« 万博レポ第2弾・第1~2日目。 | トップページ | ブラックホール秋葉原。 »

万博レポ第2弾・第3~4日目。

さて、今度は友人と行く3~4日目。

この日はいろいろ、行ってなかった
パビリオンに行けましたよ。

●カンボジア館

友人が、カンボジアに行ったことがある
ということで、手始めにカンボジア館へ。

kanbojia_ki

巨大な木の根に抱え込まれた
タ・プロン寺院とか、
実際に見たそうだけど、
実際のを先に見ちゃうと
ちょっとがっかりなのかも。

そのさき、おっちゃんが石の彫刻をやっている。

P1100248

彫刻自体はすっごいのだけれど、
おっちゃんが彫ってるところは、
けっこうラフな感じ。

仏様はすっごく細かく彫られているのだが。。

●スイス館

スイス軍が使用してい懐中電灯を改造した
音声ガイドを持って、展示物の丸い的みたいな
ところに光を照射。すると、音声ガイドから
音が出てくるんだけど。

どこだどこだーっと探して、
関係ないところに光を当ててたり。あは。

・ナポレオンのベッド

naporeon

歴史好きにとっては、ふーんと感慨深い
このベッド。かのフランス皇帝ナポレオン1世のもの。

よほど気に入っていたらしく、
いつもこのベッドで寝ていたといい、
後年、セントヘレナ島に流された際にも
このベッドが届けられたという。

・バーミヤンの石仏復元

butuzo

どこかで見たことはないだろうか?
そう、悪夢のようなアフガニスタンのタリバン政権に
よって破壊されたバーミヤンの石仏。

それが、スイスの研究者の技術で
蘇ったのだ。意外なところで
スイスが出てくる感じ。

でも、3Dモデリングのような緻密な作業を行った、
というところから、精密時計で名高い
スイスから連想されるような気もした。

・アルプスの前で記念撮影?

mountain1

展示コーナーを出ると、スイスの山々。
アルプスで撮影したように見えるけど。。。

moutain2

実はハリボテでした(笑)残念。

・スイス人のセンス。

swiss_bag

出たところにあるスイス館ショップ。
そこで見つけたスイス館オリジナルバッグ。

どうコメントしたらいいのでしょう…うーむ。

●ロシア館

グローバルハウスのマンモス観覧。

そこに行かなくても、ロシア館に行けば
しっかりマンモスを見れたんだ。
早く気づくべきだったよ。

manmoth_bone

おもっきり撮影も可能だしね。

これが、復元された子供のマンモス。

manmosu_baby

マンモスといえば、牙のイメージが先行するけど、
むしろ厚く覆われた毛皮がすごい。

そりゃ、あのシベリアに住んでたんだからねぇ。
でも、頭がボサボサのおじさんみたいにも見える(笑)

そのほか、あんだけ広い国土を持ってるわけで
鉱物資源も豊富。ということで鉱物でできた
作品を展示していたぞ。作品というか、
そのままのものもあるけど。

russia_juwel1

russia_juwel2

russia_juwel3

russia_juwel4

●お昼。

white_curry

ホワイトカレー。ちょうどクリームシチューに
香辛料が入った感じ。普通にうまい。

見た目以上にカレーっぽくて、
目をつぶって食べたら、
ちょっとクリーミーさがあるかな、
というくらいで、そんなに大きな違いはなかった。

●地球市民村

tikyuushimin

あまり行く人は少ないだろうけど、
遅い時間からちょっとのぞいてみた。

これだけ行ってるわけだから、
ちょっとは違うところものぞいてみないと。

kanran

近くにあった観覧車とモリゾー・キッコロ。

特に気になったのが、コスモ石油の展示。

cosmo_midori

カプセルに入った木に対して、
息を吹きかけてみる。

そうすると、カプセル内のCO2が
どんどん増えていく。

cosmo_midori2

でも、しばらくするとあっという間に
CO2が消費されて、なくなっていく。
こんな小さな木なのに、
すごい吸収能力があるもんだ。

でも、今出されているCO2は植物の吸収量を
はるかに超えてるんだろうな。
そもそも、植物が減っているという現実もあるし。
それほど、CO2排出の問題がすごい、
ということか。

●長久手日本館 reloaded

2回目、行きました。
2回並んでも、満足。
ただ、地球の部屋がもーっと長かったらな。
2分30秒だもんな。あまりに短い。

●日立グループ館

hitachi

さて。これを見ずして愛知万博を去ったなら、
ずーっと後悔する、と思ってたので、
200分という気の遠くなる時間を待った。

でも、座り込んで待ち時間が長かったので、
意外と疲れない。どうせ、待っていなくても、
あちこち歩き回って疲れるんだから、
もう他のところは、いいよというなら、
人気のパビリオンの長蛇の列に並ぶ
のもいいかもしれないよ。

ということで、入りましたよ、
日立グループ館!

まずは、燃料電池やモバイルHDDなど、
日立が持つ最新技術を駆使したモバイル端末をもって、
絶滅危惧種の動物の情報を見ていく。

うーん。わざわざこの端末で
見なくてもいいんじゃない?
という気がしなくもない。

むしろ、この端末そのもののほうが
気になるんですけど…みたいな。

でも、その次のライド型(乗り物型)の
コンテンツはいい!

動物がホントに間近にいるように
感じられて、手に持ったバナナをやってみたり、
キリンが頭からフーッと、息を吹きかけてきたり。

あと、指に希少種の蝶が止まってきて、
蝶が止まっている自分の手を裏返すことで、
いろんな角度から蝶を観察できたり。

乗り物に乗るからどうしても、
並んでしまうんだろうな。
でも、かーなり楽しかったですよ。

出口では、こんな写真。

hitachi1hi

入る前に写真を撮られたんだけど、
どういう風に使うのかなーと思ってたんだけど。

乗り物コンテンツの前にチョット出てきただけ
であんまり使わないのかなーとおもったら、
記念写真ということで後から見れるわけね。

あ、いちおうあっしの顔は
自主規制させていただいております(笑)

よかった。これで後悔することなく、
愛知万博を終えることができた。

ということで、万博レポは終了。
東京に住んでるのに、行き過ぎだよなぁ。

|

« 万博レポ第2弾・第1~2日目。 | トップページ | ブラックホール秋葉原。 »

「イベントレポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16856/6008718

この記事へのトラックバック一覧です: 万博レポ第2弾・第3~4日目。:

« 万博レポ第2弾・第1~2日目。 | トップページ | ブラックホール秋葉原。 »