の奇跡のコラボ…
って、信玄餅と一緒なのでは。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

九州城廻寄り道(下関)

で、寄り道なんだけど。

小倉まで出ちゃうと、
下関まで目と鼻の先なんすよ。

小倉→門司(ここまでがJR九州)→下関。

時間にして15分くらい?

だったら、ちょっと寄ってこうよ。
うまいもんあるでしょ。

いきなりですが、マンホールチェック。
もう、最近マンホール探すクセが付いちゃったよ(笑)
下関らしく、ふぐです!

simonoseki_manhole

歩いてチョットいくと、デカイ塔が見えてきた。
海峡メッセ下関

kaikyo_messe

タワー好きのてぃーさん、どーですかー?

で、うまいものを食べるのが目的なので、
遠いけど、カモンワーフへ。
しっかし、結構歩いたのに
ほとんどの店が終了~。

でも、なんとか探して、
鯨ステーキのどんぶりと
ふぐのから揚げを。

ふぐさしがいいんだけど、
あまり腹にたまらなそうなので、
から揚げにしたよ。

から揚げもうまー。鯨もうまー。
なかなか鯨って食べられないもんね。
当たり前だけど、鯨は哺乳類なので
締まった牛肉のような感じだな。

さて腹もふくれたところで。
小倉に戻って寝るぞっ。

次の日は、小倉城と福岡城だぞ、っと。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

九州城廻その1(豊前・豊後)

さて、先週(9/10~11)の九州城廻。

今回のルートは、
(大分県)府内城→中津城→
(福岡県)小倉城→福岡城。

戦国フリークとしては、
臼杵城もルートに入れたいところだけれど、
大分市内から、さらに南に下ることになるので、
ちょっと今回はルートに組めそうにない。

●府内城

大分駅から歩いていける距離にある。
戦国時代、大分といえば、
大友宗麟が周辺諸国に覇を唱えたが、
実は、それまでの大友氏の本拠が府内城。

宗麟の時代からは、臼杵城に移している。
だから行きたかったんだけど。

まずは、マンホールから。

ohita_manhole

何でサルなんだろうね?

ま、それはともかく。

県庁前に府内城が見えてくる。

funai1

昔の櫓がそのまま残っているようだが、
これは復元櫓。

現存櫓はこちら。

funai2

俯瞰視点からも。
古そうな屋根。味がありますなー。

funai4

廊下橋といわれる橋が復元されている
なぜここを復元したのが、よくわからない。

funai3

城内の案内板を読んで、
はじめて知ったのだけれど、
この地には、竹中半兵衛重治の子、
竹中重利が入府している。
しかし、二代で改易か。残念。

秀吉配下の軍師といえば、
黒田官兵衛孝高と竹中半兵衛重治。
両者の子孫は相当違った運命を辿ったようだ。

後に書くように、黒田家は福岡藩藩主で、
九州一の大大名となっている。

閑話休題。

これが、大手門。

funai_ootemon

鯱のほかにキリンがいるみたい。
キリンといっても、動物のキリンではもちろんなくて、
想像上の動物の「麒麟」。

funai_kirin

わかんない人は、麒麟麦酒
ロゴを思い出してください。

府内城内は、大分文化会館として、
使われていて、あまり史跡という感じがない。
しかも、コンクリートで復元した櫓も
こんな状態で、コンクリート丸見え。

funai_broken

だから、大事にしようよ。
お城って街のシンボルでしょうが。

さて、この次は中津だけど…
すごい雨が降ってきた。

万博に行っていたこの前の週が、
ちょうど、湯布院とかが洪水になっていたから
やばいかも。。。と心配になり。

とはいえ、居付いても仕方がないので、
とにかく中津へ向かって出発。

おっと、大友宗麟像は写していかないと。
キリシタン大好きなだけに、
衣装も西洋風で、戦国時代の人にあまり見えないな。

sourin

●中津城&福翁邸

大分から中津には、特急ソニックで。

sonic1

なんだか普通の特急なのに、
すんごいデラックスな雰囲気。
新幹線よか、豪華かな?

sonic2

こんなソニックに乗って、中津に到着。

普通は中津といえば、福沢諭吉なんだよね。
きっぷ売り場もこんな調子。

kippu

当然、駅前には諭吉センセの銅像。
雨に打たれてます。

rain_and_yukichi

で、ここで気づいたんですが。
今、千円札って野口英世ですよね?
五千円札は、樋口一葉。
で、一万円札が、福沢諭吉。

野口英世は、福島県猪苗代町生まれ。
樋口一葉は、父が山梨県塩山市生まれ。
福沢諭吉は、育ちが大分県中津市。

そう、ここ最近でお札になった人のゆかりの街を
訪れまくっていたのです!

すごいなー、自分ながら。
というか、そんなところに普通気づかないか。

ま、それはいいとして、
福沢諭吉旧居。

yukichi_house0

わらぶきの家に土砂降り。
雨の粒がわらの先に当たって、
きらきら光ってた。

yukichi_house

でも、目的は中津城。
雨も強くなってきたし、先を急ごう。

で、見えてきました。中津城。

nakatujo

模擬天守ながら、なかなかの見栄えです。
あー、晴れてたらよかったのになぁ。

ちなみに、黒田孝高が築城、
細川忠興が拡張した中津城は、
最終的には、奥平家が入府。

武田勝頼がぼろぼろに負けた
長篠合戦で、徳川方に寝返り、
長篠城を死守した、奥平信昌を祖とする。

というわけで、展示はちょっと…
という感じでした。

ひとつだけ、すごいのが「白鳥の槍」。

hakuchounoyari

なんでも源為朝(古っ!そんな昔?)が
使用した槍の穂先を信長から家康が拝領し、
さらに家康から奥平家が拝領した、
というすごい謂れの一品。

そんなものが残ってるのか、
という気もするが、
そういうものをやるということは、
かなり家康の信頼が厚かったのか。

ちなみに、中津のマンホール。
中津城でした。

nakatsu_manhole

というわけで、この日の城廻は終了。
このあと、小倉に向かうのだが
ちょっと寄り道を。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

これはひどいぞ。

スパムメール。

どうもブログをはじめてから、
すごい多い。

一応、メールアドレスは、
ソース上暗号化されてるんだけど。

で、今日来たのがびっくりした。

だって、

小西真奈美さんからのメッセージ

なんて書いてるんだもん。

実際の有名人の方の名前を騙るのは、
悪質じゃないか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

Tante Marie

秋葉原からの帰り、「!」と思い出した。

ずいぶんと前に、sora風力発電のsoraさんが
記事にされてたほんじょおすすめのTante Marie
のカマンベールチーズケーキ。

soraさん、情報ありがとです。

…ホントありえないくらい、
スイーツの話題多い
気がするんですけど。。。自分の中では。

ま、いいや。

ということで、東京駅で降り、
丸の内オアゾに行く。

帰って食べました。
もともとカマンベールチーズも、
チーズケーキも好きなのに、
足し算されちゃった日にゃぁ、ねぇ。

とても深みのある濃厚な味。
カマンベールチーズが濃縮された感じ。
ほんじょのおすすめは、たしかだ。

お酒のアテにちょうどよさげ、
ということで、ブログ更新しない
といけないんだけど、
ウイスキーをショットグラスに1杯だけ。

ウイスキーは、KIRINが出した
富士山麓」。
普通に売ってるウイスキーのしては、
度数が高くて、980円。
すごく甘くていい香りがする。

tante_and_whiskey

あ、ケーキの写真撮るの忘れた。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブラックホール秋葉原。

久しぶりに、秋葉原。
別に大した用事は、ないんだけど、
ヨドバシのアキバ店を見てこよう、と。

今、ヨドバシが建っている方って、
行くことがほとんどなくて、
あまり人もいなかったのに、
もうすごい人だかり。

ちょうど大阪梅田店ができたときと
状況が似ている。
梅田の場合も、ヨドバシが建つ前は
特に行くべきところじゃなかったし。

玄関とバスルームの切れた電球の補充、
それから買い換えたい冷蔵庫を
ひととおりグルッと見てみる。

他人のおさがりだから、もう古くて。
…って、誰だ?パソコンは見てないの?
とか言う人は。

いつもいつもパソコンばっかり
見てるワケじゃないもんね。

しかし、秋葉原という街は、
何でもとりこんでしまうなぁ。
戦後の闇市からいろんなものを
とりこんで、電気の街になったり
家電の街になったり、
パソコンの街になったり。
最近じやオタクの街か。

とにかく、いろんな産業を引っ張ってこれる
ということは、秋葉原はまだまだ
エネルギーに満ちた街なんだな。

ヨドバシ進出で既存店が
食われることなく、
秋葉原が発展してほしいものだ。

おまけに1つ。
歩行者用信号。

Shingoh

スマートに待ち時間を
示してくれるだけでなく
青のときは、その残り時間も
示してくれる。

あと〇〇秒とか表示するよか、
いいかもしれんね。
せかせかしすぎない感じで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博レポ第2弾・第3~4日目。

さて、今度は友人と行く3~4日目。

この日はいろいろ、行ってなかった
パビリオンに行けましたよ。

●カンボジア館

友人が、カンボジアに行ったことがある
ということで、手始めにカンボジア館へ。

kanbojia_ki

巨大な木の根に抱え込まれた
タ・プロン寺院とか、
実際に見たそうだけど、
実際のを先に見ちゃうと
ちょっとがっかりなのかも。

そのさき、おっちゃんが石の彫刻をやっている。

P1100248

彫刻自体はすっごいのだけれど、
おっちゃんが彫ってるところは、
けっこうラフな感じ。

仏様はすっごく細かく彫られているのだが。。

●スイス館

スイス軍が使用してい懐中電灯を改造した
音声ガイドを持って、展示物の丸い的みたいな
ところに光を照射。すると、音声ガイドから
音が出てくるんだけど。

どこだどこだーっと探して、
関係ないところに光を当ててたり。あは。

・ナポレオンのベッド

naporeon

歴史好きにとっては、ふーんと感慨深い
このベッド。かのフランス皇帝ナポレオン1世のもの。

よほど気に入っていたらしく、
いつもこのベッドで寝ていたといい、
後年、セントヘレナ島に流された際にも
このベッドが届けられたという。

・バーミヤンの石仏復元

butuzo

どこかで見たことはないだろうか?
そう、悪夢のようなアフガニスタンのタリバン政権に
よって破壊されたバーミヤンの石仏。

それが、スイスの研究者の技術で
蘇ったのだ。意外なところで
スイスが出てくる感じ。

でも、3Dモデリングのような緻密な作業を行った、
というところから、精密時計で名高い
スイスから連想されるような気もした。

・アルプスの前で記念撮影?

mountain1

展示コーナーを出ると、スイスの山々。
アルプスで撮影したように見えるけど。。。

moutain2

実はハリボテでした(笑)残念。

・スイス人のセンス。

swiss_bag

出たところにあるスイス館ショップ。
そこで見つけたスイス館オリジナルバッグ。

どうコメントしたらいいのでしょう…うーむ。

●ロシア館

グローバルハウスのマンモス観覧。

そこに行かなくても、ロシア館に行けば
しっかりマンモスを見れたんだ。
早く気づくべきだったよ。

manmoth_bone

おもっきり撮影も可能だしね。

これが、復元された子供のマンモス。

manmosu_baby

マンモスといえば、牙のイメージが先行するけど、
むしろ厚く覆われた毛皮がすごい。

そりゃ、あのシベリアに住んでたんだからねぇ。
でも、頭がボサボサのおじさんみたいにも見える(笑)

そのほか、あんだけ広い国土を持ってるわけで
鉱物資源も豊富。ということで鉱物でできた
作品を展示していたぞ。作品というか、
そのままのものもあるけど。

russia_juwel1

russia_juwel2

russia_juwel3

russia_juwel4

●お昼。

white_curry

ホワイトカレー。ちょうどクリームシチューに
香辛料が入った感じ。普通にうまい。

見た目以上にカレーっぽくて、
目をつぶって食べたら、
ちょっとクリーミーさがあるかな、
というくらいで、そんなに大きな違いはなかった。

●地球市民村

tikyuushimin

あまり行く人は少ないだろうけど、
遅い時間からちょっとのぞいてみた。

これだけ行ってるわけだから、
ちょっとは違うところものぞいてみないと。

kanran

近くにあった観覧車とモリゾー・キッコロ。

特に気になったのが、コスモ石油の展示。

cosmo_midori

カプセルに入った木に対して、
息を吹きかけてみる。

そうすると、カプセル内のCO2が
どんどん増えていく。

cosmo_midori2

でも、しばらくするとあっという間に
CO2が消費されて、なくなっていく。
こんな小さな木なのに、
すごい吸収能力があるもんだ。

でも、今出されているCO2は植物の吸収量を
はるかに超えてるんだろうな。
そもそも、植物が減っているという現実もあるし。
それほど、CO2排出の問題がすごい、
ということか。

●長久手日本館 reloaded

2回目、行きました。
2回並んでも、満足。
ただ、地球の部屋がもーっと長かったらな。
2分30秒だもんな。あまりに短い。

●日立グループ館

hitachi

さて。これを見ずして愛知万博を去ったなら、
ずーっと後悔する、と思ってたので、
200分という気の遠くなる時間を待った。

でも、座り込んで待ち時間が長かったので、
意外と疲れない。どうせ、待っていなくても、
あちこち歩き回って疲れるんだから、
もう他のところは、いいよというなら、
人気のパビリオンの長蛇の列に並ぶ
のもいいかもしれないよ。

ということで、入りましたよ、
日立グループ館!

まずは、燃料電池やモバイルHDDなど、
日立が持つ最新技術を駆使したモバイル端末をもって、
絶滅危惧種の動物の情報を見ていく。

うーん。わざわざこの端末で
見なくてもいいんじゃない?
という気がしなくもない。

むしろ、この端末そのもののほうが
気になるんですけど…みたいな。

でも、その次のライド型(乗り物型)の
コンテンツはいい!

動物がホントに間近にいるように
感じられて、手に持ったバナナをやってみたり、
キリンが頭からフーッと、息を吹きかけてきたり。

あと、指に希少種の蝶が止まってきて、
蝶が止まっている自分の手を裏返すことで、
いろんな角度から蝶を観察できたり。

乗り物に乗るからどうしても、
並んでしまうんだろうな。
でも、かーなり楽しかったですよ。

出口では、こんな写真。

hitachi1hi

入る前に写真を撮られたんだけど、
どういう風に使うのかなーと思ってたんだけど。

乗り物コンテンツの前にチョット出てきただけ
であんまり使わないのかなーとおもったら、
記念写真ということで後から見れるわけね。

あ、いちおうあっしの顔は
自主規制させていただいております(笑)

よかった。これで後悔することなく、
愛知万博を終えることができた。

ということで、万博レポは終了。
東京に住んでるのに、行き過ぎだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万博レポ第2弾・第1~2日目。

さて、先々週の万博行きから。
一度行っているので、
個人的には行ってないところだけ
行ければいいのだけれど。

先々週の土日、それと月火もお休みをもらって、
計4日ゆっくりのんびり行ってきました。

ただ、9/3~4の土日は、
出不精な弟を引っ張り出す、
という目的もあって、
普段、活動的でない人間を
引っ張りまわすのは、結構大変なもの。

しかも、自分の展示会を回るペースが
すごい早いということがよくわかり。

兄弟でこんなにちがうとはね。

ということで、行っていないところに限って
レポってみましょう。

名古屋市「大地の塔」

gaia_tower

ホントは、長久手日本館に
先に行きたかったんだけど、
昼過ぎは相当並んでいるので、
こちらを見ておくことに。

藤井フミヤがプロデュースという
このパビリオン。

外壁を水が伝っています。

water

これはこれで、粋なんだけど、
風がブワーっと吹くと、
水しぶきがすっげー飛んできます。コラ!

で、60分待って中に入ったんですけど。
確かに中に巨大万華鏡があります。

big_mangekyo

で、次は…ないんかい!
うそー、これだけ???
あんまりじゃないか。。。

水が流れる外壁とか、
切り絵を楽しんでるだけで、よかったかなぁ。

kirie

長久手日本館

1、2日目の本命。長久手日本館。
110分待ちだったが、意を決して並ぶ。

並ぶ時間は長いけど、竹でできた
屋根が付いていたり、

yane

扇風機がついていたりと、

air_circulater

並ぶにはかなり環境がいい。

あとは、ずーっと立ってるから、
足が痛いのをこらえるだけ。

立って並んでいる間にも、
不思議で珍しい建造物を見るのも楽しい。

・竹で編まれた外壁

cover

ちょうど、巨大な竹細工のかごみたい。

・外壁に笹

sasakabe

これがあると、涼しくなるらしい。
見た目にもGood。

110分とあったけど、予定よりちょっと
短い時間で入館。

●戦後日本の振り返り。

動く歩道に乗って、この60年間の
日本の経験を追体験できるコーナー。

おじいちゃんおばあちゃんだったら、
戦後直後の展示が懐かしいだろうし、
われわれの年代だったら、
初代ファミコンを見て、なつかしー
とか思ってみたり。

いろんな世代がおのおのの記憶や体験を重ねて
懐かしさに浸れるコーナーだった。

●地球の部屋

で、やっぱり一番の見ものは
「地球の部屋」。

あたり360度全体がスクリーンになっていて、
宇宙から海の底まですごい迫力で迫ってくる。

本当に未来の乗り物に乗って、
猛スピードであたりの景色を見ているような、
そんな錯覚。あれはすごい。

なんだか視覚や聴覚だけじゃなく、
三半規管から直に動きを感じてる、というといいか。

撮禁なので、どうにも言葉でしか
伝えようがないんだけれど。

多分あの仕組みを、壊してしまうことはないだろう。
またどこかで体験できるのではないかな。
そのときが楽しみだなー。

●ナノバブル

今注目のナノテクノロジー。
これでつくられた、ナノバブル。

すごく微細な泡で、数ヶ月も消えずに残るという。
もちろん小さすぎて、目には見えない。

これを発生させた水槽で不思議な光景。

nano_babble

鯛と金魚、鯉が一緒の水槽で泳いでいる。

ふーん…ってふーんじゃないって!
海水魚と淡水魚が同じ水槽で泳いでるんだよ!?
海水でないと住めない魚と
真水でないと住めない肴が同居してるんだよ!?

よくよく見ればすごい不思議な光景。

というわけで1~2日目のご新規さんは以上。
意外と少ないでしょ。

外国館とか一度行ったところを1日目は
ぐるぐるもう一回見ていたからね。

…というわけで、第3~4日目に続く。

◆おまけ

Buffeloの気球がふわふわ。

wireless_lan

もしやっ!と思って、TabletPCを出してみると、
やっぱり。ワイヤレスLANに接続。

でも、使っていいのかわからなかったので、
すぐにしまってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眞鍋チェック×3。ってまとめすぎ。。。

すんません、ここんところ、
眞鍋チェック、サボってました。
っていうか、ムリだって。そゆときもあるでよ。
# なぜに土佐弁?(笑)

いいですなー。握手会に出れた人たちは。
っていうか、怒鳴り系のおばさん何なんでしょうかね。
むしろ、niftyのスタッフ、もっと事前に
根回ししとけよ。。

そういや、真鍋ちゃんの本、しっかり
読ませて頂きましたぜ。

やっぱり、過去を振り返るという意味では、
本になってるほうがいいかなー。
ずーっと読んでて、そうそう、あったあったー、
みたいなアルバムを見ている感じ。

自分のブログだってさ、今の時点で
記事数が730もあるわけさ。
あ、ちょうど365×2だ。

1日1記事として、2年分。
まだ、1年半くらいなんだけど。

そうなると、過去をさかのぼるのは
Webでは難しいような気もする。
ここはひとつ、ココログ出版とか使って、
書籍化してましょうかね。

でも一般人だから、あんまり
凝ったことはできないかな。
というか、つくって誰かに配るつもり…?

それはともかく、ブログ本を出版しても、
あいかわらずネタには事欠かない眞鍋嬢。

|育てて実がなると彼氏ができたり
|結婚できたりすると噂になった
|あのワイルドストロベリーの苗木を

ぐったりさせてるし。

|あわてて水をやるも復活せず。
|一応ザオラルかけてみたけど効かず。
|オイラもともとMPないし。

あちゃー。眞鍋ちゃん、
ザオラルだからダメなんだよー。
もっと、経験値をためて、
ザオリクを使えるようになりなさい(爆)

|つねに疲れているし、
|モヤモヤするし、
|仕事と寝る以外のことしてないし。
|生活に潤いがないっつーの?

っていうか、MPがない原因は
ここにあるのか?

|青春からの戦力外通告。

だめだー。なんとかしろーっ。

|ネットでおもしろFLASHを探すことかな…。

って言ってちゃだめだって。
はやくMPを回復させてください。

もー、仙豆でもエリクサーでも、
いのりのゆびわでも、
なんでも使っちゃってください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

a night with a full moon

今日は十五夜。

7時ごろ見た月が、あまりに大きくて。
普段こんな時間に月なんて、
見ないもんだから、満月の大きさに驚く。

写真を撮ろうとしたけど、
やはり月はうまく撮れないもの。

てぃーさんもこんなこと、言ってるし。
しばらく、じーっと眺めておくことにする。

月見団子でも買ってこようかと思ったけど、
店に見当たらないので、
中国風に月餅(げっぺい)を食べながら、
今、記事を書いているところ。

geppei

Lunar Powerを浴びて、
月だけに、ツキが戻ってきたらいいなぁ。

…十五夜記事のシメがオヤジギャグかよ(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あーっ、岡村さんが食べてるぅ。

以前に紹介した、恵比寿のスープカレーの店、
イエローカンパニー」。

ついさっき、ナイナイサイズで、
岡村さんがこの夏、やり残した流行体験、
ということで、一発目でイエカンをご体験。

おーいしー、っとご感動の様子。
本日の番組での紹介はこちら

最近、また食べにいったんだけど、
また食べたくなったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

だから、そういうのが迷惑。

もう、忙しすぎて。

この3連休は予定がないので、
寝まくった。14時間のZzz。
起きてから、部屋の掃除&整頓。

まだ終わってないけど、
とりあえずメドはたったぞ。

ブログも…ブランクが結構あるからなぁ。
書くネタがいっぱいたまってるので、
何から書いていいのか。

真鍋ちゃんのネタとか、
先々週の万博、先週の九州行き。。。

ま、明日からゆっくり書いていこう。

前振りはここまで。

gooの産経新聞ニュースから。

大阪人からみても、
大阪人はあつかましくて派手、という調査結果。

ステレオタイプの“大阪人”と
大阪人が自覚する“大阪人”は
ほとんど一緒だった、とは調査した学生の弁。

…でもさぁ。そういうステレオタイプを
増長させるのやめてもらえんかな。

東京に来て、イメージどおりの大阪人じゃない
とかいろいろ言われるのって、
結構迷惑なんですけど。

大阪人が全部、あつかましくてハデとか、
面白いこと言うとか、ガサツとか、
思わないでください。

そうでない大阪人もいるのですから。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

知らないんじゃ…

大阪王将の冷凍餃子。

大阪人なら、王将が二種類あるのは、
有名だと思うけど…。

東京じゃ知名度ないだろうな。
有名なほうの王将の
パチモンと思われたりして。

小さい店が多いけどなかなか
大阪王将のファンも、
大阪では、多いかと。

東京近辺にお住まいの方、
大阪王将って知ってました?09160001.jpg

| | コメント (7) | トラックバック (0)

拝啓、クラウド君。

今日は、FF7 ADVENT CHILDRENの発売日。
でも、DVDじゃなく、六本木ヒルズの
映画館の大スクリーンで、観てきました。

そう、これですね。

チケットの半券。

ffac

会社定時に飛び出して、ぎりぎりセーフ。

なつかしー顔ぶれ。
でも、クラウドがケータイもってたり、
ちょこちょこ時代にマッチさせつつ。

あまり深くネタバレはしたくないので、
できるだけストーリーに関係ないことを。

とにかく。。。ティファがかわいい!
っていうか、途中からこにたんに見えて
仕方がなかったんだけど。。

で、バレットの娘のマリンとか
ギャル忍者ユフィが微妙に成長してる!

マリンは、まだ小さいから
成長が早いんだろうけど、
ユフィもなんか女子高生から女子大生に
なったような微妙な
時間の経過を感じるなぁ。

レッドVIIIなんて、子供がいたぞ?
あれ、いつの間に(笑)

で、主人公クラウド。

あいかわらず、無愛想で腕っぷしが強くて、
優柔不断で寂しがり。相変わらずやなー。
いいやつなんだけど。

ティファに電話に出ないのに
必ずケータイ持ってるのよね!
って突っ込まれてるし。。

とにかく、久しぶりにFF7の世界に入って、
懐かしさの中にも、
やっぱ変化してるんだなーというか、
昔の自分のゆかりの地を
もう一度たずねて、
昔の知人に再会したような、
そんな気持ちになりました。

基本的にゲームってセリフをしゃべらないけど、
これはムービーなので、声優さんつき。
でも、意外と違和感はなし。
ちょっと迷う気持ちはわかるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京急の電車が発車するとき。

自分だけかもしれないけど、
京急の電車は、発車するときの
車輪(?)の音が、

 ド〜レミファソラ〜♪

って、いつも聞こえるんだけど。気のせい?

よく乗る方は、一度意識して
聞いてみてくださいな。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

情報発信歴5年。

今日、9/9は初めて、
自分のWebページを公開した記念日。
情報発信を始めたのは、2000年9月9日だから、
もう5年もなるわけだ。

ちなみに9月9日を選んだのは、
「nikko81」というハンドルに関係してて、
9×9=81、というただそれだけ。

2004年2月からblog化しているが、
一応、Webページは残してある

明らかに情報のスピードは、
blog化して格段にあがっている。

5年とは言っても、
生活に染み付いてきたのは、
blog化したおかげ。

この先、どれだけ続くだろうか。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

そんなところにもうるうる。

いや、別に泣ける映画を観てる、
というわけではありませぬ。

いや、来年の元日は1秒だけ長い日、
「閏(うるう)秒」なるものがある、という話題。
ITMediaから。

へー、そんなのがあるのか。
来年の元日、9時には今1秒長い!
と意識しておこう。覚えてられるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ありゃ、発売記念ばーじょん?

眞鍋チェック。

眞鍋ちゃんのブログ本、買ってあるんだけど、
いまだ読めず。うむむ。

と思ってると、「眞鍋かをりのここだけの話」の
トップページがブログ発売記念バージョン(?)に
変わってるではないかー。

なんだか握手会開催とか、忙しそうですな。

ていうかっ!

|今回は初の、AIR EDGE での更新です。

|一番速いやつにしたんだけど、マジ便利ね。

なんと!一番速いやつとは.
眞鍋嬢もAIR EDGE-PROのユーザですかい。

やっぱいいです。AIR-EDGE。
いろんなところに無計画に
うろちょろする人間にとっては、
特にもう手放せないアイテムです。

週末で書けるのに、出かけた先で
パソコン出してきて、どこ行こうかなー
なんて考えるときもあるくらいで。あは。

さらに

|移動中にネットショッピングで
|いろんなモンを買いまくってしまう(TωT)

ああああっー。あるあるー。
買いすぎ、どうしてもなるんだよなー。
先立つものは、先細りなのに(笑)

さて。本題。

名古屋での仕事で林明日香に会いにいった、という話。
仕事終わってから、猛ダッシュでライブ会場へ
駆け込んだらしいけど。

|世界陸上の女子800mに出場していれば
|5位くらいに食い込めたんじゃないか
|というくらいのナイスラン

こういうフレーズ、原田宗典を思い出すなぁ。

原田宗典氏を知らない方はこちらへ。

この人のエッセイとか、めちゃ好きです。
一時ハマリまくって、この人の本ばっか
読んでたこともあったなぁ。

速攻、話がずれたが。

林明日香、そこそこ好き。

|あの小さな体のどこにそのパワーが?って思います。

たーしーかーにー。
聴いてて、心地がよくて迫力のある歌声だね。

眞鍋嬢は真似して練習してみるが、

鶏が首絞められたみたいな声出してるから
|何か発作でも起こしたのか

という散々な結果に。
きっちりブログ向きの結果を出してるねっ(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

夏の終わりがくるくる。

最近、ホントに忙しい。
ブログ読んで気になった記事があっても、
なかなかそれについて、
記事にすることができない。

週末おとなしくしてればいいのだが、
それだとストレスがたまってしまいそうで、
そうもしていたくない。

それはそうと、東京は時折、
暑さがちょっと後退する日があるように
感じることが出てきた。

もうやはり、「夏の終わり」なのかな。
なーんて、考えると。
会社帰りの電車の中で、

|夏の終わり~♪
|夏の終わりには、ただあなたに逢いたくなーるの♪
|(by 森山直太朗

てな、メロディが頭の中で
ループしてたさ。

アタマで音楽がループしてるのって、
不思議だなぁ。アタマの中では
どういうことが起こってるんだろうな。

…取り留めのない記事(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »